ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフスイングでフェースがかぶるならこの方法で簡単克服!

2018.8.13

ゴルフクラブを構えた時のフェースはスクエアにしたにも関わらず、インパクトでかぶるのにはグリップの握り方や構え方に問題があるからかもしれません。

またゴルフクラブそのものが合っていないことも考えられます。

そこで、ここから対処するためのグリップの握り方や構え方、クラブの選択方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーのフックの直し方は大きなスイングを目指すこと!

ドライバーがフックする時は、スイング全体に歪みが生じていることが多いようです。 部分的な直し方...

知らなかった!ゴルフで手打ちはフックの根本を招いている!

ゴルフをやっている中で、必ず一度手打ちはダメと注意されたことはありませんか? 「手打ちが良いの...

ゴルフで上達するために野球のスイングを進んで活用しよう

野球の経験のある人がゴルフを始めてみると、スイングの違いに気づきます。 ゴルフのショットは、野...

【ゴルフ上達】体重移動の際、足裏を意識出来ていますか?

ゴルフにおいて体重移動は必要なことです。 積極的にやるか、なるべく動かないようにするか様々な意...

【ゴルフ上達】左腕のリードの重要性の解説と2つの練習法

ゴルフにおいて左腕の役割は何なのでしょうか? 良く車のハンドルに例えられ、左腕を使いこなさない...

人気プロゴルファー藤田寛之の全てを徹底分析してみよう!

ゴルフ界一の卓越した理論を持つことで有名な藤田寛之選手。 それはスイングだけでなく、トレーニン...

安定したアイアンショットができるスイングプレーンの意識

アイアンショットの球筋の乱れについて、スイングプレーンの歪みを指摘していることがあります。 一...

目の位置が高いことでスイングプレーンが崩れてしまう理由

目とボールの間隔を適正に保つことが確実なインパクトに繋がります。 グリップの位置が高いと上体が伸...

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそ...

2008年賞金女王古閑美保のスイングは実にゆっくりで理想的

2008年の最終戦リコーカップで奇跡の大逆転優勝を決め、初の賞金女王となった古閑美保プロ。 そのス...

ゴルフ場で遭遇する左足下がりのボール位置と打ち方・飛び方

ゴルフ場はゴルフ練習場のように平らな場所ばかりではありません。 むしろほとんどの場所に傾斜があ...

パターを上達するには、目線でヘッドを追いかける必要がある

ゴルフのスコアを上げようと思ったら、パターの上達は避けて通れませんよね。 パターは目線が特に大...

体が柔らかい女性の特徴を生かしたスイングでゴルフ上達を

女性は、男性よりも筋力が少ないですが、体は柔らかいです。 そんな体が柔らかい女性の特徴を上手く使っ...

【ゴルフ上達】ダウンスイングは落下を待つと再現性が高い

ゴルフ上達には様々な理論を理解する必要があります。 必要なことはスイングの再現性。再現性が高け...

テークバックのときにゴルフクラブで頭を叩く原因と対策法

ゴルフのスイングをしていると、クラブが頭に触れる場合や叩く場合があります。 本来のスイングアー...

スポンサーリンク

ゴルフクラブの構えが原因でインパクトのフェースがかぶる?

正しいゴルフスイングをしているつもりなのに、インパクトでフェースがかぶるようであれば、ハンドファーストの形が影響しているかもしれません。

本来ゴルフクラブは、身体の中央でグリップを構えるものです。

前傾姿勢をとって両腕を伸ばして、手のひらをピタリと合わせられるのは、身体の中央しかありません。

このように両腕を伸ばして均等にすれば、姿勢に歪みが生まれることはありません。

ただしグリップを握る時は、同じ高さで握ることはできず、左手がグリップエンド側、右手は先端側を握ることになります。

そこで正しい姿勢を保つためには、少しだけグリップを右寄りにしなければなりません。

このようにボールよりもグリップの位置を右側で構えることをハンドレイトといいます。

一方でシャフトを少し斜めにしてグリップを握れば、両腕を均等にすることができます。

ボールよりも左寄りでグリップを握りシャフトを左側に傾けると、本来の右手の位置よりも右側で握ることができます。

この握り方がハンドファーストで、アドレスとしては理に適っていますが、インパクトの時にフェースがかぶる可能性も出てきます。

フェースがかぶるのはゴルフスイングのスピードが原因?

ハンドファーストで構えると、インパクトでフェースがかぶるために、フックすることがあります。

ゴルフクラブを握り飛球線に合わせてフェースをセットして、ハンドファーストで構えたとします。

構えた状態でインパクトを迎えていれば、スクエアなフェースで打ち出すボールは真っ直ぐに飛び出すはずです。

ところが本来の正しいスイングができると、両腕は均等な状態になって、身体の中央でボールを捉えることになります。

アドレスの時にハンドファーストでフェースを合わせていたので、インパクトでのフェース面は左を向いています。

これはアドレスでフェースをセットしてから、シャフトを斜めにして構えていたのが原因と考えられます。

インパクトでは、シャフトが真っ直ぐな状態になるためフェースがかぶるわけです。

フェースがかぶることを分かっているのに、多くのゴルファーがハンドファーストで構えてしまう理由は、インパクトの形をイメージしているからなのかもしれません。

何も考えずフルスイングすると、身体の正面でボールを捉えているつもりでも、スイングスピードの速さでグリップが先行してしまうものです。

その時のグリップの形が、このハンドファーストとなります。

しかしすべてフルスイングでショットしているわけではないので、距離を調節してスイングスピードを落とすとフェースがかぶることになってしまいます。

フェースがかぶるのはゴルフクラブの握りに原因がある

ハンドファーストと同じ理由で、インパクトでフェースがかぶる原因としてストロンググリップがあります。

ストロンググリップはフックグリップとも言われていて、左手甲を上に向けたグリップの握り方です。

これもハンドファーストと同じで、インパクトの時に身体の中央で左手甲がターゲットに向く正しい形になると、フックフェースになってしまいます。

名前の通りフックを打つ握り方なのですが、ヘッドスピードが速いとトゥ(先端)側が遅れることから、フックグリップで握るとスクエアなフェースでインパクトしやすくなるメリットがあります。

ただこれもハンドファーストと同じように、ヘッドスピードが遅い時はトゥが遅れずフェースがかぶったままインパクトを迎えることになります。

さらに正しいゴルフスイングをしている場合、ハンドファーストはストロンググリップで握ることが多く、ダブルでフックフェースになるため、フェースは左側で下側を向くことになるでしょう。

右手の力加減でゴルフクラブのフェースはかぶる

グリップの握り方や構え方に問題がないのに、インパクトでフェースがかぶるようなら、右手の返しが大きくなって、オーバーザットップになっているかもしれません。

トップの時の左手は、親指が立って手首と直角になっています。

この「コック」はダウンスイングで徐々にほどけていき、インパクトではアドレスの時の構えと同じ形になるのが理想です。

しかし実際のダウンスイングは、ものすごく早いため徐々にほどくことは不可能です。

そこで右足付近までグリップが下がってきた瞬間、一気に切り返しをします。

それまでグリップエンドはボールを指していましたが、切り返しと同時に自分の身体を指すようにするのです。

切り返す直前のシャフトは、飛球線に対してほぼ平行なままです。

ところが切り返すとシャフトは垂直になり、フェース面もスクエアになります。

切り返しは右手を使うと素早くできますが、一瞬で切り返さなくてはならないので、力加減が過ぎると右手親指が左側に倒してしまうことになります。

こうした右手親指がかぶる、つまりオーバーザトップになると、ゴルフクラブのフェースもかぶることになります。

ゴルフクラブのフェースがかぶる場合の簡単な修正方法

右手親指がかぶることでゴルフクラブのフェースがかぶる場合、だれでもできる簡単な修正方法があります。

グリップを握る時、左手親指をグリップの上に乗せていますよね。

親指の付け根から先のほうまでピタリと付けて、その上から右手をかぶらせているはずです。

この形は一般的に「ロングサム」と言います。

そこでフェースかぶりを修正するには、このロングサムをショートサムに変えるだけです。

ショートサムは親指の付け根をグリップに付けずに、親指を立てて押さえるように握る方法です。

そのためには手のひらで握るパームグリップよりも、指で握るフィンガーグリップが握りやすくなるはずです。

このショートサムのフィンガーグリップであれば、手首が内側に折れるのを防いでくれます。

コックをほどいた勢いで右手がオーバーザトップするのも防ぐことができ、フェースのかぶりも少なくなるはずです。

またインパクトの時に、左手甲でボールを打つイメージを持つと、左手甲をターゲットに向けて払うようにスイングすることができるはずです。

フェースがかぶるのはゴルフクラブに原因がある?

グリップの握りや構え、そしてゴルフスイングも正しいのにフェースがかぶるのであれば、使用中のゴルフクラブに原因があるのかもしれません。

ゴルフクラブが自分の身体や技量に合っていないと、正しいスイングをしていてもフェースがかぶることもあります。

アイアンを選ぶ時、多くのゴルファーはヘッドの性能やシャフトの硬さに注意しても、ライ角を確認することが少ないようです。

ライ角が大きいとインパクトの直前でフェースはかぶる可能性が高まります。

そもそもライ角とは、ゴルフクラブをソールした際のシャフトの傾きを角度で表したものです。

地面とシャフトとの内角が大きいと、ソールをつけた時トゥ(先端)側が浮き、ヒール(根元)側だけが接地します。

このようなボールの手前でヒール側だけが接地するアイアンを使うと、ヒールが抵抗を受けてトゥだけが返り、フェース面はかぶることになります。

国産ゴルフクラブは身長170センチに合わせていると言われていますので、もしもそれより身長が低い場合はライ角調整が必要になるのは間違いありません。

また並行輸入されたゴルフクラブは欧米人の身長に合わせていることが多く、180センチ以下なら確認が必要です。

握り方や構え方をチェックするだけでなく、自分に合ったクラブを選べば、フェースがかぶる心配はほとんどなくなるはずです。

フェースがかぶるならゴルフの基本に戻って!

フェースがかぶる時は、飛球線に対して垂直に構えるスクエアグリップでフェースを合わせることが先決です。

次にインパクトの直前でフェースがかぶるのであれば、1度基本の形に戻して、身体の中央でゴルフボールを捉える練習をしましょう。

それでも直らなければ、ショートサムのフィンガーグリップを試してみてください。

 - スイング ポイント