ゴルフ練習場の持ち物リストに入れておきたい上達グッズ

ゴルフの練習をする目的は「上手になりたい」または「運動不足解消」、ひょっとすると「ストレス発散」と、練習場に通う理由はさまざまだと思います。

いまよりも上達したいと願うのであれば、持ち物の中に上達グッズを入れてみてはいかがでしょう。

そこでオススメのグッズとその使用方法について今回は紹介お話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ミスなくピンそばに寄せられるパッティングウェッジとは?

パッティングウェッジをご存知でしょうか?これを昔の道具と考えているようなら時代の波に乗り遅れ...

ゴルフ初心者のドライバーの飛距離は何ヤードが目安になる?

飛距離が最も気になるのがドライバーショット。ゴルフ初心者で飛距離があまり出ないのは分かってい...

ゴルフがなかなか上達しない人の考え方に共通する事はなにか

ゴルフというスポーツは本当に難しいですよね。ゴルフを始める際は、止まっているボールを打つのだ...

スライスとフェード、フックとドローの違いを知ってますか?

ゴルフのミスショットと言えば、スライスとフックです。この違いを理解している人は多いでしょう。...

ゴルフ雑誌はたくさんあるが、初心者にオススメのものは何?

ゴルフ雑誌はコンビニにも並んでいますし、本屋さんに行ったら沢山種類がありすぎてどれが良いのかよく分か...

ゴルフ場でなぜドライバーのスイングプレーンが安定しない?

ゴルフスイングが安定しないと、ドライバーショットでスライスやフックなど荒れ球になります。そん...

ゴルフスイングを簡単に矯正できるスライス解消法とは

ゴルフスイングは普通のはずなのに、なぜか打ち出すボールはスライスしてしまうことはないでしょうか。...

レッスン本で知識がつくがそれだけでは上達しないのがゴルフ

ゴルフを上達したい、上手くなりたいと日々練習に励むゴルファーの皆さんは、レッスンに通ったり、ゴルフ...

ゴルフ初心者へのアドバイス。ショートコースの服装編。

ゴルフは紳士のスポーツと言われています。初心者の方はそこを重く受け止め何をするにも硬く考えて...

ゴルフのバックスイング。右腰にポイントおいてみよう!

ゴルフのバックスイングではどこにポイントを置きますか?人それぞれ持っている感覚が違います。...

ゴルフ場の景色が変わる!?ドライバーが上がらない解決方法

ゴルフで一番飛ばせるクラブがドライバー。自分でボールを好きなようにセッティングできて、ライやター...

ゴルフのバックスイング。左腕の使い方を覚えよう!

ゴルフのスイングは難しいですよね。バックスイングの仕方とっても様々な言い回しがあります。...

【ゴルフ教えて!】スコアアップにつながる手打ちの直し方!

「手打ちだから飛ばない」「手打ちだから曲がる」などゴルフスイングにおける手打ちの弊害は一度は耳にした...

ゴルフスイングで重要なのはグリップを引き上げたトップの形

ゴルフスイングで重要なのはグリップを引くバックスイングなのか、トップから振り下ろすダウンスイング...

【ゴルフ教えて!】ゴルフコースのヤード表示はどう使うの?

ゴルフでは距離の単位としてメートルではなくヤードを使うのが一般的です。コースに行くとティーイ...

スポンサーリンク

ゴルフ練習場で必要な持ち物はキャディバッグに入っている?

ゴルフ練習場にいくときは練習に必要なものを持っていきますが、この必要な持ち物はゴルファーによって違うようです。

ゴルフ練習場は、ゴルフの練習をするために利用するわけですから、1番確実なのはキャディバッグごと持っていくことです。

ゴルフで使うものの大半は、キャディバッグの中に収めていますので、クラブとグローブ以外のものでも、必要があればすぐに取り出すことができるはずです。

ただしキャディバッグに入ってないもので必要なものに、ゴルフシューズやスポーツタオルなどがあります。

もちろん練習場用のスパイクレスシューズを履いて入場すれば、あえて練習場で履き替える必要はありません。

また汗拭きはハンカチでも問題ありませんし、常に素手でゴルフをしている人もいるくらいですから、グローブだってなくても練習はできます。

要はボールが打つことができれば、ほかに足りないものがあったとしても、練習はできるわけです。

その上で「これがあればもっとも便利」、または「上達するグッズ」を準備しておけば、より効果的な練習ができるはずです。

ゴルフ練習場での持ち物にコインを入れておこう

ゴルフ練習場にいくのであれば、持ち物の中に今よりも上手くなれる道具を入れましょう。

上手くなる道具と言っても、通販などで販売されている大掛かりなスイング矯正器具とかではありません。

身につけて持ち運べる程度のものなので、特別なものではありません。

まずはコインを用意しましょう。

マーカーに使うコインと同じもので結構ですが、お金をゴルフの道具に使いたくない人なら、ポストイットやガムテープでも代用できます。

使い方はシンプルです。

アイアンショット用のマットの上にコインを置きます。

コインの代わりにポストイットやガムテープを貼っても同じ効果が得られます。

コインの左側にボールを置いてアイアンをショットすると、インパクトのときの入射角の精度が上がり、クリーンショットが打てるようになります。

コインを弾いたらダフリ気味に入っていますし、コインを弾かないように意識するとトップしたのが分かります。

「シュッ」と人工芝を擦る音が聞こえるように、スイングの練習をしましょう。

ゴルフ練習場での持ち物にスポーツタオルを加えよう

練習場を利用するときの持ち物に、わずか1枚のコインを増やすだけで、今までよりも密度の濃いゴルフの練習ができるようになります。

同じような練習グッズとしては、スポーツタオルがあります。

通常のタオルと比べて、スポーツタオルは少しだけ丈が長いのが特徴です。

このスポーツタオルを足元に置いて、スタンスのとり方をチェックするのです。

ゴルフ練習場の打席マットは、それまでの利用客の足跡のような擦り減りで痕がついているものです。

どうも人間には同じことをすると安心する習性があるらしく、「同じ場所に立つ」ために、自然とその痕の上に足をセットしてしまいます。

しかし本当は使用するクラブの長さやライ角(シャフトの傾き)によって、1回ずつ立つ位置は変わるものです。

そこで使用するアイアンをソールして、グリップ位置がライ角に合わせられるように、右手でシャフトの傾きを確かめながら丁度良い位置を確認します。

そのグリップ位置でアドレスの姿勢をとると、正しいインパクトができるようになります。

このとき、つま先の前にタオルを置くと、ボールとスタンスの間隔が正しい位置になるのと、飛球線に対してスクエアなスタンスが取れるようになります。

誰でも持っている持ち物でゴルフ練習場での上達が急上昇

ゴルフの練習のときに必要な持ち物として、スイングチェックができるグッズがあると便利です。

自分では正しいスイングをしているつもりでも、実はいびつな姿勢で構えていたり、スイングアークが歪んでいたりするものです。

練習場で他人のゴルフスイングを「岡目八目」で見ると簡単に欠点は分かるものですが、自分のスイングはそう簡単にはいかないものです。

そこでスマホを活用して、飛球線の後方側から撮影をしましょう。

全体像が映ればヘッドの軌道やトップの位置、ダウンスイングでの上半身の浮き上がりなどをチェックできます。

また前の打席に利用者がいなければ、正面からのスイングも撮ることで、テークバックのスエーやダウンスイングの左サイドの開きなどを知ることができます。

通常の撮影であれば三脚を用意するかもしれませんが、そんなに大げさでなくても十分にチェックできます。

100円ショップで販売されているスマホ置き台を使えば、丁度良い傾きで自分を撮ってくれているはずです。

ただし練習場によっては、指定打席以外は例え利用者がいなくても使用不可のところもあるので、可能な限りで撮影するようにしましょう。

ゴルフ練習場で役立つ紙パックジュースを持ち物に入れて!

ゴルフ練習場での利用目的には、たくさんの理由があると思いますが、スイングを修正したいと思うのであれば、小さて四角い紙パックのジュースを1個持ち物に加えましょう。

野菜ジュースやビタミンが豊富なジュースなど、色々な種類があるので好きなものを選んで構いませんが、必ずストローの付いているものを購入してください。

しかもそのストローは2段階に伸びるタイプのものが必須です。

そのストローをボールを指すように口に咥えてください。

背筋を伸ばして背骨と首を一体にして、腰から後頭部までが1枚の板になっている姿勢をとって、ストローの先でボールを指すわけです。

スイング中もストローの先を意識していると、軸のブレないスイングができるはずです。

もちろんジュースは休憩をかねて、ゆっくり味わうためのものなので、ひと呼吸いれるのにも役立つはずです。

練習場でのゴルフのあとの着替えを持ち物リストに加えて!

ゴルフ練習場を利用するのは、必ずしも上手くなりたいと願っているわけではなく、イヤミな上司の顔だと思って、ボールを引っ叩いてストレスを発散する場として活用している場合があります。

またストレス発散以外でも、運動不足の解消や爽快感を求めて、ひたすらボールを打つこともあるのではないでしょうか。

思う存分に身体を動かして、爽快になるほど汗をかいたら、自宅に戻ってシャワーを浴びるなり、減らしたカロリー分をビールで再補給する楽しみもあります。

ただびしょ濡れの状態でエアコンのついた車に乗り込むと、せっかくの爽快感が一気にしぼんでしまいます。

汗をふくタオルだけではなく、着替えなども用意して持ち物の中に入れておくと、スッキリした気持ちのまま帰宅することができるでしょう。

理由はどうあれ、数多くボールを打つことが、結果的には上達の最短ルートであることは間違いのないところです。

上手くなりたいと願うのであれば、少しでも多く理由をつけて、練習場に通うようにしましょう。

持ち物に上達グッズを入れてゴルフ練習場に通おう!

練習場でゴルフの練習をする目的は、今よりも上手になりたいからだとしたら、少しでも効率の良い方法でボールを打てるように、持ち物の中に「上達グッズ」を入れておきましょう。

そして練習が終わったら、汗をかいたシャツを着替えて帰れるように、準備をしておくようにしましょう。