ゴルフ場のスタート時間の目安ってどうやって決めているの?

ゴルフ場のプレー時間は4時間以内としている場合と、5時間を目安にと推奨している場合があります。

プレーの速度はもちろんのこと、ゴルフ場のグレードやスタートの間隔、また経営の視点から適切な時間配分について考察していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国発祥のゴルフは日本の常識と世界のマナーに違いがある

紳士淑女のスポーツが常識といわれるゴルフですが、本当にマナーやエチケットを理解している人は少ないか...

ゴルフの成績を表すスコアカードの記号は使っても良いの?

ゴルフトーナメントなどを見ていると、通常のスコアカードの書き方と違って、数字の変わりに記号で表記...

いろいろな楽しみ方ができる!ゴルフのハンディキャップとは

「あの人のゴルフはシングルの腕前だよ!」なんてことを聞いたことありませんか?ゴルフがシングルっ...

ゴルフの服装で迷ったら白と黒のシックなカラーにしよう!

ビジネスシーンでは、取引先や上司からゴルフに誘われた際の服装について悩むことがあります。失礼...

ゴルフのルール改正に伴って変更されるドロップの方法と位置

近い将来ゴルフのルール改正が行われる予定で、2019年のゴルフ界は大混乱が予想されます。そんな...

「フォアー!」前に進めない!ゴルフルールobにまつわる話

前に進む事が出来ないobは、スコアメイクやメンタルに大きく影響してきます。ゴルフのルールでo...

ゴルフ場に服装の規定がなくても入場時にトラぶらない方法

ゴルフ場では服装の規定を設けているところと、内規で定めているところがあります。また自由な服装...

ゴルフ女子に気を付けて欲しいTPOに合わせたズボンの丈

ゴルフウェアを着用する際に守るべきマナーがあるのは皆さんご存知でしょう。しかし近年増えてきた...

ゴルフコンペで使うスコアカードで作った旗はあり?

ゴルフコースのスタートホールで、コンペでなくてもゴルフ仲間が集まると、ドライビングやニアピンのコ...

ゴルフにおけるラウンドの醍醐味とokパットについて考えよう

ゴルフの醍醐味とは何でしょう?それは人それぞれあるかと思います。ドライバーショットが...

パターのokルールによるメリット/デメリットを知っておこう

ラウンド慣れしたゴルファーとまわると、パターにおいての「okルール」を提案されます。ところで...

ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパターの難しさが入っています。そこでア...

ホールインワンで記念品やお礼の品を選ぶときに大切なこと

ホールインワンで記念品を配り、お祝いしてくれた人にお礼のコンペまで開くのは日本独特の風習と言われて...

ゴルフ場でのキャップの正しいかぶり方って本当に必要なの?

昔は「ゴルフコースに出るときはキャップを着用すること」と、先輩諸氏から教えられたものですが、最近...

ゴルフのルールではボールについた泥を拭くことはできない?

ゴルフのルールにおいてボールについた泥を、無罰で取り除くことはできるのでしょうか?ゴルフは「...

スポンサーリンク

ゴルフ場が定めるスタート時間の目安を守るポイントは?

ゴルフ場が設定しているラウンド時間の目安は、4時間以内と言われています。

ゴルフ場によって違いはありますが、基本は6分間隔でスタートします。

アウトスタートの1組目が7時にスタートすると、20組目は8時54分にスタートすることになります。

もしも18ホールをスルーでラウンドしたら、インの21組目になる9時スタートは、アウトの7時スタートの1組目が回り込むことになるわけです。

つまりアウトの1組目は必ず9時にインをスタートができるように、1時間55分には9番ホールを終わっていなければなりません。

1組目が遅れると後続組は通常のスタートができずに、待たされることになります。

また1組目が早くても、2組目以降が遅れれば同じことになるので、後続組が6分間隔でスタートできるように、すべての組に迅速なプレーが求められます。

6分間隔でスタートするために気をつけるポイントは、自分の番がきたらすぐに打てる準備をしておくことです。

ティーグラウンドが空いたら後続組のオナーはティーアップして、セカンド地点が空くのを待ちます。

オナーが打ち始めてから6分後には、自分の組のすべてのプレーヤーがセカンドショットを打ち終わらなければ、6分間隔でスタートしていくことができません。

ゴルフ場がラウンドの目安を5時間以内にする理由

ネットをみるとゴルフのラウンド時間は、「5時間以内」と表示されていることがあります。

どこのコースも2時間まででスタートは完了できるように想定しているので、本来は4時間以内でのラウンドを設定するべきです。

ところが実際のラウンド時間を5時間以内としているのは、ハーフ休憩の時間を余分に取っているからです。

休憩時間を差し引けば、4時間が通常の目安になるはずです。

この1時間の休憩時間に最大で片側10組、アウト・インの合計で新らたに20組を挟むことができます。

つまりゴルフ場の中には、60組のプレーヤーがいることになるわけです。

1年間の営業を350日で換算すれば、1日60組で最大で4万2000人の入場者が見込めることになります。

プレーフィが平均1万円であれば売上は4億2000万円、1万5000円であれば6億3000万円ですから、ゴルフ場にとっては是が非でも60組は確保したいところです。

ゴルフ場はゴルファーに対して、「プレーの迅速化」を求めるのは、営業の観点からすると至極当たり前のことであり、ゴルファーにとってはプレーフィに係わることになります。

スタート時間の目安を8分間隔にするゴルフ場は努力が必要

スタート時間の目安を6分間隔にとるのは難しいと考えているゴルフ場があります。

6分間隔ならアウトスタートが20組、インスタートンも20組、2時間で合計40組をスタートさせることができます。

ところが7分間隔にするとは2時間の合計は34組、8分間隔にすると30組しか予約を取ることができません。

ゴルフ場経営で考えれば、40組と30組では営業収入が25%も違ってくることになります。

6億3000万円の収入が4億7250万円になるのですから、それに見合ったプレーフィを設定する必要があるでしょう。

平均1万5000円のプレーフィを25%値上げすると1万8750円となりますが、平日に税抜きでこれだけのプレーフィを設定できるゴルフ場は限られています。

そこで営業戦略としては、メンバー比率を変えるのが一般的です。

またスタート枠を広げて「帰りの飛行機の時間に間に合わせる」ための早いスタートを設定したり、到着後に「練習ラウンド」と称して薄暮プレーギリギリのスタート時間を設定したりします。

もちろん人気のない時間帯は、「ツアー客=ビジター料金」で埋めることで、8分間隔の維持が可能になるわけです。

ゴルフ場のスタート時間の目安を1打当たりで換算してみる

スタート時間を6分間隔で設定してるゴルフ場のラウンド時間は4時間ですが、8分間隔の場合は5時間がラウンド時間の目安になります。

パー72のコースでは、ショット数が36打でパター数も36打を基準にしています。

そこからラウンド4時間を1打当たりで換算すると、1組4人の時1人が1打に費やせる時間は50秒です。

しかも、この時間には1打目から2打目に移動する時間も含まれています。

1ラウンドを72打でプレーできる人は、限られたプレーヤーしかいません。

仮に100打でラウンドする人が4人でスタートすると、1人当たりの1打は36秒と言うことになります。

パターの「お先に」を考えても、1打は40秒以内にしないと、後続組が詰まってしまう計算です。

こうしてみると6分間隔ではタイトな時間制限となりますが、ラウンド時間が5時間の8分間隔ではどうでしょう?

ラウンドが72打であれば1打あたり62秒、100打であれば45秒です。

1打で換算すると約10秒の違いがあるので、1ホールあたり30秒から1分程度は余裕があることになり、少し気持ちにゆとりが生まれるかもしれません。

ゴルフ場経営の観点からスタート時間の目安を考える

たった2分間の違いですが、単純にプレーフィで換算すると、6分間隔が1万円の時に8分間隔は1万8750円の設定が妥当ということになります。

この机上の数値は1組4人を目安に計算していますが、実際のスタート人数は1組3.5人で計算するのが一般的ですから、さらに高額なプレーフィを設定しないと、ゴルフ場は減益になってしまいます。

つまり各組のプレー時間とプレーフィの設定は密接な関係にあると言うことです。

いわゆる高級コースはゆったりした8分間隔でスタートできますが、大衆コースはセカンド地点まで小走りする6分間隔でスタートしてもらわなければ、同じ儲けを得ることはできません。

そう考えると高級コースのほうが儲かりそうに思えますが、高級コースはメンバー同伴を原則にしていて、3.5人の内の1人は確実にメンバーフィです。

しかもプレーフィが割高な土日祝日ではメンバーフィの割合が増えて、1組に2人程度が1万円を切ってしまう可能性が高くなり、儲けの少ない経営となってしまいます。

プレー時間の目安を読むことがゴルフ場経営にとって重要

高級コースはビジターのみのスタートを規制していることが多いため、週末はメンバーの利用度が高くなります。

利益の観点で考えれば、土日祝日のメンバーとビジターの比率が5対5になると、経営上は厳しい状態になるはずです。

一方で大衆コースでは「メンバー同伴」を謳っていても、ネット予約でビジターを取り込んでいます。

割高なプレーフィが設定できる土日祝日に、ビジターを詰め込むことができるため、利益を生み出すことが可能になります。

机上では売上増加になりますが、実際にはビジターが多くなると進行が遅れるので、プレー時間が遅れて「待ち待ち」の状態が恒常化します。

ゴルフのリズムが崩れるとスコアに影響を与えますし、なによりも「面白くない」と感じてしまいます。

大衆コースとは言え土日祝日は割高な料金設定なのに、1打ごとに先行組が詰まっているようでは、「2度と来たくない」とまで感じるようになってしまいかねません。

結果的に6分間隔を目安とし、途中にスタートしない時間を設けて、詰まりを解消するしかありません。

儲かるビジターが増えれば進行が遅れ、スムーズに進行するメンバーが増えれば利益が失われることになります。

ゴルフ場が「プレーの迅速化」を求めるのは、ゴルフのマナーと言うよりも、経営上の観点が大きいのかもしれません。

ゴルフ場のスタート間隔がプレー時間の目安になる

ティーショットの目安は1人15秒、4人で1分間です。

230ヤード先のセカンド地点まで、プロ並みに1歩で1ヤードを歩くと約2分です。

セカンド地点で狙いを定めて素振りをしてからのショットで1人40秒、4人で3分が必要です。

ティーショットで1分、歩行で2分、セカンドショットが3分で合計時間は6分間です。

これがゴルフ場を利用する時の基準タイムと言うことになります。