ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフの練習量は上手に工夫していいスコアで上がろう

2018.9.4

ゴルフに拘わらずスポーツ全般に言える事ですが、練習は辛いですよね。

ゴルフをしていて多くの人が思うことは、いくら練習量を増やしたとしてもなかなかスコアに結びついてくれないということです。

ゴルフの予定が決まり、しっかりと練習をしてバッチリだと思って本番に臨んだとしましょう。

しかし、結果は惨敗なんてことは数えきれないほどあるものです。

そこで練習量を上手く工夫してスコアを良くする方法を一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

来週は初めてのゴルフ!さて準備は?リストにまとめて要確認

「来週は人生初めてのゴルフのラウンド。 天気も良さそうだし、富士山を眺めながら心地よいラウンド...

ゴルフ場で打てない人の練習方法!傾斜マットは本当に有効?

練習場では、かなり上達したつもりになっていたのに、いざゴルフコースに出てみると、散々だった!という経...

教えたいゴルフクラブのグリップがずれる理由と対策法!

ゴルフクラブを握って「グリップがずれる」と感じたら、なるべく早めに対処すべきです。 今回は、水...

ゴルフの初心者レフティが始める上で苦労してしまうこと

これからゴルフを始める方、もしくはすでに始められた方でレフティの方は苦労していませんか? 右でゴル...

番手表示やロフト角を飛距離の目安にするのは果たして正解?

ゴルフクラブの番手表示は、ロフト角の大きさによって順番に刻まれています。 その番手表示は飛距離の目...

フックグリップにしたら飛距離が出た!デメリットはあるの?

最近、飛距離に悩んでいて、ある本に書いてあった飛距離アップ法の1つにフックグリップにすると良いと...

アプローチでトップする時の6つの原因と対策法でスコア減!

アプローチでトップすると誰でもガッカリするものです。 ピンまであとわずかの距離、あわよくばカッ...

スライスするゴルフスイングを卒業するとフックに悩む?

スライスするゴルファーは全体の7割だそうです。 すると一方でゴルフ人口の3割はフックかストレー...

ゴルフのスコアカードの書き方を覚えて初ラウンドに備えよう

初ラウンドを控えているあなた、スコアカードの書き方を知っていますか? スコアカードとは、ゴルフ...

3パットを撲滅させるパッティングのコツを掴んでスコア短縮

ゴルフで一番大切なことは飛距離の出るドライバーでも、曲がらないショットでもありません。 マイホ...

ゴルフスイングで重要なのはグリップを引き上げたトップの形

ゴルフスイングで重要なのはグリップを引くバックスイングなのか、トップから振り下ろすダウンスイング...

ゴルフのレッスンは安いとほとんど教えてくれないの?

ゴルフのレッスンやスクールは高いイメージがあるようです。 一回60分いくらといったものから、回...

【ゴルフ教えて!】ショットでターフを取るってどういう事?

TVなどでプロのアイアンショット、とくにショートアイアンやウェッジでのショットでは打った後に芝が前方...

ゴルフのバンカーショットを攻略するにはスタンスが基本

ゴルフのバンカーショットが苦手な人は非常に多いです。 入れなければ良い話なのですが、ゴルフコー...

格好良くターフを飛ばす!とはゴルフで何を意味するのか?

ゴルフ雑誌で「格好良くターフを飛ばす!」なんて言葉を見たことありませんか? そもそもターフが分か...

スポンサーリンク

ゴルフの練習量を工夫するには

ゴルフの練習量なんて人それぞれですよね。

増やしたい人もいればそのままで良いと思う人、もしくは練習なんてしなくても良いと思っている人、様々だと思います。

実際、多く練習したからといってすぐスコアに納得の結果が出るわけではありません。

それでも多く練習したいという人はいるでしょう。

最近の地方の練習場では1球いくらという単価設定ではなく、時間制にして打ち放題にしていることもあります。

そういったことから練習をしようと思えば練習ができる環境ができつつあります。

練習量を増やしたい人には良い環境ですよね。

だからと言ってもやはりお金は掛かってしまいます。

なるべくお金を掛けずに練習量を工夫するにはどうしたら良いのでしょう。

実は自宅でもできることはたくさんあります。

ゴルフの練習は工夫してスコアを良くしよう

ゴルフの練習は辛くなることが多いです。

練習量に対してスコアに反映することがあまりにも少ないからだと言えます。

誰でも結果が出なければ諦めてしまいたくなりますよね。

普段ゴルフ練習場で練習している時に、周りのゴルファーの方々を見ていて思うことがあります。

ただ漠然と球を打って練習しているに見えてしまうのです。

多くのゴルファーの方々が打った球が大きく曲がったとしても、疑問には思っても解決しようとしているようには見えません。

これではいくら練習量を増やしても良いスコアで上がることは難しいでしょう。

ではどうするのが正解なのでしょうか。

それは練習法を変えてみるということです。

ここからは自宅でもできる練習方法を紹介していきます。

自宅でゴルフの練習量を工夫してスコアを良くしよう

ゴルフをするにはどうしてもお金が掛かってしまうものですね。

それでもゴルフが上手くなりたい人はどうすれば良いのでしょうか。

答えは簡単です。

自宅で工夫して練習して練習量を増やしてスコアを良くしてしまいましょう。

先ず誰でもできるのがスイングについて勉強することですよね。

スイングについて理解を深めるのは上達の遠回りのようで実際は近道になります。

少し前まではわざわざ本屋で高いレッスン書や雑誌などを買わなければいけませんでした。

しかし最近ではネットで簡単に調べることができます。

ネットだと様々なスイング理論が書いています。

どれが良いと言えませんが、真似してみたいプロのスイングについて調べてみてはどうでしょうか。

次にできることは素振りですよね。

ただ、普通に素振りするだけでも良いですが、できれば姿見の鏡を用意しましょう。

姿見の鏡の前で素振りをすれば、自身がどんなスイングをしているか大体は分かります。

そこで自身が真似してみたいプロのスイングを真似してみてください。

そうすることによって自身のスイングと身体の使い方が違うことに気付けるでしょう。

プロゴルファーでもそうらしいのですが、割と自分のスイングは自身のイメージと違ってくることが多いのです。

できるなら自身のスイングを動画撮影してみてください。

これでさらに自身のスイングが良く分かると思います。

自宅でできる練習は素振りだけではありません。

自宅できるゴルフの練習はパターマットでスコアを良くしよう

ゴルフで一番練習できないのは、パッティングではありませんか。

パターの練習ができるのは、練習場にある練習グリーンか、ゴルフ場に来た時ぐらいではないでしょうか。

それではゴルフで肝心なグリーン周りが上手くはなりませんよね。

そこで、自宅でパッティングの練習量を増やしてスコアを良くしましょう。

用意するのはパターマットと大きめなタオルだけです。

タオルは防音対策でも使用できます。

練習方法は簡単です。

パターでパターマットのカップに百発連続で入れるだけです。

そんな事かと思っているでしょうが、実はこれが一番大事なことです。

パターマットのラインは基本、まっすぐしかありません。

大抵の人はパターならまっすぐなら打てると思っています

それならばタッチさえ合えば百発百中でパターマットのカップに入るはずです。

しかしやってみると分かると思いますが、ほぼ初見では不可能に近いです。

パターで大事なことは目標方向に打ち出すことです。

コースに出てラインを読んで打つ時に、フックラインにしろスライスラインにしろ、目標方向に一旦打ち出さなければなりません。

有名なプロゴルファーの丸山茂樹プロは、学生の頃パターマットで練習する時は百発連続で入るまで寝なかったようです。

プロと同じ百発連続とはいかなくても、継続していくことでパターの技術は格段に上がります。

ある程度できるようになったら目を閉じて打つのは、さらにオススメです。

自宅のパターマットできるゴルフの練習方法

ゴルフのパターマットでできることは他にもあります。

これでさらに練習量を積んでスコアを良くしましょう。

大きめなタオルをパターマットの上に置いてください。

そのタオルの上にボールを置いてください。

用意できなければ、パターマットに直接ボールを置いてもらってもできないことはありません。

そこから、ウェッジを持ってカップに向かってランニングアプローチをしてみましょう。

カップに転がして入れるつもりでしてください。

これが意外と良い練習になります。

パターマットはカップまでの距離が短いため、アプローチをするには物足りないかもしれません。

しかし、この練習もまっすぐ打ち出す練習にはもってこいの練習方法なのです。

ウェッジで打つ場合にはリズムが一定でなければ綺麗には打てません。

振り幅も小さいために上手くタイミングもとらなければなりません。

これで打てるようになればフェースの向きが変わることが少なくなります。

ストロークが安定してくるので、それがパッティングにも好影響が出るでしょう。

グリーン周りのアプローチの感覚も掴みやすくなります。

ちょっとした工夫でゴルフの練習量は増やせます。

練習量を増やせばスコアは良くなるのか

ゴルフの練習は基本的には球を打つことですよね。

とにかく球を打ち続けるのも辛抱が要ります。

何の工夫もなく球を打って練習量を増やしても飽きてしまうでしょう。

しかも、練習をしても裏切られることも多くあるのが悩ましいところです。

ですが、工夫をすれば練習は楽しくなります。

工夫をするのが難しいなら誰かの練習方法を真似してみてください。

自分にあった練習方法を真似することで新しい発見が見つかるかもしれません。

そうすればもっともっと練習したくなります。

ゴルフの事をもっと知りたくなります。

最初から言っていますが、ゴルフの練習量を単純に増やせばスコアが良くなるかといえば難しいです。

しかし、工夫をして練習量を増やしたならばスコアは良くなるはずです。

良くならないはずがありません。

ゴルフはアイディア次第で上手くなる

ゴルフで良いスコアで上がるにはある程度の工夫は必要です。

ただ、漠然と球数を打って練習量を増やしても、同じことの繰り返しでとてもつまらないですよね。

スコアに結びつかなくてイライラすることもあるでしょう。

何か1つ工夫するだけで今までの悩みが解決するかもしれません。

考える事を諦めないでください。

工夫することを継続していけば近いうちにきっとスコアに結びつくでしょう。

 - 初心者 入門