ゴルフの打ちっぱなし練習場にもファッションの決まりがある

ゴルフの打ちっぱなし練習場へ行くと、ジャージや会社帰りのスーツ、Tシャツと実に様々なファッションの人がいることに気づきます。

ゴルフ場でのラウンドになるとドレスコードがあるので気を遣わなければなりませんが、打ちっぱなし練習場ではリラックスしながら練習することが大切です。

しかしそこにもやはりTPOをわきまえたファッションの決まりがあるのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

楽しみなのに気分が重いゴルフ雨の日の服装で注意したいこと

折角のゴルフ、にも関わらずついてない雨。ゴルフは雪を除いて天候に関係なくできるスポーツなので...

フライヤーがゴルフラウンドで起きてしまう理由はズバリこれ

ゴルフ場では普段出ないような飛距離がラフから出てしまった経験ありませんか?それは「フライヤー」...

初心者のゴルフレッスンの選び方。東京近郊のオススメは?

ゴルフを始めるに当たって、レッスンに通いたいと考える方は多いです。自己流では何をどうやって覚えて...

ドライバーのトップでゴロが多発する原因とはいったい何か?

朝一のドライバーでのティーショットは、緊張と気合が入り交ざる瞬間ですよね。前日から十分なイメ...

ゴルフのobなどのペナルティでの打数の数え方を覚えよう!

ゴルフスコアとは打った数を数えれば良いだけなのですが、obや池に入ってトラブルになると、焦って打数...

ゴルフボールを選ぶときにヘッドスピード40は優先条件!?

ゴルフボールを選ぶときヘッドスピードを条件にしている場合があります。男性アマチュアゴルファーの...

ゴルフ初心者に絶対知って欲しい打ちっぱなし練習場のいろは

ゴルフ初心者は、ゴルフについて知りたいことが山ほどあると思います。もちろん一番知りたいのは「...

ゴルフを始める時レディースでレフティとなると不利なの?

ゴルフを始める時、日常が左利きだとしたら迷うことが多いです。ましてレディースであれば、レフテ...

スライスボールを直すための原因の見つけ方と対策法

スライスするのは普通のスイングをしていないからです。普通のスイングを理解できれば、自分のスイ...

練習の仕方で見違える!ゴルフ初心者にオススメの練習法

ゴルフ初心者の皆さん、普段どのような練習をしていますか?練習するのは打ちっぱなしの練習場だけです...

初心者ゴルファー必見!左手親指の水ぶくれが痛い時の予防法

ゴルフをはじめたばかりの初心者の方、手にマメや水ぶくれができませんでしたか?特にマメや水ぶく...

答え!ゴルフのバックスイングでは手の上げ方をこう考える!

ゴルフのスイングはどこにポイントを置くのかで表現方法が全然違います。言っていることは同じでも...

【ゴルフの悩み】アイアンのスライスを改善して真っすぐ打つ

ドライバーでのスライスを悩むゴルファーが多いですが、実は同じくらいアイアンでのスライスに悩むゴル...

ゴルフスイングのインサイドインをマスターして脱スライス!

スライスに悩まされているゴルファーの皆さん、どんなに練習してもスライスが出てしまって困っていませ...

【ゴルフ上達】アドレスではソールはつけないようにしよう!

ゴルファーの悩みとしてアドレスで力んでしまうことが挙げられます。アドレスでソールをつけてしま...

スポンサーリンク

ゴルフの打ちっぱなし練習場にファッションの決まりはある?

ゴルフは紳士のスポーツとも言われ、ゴルフが生まれたその日から服装のマナーが存在しています。

トップスは襟付きのものでなければならなかったり、脛を出す服装はダメであったり、短いパンツを着用する場合はハイソックスを合わせなければならなかったりと、細かいファッションのマナーがあるのです。

そんなドレスコードに厳しいスポーツですから、打ちっぱなし練習場にもファッションに制約があるように思うかもしれませんが、実はゴルフ場のような細かい決まりはありません。

打ちっぱなし練習場であれば、ゴルフコースでは認められていないTシャツやジーンズ、短パンやジャージでも全く問題はないのです。

ですからそのようなファッションで行っても怪訝な顔をされたり、スタッフに注意されることもありません。

ではどんなファッションでも良いのかと尋ねられると、安全や風紀の面でそれなりに気を付けなければならないこともあります。

ゴルフがスポーツであることを考えれば、どのようなファッションで行けば良いのか分かるでしょう。

ゴルフの打ちっぱなし練習場へは安全なファッションで

安全なファッションと言われると、「ゴルフの打ちっぱなし練習場ってどんだけ危険な場所なの!?」と思うかもしれません。

それはゴルフの練習場ですから、金属製のクラブを振りますし、硬いゴルフボールを打つのですから、それなりに危険な面はあります。

そのために安全面を考慮したファッションである必要があります。

まず着用する靴です。

ビーチサンダルやスリッパの着用はNGです。

これらのような足元が不安定な靴を履いて練習すると滑って転倒する恐れがあるからです。

また靴底が滑りやすい革靴も避けた方が良いでしょう。

ゴルフシューズを着用するのが一番なのですが、運動用のスニーカーでも大きな問題はありません。

またマフラーやコートのように、スイング中に首に絡みついてしまう可能性のあるようなものを着用するのもNGです。

暑い夏にタオルを首にかけて練習している人を見かけることもありますが、それも同様の理由から止めた方が良いでしょう。

大げさに感じるかもしれませんが、運が悪ければ命を落とす危険性もあるので気をつけてください。

女性は注意!ゴルフの打ちっぱなし練習場でのファッション

特に女性が気を付けなければならないゴルフの打ちっぱなし練習場でのファッションがあります。

ゴルフスイングは体を捻り、フォローでは体を伸ばす動作をします。

故に、ゴルフスイングの動作によって洋服は伸びたり捻じれたりするのです。

そのため、女性ゴルファーは打ちっぱなし練習場でのファッションに十分注意しないと、恥ずかしい格好になってしまうことがあります。

チューブトップやキャミソール、胸の開いたようなファッションはNGです。

チューブトップであればスイング中に服がずれ落ちたり、ずり上がってしまったりします。

またキャミソールや胸の開いたようなものは構えた時に中が見えてしまうことがあるのでNGです。

スカートがダメと言うことはないのですが、丈によっては捲れ上がってしまう可能性があるので気を付けましょう。

近年女性ゴルファーが増えてきたと言っても、やはり男性ゴルファー人口の方が断然多いです。

男性が目のやり場に困るような服装は避けるようにしてください。

効果的な練習のためにオススメのファッション

ゴルフはスポーツなのですから、スポーツをするためのファッションが一番良いです。

また打ちっぱなし練習場では、ほとんどの人がある程度の打数をこなした練習を行います。

ですからストレッチ性のない体にぴったりしたようなファッションであると、スイングしづらくなるので効果的な練習の妨げとなります。

また同様にアクセサリーがたくさん施されたようなものも危険性を含むので、避けた方が良いでしょう。

効果的な練習のためのファッションのポイントは、汗をかいても不快に感じず、ぴったりとしていないことです。

お出かけ着のようなおしゃれなファッションで行くのも汗が気になるので、汗をかいても問題ないファッションが良いです。

最近はドライ素材のものが出ているので、汗をたくさんかいてもサラっとした着心地のものがあります。

結果的に打ちっぱなし練習場ではどのようなファッションでも良いのですが、スポーツウェアを着用するのが全ての面において一番良いでしょう。

もちろんラウンドで着ていくようなゴルフウェアがベストであることは言うまでもありません。

季節に合わせた打ちっぱなし練習場のファッション

ゴルフの打ちっぱなし練習場は、基本的に屋根はあっても屋外なので季節感をダイレクトに受けます。

春や秋であれば暑くもなく、寒くもないのでファッションも選びやすいです。

しかし寒い冬や暑い夏にはそれなりの対策が必要になります。

夏であれば汗や虫の対策が必要です。

汗の対策では先に話したようにドライ素材のものを着用すると良いでしょう。

また最近はクール素材の洋服もあるのでそういったもので対策すると良いです。

また虫対策では、虫よけスプレーなどを練習までに振りかけておきましょう。

夜の練習場は蛍光灯のせいもありたくさんの虫が飛び交っているので注意が必要です。

虫に刺されて練習に集中できないようなことがないように気を付けてください。

また、寒い冬は厚着をすれば大丈夫と思っているかもしれませんが、あまり厚着をしてしまうと動きづらく、また練習しているうちに暑くなってきてしまいます。

動きやすく脱ぎ着のしやすい薄手のウィンドブレーカーがオススメです。

またポケットにカイロを入れておくと寒い冬の強い味方となるでしょう。

研修生やプロはゴルフウェアで練習する

ゴルフ研修生やプロゴルファーも打ちっぱなし練習場へ行くことがあります。

そして彼らは打ちっぱなし練習場での練習もゴルフウェアで行います。

それは決しておしゃれのためやスポンサーとの兼ね合いで着用しているわけではありません。

では彼らはなぜゴルフウェアで練習しているのでしょうか。

それはラウンドと同じ感覚で練習することが大切だからです。

何百球も打つのですから、リラックスできるファッションで練習した方がより楽なのは分かっています。

しかしラウンドではゴルフウェアを着用するのに、練習で違うものを着用していたら、微妙にそのスイング感覚は変わってしまうものです。

研修生やプロゴルファーになると少しの感覚の違い、そしてその少しの感覚の違いがショットに影響することを避けます。

アマチュアゴルファーでもゴルフウェアで練習をする人はいます。

そこまで意識高く練習することもゴルフ上達させるためには必要なことかもしれません。

毎回でなくとも良いので、ラウンド前の数回の練習をゴルフウェアで練習するのも意識が高まって良いでしょう。

慣れてくると不似合いだと認識できるようになる

打ちっぱなし練習場ではファッションに決まりがないので、無頓着な人が多いです。

もちろん制限がないのでマナー違反にはなりません。

しかしゴルフ経験が長くなり、練習場へ行くことが増えてくるとその意識は変わります。

練習場へ不似合いな格好であり、それが自分の練習にどう影響するのかが理解できるようになるのです。

その前にゴルフはスポーツだと言うことを忘れないようにすれば、ファッションの間違いはなくなるでしょう。