ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフクラブをテークバックする時に右肘をたたむタイミング

2018.8.22

ゴルフスイングで気になることが増えてくると、スイングフォームに悪影響を及ぼすことがあります。

テークバックで右肘をたたむタイミングなどは、普段は気にしていないのに、1度気になりだしたら、正しい位置が分かるまでモヤモヤするものです。

そこで、右肘をたたむあやふやなタイミングの解決法を紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルファーが知りたがる飛距離アップの強化法とは

ゴルファーなら誰しも飛距離を伸ばしたいと考えるものです。 新しいクラブを購入するだけでは、飛距離...

重要ポイント!ゴルフで左手の親指付け根を意識するスイング

ゴルフスイングにおいて、グリップの握り方には多くの方式があり、それぞれに特徴があります。 ゴル...

ゴルフの上手な人は知っている股関節の切り上げとは?

ゴルフでは股関節を切り上げて使うようにすれば良い。というアドバイスや記事を聞いたり見たりしたことはな...

ゴルフスイングは基本となる9時3時のハーフスイングを極める

初心者ゴルファーはもちろんのこと、ゴルフスイングに悩んでいるゴルファーの皆さんも初心に返るべく、...

ゴルフ場で難しい傾斜地からの打ち方はこうすればできる!

ゴルフ場では平らな所ばかりで、ショットできるわけではありません。 左に下がっているところ、右に下が...

ゴルフが上手くなるスタンス幅はアイアンの番手での使い分け

なかなかゴルフが上達しない原因は、実はスタンス幅にあるかもしれません。 いつも同じスタンス幅で...

ゴルフの基本は左手甲とフェースがスクエアなインパクト

基本に忠実なゴルフスイングや構え方ができれば、スライスやフックは簡単に矯正することができます。 ...

谷将貴の独特なスイング理論は左手主導ではなく右ひじ主導!

片山晋呉プロのコーチとして有名な谷将貴が提唱するスイング理論は、右ひじでスイングすることです。 ...

ライ角がアップライトなドライバーはフックそれともスライス

スライスやフックの球筋に悩んでいる時は、スイングに原因があると思うのが普通ですが、実はライ角が合っ...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。 平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

左手の薬指が痛いと感じ修正しただけでワンランク上達できる

ゴルフの練習をしていて左手の薬指が痛いと感じたときには、グリップの握り方やスイングの仕方などに原因...

ゴルフスイングで良く聞く【右肩を下げる】の本当の意味

良くゴルフのスイングをするうえで「右肩を下げましょう」と本などに書いてありますよね。 レッスン...

上田桃子のスイングをスローで見るとクラブの引きつけが凄い

日本女子プロ界のトッププロであり、賞金女王にもなった事のある上田桃子選手ですが、そのスイングはクラ...

アプローチショットで多いダフりのミスを防止する方法と練習

アプローチのダフりやトップのミスは悔しいですよね。 グリーンが目の前にあるのに、ボールはグリー...

体全体を使ったゴルフスイングをするための腰を切るコツとは

クラブをしっかりと振っているつもりだけれど飛距離は出ないし、ボールが右へ切れてしまう。 そんな...

スポンサーリンク

ゴルフスイングの2つの動作と右肘をたたむ動作の関連性

ゴルフスイングは大きく分けて2つの動作があります。

グリップをトップまで引き上げるテークバックと、トップからのダウンスイングの2つで、どちらも大切な動作と言えます。

特にテークバックは、ダウンスイングの準備段階でもあるので、決められた動作は完璧にこなしておかなければなりません。

テークバックは捻転をしながらパワーを溜めて、グリップをトップの位置まで引き上げるためのものです。

ここで大事なことは、左肩甲骨を広げることで左肩を回すイメージを持つことです。

また正しいトップの位置まで引き上げることも重要です。

右肘を曲げて、上に向けた手のひらと地面が垂直になるように肘から先をまっすぐに立てると、そこが正しいトップの位置とされています。

アドレスやトップなどの動作には推奨されるポジションがあるので、まずは基本の形を習得してから自分に合ったものを取り入れると、迷いの少ないスイングを作ることができるでしょう。

一方で右肘をたたむのは、どの位置で行うのが良いのかといった連続する動作の中では、明確なタイミングは示されていません。

右肘をたたむタイミングはゴルフのプロから学ぶ?

ゴルフスイングは連続した動きですから、身体が違う動きをする時には、あらかじめその起点となる箇所を定めておくと迷いがなくなり、スムーズにテークバックすることができるようになります。

テークバックで右肘をたたむベストなタイミングは、ゴルファーによって違います。

スイングフォームやスイングプレーン、またスタンスの幅なども影響するので、一概に「ここがベストのタイミング」と言うことはありませんが、このような場合はお手本となるプロのスイングを参考にすると良いかもしれません。

ただし男子プロゴルファーは、一般ゴルファーとは違って、ゴルフ用の身体が作られているため、簡単に見える動作でも真似のできない時もあります。

そこで、なるべくシンプルなスイングをしている女子プロゴルファーであれば、一般ゴルファーでも参考にできる部分はあるでしょう。

多くの女子プロは、両腕をまっすぐに伸ばして、肘を曲げずにテークバックを続けようとします。

クラブが地面と平行になると右肘をたたんで、グリップをトップへと移動させているようです。

プロは右肘をたたむためにゴルフスイングをしていない?

両腕を伸ばして地面と平行になると右肘をたたむ、このテークバックには理があります。

ゴルフスイングは捻転によってパワーを溜めるとするなら、その捻転は単に身体を雑巾絞りのようにねじることではなく、身体の内部の骨や筋肉を収縮させて、バネ仕掛けのようにパワーを蓄積させます。

左肩を回転するのは、背骨を軸にした回転運動のように見えますが、実際にはテークバックで左肩甲骨を広げて、ダウンスイングで縮める動作が行われます。

この肩甲骨の移動によってパワーを溜めているわけですが、左肩甲骨を最大限に広げるには、肘を曲げずにテークバックをするのが最も簡単な方法です。

つまり肩甲骨の開きのために、腕が地面と平行になるまで右肘をたたむことがないようにしていると言うわけです。

肩甲骨の開きが限界になったところで、右肘をたたむのですが、この場合は自分の限界点を事前に確認しておけば、そこがたたむタイミングということになります。

右肘をたたむ前にゴルフスイングができる身体かをチェック

肩甲骨の移動を意識しながらテークバックをしている一般ゴルファーは少ないでしょう。

多くのゴルファーは、左肩の回転度合いやヘッドの引く長さを気にして、テークバックをしているはずです。

肩甲骨を移動させる、ある意味「本物のゴルフスイング」をするためには、それなりの柔軟性が必要です。

それを確認するため、ピッチングウェッジの両端を握り、頭上に上げてそのまま頭の後ろにシャフトを下ろしてみてください。

シャフトが頭に当たるようなら、肩甲骨の可動域はほぼありません。

肩甲骨を浮かせて手先がすっぽり入るくらいで普通の可動域、プロの可動域はそれをはるかに上回っています。

つまり一般ゴルファーがプロのように両腕を伸ばして、平行な状態で右肘をたたむようにしても、身体がその動きについていけずに、バランスを崩したフォームになってしまいます。

上半身が右側に倒れて腰が左側にスライドする、とても良くないスイングフォームになっていることでしょう。

すでに運動不足のような身体になっている一般ゴルファーの場合には、アーリーコックにすると右肘をたたむタイミングがとりやすいかもしれません。

右肘をたたむことに迷いがあればゴルフの構えで修正できる

アーリーコックとは、アドレスからテークバックを始動する時、最初にゴルフクラブのシャフトを地面と平行にする手首の動作のことです。

アーリーコック自体には、右肘をたたむための動作ではありませんが、左手甲が飛球線と平行になることから、結果的に右肘を自然にたたむことができるようになります。

アーリーコックにすると、左手甲が外側を向くため、左肘は内側を向きやすい形になっています。

一方で右肘は飛球線側を向いているので、グリップを右側に移動させても右肘の位置はあまり変わらないはずです。

つまり、グリップを引き始めると同時に、右肘をたたむことになるわけです。

アーリーコックにすればタイミングに悩むことなく、グリップを移動させれば自然に右肘をたたむことができます。

しかも右肘を基点にしたテークバックなので、左肩甲骨も自分の可動域一杯まで広げることができるはずです。

この状態を見て気がつくと思いますが、左手甲が飛球線と平行になった時が、右肘をたたむタイミングになっているのです。

シンプルなゴルフで右肘をたたむタイミングを掴む

ゴルフスイングで右肘をたたむタイミングに迷いが生じているのであれば、たたむポイントを決めずに、左手甲を飛球線側に向けてからテークバックを始動すれば、自然な動作で肘をたたむことができます。

女子プロの中にも、タイミングに迷いが生じて、まったく右肘をたたまないスイングをしている人がいます。

ただこのフォームは一過性のもので、スランプから脱出できれば、また右肘をたたむ普通のスイングに戻っていきます。

ちなみにトップの位置は右耳の少し上がベストとされていますが、ご承知のようにプロゴルファーの中には、はるか頭上に高く引き上げている人もいますし、オーバースイングで頭の後ろ側でトップにしている人もいます。

トップの位置が変われば右肘をたたむタイミングも変わりますし、たたむ必要もないと考えるゴルファーがいてもおかしくはありません。

そこで金言である「シンプル・イズ・ザ・ベスト」に着目しましょう。

単純・素朴であることが最良という考え方ですが、迷いがある時は単純に考えて行動することです。

ヘッドカバーをクラブに見立てて、右手で握ってトップの位置まで引き上げてみましょう。

意外にも答えは簡単に見つかるはずです。

自然なゴルフスイングで右肘をたたむ方法とは

テークバックでゴルフクラブを引く時に、どのタイミングで右肘をたたむのかを迷いだすと、モヤモヤ感が気になってスイングフォームに悪影響が出る場合があります。

そんな時は左手甲を飛球線側に向けて始動するだけで、自然と右肘は折れていくはずです。

 - スイング ポイント