ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフで苦手意識の強いバンカーをSWではなくAWで攻略する

2018.7.7

一般的にゴルフをしたことがあれば、バンカーではSW(サンドウェッジ)を使うのが当たり前かもしれません。

しかし距離があったり、ピンそばを狙うのであれば、AW(アプローチウェッジ)のほうが便利なこともあるようです。

そこで今回はAWを使ったバンカーショットの仕方を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

パッティングの方向性が合わない理由を知り対策をマスター

パッティングで難しいのは距離感と方向性です。 転がしたことのないグリーンで距離感を出すのは至難...

アプローチでパーを拾いまくる女子プロの技術を根こそぎ盗め

スコアの大波を無くすならば、アプローチのミスを無くすのが一番の近道です。 シンプルなテクニック...

パッティングの軌道について覚え、ベストなパター選択を!

皆さんはパターをどのように選んでいますか? デザイン、値段、ブランド、打ちやすさなど色々な判断で...

季節で変化するゴルフ!難しい冬芝アプローチを攻略する!

冬になるとスコアが悪くなると思っている人いませんか? その原因は、寒さやスイングの問題ではあり...

ドライバーで飛距離アップが狙える効果的なフックの打ち方

ドライバーショットが意に反して左側にフックしては困りますが、意図してドロー系のフックボールを打て...

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか? 古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファー...

毎日練習をがんばってるのにゴルフが突然下手になるのは何故

ゴルフは好調と不調の波がつきものです。 突然の大スランプに陥ることもあります。 それはアマチュアゴ...

あなたはアプローチで上げる派?転がす派?上げて転がす派?

アプローチはパッティングと同じくらいゴルフにとって大事で繊細なショットです。 状況によってアプ...

アプローチのレッスン動画を活用すると簡単に上達できる!

アプローチを上手くなるには、プロからレッスンを受けるのが近道です。 わざわざ練習場でレッスンフ...

ゴルフ練習場で雨だからこそ自分のスイングをもう一度見直す

梅雨の時期はなかなかラウンドをする機会も減り、モチベーションが下がってしまうと言うゴルファー。 ...

ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われているのが、パターの練習です。 やろうと...

ヘッドスピードとミート率を両方向上!飛距離アップ練習法

ヘッドスピードを上げることやミート率を高めることは、飛距離アップには欠かせないものです。 ただヘ...

石川遼が選ぶのはマッスルバック?キャビティ?どっち!?

石川遼選手は中嶋常幸選手に若い頃からマッスルバックに慣れた方が良いと教えを受ける中、マッスルバックと...

子供から年配者まで人気の坂田信弘のショートスイングとは

坂田信弘プロが提唱するショートスイングとは、もともとプロゴルファーを目指すジュニアゴルファーが、単...

ゴルフラウンドが楽しくなる簡単なグリーンでの傾斜の読み方

ショットの練習は打ちっぱなし練習場で思い切りできます。 パターもパターマットを使えば自宅で好きな時...

スポンサーリンク

バンカーで便利なAWを使わないゴルフらしい理由とは?

ゴルフの常識としては、「バンカー=SW(サンドウェッジ)」なのかもしれません。

しかし場面によっては、PW(ピッチングウェッジ)やAW(アプローチウェッジ)を使うことがあります。

このSW以外を選択する1番の原因は、ターゲットポイントまでの距離です。

SWはガードバンカーから数ヤードのところの、ターゲットポイントを狙う時に使用します。

しかしAWを選択すれば、同じスイングでSWよりも5ヤード程度は飛距離を伸ばすことができます。

さらにAWはSWに比べて低い球筋になるので、ランの距離が増えてもっと遠くまで狙うことができるはずです。

それなのに多くのゴルファーは、バンカーショットでAWやPWを使いません。

繊細なショットが要求されるAWなどは、軟鉄素材のヘッドを使用していることが多く、インパクトで砂を噛むとフェース面の傷が心配と考えているゴルファーが多いのでしょうか。

確かにサンドウェッジのフェース面には縦線の傷があり、また溝が欠けている場合があります。

効果はあっても道具を傷つけたくないと言う思いが、スコアアップの機会をなくしているかもしれません。

砂の薄いバンカーはAWを使うのがゴルフのセオリー

バンカーでの1打は、ゴルフのスコアに大きな影響を与えます。

本来であればグリーンオンしていたはずのボールが、バンカーの中にあるだけで1打損をしていると言えるからです。

さらにバンカーからの脱出に失敗したり、バンカーショットがホームランだったりすると、2打も3打もスコアが加算されます。

グリーン周りのバンカーに入った時は脱出することが大前提です。

そのためにはボールの状況を確認して、もっとも適したクラブ選択が必要になります。

アゴが高く深いバンカーであれば、SWを選択してください。

ただ砂が薄い時はバンス角のあるSWよりも、AWのほうが確実に脱出できるはずです。

砂が薄いバンカーでバンス角のあるSWを使うと、ソールが跳ねてトップしてしまうからです。

バンスの膨らみは砂の中に潜ることで効果があり、またダフリ気味に入ってもトップしない理由となっています。

ところが砂が薄いと、潜るはずのバンスが下地にぶつかり跳ね上がってしまいます。

そこでバンス角の小さなAWでサクっと砂の上のボールを打ち出すわけです。

バンカーでAWを使ったゴルフスイングの方法とは

バンカーの砂が少ない時や砂が硬く締まっている時は、バンスのないAWのほうが打ちやすいはずです。

バンカー内のゴルフボールは砂の上に乗っているか、自重でわずかに沈んでいる状態だからです。

芝草こそ生えていませんが、ベアグランドに近いフェアウェイからのショットを想定してください。

まずバンカーのスタンダードスタンスである、オープンスタンスはとりません。

ターゲットとボール結ぶ線に対してスクエアなスタンスを取り、両腰、両肩、両目が平行になるように構えます。

次に通常のバンカーショットとは違い、スムーズなスイングを心がけます。

一般的なSWでバンカーショットをする時は、ボールの手前でバンスを打ち込み、爆発させた砂と一緒に打ち出します。

この時のスイングは、上から下に打ち込むダウンブローのはずです。

ところがAWを使う時は、ボールの真下にリーディングエッジを入れる、レベルブローのスイングです。

砂の上のボールをスパっと抜くように打ち出すことで、バックスピンのかかったアプローチショットができます。

バンカーはAWを短く握ってレベルブローでゴルフスイング

AWを使ったレベルブローのスイングができれば、砂の抵抗を意識しないでバンカーショットができます。

力強く打ち込むダウンブローとは違い、身体の捻転を生かしてティーアップしたボールを打つように、正しいスイングを心がけましょう。

距離の調節はロフト角に頼るのではなく、通常のアプローチのようにスイングの大きさに合わせて打ち出します。

バンカーショットも芝からのアプローチもまったく同じイメージで、必要な距離の分だけの振り幅でインパクトするのです。

確実な距離感を持てる反面で、ボールの手前から入るとボールとフェースの間に砂が入ってしまい、インパクトの衝撃力が足りずにバンカー内に落下する可能性があります。

そこでゴルフクラブを若干短く握ることで、確実なミートができるバンカー仕様に変更します。

両足を安定させるためにグリグリと押しつけることで、グリップの位置は低くなり、結果的に短く握ったAWの長さがピッタリと合うことになります。

あとは確実にレベルブローでスイングするだけですが、実はこのレベルブローはとんでもなく難しいショットなのです。

AWのバンカーショットはゴルフ練習場で磨きをかける

ゴルフ練習場でアイアンショットの打ち込みをする時、一般的にはレベルブローでスイングしているはずです。

ほとんど真っ直ぐ飛んでいるので問題ないと考えがちですが、多くのゴルファーは手前から入っている傾向がみられます。

ボールよりも手前でヘッドを打ち込み、人工芝の上をソールが滑ってインパクトを迎えている症状です。

まずは正しくインパクトができているかを確認してみましょう。

ティーアップしたボールをAWで打ちます。

ティーアップした分だけ短く握れば問題はありません。

スイングの最下点で、フェースのスイートスポットでボールを捉えることができれば、正しいスイングができているはずです。

繰り返し人工芝に向かってスイングして、「シュ」と音が聞こえる部分がスイングの最下点です。

その場所にティーアップして、ティーの高さの分だけ短く握るのです。

このスイングで確実にインパクトができれば、ダウンスイングで身体が左に流れていないので、レベルブローで打っていることが分かります。

あとはバンカーで「削る」ようにインパクトするだけです。

AWを使ったバンカーショットはコックを使うゴルフスイングで

バンカーショットを「削るようにインパクトする」と表現すると、斜め上からボールをつぶすように打ち込むダウンブローを思い浮かべますが、まったく違う打ち方です。

スイングを振り子に見立てた時、レベルブローはボールの真下がスイングの最下点です。

一方でダウンブローは、ボールの先端(左側)に最下点を設けるため、ダイレクトにボールを打つイメージが強くなります。

実際のスイングは上から見ても円の動きをしているので、最下点を迎える前にボールを打つと、AWのフェースは開いた状態になります。

そこでハンドファーストに構えて、フェースの開きを抑えるわけですが、これでは身体が左に流れた姿勢のインパクトに繋がります。

「削る」とはコックを使ったゴルフスイングのことです。

柔らかく動く手首で、腕の振り以上にヘッドスピードを上げて、砂の上の球を削り取るように打つのです。

こうした柔らかいショットのお陰で、AWの打球にはスピンがかかり、想定する止まるボールを打つことができるはずです。

レベルブローでのバンカーショットのコツは、砂を薄く短く削るイメージを持つことです。

正しいゴルフスイングができればバンカーはAWとSWから選択

ゴルフコースのレイアウトやコンディションによっては、SWではなくAWでバンカーショットを狙ってください。

脱出だけを考えるならSWですが、ピンそばを狙うならAWのほうが多用な条件に対応できるはずです。

そのためには、レベルブローのスイングを習得することが必須です。

 - シングルへの近道