炎天下のゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすために

夏のゴルフ場はとても暑く、陽射しが強いので、紫外線対策や速乾性は不可欠です。

夏はそれらの機能を備え、快適なプレーをするための服装をするだけでなく、マナー違反にならないようにドレスコードに気をつけなければなりません。

そこで今回は、機能性もあり、ドレスコードを守り、なおかつおしゃれな夏の服装の着こなしを教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雨のゴルフでグリップが滑るのはグローブだけが原因ではない

雨の日のゴルフでフルスイングすると、クラブがスポっと抜けていきそうな気がすることが多々あります。...

ゴルフの服装でカッコイイ男性を目指す上手な着こなし術

ゴルフには、服装の決まりが厳しいと言うイメージが大きいようです。しかし絶対にダメ!と言ったものは...

インパクトの音と打感。各メーカーを試打比較してみましょう。

クラブを選ぶ基準として振りやすさと計測データが大切ですが、ボールが当たった瞬間の音や打感も非常に大切...

ウェッジのライ角がアップライトだと都合が悪いの?

9番アイアン以下を「ウェッジ」と呼びますが、近年はこのウェッジの活用法がスコアに影響を与えています。...

【ゴルフクラブのマメ知識】アイアンの素材や製法の種類

アイアンは、その名の通り、鉄製のヘッドが装着されたゴルフクラブです。どちらかと言うと、飛距離より...

ゴルフラウンドで必需品といえるゴルフナビのおすすめを紹介

現在GPSゴルフナビも様々な機種があります。腕時計型や音声ナビなどプレーに負担のかからないも...

スチールシャフトの定番NS950GHの適正ヘッドスピードは?

日本シャフトから発売されているNS950GHは、軽量スチールシャフトとして最も有名な商品と言って良...

ゴルフの練習用クラブを触ったこと使ったことがありますか?

ゴルフショップに行けば練習用のクラブがいくつも並んでいます。ゴルフの練習器具を使うとどういっ...

海外名プレーヤーが好むタイトリストcb714アイアンの評価

タイトリストアイアンの良さは上級者好みの小ぶりなヘッドと打感です。そのクラブの中でも、タイト...

ピンパターのケーデンスTR。一度は使いたい。性能とその評価

現在日本の平均パット数No.1の鈴木愛プロ。使用しているのはクラブしているピンのパターです。...

初心者のゴルフシューズ選び!レディースも幅広型を選ぼう

1ラウンドで10キロ以上も歩くことがあるゴルフです。芝や土、アップダウンの中で、もくもくと働いて...

ユーティリティと同じ飛距離を持つ19度のアイアンやウッドとは

最近はユーティリティを使っているゴルファーがかなり増えています。それはフェアウェイウッドの飛...

ゴルフグリップの種類を知って交換する時の参考にしよう!

ゴルフグリップの素材や太さなどいろいろな種類があります。その種類によって手に伝わる感じがガラ...

日本で絶大な人気を誇るゼクシオアイアンを比較してみよう!

今日本で一番知名度のあるゴルフブランドといっても過言ではないゼクシオシリーズ。本当に凄いブラ...

飛ぶドライバーは適正なロフト角を調べて選び方の参考に!

飛ぶドライバーが欲しいと願っているゴルファーは多いのではないでしょうか。ドライバーを選ぶ基準はた...

スポンサーリンク

夏のゴルフ場での服装のポイントは

夏のゴルフを楽しむためには、何よりも暑さや紫外線から体を守ることです。

そのために必要なのは、キャップやサンバイザー、サングラスを着用しましょう。

帽子は暑さや紫外線から守るだけでなく思わぬ飛球からも守ってくれます。

また服装においても近年は夏用のゴルフウェアは機能性が優れています。

いまやUVカットは基本中の基本で、後は放熱性であったり、速乾性であったりと夏に嬉しい対策が整っています。

ここで賛否両論あるのが「短パン」です。

短パンは夏のゴルフウェアとしては涼しげで、メーカーもおしゃれなものを沢山発売しています。

短パンを履くこと自体はNGではないのですが、ゴルフ場によっては短パンを履く際はハイソックスを着用しなければなりません。

最近は短い靴下でも容認しているゴルフ場は増えてきてはいます。

しかしマナー違反になる場合もあるゴルフ場もまだまだあると言うことは覚えておきましょう。

短パンがNGなのは草負けや虫さされを防ぐためでもあります。

短パンはおしゃれで涼しげではありますが、マナー違反やトラブルの元になるので気をつけましょう。

プレーに影響のない夏のおしゃれな服装は

夏のゴルフでは、大量の汗をかくため体がべたつきやすく、洋服が貼りついてしまうことがあります。

そうすると違和感があるだけでなく、スイングに影響を及ぼすこともあります。

それを防ぐためには速乾性のある素材を使った機能性アンダーウェアを着ると良いでしょう。

暑い夏にアンダーウェアを重ね着するのは逆に暑くなりそうな感じがするかもしれませんが、機能性の高いアンダーウェアであれば、汗を吸収してくるので涼しく感じます。

アンダーウェアにもいろいろと種類があり、速乾性だけでなく通気性の良いメッシュ素材のものもあるので、暑さによって使い分けると良いですね。

襟付き半袖シャツとカラーコーディネートするとおしゃれな中に涼しい見た目にすることもできます。

ただ注意して欲しいのが、短パン同様アンダーウェアの着用を認めていないゴルフ場があることです。

そんな服装を認めていないゴルフ場としては、「アンダーウェア=下着」としており、下着を出してプレーすることはゴルフのドレスコードに掛かってしまうと言うのが理由です。

このようなレイヤードスタイルがOKかどうかは事前にゴルフ場に確認しておくと良いでしょう。

ゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすポイントは清潔感

夏のゴルフで服装のマナーに関することは理解できたでしょうか。

その上でゴルフ場での夏の服装をおしゃれに着こなすポイントを紹介します。

ゴルフに限らず、服装として大事なのは「清潔感」です。

もちろんゴルフウェアのデザインやコーディネートとして出す清潔感も、涼しげに感じるので良いです。

しかしここで話す清潔感とはそのことではなく、シワシワのシャツやズボンだとか、汚れが落ちていない服と言った部分のことです。

どんなにおしゃれな着こなしをしていても、シワシワであったり、薄汚れていたりしたら台無しです。

特に清潔感のあるコーディネートは明るい色や淡い色の物が多いので、ちょっとした汚れも目立ってしまいます。

仕事着やプライベートでの普段着でも気をつけなければならないことなので、普段からできている人は気にする必要もないことかもしれません。

人は見ていないようで見ています。

そして気にしていないようで気にしています。

アイロンがけまでする必要はありませんが、くしゃくしゃなウェアであれば、違うものを選ぶか、多少シワを伸ばして着るようにしましょう。

ゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすポイントはバランス

ゴルフショップへ行くと並んでいるゴルフウェアの派手さに驚く人もいるのではないでしょうか。

昔は地味なおっさんのスポーツと言うイメージの強かったゴルフも、最近では変わりつつあります。

ゴルフ場へ行っても原色で派手目の服装をしているゴルファーを見かけます。

もちろん明るい色や柄の服装を着るのは、夏だと青い芝に映えますし、暑い夏に周りに元気をもたらす元気カラーにもなります。

しかしコーディネートが一歩違えば、派手過ぎになってしまい決しておしゃれとは言い難い服装になってしまうのです。

またそれを気にしすぎると逆に地味になり過ぎてしまいます。

派手なデザインのウェアが増えた分、コーディネートのバランスがより大事になります。

そうした派手な色やデザインで上手くバランスの取れたコーディネートにするにはコツがあります。

まず上下共にカラフルにすると目が痛くなるほど派手になってしまいます。

派手なシャツにした場合は、ボトムスを白やアイボリー、グレーなどシンプルなものにするとバランス良く着こなすことができるはずです。

それに合わせて帽子やベルト等を合わせるとグッとおしゃれ感が増すでしょう。

ゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすポイントはサイズ感

ゴルフの服装で大事なのは、何よりもプレーの邪魔をしないことです。

しかし動きやすさを重視しすぎてしまい、いつもよりも大きめのサイズを選ぶ人がいます。

男性は大き目のボトムスを選んでしまう人が多いようです。

それはウエストがキツイと苦しかったり、その他がきつくても膝の曲げ伸ばしが窮屈になり動きづらくなるといったことが理由なようです。

対して女性は日頃からジャストサイズのボトムスを着ていることもあり違和感がないのですが、逆に大きめのトップスを選んでしまう人が多いです。

女性は飛ばそうとするあまりオーバースイングになってしまことが良くあります。

その際にトップスが小さめだと体が上手く回りきらなかったりして上手くスイングができないのが理由なようです。

気持ちは分からなくはありませんが、ワンサイズ大きいだけで見た目の印象は悪くなり、おしゃれ感も半減してしまいます。

ゴルフ場でダボついた感じの服装でウロウロしているとだらしなく見え、浮いてしまうので気をつけましょう。

最近はストレッチの効いた素材の服が増えているので、なるべくすっきり見えるようにジャストフィットのものを選ぶようにしましょう。

夏のゴルフ場への入退場での服装マナー

ゴルフ場によっては入退場時の服装に関してのマナーやルールが定められているところがあります。

そうでなかったとしてもカジュアル過ぎる服装での入退場は避けるべきです。

そのため、もしもの時のためにマナーやルールを定めているゴルフ場での一般的な入退場の服装を説明しておきましょう。

ゴルフ場のフロントへ行くなど建物に入る場合は、ジャケット着用が原則となっています。

夏には着用する必要はありませんが、手に持っておかなければなりません。

靴は革靴、女性はヒールが低めのパンプスを履きます。

サンダルやスリッパは厳禁、スニーカーはゴルフ場によってはOKです。

インナーシャツもゴルフウェア同様襟付きのシャツです。

TシャツやタンクトップのようなカジュアルなものはもちろんNGです。

女性の場合はこの辺の区切りが難しいですが、キャミソールやTシャツでなければ大丈夫です。

場違いなデザインでなければワンピースも問題ありませんが、ストッキングを履くようにしましょう。

ゴルフで一番のおしゃれとは、マナーやルールを守った服装をすることです。

どんなに上手い着こなしをしていても、ゴルフ場にそぐわないのであればそれはおしゃれとは言えません。

おしゃれなゴルフウェアを目いっぱい楽しもう!

夏のゴルフの服装は注意することがいろいろとあります。

プロゴルファーが着用しているからと全てのゴルフ場でOKと言うことはないので十分気をつけてください。

若手のプロゴルファーの活躍などによっておしゃれなゴルフウェアがたくさん出ています。

ルールやマナーをしっかりと守った上で、プロゴルファーのようなおしゃれウェアを楽しみましょう。