ブリヂストンJGRドライバーは最適重心距離でシンプルに飛ぶ!

ブリヂストンが『飛距離モンスター』と評するJGRドライバーですが、クラブ仕様を見ると飛距離を出したい、もっと飛ばしたいゴルファーに向けたクラブなのが見えてきます。

重心距離も適度に扱いやすいと言え、クラブフェースのターンを意識しなくても捕まえる事のできるクラブとなっているようです。

インパクトゾーンでは余計な事は考えず、クラブに仕事をさせてボールを飛ばす事ができるでしょう。

まさに、真っ直ぐ構えて真っ直ぐ遠くに飛ばす、そんなイメージの強いJGRドライバーです。

では、そんなJGRドライバーについてもっと詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタログの仕様上重量がたった1グラムの違いが...

飛ぶドライバーは適正なロフト角を調べて選び方の参考に!

飛ぶドライバーが欲しいと願っているゴルファーは多いのではないでしょうか。ドライバーを選ぶ基準はた...

ゴルフ場で使うスコアカードホルダーって本当に必要なの?

ゴルフ場の受付で渡してくれるスコアカードホルダーですが、あれはスコアカードのカバーとして貸してく...

ゴルフボールはUSモデルと日本モデルにどれだけ違いがある?

ゴルフ用品に関しては、基本的にメーカーが同じでもUSモデルと日本モデルで違いがあることが多いです。...

ウェッジ性能はヘッドだけでなくシャフトの選び方も重要!

初心者ゴルファーはウェッジにどこまでこだわっているのでしょうか。ヘッドは見た目だけでも選ぶ判...

ダイナミックゴールドにしたら飛距離が落ちた!その理由とは

ダイナミックゴールドにしたら飛距離が落ちたと言ってるゴルファー、身近にいませんか。ダイナミッ...

正しいパッティングに矯正してくれる練習器具レールとは?

パッティングは自宅で練習することが多いと思いますが、人工芝の上で練習用カップに入れる方法が一般的...

どう選ぶのがいい?ロフト角で飛距離が変わるユーティリティ

アイアンのようにもウッドのようにもスイングすることができ、扱いやすいと言われるユーティリティ。メ...

ゴルフでユーティリティのロフト角はアイアンに合わせよう!

ユーティリティを皆さんはどの位置づけに置いていますか?人によっては、ウッド系、アイアン系と異なる...

スライス防止のためには自分に合ったシャフト選びが鍵になる

柔らかいシャフトを使うとダウンスイングでシャフトは大きくしなります。当然この時、シャフトは元...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

ゴルフグローブを選ぶなら機能性があってかっこいいのが良い

きっとゴルフ用品の中で一番最初に購入するのがゴルフグローブではないでしょうか。練習場でもラウ...

ピンパターのケーデンスTR。一度は使いたい。性能とその評価

現在日本の平均パット数No.1の鈴木愛プロ。使用しているのはクラブしているピンのパターです。...

これぞTHEミズノ!名器mp4アイアンを試打したことがあるか?

ミズノゴルフのクラブを使ったことがありますか?ミズノと言えば軟鉄鍛造アイアン。軟鉄鍛造と...

ゴルフグリップの種類を知って交換する時の参考にしよう!

ゴルフグリップの素材や太さなどいろいろな種類があります。その種類によって手に伝わる感じがガラ...

スポンサーリンク

ブリヂストンの中でもやさしい部類のJGRドライバー

多くの契約プロが使うブリヂストンクラブの中でも、JGRドライバーはやさしい部類に入るクラブです。

重心距離も適度にあるドライバーですので、構えたら素直にスイングしてボールを飛ばすイメージです。

逆に、JGRドライバーは左右に曲げるのは難しいクラブとも言えます。

ただ、こうしたやさしく飛ばせるドライバーというのは、スイングを難しくする必要はないので、構えた通りの素直なスイングを目指すゴルファーにはピッタリのクラブです。

球筋もストレートボールかややフェード気味のボールでも良いです。

もちろんドローボールで飛距離を稼ぐような打ち方のゴルファーにも合うクラブですが、ドローボールはフェースターンを意識しなければならない為、JGRドライバーならもっとやさしく打っても良いでしょう。

また、JGRドライバーなら無理に飛距離を稼ぎに行く様なハードヒットしなくても、十分にボールを飛ばしてくれるはずです。

力が入ってミスショットになるより、クラブに任せてしまったほうが良い結果につながるでしょう。

JGRドライバーの重心距離からみるクラブ特性

やさしい部類に入るJGRドライバーですが、重心距離は短くもなく長くもないといった所でしょうか。

良くヘッド体積の大きいクラブの重心距離は長くなると言われていますが、JGRドライバーの体積は460㏄とやや大きめサイズです。

この位の体積のクラブだと、重心距離はやや長めになるのが普通なのですが、競技志向なブリヂストン製のクラブですので、完全に初心者向けのクラブとも言えない重心距離となっています。

真っ直ぐ素直なスイングで飛ばせるクラブですから、フェースが開きやすいかと言えばそうでもなく、左脇を締めたスイングならフェースはしっかりと返ってきます。

JGRドライバーに限った話ではないのですが、こうしたクラブでやさしく飛ばすには力みは禁物です。

左脇が開いてクラブが寝て入ると、さすがにJGRドライバーでも、真っ直ぐボールは飛ばなくなるからです。

力まず、軽く振る気持ち位の方が結果的に飛ぶクラブになってくれるはずです。

JGRドライバーのウエイトコントロールでバランスを変える

今や大体どこのどのメーカードライバーでもついている機能と言えば、ヘッドのウエイトコントロールですよね。

JGRドライバーにもアジャスタブルカードリッジと言うウエイトを調整できる機能がついています。

ウエイトは2グラム刻みで、2グラム重くするとD1やD2で表すバランスが1から1.5ポイント重くなる設計です。

バランスが重くなると言う事は、ヘッドの効きが出やすくなるという事になりますので、その分クラブを重く感じる様になるという事です。

逆にバランスを軽くすると、今度はヘッドの効きを感じる事ができなくなるという事になります。

しかし、ヘッドの効きが無い分、タメなくてもボールを飛ばしやすくなるというメリットが生まれます。

この辺のバランスについては、ゴルファーのスイングタイプによって異なってくるので、自分に合ったバランスをスイングからつかむ必要があるでしょう。

重心距離はほぼ変わらず、バランスだけ変えられるウエイトコントロール機能ですが、これだけでもかなり感覚は変わってくるはずです。

クラブを重く感じて振ると、スイングにタメが生まれます。

ウエイトコントロールによって自分のスイングを感じてみるのも良いですね。

JGRドライバーは重心距離よりもクラブヘッドのクラウンを見る

JGRドライバーは飛距離モンスターと言われる大きな理由は、インパクト時のクラウンのたわみです。

クラウンというのはヘッドの上面の場所を差すのですが、JGRドライバーはインパクトの衝撃によってこのクラウンが大きくたわむ様に設計されています。

具体的には、クラウンがたわみ、戻る力を利用してボールの弾きを良くします。

これが飛距離アップにつながる理屈なのですが、インパクトでフェースがボールに当たってグニャリとつぶれるイメージでしょうか。

もちろん、JGRドライバーヘッドの素材はチタンという非常に硬い金属でできているので、実際の感じ方はその様にはならないかもしれません。

また、このたわみはボールとヘッドの接する時間を長くするので、インパクトでボールを包むような感じ方で飛ばす事ができる様になります。

アベレージゴルファーはボールを弾くイメージでしか打てないかもしれませんが、それでもJGRドライバーなら、インパクト時の右手を感じながら打つ事ができるのではないでしょうか。

重心距離もさることながら、このクラウンの特徴が大きいドライバーです。

重心距離と基本設定されるシャフトの相性が良いJGRドライバー

JGRドライバーの重心距離とシャフトの組み合わせから見ると、マッチするヘッドスピードは40~45m/s位まででしょうか。

それ以上になると、シャフトをしっかりしたものに交換しないとヘッドが暴れる可能性が高くなるはずです。

こうなると、ボールコントロールはままならなくなります。

JGRドライバーの基本設定からは、アベレージゴルファーでもやや上手い部類に入るゴルファーがメインターゲットになります。

シャフト重量も50グラム台で、やや軽いイメージがしますが、中調子シャフトですので、ヘッドが暴れる様な事はなさそうです。

あえて軽いシャフトにする事で、軽く遠くに飛ばすイメージになります。

シャフト重量を重くするとその分力が必要になるものです。

そうした打ち方ではなく、やさしいシャフトとやさしいヘッドでボールを弾く様なスイングをしてくださいというJGRドライバーの意思を感じます。

実際、この位のスペックだと無理をする必要がないので、安心して飛ばす事ができるはずです。

ボールが上がりやすいのもJGRドライバーの特徴

歳をとって昔ほどボールが上がらなくなったゴルファーにもオススメできるのが、このJGRドライバーです。

メーカー純正シャフトでも、カスタムシャフトでも、JGRとの組み合わせで50グラム台のシャフトを使えばボールを楽に上げる事ができるからです。

重心距離も適度にあるので、ボールを捕まえに行く様な事もしなくて良く、ヘッドがボールをしっかりと捕まえてくれるはずです。

逆に、ボールを上げようとしてスイングすると、フェースが開きやすくなり結果ボールは上がるけれど飛距離の出ないスライスボールになったりするかもしれません。

そのため素直に自分の良いスイングをするだけで、飛距離がでて満足が得られるのではないでしょうか。

また、JGRドライバーはチーピンになりにくいクラブですので、左サイドが狭いホールでもしっかり狙っていけます。

年齢を重ねるとどうしてもパワー不足からボールは上がらなくなります。

そうしたゴルファーの助けとなるのがJGRドライバーです。

アベレージゴルファーにやさしいJGRドライバー

JGRドライバーはアベレージゴルファーや年齢を重ねたゴルファーにやさしいクラブです。

強く叩く事なく、構えた通りにスイングするのがこのクラブには最も合っています。

ヘッドに施されたテクノロジーがボールを押し出すイメージとなり、さらに飛距離をUPさせてくれるでしょう。

細かな調整もウエイトコントロールできるので、幅広いゴルファーに対応します。

ボールが上がりにくい、捕まえにくいと感じるゴルファーにぜひともオススメしたいクラブの1本です。