ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフでハーフラウンドする時にかかる時間はどれくらいか

2018.9.3

ゴルフをするのがとても身近なものなりました。

昔とは違い、エチケットやマナーに関してはかなり緩くなったことも一因でしょうか。

しかし、最低限は守られなければなりません。

ゴルフをプレーする時にはプレー時間がある程度決まっています。

ゴルフ場によってハーフラウンドの目安となる時間があるものです。

それを超えてしまうとスロープレーとなるので注意が必要です。

そこで今回は、大体どのくらいの時間が設定されているのか理由も含めてお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフ場で見る赤杭/黄杭/白杭/青杭/それに沿ったラインは?

ゴルフ場のコース内には、赤杭や黄杭、白杭や青杭が立っています。 仲間うちでワイワイとラウンドす...

ゴルフ場で受付する時、服装がスーツだったらダメなの?

ゴルフ場の受付する時に、ドレスコードが定められていたら、迷うことなくその指定された服装をすれば問...

キャディバッグの中のゴルフクラブは何本まで入れている?

ゴルフクラブは何本まで持てるかご存知でしょうか。 キャディバッグに入れられる上限はほとんどのゴ...

ゴルフコンペの服装に不安があればジャケットを準備しよう!

初めて参加するゴルフコンペの服装で、ジャケットを着用した方が良いのか不安に思うことがあるものです...

ゴルフの順位の決め方、アマチュアの競技とツアープロの場合

アマチュアゴルファーのゴルフスタイルとしては、趣味や健康のためにゴルフを楽しむ人と、所属クラブやゴル...

ゴルフ場受付時のマナーと言われるジャケット着用の是非

ゴルフ場でのマナーとされるジャケット着用ですが、実際に着ていないで受付をするとマナー違反なのでし...

ゴルフコンペの幹事になったら締めの挨拶の準備をしておこう

ゴルフを趣味にしていると色々な人たちとプレーする機会が生まれます。 そしてそんな人たちとより親...

ゴルフの正式ルールにないオール6インチで本当に大丈夫?

ゴルフのルールでオール6インチ・リプレースというのを聞いたことがありますか? 約15センチ以内...

噂で聞くタイのゴルフ場に存在する19番ホールとはいったい?

ゴルフ天国と言われるタイのゴルフ事情。 噂では幻の19番ホールがあると言われています。 正直女性...

ゴルフで半ズボン着用時はロングソックスがマナーって本当?

夏の暑いゴルフ場で半ズボンにしようとしたら、「ロングソックスを履くのがマナー」と言われることが良...

【ゴルフ教えて!】賞金の配分がどうなっているか知りたい!

プロゴルフツアーのそれぞれの大会には賞金総額が決められています。 そこから、優勝賞金がいくら、...

女子ゴルフの大会会場で人気選手のサインをもらえる方法

女子ゴルフの大会会場で人気選手のサインが欲しいと思うのは至極当然なことだと思いますが、でも実際にそ...

ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなんだろう?と思われる人も結構いるかもしれま...

ゴルフ、ホールインワンのお祝いとはどの様な形式があるの?

ゴルフをやっている人なら誰もが1度はやってみたいと思っている夢のホールインワン。 ティーショットで...

ゴルフ場が着用義務を課す服装って寒い冬でも同じなの?

ゴルフ場では服装を気にするところもあれば、自由に選べるところもあります。 まして冬のゴルフとも...

スポンサーリンク

ゴルフでハーフラウンドに掛かる時間

ゴルフ場で良く聞く言葉があります。

『スロープレー』という言葉に聞き覚えがありませんか。

最近良く聞く言葉ですが、この言葉は今も昔もずっと言われ続けています。

何故、言われ続けているのでしょうか。

それは、スロープレーをする人がいつまで経ってもいなくならないからです。

どこのゴルフ場でも同じですが、ワンラウンドもしくはハーフラウンドでプレーができる目安の時間が決まっています。

大体どこのゴルフ場でも、平均2時間15分でハーフラウンドを回ってくださいとお願いされます。

キャディ付きのプレーならできる事だと思われるかもしれません。

しかしハーフラウンドで2時間15分というのはセルフプレーでも可能な時間です。

決して3人組や2人組だからこそ可能な時間などではありません。

何故ならゴルフはミスをすることを想定されている競技で、ミスを取り返せる競技でもあるからです。

ゴルフボールを探す時間は

ゴルフをしていてハーフラウンドでもワンラウンドでも、一回はミスショットは出てしまいます。

プロでもミスショットをしてボールを曲げてしまうのは良くあることです。

そんなミスショットをした場合はボールを探さなくてはなりません。

プロの場合はギャラリーや運営ボランティアの方がボールの行方を追ってくれますが、アマチュアの場合は違います。

自身が打ったボールは自分で見るか、同伴プレーヤーに見てもらえるかどうかになります。

そのため、ミスショットが出た時は全員で注意深く行方を見ておきましょう。

ある程度の行方が分かれば探すのが簡単になるからです。

ここで重要な事は、ボールが落ちたと思われる地点の目印を見つけておくこと。

そうすれば捜索範囲が絞りやすくなるため探し易くなります。

もしここで見失ってしまうと後の捜索に響いてしまいます。

ルール上、ボールの捜索に許される時間は5分以内と決まっています。

ボールの捜索がたったの5分以内なんて短すぎると思われるかもしれません。

しかしこれだけの時間でも、ボールを探していたらプレーにはかなりの遅れが出てしまいます。

ハーフラウンドに掛かる時間で1ホールは何分ぐらい?

先程、前述で述べたように5分という時間はかなりプレー時間に影響します。

ゴルフをプレーする上でハーフラウンドは平均2時間15分と言いました。

さらに細かく見ると1ホールにおけるプレー時間にも目安があります。

Par3では10分、Par4では15分、Par5では20分と決まっています。

ここで先程のボールの捜索に5分使ったとしたらどうでしょう。

1ホールのプレー時間がかなり短くなってしまうことが分かるはずです。

ただそんなボールの捜索も、1回くらいであれば問題ないでしょう。

しかし、これが2回、3回と重なっていくと段々とプレーが遅くなります。

そのため、ボールの捜索は5分以内と決まっています。

しかし、確実にOBやボールの行方が分かっていない場合は5分も使わず、ある程度で見切りをつけたほうが良いでしょう。

そのほうが次のショットのために気持ちを上手く切り替えられるのではないでしょうか。

ゴルフのルールにはスロープレーによるペナルティがある

ハーフラウンドを2時間15分でプレーする事は決して早い時間ではありません。

ゴルフをプレーしている時は知らず知らずのうちにスロープレーになりがちです。

本人は気付いていなくても、周りから見ると時間が掛かっているように見えているかもしれません。

スロープレーは重大なルール違反です。

マナーやエチケットの面から見ても良いものではないでしょう。

スロープレーはゴルフの試合ではルールに則ってペナルティになります。

ストロークプレーでは最初は注意を促されます。

それでも改善されない場合は注意から数えて二回目の違反で1打の罰になります。

さらに三回目の違反では2打の罰が付きます。

これでも改善されない場合は競技失格となってしまうのです。

段階を踏むごとにペナルティが厳しいものになっていきます。

スロープレーによるペナルティは、個人だけではなく同伴プレーヤーも同様のペースで回っているとみなされます。

したがって、同伴プレーヤーにも同じペナルティが課せられてしまうのです。

それほどスロープレーは重大な違反であると捉えられているということです。

ゴルフで早く回るためにキャディさんの行動を見てみよう

キャディさん達がプレーしている所を観たことがある方は、中々いないでしょう。

ゴルフの腕前はというと大半のキャディさんは一般的なアマチュアと大差ありません。

もちろん中にはプロ級にゴルフが上手い方もいます。

そんなキャディさん達のプレーは早いです。

ハーフラウンドを1時間45分~2時間くらいで上がってきます。

何故、そんなにも早いのでしょうか。

キャディさんと私達と違う所は次の取るべき行動を把握しているかいないかということです。

さらに、キャディさん達は全員で協力してプレーをしています。

プレーのアドバイスをするのではなく、持ち回りでクラブを運んだり片づけるといった事をしているからです。

カートも邪魔にならなければ、自身が乗ることよりも次に打つ人の近くまでカートを送ることを徹底しています。

そうすることによって次に打つ人はクラブ選択を自由にする事ができます。

こういったキャディさんの行動から見習えることは色々とあります。

もしキャディ付きでプレーすることがあればキャディさんの行動に注目してみてください。

ハーフラウンドを時間内で回るには行動はお早めに

プロゴルファーがハーフラウンド、もしくはワンラウンドをプレーしている所を観た事があるでしょうか。

テレビ中継だとプロが1ショット、1ショットを時間を掛けてゆっくりラウンドしているように見えます。

さらに優勝争いをしているプロは真剣に時間を掛けて1ショットを打っています。

しかし、ゆっくり見えているのはショットに時間を割いているだけで、移動はかなり早歩きしているのです。

何もしていない人なら軽く駆け足ぐらいに感じるかもしれません。

それぐらい移動は素早く行動されています。

それではプロの方々は何故素早く行動するのでしょうか。

もちろん、スロープレーはルール違反になりますから、ペナルティを受けないようにという思いもあるでしょう。

しかし、やはり後続の組を待たせないようにという配慮からではないでしょうか。

対してアマチュアの私たちはどうでしょうか。

後続のプレーヤーのことを考えてプレーできているでしょうか。

自身のプレーに集中しすぎていませんか。

何度も素振りしたり、ライン読みを考えすぎたりしていませんか。

ボール探しに時間が掛かる初心者がいるから仕方がないと言い訳にしていませんか。

今一度、自分のプレーを振り返ってみてください

ゴルフをする時にも時間に気を配ろう

ゴルフをする時には大抵の人は腕時計を外してプレーされています。

ゴルフ場でもカートに時計を取り付けてあるところは珍しいでしょう。

しかし、プレーヤーには時間を守る義務があります。

ゴルフは大人がする紳士のスポーツと言われています。

大人であり社会人であるなら時間にルーズであってはいけないでしょう。

最近、ゴルフ場ではジュニアゴルファーを良く見かけます。

そろそろ大人ゴルファーである私達が手本となって行動するべきではないでしょうか。

 - ルール・マナー