ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフのスコアカードのデータ整理法と記念品としての保存法

2018.7.6

ゴルフのスコアを書き記したスコアカードをラウンド後に整理すると、自分のためのデータとして活用することができます。

今回はそうしたデータ化するためのポイントと、そのデータの活用方法、さらに電子化したデータのメリットとデメリットなどを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アイアンの重心距離の長短を比較して選ぶのは間違いなのか?

アイアンにとって重心距離はクラブのさばき方に影響を与え、ボールの捕まりの良さの判断材料にもなってい...

【ゴルフ上達】真っすぐ打てるパターのコツを掴もう!

ゴルフのスコアアップに欠かせないこと。 それはパッティングですよね。 パーオンしても3パ...

ゴルフで重要なアプローチショットでの最適なクラブ選びとは

ゴルフのスコアを左右するのはティーショットではなく、パッティングとアプローチと言われています。 ...

歴史に名を残す男子日本ゴルフツアーの優勝回数ランキング

近年男子日本ゴルフツアーに人気低迷が良く取り沙汰されますが、その原因の一つにスター選手の存在が無...

プロでも陥るゴルフの病気「イップス」の症状と克服方法

「イップス」と聞いて聞くに新しいのが、森田理香子選手が「アプローチイップス」であることを公表したこと...

ゴルフカートが左ハンドルなのはゴルフ場が要望したから?

ゴルフカートは海外から入ってきたから左ハンドルだと、まことしやかに噂されていますが、どうもそれは...

夢のゴルフスコア、コースマネジメントで80切りを目指すには

ゴルフのスコアで80切り。 サラリーマンゴルファーにとっては夢の様なスコアではないでしょうか。...

ゴルフスポーツはコースマネジメント次第で90切りができる

ゴルフスコアで90切り、多くのゴルファーにとって結構ハードルが高いスコアですよね。 しかし、月...

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

ゴルフで90切りを短い期間で実現するためのマネジメント

ゴルフは如何にスコアを少なくしてホールアウトできるかを競うスポーツです。 一般的に上手いと言わ...

プロゴルファーのドライバーの長さが知りたい。男子女子別。

現在各メーカーが発売しているドライバーの長さは素材の進化も相まって平均的に10年前と比べて長くなって...

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか? 古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファー...

アイアンやウッドでのフェード系とドロー系っていったい何?

ゴルフ雑誌やレッスン番組、ツアートーナメントを見ていると、「フェード系」や「ドロー系」と言う言葉がよ...

アプローチでダフるのはスイングが悪いから?それとも・・・

アプローチでダフるのは、インパクトの時ボールの手前でヘッドが下りてしまうからです。 その原因が...

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。 またヘッドスピ...

スポンサーリンク

ゴルフが終わったスコアカードを整理してる?

楽しいゴルフが終わっても、自宅で今日のプレーを振り返って「たられば」に思いを馳せることがあるものです。

それが当日のことであれば覚えているはずですが、スコアカードを見返すと、鮮明に思い返すはずです。

向上心から自分のプレーを思い返すことはとても良いことです。

1日のゴルフの中には良い部分と悪い部分があり、良いところはイメージとして残し、反省すべき点は改善策を考えることができれば、次回のスコアアップが期待できます。

ただプレーしたコースに、必ず次回も行くとは限りません。

ひょっとして年に1度のコースかもしれないのです。

そのためせっかく良い記憶を植えつけて改善策を考えても、期間が空いてしまうと、記憶や対策法は頭の中から消えてしまいます。

こうした1人反省会で次回に結びつける対策をするのであれば、スコアカードを整理してプレー日前の参考に使いたいものです。

スコアカードによって得られた情報と、補足した意見を加筆することで、期間が空いてもプラスな情報として活用できるはずです。

当日のゴルフの結果を整理するためのスコアカード以外の情報

スコアカードには、その日一緒にゴルフをした同伴者の名前が記され、自分も含めたスコアとパター数が記載されているはずです。

事実はスコア通りですが、ボギーやダブルボギーを叩いた理由、もしくはダブルバーのようなトラブルホールになった原因をスコアカードに書き加えて整理すると、より詳細なデータとして活用できます。

「グリーンを狙ったセカンドショットがバンカーに入り、ボールは目玉で2回叩くことになった」と注釈があれば、このホールはセカンドショットでバンカーを避ける必要があることが分かります。

せっかくスコアカードを整理するのであれば、このような注釈を入れることで、あとから見返した時に有効活用できる「データ」としておきたいものです。

簡単な方法は、少し大きめのポストイットに注釈を書き込んでスコアカードに添付する方法です。

スコアカードさえ見返せば、その時の情景を忘れていても、気をつけるポイントはしっかり把握することができるはずです。

スコアカードをデータ整理すると次のゴルフに繋がる

1年に数回しか行かないゴルフコースであれば、スコアカードを見返すことでコースの攻めるポイントを把握できるのではないでしょうか。

しかしホームコース並みに通うコースであれば、整理したスコアカードを見返す必要はないはずです。

クラブハウスの受付で「あの修理地は回復した?」なんて聞くことができるほど、コースの状況が分かるか、もしくはある程度は理解しているゴルファーにとっては、戦略的な意味でのスコアカードの活用は必要ないかもしれません。

もちろんスコアカードに記されてるコースレイアウトは見る必要もなく、ファーストショットの落としどころやグリーンの起伏なども、ティーグラウンドに上がる前から分かっていれば、コースのデータを活用することはありません。

一方で何度も通っているコースだからこそ、スコアカードのデータを整理して、苦手コースを割り出すこともできると考えられます。

セカンドショットがトラブルからのリカバリーショットの確率が高ければ、アイアンを使ったティーショットなどの選択もできる可能性を探ることもできます。

スコアカードの数値を整理してゴルフに役立てる方法

スコアカードの枚数が溜まってくると、1枚のスコアカードのデータや注釈だけを取上げるのでは、活用方法が不十分だと言えます。

多くの数値を集計し平均化した補正の数値から、得意なホールや苦手なホールを割り出していくのが理想です。

グロスとパター数が分かれば、パーオンしたホールも分かってきます。

1ホールごとに手作業で計算するのも楽しいものですが、パソコンの集計ソフトを使えば自動計算で簡単にデータ化することができます。

いまでは誰もがパソコンに触れる機会があり、エクセルなどの表計算ソフトを1度は使ったことがあるのではないでしょうか。

コース名、日付、ホール数、パーをベースに置き、スコアとパター数を入れれば、あとは自動計算でグロスやパーセーブ率、バーディ率やボギー率なども出すことができます。

またパーオン率やパター数を分析することで、さらに細かなデータ解析ができるようになります。

これらのデータは、整理された数値としてみるだけではなく、グラフに変えてビジュアル化して、詳細な数値データを見なくても確認することができるようになり、ゴルフマネージメントを組み立てる上で役に立つはずです。

整理したスコアカードの情報をゴルフコースでチェック!

せっかくゴルフのスコアカードを、パソコン上でデータ化したのであれば、それをネットに繋いで見れるようにしてはいかがでしょう。

使っているパソコンソフトにもよりますが、マイクロソフトであれば「OneNote」で整理すると多用なデータとしてストックすることができます。

エクセルデータはもちろんのこと、注釈を入れたり、画像としてスコアカードを載せたりできます。

自分のOneNoteをスマホと共有すると、ゴルフコースの中でそのデータを見ることができます。

もちろん「電波の届かないところ」はアクセスできませんが、現在では多くのコースでスマホは使用できます。

このようにクラウド内で電子化してしまうと、どこからでもデータを見ることができますし、修正することもできます。

場合によっては、ハーフのインターバルで作成することもできるので、より鮮度の高い細かなデータ入力ができるかもしれません。

その詳細なデータは、次回に役立つのは当然ですが、もしかすると残りハーフの攻め方にも影響を与えてくれるかもしれません。

ゴルフの記念?スコアカードの整理と保存法

スコアカードのデータ整理を電子化したら便利なことは分かっても、「面倒くさい」と思う人ももちろんいるかもしれません。

ゴルフが終わってから、自宅でパソコンを前にして、コツコツ作成するのは性に合わないと考える人がいても不思議ではありません。

通勤途中など時間はあるけれど、スマホニュースかゲームで時間をつぶしているようなら、その時間に前日のゴルフの結果をスコアカードから転記すると言うのはどうでしょう?

スマホ向けのアプリがいくつか開発されています。

基本はスコアとパター数を入力するだけで、コースの基礎データはアプリソフトに入っています。

中にはスコアカードを写真撮影するだけと言うものもあり、瞬時に作業は終了できます。

ただしアプリの場合は、機種変更やバージョンアップした時の対応に不安はあります。

スマホの交換サイクルを考えてみると、3年程度でしょうから生データであるスコアカードは、やはり整理して残しておく必要があるかもしれません。

活用度を考えれば電子化、スコアカードを記念として保存するのであれば、はがき用バインダーを活用したほうが良いかもしれません。

保存するためにゴルフのスコアカードを整理するポイント

ゴルフのデータの活用法によって、スコアカードの整理方法は変わります。

記念品として残すのであればスクラップブックのように保存し、ペグシルや精算表などを同封しましょう。

データ化してものを活用するなら、クラウド上で見返せるようすることが便利なのではないでしょうか。

 - シングルへの近道, データ 記録