ゴルフのマナーであるポロシャツの裾を出すのはあり?なし?

なぜゴルフではポロシャツの裾を外に出すのがダメなのでしょうか。

ゴルフを始めた時に疑問に思ったことはありませんか。

確かに男子プロのほとんどはポロシャツを中に入れていますが、多くの女子プロはポロシャツを出しています。

ここで少しゴルフのドレスコードについて一緒に考えて見ましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新しいゴルフルールでワンペナは正規扱いになるかもしれない

ゴルフ場でよく見かける「ワンペナ」ですが、実際には非公式のローカル・ルールで、ゼネラルルールにはな...

ゴルフで半ズボン着用時はロングソックスがマナーって本当?

夏の暑いゴルフ場で半ズボンにしようとしたら、「ロングソックスを履くのがマナー」と言われることが良...

ゴルフは雨でも楽しもう!格好や準備、ラウンド決行判断基準

雨の日のラウンドを苦手とする人は結構いるでしょう。プライベートなラウンドであればキャンセルも...

ゴルフ場のホール毎にハンデがついているのを知っている?

ゴルフコースを何度かラウンドされた方は、スコアカードの隅にホール毎のハンデ(HANDICAP)と...

ゴルフ場でプレーする服装としてパーカーは認められてるのか

ゴルフ場でプレーする際にいろいろと服装の決まりがあることはご存知の方が多いでしょう。大まかな...

満員のゴルフ場でもスロープレーのペナルティは科せられる?

ゴルフのプレーが遅い人と一緒に回ると、イライラが蓄積して調子が狂ってしまうことがあります。プ...

ゴルフに存在する暗黙のルールは「ラウンド中に帽子を被る」

ゴルフラウンド中に帽子を被るのはルールと思っていませんか?実はゴルフ規則に帽子の着用に関して...

初心者ゴルファーのためのお助けルール”ギブアップ制”とは?

初心者ゴルファーにとって待ちに待ったコースデビュー!何か月も練習場でがんばってからのラウンドです...

ゴルフ場の服装マナーではスニーカーはOKなのかNGなのか

ゴルフ場への入退場時やプレー時に服装のマナーがあることを知っている人は多いでしょう。最近はカ...

ゴルフクラブを素振りしてボールに当たるとどうなるの?

ゴルフクラブを素振りしていたら、ミスでボールを打ってしまうことがあります。この場合1打として...

ゴルフ番組でストロークと言うけれど、どういう意味?

ゴルフのテレビ番組を見ていると「あの新人はトップと5ストローク差で、予想以上に健闘している」と報...

ゴルフボールがOBに飛んだ際、同伴者のファーの大声は必要?

ゴルフ場では隣のホールにボールが飛ぶと「ファー!」 と叫ぶのがマナーと言われています。対して...

ゴルフラウンド中にショットの打数制限はあるか?ないのか?

ゴルフラウンドではペナルティが打数として科せられます。想像したくないかもしれませんが、何度も...

男性ゴルファーはゴルフに女性を誘うとにマナーが身につく

ゴルフに女性を誘うと、華やかで楽しいゴルフができると思います。一方で、「女が入ると……」と、...

ゴルフにおけるラウンドの醍醐味とokパットについて考えよう

ゴルフの醍醐味とは何でしょう?それは人それぞれあるかと思います。ドライバーショットが...

スポンサーリンク

ゴルフにドレスコードがあるのは

ゴルフで代表的なドレスコードは以下の3つです。

・ポロシャツの裾を出すのはNG
・入退場ではジャケット着用
・ハーフパンツ着用時はハイソックスを履く

ではゴルフと言うスポーツだけ、なぜそのようなドレスコードが存在するのでしょうか。

それはゴルフは元々会員制のスポーツだったからだと言えます。

現在も会員制のゴルフ場がありますが、以前ほどは多くありません。

しかしゴルフ場は本来会員権を持った人だけのための場所であったため、きっちりした格好でなければならないためドレスコードが設けられたのです。

会員制のゴルフクラブであれば現在も同じで、ビジターの人は会員権を持っていないので、プレーさせてもらう立場となります。

ゴルフ場は、会員が気持ち良くゴルフがプレーできるように運営を行わなければなりません。

そのため会員が不快な気持ちにならないよう、ルールやマナー、ドレスコードをクラブハウス等に貼り出してビジターの人へ呼びかけているのです。

極端に言えば、会員の人全員一致で「ドレスコードは必要ない!」と言えば、ゴルフ場からドレスコードはなくなるということです。

ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはだめ?

このドレスコードで賛否両論あるのが、「ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはだめかどうか」です。

時代は常に流れているものです。

昔はパンツにシャツを入れるのが一般的でしたし、シャツを出すのは砕けた格好と言う捉え方をされていました。

しかし最近ではプロゴルファーでもシャツを出すスタイルが増えてきています。

シャツを入れることを想定していないような裾の短いポロシャツも増えてきています。

時代の流れに乗ってゴルフウェアのメーカーも、裾を入れなくても着こなせるスタイルにしているのです。

それでもゴルフ場からシャツを出すことを注意されたら疑問を感じるかもしれません。

しかしゴルフ場から注意されたのであれば、それは控えなければなりません。

不平不満はあるかもしれませんが、それは先にも話したように会員の人が不快に感じるから定められたドレスコードだからです。

厳しいようですが、それでも不満があるのでしたら、そのゴルフ場を利用しなければ良いだけの話です。

ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはOK?

ゴルフ場は何も会員制のゴルフ場ばかりではありません。

パブリックゴルフ場であれば、会員制ではないので、それほどドレスコードに厳しくありません。

また料金も会員制より低額なところが多いので、利用者も若い人が多く、ゴルフウェアもカジュアルなスタイルの人が多いです。

当然そのようなゴルフ場であれば、ポロシャツの裾を出していても注意されることもないでしょう。

中には逆にフォーマル過ぎたと心配になるほどカジュアルな所もあります。

また会員制のゴルフ場であってもポロシャツの裾を出すことを認めている所もあります。

ただ裾を出すのは許可していますが、裾の長いポロシャツの裾を出すのはNGとしているところが多いです。

裾の長いポロシャツの裾を出すのは、ゴルフ場だけでなくプライベートであっても格好の良いものではありません。

また最近ではハーフパンツの着用を認めているゴルフ場も増えてきています。

昔はハーフパンツにはハイソックスの着用が義務付けられていたのですが、最近ではショートソックスでも認められています。

このように時代の流れに合わせているゴルフ場も最近では少なくはありません。

若者のファッションリーダーはポロシャツの裾を出す

プロゴルファーも最近はポロシャツの裾を出すスタイルが増えてきていると話しましたが、それは女子プロに限りです。

男子プロにはシャツを出す人はまずいません。

特にアメリカツアーでは全くと言って良いでしょう。

アメリカツアーでシャツを出すことがどれだけレアかと言うと、シャツを出すことがスポーツニュースに載るくらいレアなのです。

2018年のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズにて、リッキー・ファウラーがアメリカツアーでシャツを出すスタイルでプレーをしたことがニュースになりました。

彼はゴルフ界の若者のファッションリーダーと言われており、フラットキャップやジョガーパンツをゴルフウェアに取り入れたことでも話題になっています。

その彼が花柄のシャツの裾を出したアメリカツアーに参戦しました。

そのラウンド後のインタビューでは、こう話しています。

「僕のファッションが嫌いな人もいるとは思うけど、そんなとは恐れていない。」

「ずっと人とは違うことをし続けてきた。」

「ただゴルフをするだけと言うのは嫌いなんだ!」

アメリカツアーでは名門中の名門ゴルフ場でのプレーが基本となるので、シャツを出すことをNGにしているゴルフ場は多いでしょう。

そんな中での大きなチャレンジだったのかもしれません。

人それぞれ違うドレスコードの考え方

ゴルフウェアのポロシャツ裾を出すのはありなのか、なしなのか。

考えは人それぞれあるでしょう。

2014年には男子ツアーではカーゴパンツタイプのものや迷彩柄のパンツ着用の禁止が設けられました。

カーゴパンツは作業着のイメージであり、迷彩柄は軍隊や戦争をイメージするものなのでダメだと言うのが理由です。

しかしどちらもゴルフウェアとしてデザイナーが作ったものです。

ゴルフウェアとして作られたものの着用を認められないのはどうなのでしょうか。

また米女子ツアーでは2017年に短いスカートの着用が禁止されました。

「スカート、スコート、ショーツは、立っているときも屈んだときも、いついかなるときも、ボトムエリアを隠し得るに十分な長さでなくてはいけない」です。

日本ツアーではまだ採用されていませんが、これもまたゴルフウェアメーカーがゴルフ用にとデザインしたウェアの禁止になります。

伝統を重んじるゴルファーにとっては嬉しい規制かもしれません。

しかしゴルフの敷居が高くなる一方のように感じます。

もちろん伝統も大事ですが、時代の流れに合わせた柔軟な対応も少しは必要かもしれません。

ポロシャツタックイン問題、あなたはどう思う?

ゴルフウェアのポロシャツを出すか、出さないか。

ドレスコードがある理由や認めているゴルフ場や認めていないゴルフ場があること、そしてポロシャツを出すプロゴルファーがいることなどお話してきました。

全てを見てあなたはどう思いましたか?

状況に応じて変えるのもありなのではないでしょうか。

「郷に入ったら郷に従え」です。

ポロシャツを出すのが認められていないゴルフ場であれば、それは会員でないのにプレーさせてもらう立場なので素直に従うべきです。

しかしパブリックや比較的ドレスコードの緩いリゾートゴルフ場であれば、時代に沿ったファッショナブルなゴルフウェアをスタイリッシュに着こなしても良いのです。

またそれだけでなく、一緒にラウンドする相手によっても服装は考えるべきです。

会社の上司や取引先等とのラウンドであれば、シャツを入れて「マナーを守っています!」とアピールするくらいが良いでしょう。

何も全てがダメと言うわけではないのですから、ケースバイケースでゴルファーも柔軟に対応すれば良いのかもしれません。

シャツのタックインは意外とスタイルが良く見える

シャツを入れるのをやぼったいとか、おじさん臭いと思っている若者は多いようです。

しかし実際にタックインすると全体的にすっきりとした着こなしに見えます。

またプレーをする上でタックインした方がプレーの妨げにもなりません。

ドレスコード云々ではなく、一度試したら意外とハマるかもしれません。