ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングで体が固いと感じるのストレッチ不足が原因

2018.9.7

ゴルフでミスショットがでるとスイングが悪いと思い込んで、弄り回してしてもっと悪くなることがあります。

実は体が固いために、そのスイングが合っていないだけかもしれません。

体の固さに合わせたスイングにするよりも、ストレッチをして柔らかい体にしたほうが簡単に解決できます。

ゴルフに必要な柔軟箇所とストレッチ法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

息苦しい原因は何?深呼吸がつらい。解決策・予防法まとめ

深呼吸をした時に息苦しい・・と感じる原因は何が考えられるのでしょうか? 考えられる病気は色々あり...

腰痛の治療にマッケンジ法。首から腰にかけての痛みにも。

首から腰まで背骨の弯曲が崩れると血流が悪くなり、痛みを発生しやすくなります。 その代表的なものが...

膝の痛みはどこ?内側の場合の対処方法~湿布やその他の方法

あなたはある日突然、内側の膝の痛みが出たらどうしますか? 日常生活はもとより大好きなゴルフも出来...

ゴルフで左手首の痛みはインパクト時の衝撃が原因の事が多い

ゴルフで左手首の痛みを抱えているゴルファーは多いですよね。 なぜ、ゴルフをすると左手首が痛くなる...

ゴルフで腰痛になるのはなぜ?ストレッチや筋トレで予防する

ゴルフは日常生活とは違った前傾姿勢で、重さのあるゴルフクラブを腰を回しながら振るスポーツです。 ...

ゴルフ上達には背中のストレッチが必要!さあやってみよう!

ゴルフは体全体を大きく使います。 背中が硬いと捻転も浅くなったり、アドレスが不安定にもなります。 ...

ゴルフが理由の腰痛で右腰に症状が出た時の原因と対策

ゴルフをしていると腰痛になることが多いのですが、特に右腰に違和感がある時には自分のスイングに原因の...

ゴルフスイングにおける体幹運動と腰痛の関係を詳しく紹介

ゴルファーの多くが腰痛を経験しており、某有名PGAツアー選手も腰痛によりプレーを継続できない状態に追...

ゴルフのための筋トレは上半身のストレッチを兼ねよう!

ゴルフのための筋トレをすれば、今よりも飛距離が伸びるような気はしませんか。 そこで上半身の中で...

肋骨が痛いときのゴルフなど運動をする判断基準を知るべき。

肋骨が痛いと感じたときってどんなときでしょうか? ゴルフのスイング中に肋骨が痛いと感じる場合なの...

腰に激痛・・それ、腰のヘルニアかも!治療方法と手術方法!

急に腰が痛くなることってありませんか? 腰の痛みといっても、我慢できないほどの激痛がしばらく続い...

4スタンス理論でB1タイプのゴルファーは森田理香子選手

4スタンス理論に関してはネットや本などでたくさん取り上げられています。 4スタンス理論では診断...

腰が曲がるのは日本人女性に多い?ゴルフスイングが崩れる?

日本人のお年寄りでよく腰が曲がっている人を見かけます。 ですが欧米人のお年寄りってあまり腰が曲がっ...

ゴルフスイングに必要な捻転差を深くするためのストレッチ

ゴルフでは筋力も大切ですが、それ以上に柔軟性が大切です。 飛距離や安定したゴルフスイングを手に...

身長170センチ・体重60キロの女性はゴルフの理想体型!

背が高すぎ!体重が重すぎ!と女性の体型に対する悩みは尽きないもの。 20歳以上の日本人女性の平...

スポンサーリンク

体が固い人のゴルフスイングはパワーロスになる

体が固いと捻転が浅くなり、スイングのパワーが弱くなります。

ゴルフの飛距離はプロレスラーのようなムキムキの筋力の男性よりも、痩せてて小柄な女性のほうが飛んでいることがあります。

腕力で勝っていてもヘッドスピードが速くなるスイングをしていないために、小柄な女の子のほうが飛距離で勝るわけです。

ヘッドスピードを上げるためには、弧を描くスイングが必要になります。

スイングはグリップを動かすスピードよりも、ゴルクラブの先端を速く動かすことが、ヘッドスピードを上げることに繋がります。

そのためには体の中心に軸を定めて円のスイングをすることで、外周を回るヘッドのスピードが速くなります。

しかしコマのように、軸を中心にクルクルと回るようなスイングはできません。

スタンスをとっている両足はコマの軸のように回転することはないので、腰から上だけをねじって、クラブを円の軌道でスイングするのです。

この時、体が固いと捻転が浅くなって手打ちになるため、打ち出すボールはスライスする場合があります。

体が固い時のゴルフと野球のスイングは同じ?

体が固い状態でゴルフスイングをするとトップの位置が低くなります。

トップの位置は高ければ良いわけではありませんが、一定の高さよりも低いとスイングプレーンの傾きがフラットになって、横振りのスイングになってしまいます。

スイングプレーンとは、アドレスした時に首からクラブヘッドまで1枚の板を立て掛けて、その仮想の板の内側をスイングするスイングフォームのことです。

板の傾きはフラットになると、野球のスイングに近づくのですが、おそらくこのスイングのほうがグリップは速く動くはずです。

野球のホームランバッターは、外角低めのボール球には手を出しません。

単にホームランが出ない球というだけではなく、バットスイングの軸がブレてしまうからです。

もしも手を出すのであれば、極端に膝を曲げて腰を落として、スイングプレーンをフラットな状態でインパクトするはずです。

しかしゴルフではボールと接触する部分、つまりフェースが平らなので、フラットなスイングをすると左方向にフックしてしまいます。

体が固いと右手をこねるゴルフスイングになりやすい

「スライスよりはフックのほうが良い」と考えるゴルファーもいるかもしれません。

しかしアイアンの場合は、フェード系の球筋のほうがボールコントロールできるので、ゴルファーから好まれる傾向にあります。

体が固いゴルファーはトップの位置が低く、しかも腕を使った「手振り」のゴルフスイングになるため、インパクトの時に「こねる」ことが多いようです。

手をこねるとは、テークバックで地面を向いていた右手甲が、インパクトで上を向いている状態です。

右手をかぶせてインパクトすると、フェースは左側を向くためフック回転がかかります。

しかもフェース面が下を向くため、ボールが上昇せずに低い弾道で飛び出すでしょう。

アイアンに必要なのは飛距離ではありません。

ピンポイントに落とす距離と方向の精度です。

ボールが落ちてから、いつまでもランしているようでは精度を欠いてしまいます。

フラットなスイングプレーンで、手をこねてインパクトするのは、ショットとしてマイナス部分が大きくなると言えます。

体が固いとゴルフスイングでは大きなマイナスになる!

ゴルフスイングでは体が固いとマナイス面が大きいわけですが、体が固い柔らかいに基準はありません。

ゴルフを始めて最初に覚えるスイングは、ゴルフの教本に出てくるような基礎的なものなので、このスイングに近づけるためにはある程度の柔軟性が必要になります。

ゴルフ教本のスイングの多くは、体をねじる「捻転のスイング」です。

捻転とは、背骨を軸にして体をねじる動きのことですが、両肩が90度右回転することになります。

柔軟性で考えると、両肩を右回転できることがスイングにとって必要なことになります。

この90度捻転するスイングは簡単そうにみえますが、実際にはかなりゴルフの練習を積まないと、この域に到達することはできません。

ゴルフクラブを両手で握って、真っ直ぐに腕を突き出して、肘を曲げることなく右回転をしてみましょう。

最初は30度から45度程度しか回転することはできないはずです。

つまり誰もが体が固いところからゴルフを始めることになります。

体が固い時はゴルフスイングに必要な部分だけストレッチする

体が固いのであればストレッチが必要です。

全身を柔らかくすれば良いのですが、毎日多くの時間を割いてストレッチばかりをやっていても、ボールを打たないとゴルフは上達しません。

そこでゴルフスイングに必要な部分だけをストレッチしましょう。

ゴルフクラブの両端を握って胸を張り、そのまま肩に背負います。

体が固いとこの姿勢をとることができずに、頭を前に倒してしまうことがあるでしょう。

背筋を伸ばして、その延長線上で頭を立てて、重量挙げのバーが背中側にある姿勢を作ります。

あとはリズム良く体を左右にねじることで、その可動域を広げていくことが捻転に必要なストレッチになっていきます。

達成度をチェックする時は、両端を握ったクラブを頭上に掲げて、真っ直ぐ下ろします。

もしもシャフトが頭にぶつかるようなら、まだ体が固いと思ったほうが良いでしょう。

背中に貼りついている肩甲骨の可動域が、捻転に必要な柔軟性です。

肩甲骨が浮くくらい柔らかくなると、深く捻転できるスイングができるようになります。

体が固いと正しいトップの形がとれないゴルフスイングになる

子供の時にはボールを投げることができたのに、大人になると少しの時間投げただけで肩が痛くなったり、まともにボールを投げることができなかったりするものです。

この痛みや投げられない原因は、肩甲骨が外に開かずに固まっているからです。

逆三角形の肩甲骨は、筋肉に貼りついて浮遊している骨です。

三角形の下の部分が上に持ち上がると、肩の可動域は広がりボールを投げても痛くなくなります。

ゴルフスイングの捻転も、この肩甲骨の可動域が重要な役割を担っています。

テークバックで左肩甲骨を外側に広げると左肩は回転していますし、右肩甲骨を背骨側に移動させると、両肩がバランス良く回転して捻転するスイングができるのです。

体のほかの筋肉も併せてストレッチすれば、ゴルフによる故障を防ぐことはできますが、とりあえず体が固い人は肩甲骨の可動域を広げる努力をしましょう。

クラブを持たずにストレッチする方法としては、壁面から20センチ程度の位置に立ち、両手を付けて壁に向かって腕立て伏せをするだけです。

肩と肘を平行にすると、より可動域が広がっていきます。

肩甲骨の可動域が広がれば、トップの位置も高くなり、正しいスイングプレーンになっていくはずです。

ゴルフスイングで体が固いと感じたらストレッチしよう!

ゴルフのスイングをしていて体が固いと感じたら、日常生活の中にストレッチ運動を取り入れましょう。

肩甲骨の可動域を広げることで、深い捻転ができるようになります。

捻転するスイングができるようになれば、今よりも方向は安定し飛距離はアップするはずです。

 - ゴルフのための体つくり