ゴルフのマナーであるポロシャツの裾を出すのはあり?なし?

なぜゴルフではポロシャツの裾を外に出すのがダメなのでしょうか。

ゴルフを始めた時に疑問に思ったことはありませんか。

確かに男子プロのほとんどはポロシャツを中に入れていますが、多くの女子プロはポロシャツを出しています。

ここで少しゴルフのドレスコードについて一緒に考えて見ましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場のスタート時間の目安ってどうやって決めているの?

ゴルフ場のプレー時間は4時間以内としている場合と、5時間を目安にと推奨している場合があります。...

雷のゴルフは危険!中止はゴルファー自身で決断しよう

雷が落ちるかもしれないゴルフとなると、落ち着かなくて楽しめるとは思えません。しかしそのせいで...

ゴルフは服装に厳しいと若者が敬遠してるが実はそうでもない

ゴルフの人気低迷の理由の一つに、服装のマナーが厳しいと言うのがあります。特に若者たちは自由な...

ゴルフで入場時はジャケットかブレザーの着用は必須なの!?

ゴルフというスポーツは知っての通り「紳士のスポーツ」と言われています。細かいルールはもちろんマナ...

ゴルフのコンペで獲りたいドラコン、一体どういう意味?

ゴルフのコンペに参加すると、今度のドラコンは誰が獲得したなどということが話題になることが少なくあ...

気付かずにゴルフコースでマナー違反していませんか?

ゴルフ場ではハウスやレストラン以外に、コースでもマナーやエチケットが重要視されます。日常的な...

安全にゴルフをするためにすぐに叫ぼう「ファー!」

ゴルフ場にいるとたまに…よく聞こえるのが「ファー!」です。ティーショットで思い切り曲がってしま...

スクラッチで行われるゴルフ競技でも賭けたら違法!要注意!

お互いがイーブンでプレーするスクラッチ競技、上級者の中で行われるゴルフ競技会のひとつです。プロ...

暑いイメージが強い沖縄のゴルフ場での服装に関する注意点

暑い島のイメージが強い沖縄ですが、ゴルフ場では半袖シャツが良いとは限りません。沖縄の強い日差...

ゴルフでダメなのに練習場ではジーパンが認められる理由

ゴルフ場ではドレスコードを設定しているところもあり、服装に関する視線が厳しめのところがあります。...

ゴルフでワンラウンドする時、時間をかけずに回るには?

ゴルフは楽しく回りたいですよね。しかし、そんな時に前の組のプレーが遅かったとしたらどうでしょ...

知っておこう!ゴルフ場に立つ赤杭のルールと救済処置

ラウンド中にOBやバンカー、池などのハザードにボールが入ると、少しパニックを起こしませんか。...

気をつけて!間違えやすいゴルフルールの打ち直しでのミス

ゴルフのルールでは、紛失球の際は打ち直しをしなければなりません。しかし実際のラウンドでは暫定...

ゴルフ場でキャディは大切なマナーとルールの先生なのです!

最近は料金が安価などの理由もあってセルフプレーのゴルフラウンドが主流になりつつあります。しか...

ゴルフ場に服装の規定がなくても入場時にトラぶらない方法

ゴルフ場では服装の規定を設けているところと、内規で定めているところがあります。また自由な服装...

スポンサーリンク

ゴルフにドレスコードがあるのは

ゴルフで代表的なドレスコードは以下の3つです。

・ポロシャツの裾を出すのはNG
・入退場ではジャケット着用
・ハーフパンツ着用時はハイソックスを履く

ではゴルフと言うスポーツだけ、なぜそのようなドレスコードが存在するのでしょうか。

それはゴルフは元々会員制のスポーツだったからだと言えます。

現在も会員制のゴルフ場がありますが、以前ほどは多くありません。

しかしゴルフ場は本来会員権を持った人だけのための場所であったため、きっちりした格好でなければならないためドレスコードが設けられたのです。

会員制のゴルフクラブであれば現在も同じで、ビジターの人は会員権を持っていないので、プレーさせてもらう立場となります。

ゴルフ場は、会員が気持ち良くゴルフがプレーできるように運営を行わなければなりません。

そのため会員が不快な気持ちにならないよう、ルールやマナー、ドレスコードをクラブハウス等に貼り出してビジターの人へ呼びかけているのです。

極端に言えば、会員の人全員一致で「ドレスコードは必要ない!」と言えば、ゴルフ場からドレスコードはなくなるということです。

ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはだめ?

このドレスコードで賛否両論あるのが、「ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはだめかどうか」です。

時代は常に流れているものです。

昔はパンツにシャツを入れるのが一般的でしたし、シャツを出すのは砕けた格好と言う捉え方をされていました。

しかし最近ではプロゴルファーでもシャツを出すスタイルが増えてきています。

シャツを入れることを想定していないような裾の短いポロシャツも増えてきています。

時代の流れに乗ってゴルフウェアのメーカーも、裾を入れなくても着こなせるスタイルにしているのです。

それでもゴルフ場からシャツを出すことを注意されたら疑問を感じるかもしれません。

しかしゴルフ場から注意されたのであれば、それは控えなければなりません。

不平不満はあるかもしれませんが、それは先にも話したように会員の人が不快に感じるから定められたドレスコードだからです。

厳しいようですが、それでも不満があるのでしたら、そのゴルフ場を利用しなければ良いだけの話です。

ゴルフウェアのポロシャツの裾を出すのはOK?

ゴルフ場は何も会員制のゴルフ場ばかりではありません。

パブリックゴルフ場であれば、会員制ではないので、それほどドレスコードに厳しくありません。

また料金も会員制より低額なところが多いので、利用者も若い人が多く、ゴルフウェアもカジュアルなスタイルの人が多いです。

当然そのようなゴルフ場であれば、ポロシャツの裾を出していても注意されることもないでしょう。

中には逆にフォーマル過ぎたと心配になるほどカジュアルな所もあります。

また会員制のゴルフ場であってもポロシャツの裾を出すことを認めている所もあります。

ただ裾を出すのは許可していますが、裾の長いポロシャツの裾を出すのはNGとしているところが多いです。

裾の長いポロシャツの裾を出すのは、ゴルフ場だけでなくプライベートであっても格好の良いものではありません。

また最近ではハーフパンツの着用を認めているゴルフ場も増えてきています。

昔はハーフパンツにはハイソックスの着用が義務付けられていたのですが、最近ではショートソックスでも認められています。

このように時代の流れに合わせているゴルフ場も最近では少なくはありません。

若者のファッションリーダーはポロシャツの裾を出す

プロゴルファーも最近はポロシャツの裾を出すスタイルが増えてきていると話しましたが、それは女子プロに限りです。

男子プロにはシャツを出す人はまずいません。

特にアメリカツアーでは全くと言って良いでしょう。

アメリカツアーでシャツを出すことがどれだけレアかと言うと、シャツを出すことがスポーツニュースに載るくらいレアなのです。

2018年のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズにて、リッキー・ファウラーがアメリカツアーでシャツを出すスタイルでプレーをしたことがニュースになりました。

彼はゴルフ界の若者のファッションリーダーと言われており、フラットキャップやジョガーパンツをゴルフウェアに取り入れたことでも話題になっています。

その彼が花柄のシャツの裾を出したアメリカツアーに参戦しました。

そのラウンド後のインタビューでは、こう話しています。

「僕のファッションが嫌いな人もいるとは思うけど、そんなとは恐れていない。」

「ずっと人とは違うことをし続けてきた。」

「ただゴルフをするだけと言うのは嫌いなんだ!」

アメリカツアーでは名門中の名門ゴルフ場でのプレーが基本となるので、シャツを出すことをNGにしているゴルフ場は多いでしょう。

そんな中での大きなチャレンジだったのかもしれません。

人それぞれ違うドレスコードの考え方

ゴルフウェアのポロシャツ裾を出すのはありなのか、なしなのか。

考えは人それぞれあるでしょう。

2014年には男子ツアーではカーゴパンツタイプのものや迷彩柄のパンツ着用の禁止が設けられました。

カーゴパンツは作業着のイメージであり、迷彩柄は軍隊や戦争をイメージするものなのでダメだと言うのが理由です。

しかしどちらもゴルフウェアとしてデザイナーが作ったものです。

ゴルフウェアとして作られたものの着用を認められないのはどうなのでしょうか。

また米女子ツアーでは2017年に短いスカートの着用が禁止されました。

「スカート、スコート、ショーツは、立っているときも屈んだときも、いついかなるときも、ボトムエリアを隠し得るに十分な長さでなくてはいけない」です。

日本ツアーではまだ採用されていませんが、これもまたゴルフウェアメーカーがゴルフ用にとデザインしたウェアの禁止になります。

伝統を重んじるゴルファーにとっては嬉しい規制かもしれません。

しかしゴルフの敷居が高くなる一方のように感じます。

もちろん伝統も大事ですが、時代の流れに合わせた柔軟な対応も少しは必要かもしれません。

ポロシャツタックイン問題、あなたはどう思う?

ゴルフウェアのポロシャツを出すか、出さないか。

ドレスコードがある理由や認めているゴルフ場や認めていないゴルフ場があること、そしてポロシャツを出すプロゴルファーがいることなどお話してきました。

全てを見てあなたはどう思いましたか?

状況に応じて変えるのもありなのではないでしょうか。

「郷に入ったら郷に従え」です。

ポロシャツを出すのが認められていないゴルフ場であれば、それは会員でないのにプレーさせてもらう立場なので素直に従うべきです。

しかしパブリックや比較的ドレスコードの緩いリゾートゴルフ場であれば、時代に沿ったファッショナブルなゴルフウェアをスタイリッシュに着こなしても良いのです。

またそれだけでなく、一緒にラウンドする相手によっても服装は考えるべきです。

会社の上司や取引先等とのラウンドであれば、シャツを入れて「マナーを守っています!」とアピールするくらいが良いでしょう。

何も全てがダメと言うわけではないのですから、ケースバイケースでゴルファーも柔軟に対応すれば良いのかもしれません。

シャツのタックインは意外とスタイルが良く見える

シャツを入れるのをやぼったいとか、おじさん臭いと思っている若者は多いようです。

しかし実際にタックインすると全体的にすっきりとした着こなしに見えます。

またプレーをする上でタックインした方がプレーの妨げにもなりません。

ドレスコード云々ではなく、一度試したら意外とハマるかもしれません。