ゴルフのバンカーショットでフェースを開くのは何故なの?

バンカーショットが苦手なゴルファーはクラブフェースを閉じている人が多いです。

実のところバンカーはフェースを開くだけで簡単になるのです。

逆にフェースを閉じたままだと、いつまでたってもバンカーショットへの苦手意識は克服できません。

この理由、一体何故なのか知っていますか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

プロゴルファーのスイングをお手本にするなら女子プロを!

ゴルフをしている人には、必ずと言って良いくらい1~2人はお気に入りのプロゴルファーがいるのではないで...

インパクトで左肩が動く原因と知って得する止める方法!

インパクトで左肩を止めることができないのはなぜでしょうか。実はインパクトよりも前のテークバック...

天才と言われ続けた丸山茂樹のスイング理論を今から確認する

どんなシーンでも器用に打ち分けることができる丸山茂樹のショットは誰しも憧れるところです。特に力ま...

インサイドアウトに振る為に、ゴルフスイング動画を活用する

スライスしか打てないゴルファーにとって、クラブをインサイドアウトに振る事って難しいですよね。...

重要!グリッププレッシャーはスライスなどの球筋に影響大!

恐らく、全てのゴルフレッスン書に書かれているであろうグリッププレッシャー。それ位、グリップを...

帝王ジャックニクラウスが教える実に簡単なスイング法とは?

「帝王」と呼ばれたジャックニクラウスと言えば、マスターズで前人未到の6回優勝を成し遂げたゴルフ界の...

ゴルフ場の傾斜を攻略するためには姿勢とボール位置が大事

ゴルフコースには、至る所にアンジュレーションはあるものです。練習場はフラットなので、なかなか傾...

上体がブレないダウンスイングをするための左肩甲骨の使い方

肩コリの時くらいしか気にしない肩甲骨ですが、ゴルフでもっとも大切なインパクトの瞬間を確実にするには...

ゴルフコースで上手いラフショットが打てるための練習法とは

ゴルフスイングで難易度が高いのがラフショットです。丈の長い芝草に邪魔されて打ち損ねたり、方向性や...

【ゴルフ上達】ドライバーのヘッド軌道をイメージすること

ゴルフにおいてドライバーを真っすぐ遠くへ飛ばすのは究極の理想です。その理想の球筋を実現するに...

ゴルフ初心者へ!上達のコツは切り返し時の左肩の使い方

ゴルフを始めたばかりの方なら、もっと遠くに飛ばしたい、もっと上達したいという気持ちが出てくると思いま...

コックはタイミングよく外すことが難しい技法なのか?

飛距離アップにはコックが重要な役割を果たします。ただコックをタイミングよく外すことが難しいため、...

テークバックで左肩が下がるのは理想のスイングを求めた結果

なぜかトップやダフってしまう……テークバックできっちり肩を回しているのに、ヘッドの位置が安定し...

【アプローチテクニック】左足上がりなど傾斜での対応方法

打ちっぱなし練習場は足場が平坦なので上手く打てる確率が高いです。しかしラウンドではティーショ...

スポンサーリンク

ゴルフのバンカーショットはフェースを開いてオープンスタンス

まずはゴルフのバンカーショットの基本から説明しておきます。

バンカーショットは通常のショットのようにボールを直接クリーンヒットするのではありません。

ボールが砂の上にあるので無意識に手やクラブを打ち上げるように振りたくなるかもしれません。

また力強く振り抜くと言われることが多いため、クラブを上から思い切り打ち込んでしまう人もいるでしょう。

これがバンカーショットがなかなか上手くならない一番の原因です。

バンカーショットはボールそのものではなく、周りの砂とともに爆発させるつもりで振り抜くのです。

そのためにフェースを上に向けるように開いて構える必要があります。

この際に、グリップしてからフェースを開くのではなく、フェースを開いてからグリップするようにしてください。

またフェースを開き、スタンスをスクエアに構えてしまうとボールは右に飛んでしまいます。

ですからフェースの向きに合わせてスタンスもオーブンに構えるようにしましょう。

バウンスを使うバンカーショットのためにフェースを開く

それではゴルフのバンカーショットでは何故フェースを開くのかを説明します。

まずバンカーショットはエクスプロージョンショットをするためにクラブのバウンスを上手く使わなければなりません。

そしてそのバウンスをより効果的に使うためにフェースを開く必要があるのです。

まず卓上にソールして、フェースを開いた状態とそうでない状態でのバウンスを見比べてみてください。

フェースを開いた状態ではバウンスの出っ張りが大きいはずです。

その出っ張りの大きいバウンスを砂に最初に潜らせることで、ボールの下の砂は爆発します。

その砂が爆発する力でホールが砂の上からグリーンへと飛んでいくのです。

このフェースの開き、バウンスの役割などを理解した上でバンカーショットをすれば苦手意識はなくなるはずです。

ここで注意して欲しい人がいます。

それはバンカー専用のウェッジを使用している人です。

バンカー専用のウェッジは最初からバウンスが出っ張った状態に作られています。

ですからわざわざフェースを開く必要はないということです。

基本ゴルフではNGでもバンカーショットではOKなダブり

みなさんご存知の通り、ゴルフでダブるのはミスショットだと言えます。

ただ「例外のない規則はない」とでも言いましょうか。

バンカーショットはダブってOK、と言うよりむしろダブらなければなりません。

バンカーが苦手な人は、通常のショットとの切り替えがなかなか難しく、バンカーショットでもダブらせることができないことが多いです。

バンカーで上手くダブらせられないとヘッドが砂に鋭角に入り、突き刺さるようなショットになります。

ボールの下にヘッドを入れる意識を強く持ちすぎずに、ダフらせることだけに集中することが大事です。

そしてフェースを開くことでこのようなバンカーショットに必要なダブりを効果的にできるのです。

バウンスを上手くダフらせることができれば、リーディングエッジが砂に鋭角に入ることはありません。

またボールを直接打つわけではないので、多少インパクトがずれても距離に大きな影響はないのも利点です。

フェースを開いてダフらせるのがバンカー脱出のコツです。

もしゴルフのバンカーショットでフェースを閉じたら

ゴルフのバンカーショットでフェースを開く理由を説明しました。

ではもしフェースを閉じた状態でバンカーショットをしたらどうなるのでしょうか。

フェースを開かず、通常のショットのようにスクエアに構えるとグリーン周りでは必須の距離感を出すのがとても難しいです。

なぜならスクエアにした場合、ボールの手前よりボール側を打つとフェースがボールに直接当たりホームランになります。

逆にボールよりも大きく手前を打つと深くダブり、リーディングエッジが砂に刺さってボールが飛ばずチョロになります。

それならフェースを開いていても同じだと思うかもしれません。

しかしスクエアに構えるとヘッドを落とす場所がわずか数センチ違うだけで距離に大きな差が出てしまうのです。

バンカーショットはグリーン周りと言うこともあり、大きくオーバーするとOBや池、また反対側のバンカーと最悪の状況が待ち受けてる可能性が高いです。

ですからフェースを開いて安定した距離感を出すことが大事なのです。

バンカーの目玉脱出はフェースがカギ

ゴルフのバンカーショットでも状況によってはフェースを閉じた方が良い場合もあります。

それは「目玉脱出」です。

目玉脱出でのバンカーショットは、バンカーショットの基本と逆と覚えてください。

目玉のように砂にボールが埋まった状態の場合は、フェースを開いてバウンスを利用して打ってもボールを出すことはできません。

そもそもフェースを開くことでクラブが砂に埋まらないようにしてしまうと、砂に埋まったボールの上に砂を爆発させて覆いかぶさるようになってしまいます。

ですからフェースを閉じた状態でショットしてください。

するとボールの下にクラブを潜らせることができるので、ボールが埋まっていてもボールごと砂を浮かせて脱出することができます。

こうしてフェースを閉じて打つ時には、ターゲットに対して若干クローズ気味に構えるようにしましょう。

目玉脱出は状況によってはプロでも高い技術が必要です。

目玉の場合は、グリーンに乗せることやピンに寄せることを考えることなく、まずはバンカーから出すことだけに集中してください。

上手くバンカーから出せるようになったら

ゴルフのバンカーが上手く出せるようになったら次のステップです。

プロゴルファーはピンを狙うためにあえてバンカーに入れることもあります。

そのためにはバンカーショットの距離感を養うことです。

通常のアイアンショットでは振り幅で距離を調整する人が多いでしょう。

しかしバンカーショットでは振り幅は、ハーフスイングと一定に決めたほうが簡単です。

ではどのように距離を調整するのでしょうか。

それはフェースの開閉具合です。

距離をあまり出さず、ボールを高く上げたい場合は、いつも以上にフェースを大きめに開きます。

そして距離を出し、ボールを低く飛ばしたい時は開きを小さくするかロフトの立ったアプローチウェッジに持ち変えてください。

バンカーショットは一定の力加減で振り抜くことが大事です。

振り幅を変えてしまうと力加減が変わってしまう可能性があります。

また振り幅は感覚的なところがありますが、フェースの開き具合は目で確認することができます。

そうすることで確実な距離感を出せるようになるのです。

バンカー脱出だけでなく、確実な距離感を出せるようになれば、バンカーを恐れることなく攻めるマネジメントをできるようになるでしょう。

頭で考えず身体で覚えるのが一番

バンカーショットに限らず、ゴルフスイングの全ては考え過ぎてしまうと逆効果です。

もちろん練習では嫌になるくらい考え、改善や調整をしてください。

しかしラウンドではスイングについてはあまり考えず、スコアマネジメントやリスクマネジメント、そしてコースマネジメントを考えることに集中しましょう。

そのためには日々の練習が必要なのです。