ゴルフ場が着用義務を課す服装って寒い冬でも同じなの?

ゴルフ場では服装を気にするところもあれば、自由に選べるところもあります。

まして冬のゴルフともなれば、マナーを守る服装と身体を冷やさない工夫との狭間で迷うこがあるかもしれません。

そこで、ゴルフ場に合った服装について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

名門ゴルフ場を利用する時に準備しなければならない服装

名門のゴルフ場を運良く予約できたら、まずは服装について確かめておきたいものです。名門と呼ばれ...

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

ゴルフの最大の魅力とは、ゴルフ経験を問わず、老若男女とあらゆる世代や性別の人と一緒に楽しめるスポーツ...

まさかの場合に備えよう”ホールインワンの記念品とお礼状

一生に一度あるかないかと言われるホールインワン。しかし絶対ないとも言えないホールインワン。夢...

ゴルフルールに定められていた二度打ちが消える理由とは? 

ゴルフルールに定められているペナルティの1つに「二度打ち」があります。これは1罰打を科される...

ゴルフ用語で良く聞くワンピンとは何メートル?結構長い!?

ゴルフ用語とは難しいものから簡単なもの、単に略語として使っているものなどたくさんあります。ゴル...

安全にゴルフをするためにすぐに叫ぼう「ファー!」

ゴルフ場にいるとたまに…よく聞こえるのが「ファー!」です。ティーショットで思い切り曲がってしま...

パターの理想のライ角は90度、しかしそれだとルール違反!

ライ角がウッドやアイアンなどのゴルフクラブに大きく関係しているのは皆さんご存知かもしれません。し...

ゴルフルールの用具にレーキという道具がないことが問題!

バンカーショットの前にゴルフクラブで砂に触れると、現行のルール上でペナルティとなります。では...

ゴルフで間違いやすく気をつけるべきルールはピンを抜く時

ゴルフには様々なシチュエーションに合わせてたくさんのルールがあります。誰でも分かりやすいもの...

ゴルフのハンディキャップの種類や決め方を知っておこう!

ゴルフの一番の魅力は、何と言ってもゴルフ経験やレベルを選ばず、老若男女親しみやすいスポーツであるこ...

バンカーへのレーキ持ち込みはOK?それともルール違反?

日本ゴルフ協会が発行している「ゴルフ規則」を見たことがありますか?2年に1度改定され読むのも気が...

ゴルフ場のホール毎にハンデがついているのを知っている?

ゴルフコースを何度かラウンドされた方は、スコアカードの隅にホール毎のハンデ(HANDICAP)と...

ゴルフの服装論争!襟なしのシャツはありか、それともなしか

ゴルフというスポーツは、ゴルフ場でプレーするのに服装の決まりがあります。ゴルファーなら知って...

【ゴルフルール規則】使えるクラブの本数は最高14本まで

ゴルフルール規則でコースに持っていけるゴルフクラブの本数は、14本までと決まっています。もちろん...

【ゴルフの基本】1ラウンドの所要時間はどれくらいですか?

ゴルフはゴルフコースで18ホール回ってスコアを競うスポーツです。ところでゴルフの1ラウンド回...

スポンサーリンク

ゴルフ場の服装は夏でも冬でも自由に決められるのがマナー?

ゴルフ場における冬の服装について心配している方が多いようなので、ハウスとコースの服装について紹介していきます。

最初に確認しておきます。

「ゴルフ場における服装」や「ゴルフ場のドレスコード」というものはありません。

きちんとしたゴルフ場にはそれなりの人が集まるので、あえてドレスコードなどの決まりを作らなくても、自分たちに合わせた服装をしてくるものです。

いわゆるポッと出のゴルフ場に限って、ジャケット着用とか襟付きシャツが正装だと思い、ゴルフ場利用の決まり事にしているようです。

ハウスを自宅に置き換えてみると、ゲスト(ビジター)がどんな服装でこようが自由のはずです。

自宅に招いたお客様が、自分の趣味と違う服装だからと追い返すようなら、それこそマナーを知らない人のやることです。

そこの会員であれば、倶楽部の内規でジャケットだろうと襟付きシャツだろうと、好きな決まりの中で着用義務を負っても構いませんが、会員が招待したお客様は自由な服装で入場できるのが原則です。

自由に選べるゴルフ場の冬の服装ってそう言う意味なの?

ゲストは自由に服装を選ぶことができるわけではありません。

知り合いの家に御呼ばれした時、普通なら菓子折りとともにご挨拶をするものです。

その時、先方が全員スーツを着用していたら、それに見合った服装をしていないと恥をかいてしまいます。

同じようにゴルフ場でも、その場に合った服装をすることが大切です。

ハウスの中でほかの人達がジャケットを着用していて、コース内でも襟付きシャツなどを着用しているようなら、やはりその場に合った服装をするのが常識的なところです。

もしも会員の紹介で予約をとっていて、違和感のある服装をしていたら、紹介者にも迷惑がかかるかもしれません。

もしも不安があれば、どんなゴルフ場でも対応できるスタンダードな服装で来場するのが大人の対応だと言えるでしょう。

では、スタンダードな服装とはどんなものでしょうか。

冬のゴルフ場ですから、コートも着ずにジャケットだけでの入場はありえません。

一般常識であれば、玄関先でコートを脱いでから入りますが、さすがにゴルフ場の受付でそこまでする必要はありません。

冬のゴルフ場では指定の服装を気にする必要はない?

レストランを利用する際、オーソドックスな服装であればジャケットでしょうが、地域によっては冬でもゴルフ場内に暖房が入らず、ジャケットだけでは寒い場合があります。

そんな時は形式にとらわれず、カーディガンやセーターなど、室内用の服装で重ね着をしても問題はありません。

ただしダウンジャケットなどの屋外用の防寒具は、レストランでは脱がなくてはいけません。

ハウス内の施設利用をする時は室内の服装をしていれば、コースまで通過するのに屋外の服装を着ていても大丈夫です。

つまりこれから何をすべきかを知っていて、その時に合った服装であれば過敏になる必要はないわけです。

ゴルフ場の中での服装は、その施設のためにするものではありません。

施設を利用する人達、一般的には倶楽部を構成するメンバーのために、その人達に合わせることになります。

本来は義務ではなく、それらの人達の前に出るためのマナーとして、同じようなレベルの服装をするだけです。

ゴルフ場が認めない高機能タイプの冬の服装とは

ゴルフ場に入ってハウス内を見ただけで、およその雰囲気はつかめるはずです。

ニット帽にハンドウォーマーで身体はモコモコに着膨れしている人達がいたるところにいるのであれば、自分も冬の服装で受付をしようとロビーでくつろごうと問題はありません。

ただ、ここで気をつけたいのがコースでの服装です。

論外なところでは、タオルを首に回してマフラー代わりにしたり、帽子の下で頬被りして風除けにするような格好をしてしまうことです。

ゴルフに合った身支度でないことは理由を挙げなくてもお判りだと思いますが、パブリックスペースでTPOは大事なことです。

時間と場所と用途によって服装を合わせることができれば、いわゆる浮いた服装になることはないはずです。

ところが科学が進歩したことで、冬に薄着をしていても寒くなくなっています。

高機能のインナーシャツは着て、その上に半袖のゴルフシャツを重ね着してるゴルファーがいます。

モコモコの服装と同じくらいの温かさがあることから、人気のゴルフウェアとなって多くのプロゴルファーも使用しています。

同じような冬の服装なのにゴルフ場が認めないのはどうして?

ゴルフ場では、下着をゴルフの服装と認めていないところがあります。

冬用の高機能インナーシャツは、プロを始め多くのゴルファーが着用しています。

確かに機能としては認められていますが、外形的に下着であると規定してるゴルフ場ではその形で着ることはできません。

ただインナーシャツが見えないように長袖のシャツを用意すれば、規定しているゴルフ場でも着ることはできます。

下着のシャツであるか否かは、そのゴルフ場が決めますので、もし着用するのであれば事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

同じようなものに襟付きシャツがあります。

ゴルフ場では襟付きシャツを標準の服装的にしていますが、寒い時期はタートルネックのシャツでも問題はありません。

なぜ、タートルネックのシャツが良いのかは分かっていませんが、おそらく本場の英国ではタートルネックをポロネックと言うところから来ているのかもしれません。

ちなみに同じタイプですがハイネックの短いタイプはNGです。

冬のゴルフ場の服装はTPOを考えて!

ゴルフ場での服装にこだわるところでは、襟付きシャツとジャケット着用を推奨していますが、なぜかタートルネックのシャツはOKで、しかも襟を折り返さないハイネックシャツでも認めています。

ただしハイネックシャツの場合は、襟丈の短いタイプは認めていません。

おそらくインナーシャツとの区別ができないので、そのような対応をしているのではないでしょうか。

ほかのスポーツではウェアとして使われていたとしても、融通の利かないことがゴルフ場のステイタスと固く信じているのかもしれませんね。

屋外のスポーツですから、冬は温かい服装でスタートして、身体が温まってきたら徐々に脱いでいくのが今までのゴルフウェアでした。

しかし今は高機能で薄い服装にして、汗をかいても吸水性や通気性の良いものができています。

つまりゴルフを倶楽部の社交の場ではなく、スポーツとして捉えるのであれば、機能性を重視すべきです。

いつから始まったのか、なぜそうなのかも分からないものに縛られていては、本当の意味でのTPOとは言えません。

ゴルフ場はドレスコードよりも大切なものを見直し、ゴルファーはTPOを考えて自分の判断で服装を決めることが大切ではないでしょうか。

冬の服装を選ぶのかゴルフ場を選ぶのか?冬

冬のゴルフ場は寒いので、それに見合った服装を準備することが必須です。

その上でゴルフ場の伝統に合わせるのであればスタンダードな服装にして、アスリートとして向き合うのであれば機能性の高い服装を選ぶべきです。

そのためには、自分にあったゴルフ場選びこそが大事なことではないでしょうか。