ゴルフルールにある動かせない障害物の救済を理解している?

ゴルフのルールでは、コース内にある動かせない障害物は無罰で救済を受けられることになっています。

しかし救済の受け方を間違えると、罰打がついたり失格になることもあります。

今回は、障害物の認定と救済、さらにレアケースの救済なども含めて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場の乗用カートを運転する時に免許が必要な理由とは

最近はゴルフ場での乗用カートの事故が増えたこともあり、有資格者として自動車を運転できる免許の保持...

パターの理想のライ角は90度、しかしそれだとルール違反!

ライ角がウッドやアイアンなどのゴルフクラブに大きく関係しているのは皆さんご存知かもしれません。し...

女子ゴルフのサインのもらい方にはルールとマナーがある!?

昨今人気が高まる女子ゴルフ。選手も美人で、多くのファンが集まります。そんなとき、ファンは「サ...

ハンデが0スクラッチは公正の理念に則ったゴルフ本来の意味

スクラッチという言葉、ゴルフで用いられる意味でゴルファーなら知っているか聞いた事のある言葉ではない...

ゴルフルール規則!バンカーなど2019年に大幅なルール改正

プレー時間短縮とゴルフ人口増加が目的で、ゴルフルール規則が大幅なルール改正を2019年より施工す...

意外と多いゴルフのバンカーに科せられるペナルティの数々

バンカーはゴルフコースに設置されたハザードの一つです。実はバンカーからボールを打つ場合、きち...

夏のゴルフの服装でアンダーウェアを着るのはマナー違反?

ゴルフコースでアンダーウェアを着ているのを見ると不愉快ですか?アンダーウェア1枚だけであれば...

ゴルフのルールにある排水溝で救済を受けるときの注意点

ゴルフ場の中に設置されている人工物は、ルール上障害物の扱いになります。池の杭は動かせる障害物...

ゴルフの成績を表すスコアカードの記号は使っても良いの?

ゴルフトーナメントなどを見ていると、通常のスコアカードの書き方と違って、数字の変わりに記号で表記...

ゴルフ場では帽子が必要か?ルール・マナーは実は関係なし!

ゴルフ場でプレーする際に帽子やバイザーなどの着用がマナーだと以前聞いたことがあります。打球が...

ゴルフのコンペで良くある握りのひとつに馬券表がある

ゴルフの握りには様々なものがあります。オリンピックをはじめニアピンやバーディーなどで、これら...

ゴルフの服装マナーでスキニーパンツの着用は大丈夫なのか

ゴルフを始めたばかりの時に気になるのが服装のマナーです。厳格なゴルフ場になると服装マナーを違...

ゴルフ競技「マッチプレー」の間違いやすいコンシードのルール

先日のライダーカップご覧になりましたか?アメリカとヨーロッパのプロゴルファーたちがマッチプレ...

ゴルフのルールによるワンクラブの測り方を知っていますか?

ゴルフのルールでは、長さを測る尺度をレングスと言い、その道具はクラブを使用します。ワンクラブ...

【ゴルフの豆知識】正しいバンカーならしの方法とそのルール

バンカーショットが苦手な人は多いです。『バンカー=ハザード』なので当然と言えば当然です。...

スポンサーリンク

ゴルフの基本とルールによる動かせない障害物の処置の矛盾

ゴルフは、ティーグラウンドからスタートしてグリーンでカップインする競技です。

この間、ボールは「あるがまま」の状態でプレーをすることを基本としていて、止むを得ず触れるときは、ルールでその処理法が明記されています。

コース上にある人工の工作物がプレーに支障をきたす場合には、動かすことができれば「動かせる障害物」であり、無罰で障害物をよけて、あるがままのボールでプレーを続行します。

ところが動かすことができない人工の障害物の場合には、「動かせない障害物」として無罰でボールを動かして処理をしなければなりません。

「あるがまま」のゴルフの精神からすると外れますが、動かせない人工物の責任をプレーヤーがとることはフェアではないと考えたからなのでしょう。

そもそも「あるがまま」は自然と一体であることが前提なので、自然が作りあげた形状は障害物にはならずに、そのまま受け入れなければなりません。

仮にプレーに支障があれば、アンプレアブルを宣言して1罰打を受け、支障のあるものを回避できるとルールで定めてあるわけです。

ゴルフルールでは倒木は動かせない障害物にならない

ゴルフのルールで「動かせない障害物」の前提となるのは、人工物であることです。

人工のモノがプレーの障害となっていて、それを簡単に除けることができない場合に救済が適用されることになります。

強い風が吹いて木が倒れたことで、プレーに支障をきたしたとしても、この倒木は人工物ではないので無罰で救済を受けることはきません。

この場合は、アンプレアブルを宣言して、1罰打のもとホール(ピン)に近づかずに2クラブレングス以内にドロップすることになります。

一方でコースサイドに設置されていた電柱が、コース内に倒れてきた場合は人工物なので、無罰で救済を受けることができるのです。

電柱はプレーヤーが1人で移動することは不可能なので、動かせない障害物となります。

この場合はホール(ピン)に近づかず、スイングやスタンスに支障がないところから1クラブレングス以内に無罰でドロップします。

なおニアレスト・ポイント(スイングやスタンスに支障がないところ)を決める際は、マーカーに確認することが重要です。

ドロップ箇所を間違えると、誤所からのプレーで、ペナルティーが課せられることになります。

動かせない障害物のゴルフルールを知らないと大変なことに!

動かせない障害物の救済を受けてドロップをしたところ、ニアレスト・ポイントを間違えることがあります。

ドロップ箇所を間違えたことに気づいて、すぐに正しい箇所に再ドロップしてもペナルティーはありません。

しかし気づかずそのままプレーを再開すると、ゴルフルールでは「誤所からのプレー」となります。

仮にホールに近づいた箇所から再開して、次のティーグラウンドでショットすると競技失格です。

ただしこのケースは少なく、実際には進行方向に対して右サイドか左サイドかで違うことが多くなります。

一般的にはボールの左サイドがニアレスト・ポイントになり、右サイドだとスタンスをとってからのポイント設定になるので、ニアレストではなくなってしまいます。

ボールがコースの左サイドに飛んでいき、動かせない障害物でドロップを選択する場合、意外に右サイドにドロップしてしまうことがありますが、このままプレーを再開すると2罰打が課せられます。

しかも間違えに気がついてプレーを訂正すると、最初の2罰打に2罰打を加えて4罰打のペナルティーとなってしまいます。

ゴルフルールの動かせない障害物の救済が有利とは限らない

動かせない障害物が原因でプレーに支障が出ると、ルールでは無罰の救済を受けられますが、バンカーの中では少しだけ救済方法が違ってきます。

「バンカーの中に動かせない障害物なんてあるの?」と思うかもしれませんが、歴史のあるコースだと造成時に大掛かりな排水設備を設置していないために、雨水を逃がすための暗渠(あんきょ)を入れていることがあるのです。

バンカー内に溜まった雨水を効率良く逃がすために、あえて地中の管を露出させて埋め戻しがされていないと、ボールはそこに向かって転がっていきます。

バンカー内にある動かせない障害物の救済は、バンカー内で行なうことになります。

それが2019年からの新ルールでは、2罰打でバンカー外の後方にドロップすることができるようになりますが、ペナルティーを考えると有利な救済とは言いがたいものです。

またゴルフトーナメントの観客柵などと同じような、後方にニアレスト・ポイントを取れない障害物は、ドロップゾーンを設ける場合があります。

ボールの位置よりはるかに後方で、距離の上では有利な救済とは言いがたいときもあります。

球の位置で動かせない障害物に明暗が起きるゴルフルールとは

バンカーの中の動かせない障害物で無罰の救済を受けるときは、同一バンカー内にドロップをします。

しかし淵が盛り上がっているバンカーでは、無罰でバンカー外にドロップできる場合があります。

フラットなゴルフコースのバンカーでは公園の砂場のように、周囲を盛り上げて砂を敷き詰めたクロスバンカーがあります。

バンカー周辺の土手の部分にパイプを埋めていて、栓をあけて排水できるようにしている場合があるものです。

閉め忘れなどでボールが排水管に入ると、動かせない障害物の適用を受けられますが、管の中のボールがバンカー側ならバンカー内にドロップ、バンカー外まで転がっていたらバンカー外に無罰でドロップすることができます。

一般的にはネットなどでボールが入らないように加工していますが、中には防球柵が外れている場合もあるので、パイプに入ったボールはどこの位置で止まっているかを確認することが大切です。

ゴルフ場独自のルールによって動かせない障害物にならない

ゴルフコースでは動かせない障害物の判断で、紛らわしいケースがあります。

例えばグリーン後方にある花壇に石積みの外枠が設置されている場合は、明らかに動かせない障害物です。

また池を渡るための素敵な石橋なども、ハザードの境界を跨ぐように設置されていると、障害物と認定されます。

このようなケースでゴルフ場(委員会)が「コースに不可分の物」とするローカルルールを設定すると、無罰で救済を受けることができません。

プレーに支障があれば、アンプレアブルを宣言し、1罰打ののちドロップをすることになります。

あまりなさそうなケースのようですが、実は幼木の添え木などをこのコースに不可分の物として定めていることが多く、知らずに動かせない障害物として無罰でカウントすると、ホールアウト後に過少申告で競技失格です。

なおスコア提出前にローカルルールに気がついた場合、無罰をアンプレアブルの1罰打に変えることができます。

ただしアンプレアブルの救済は、ボールの位置から2クラブレングス以内なので、仮に動かせない障害物の救済であるニアレスト・ポイントから1クラブレングス以内が遠い場合は、誤所からのプレーになるので2罰打を加えなくてはいけません。

こういったことから、救済を受けるときはゴルフルールをしっかりと理解しておくことが大切なことです。

ゴルフルールにおける動かせない障害物とコースに不可分な物

ゴルフルールにおける「動かせない障害物」は、本来コースの中にあってはならないものなので、極力なくしているはずです。

それでも花壇などがあるときは、ローカルルールで「コースに不可分の物」として設定されている場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。