ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

スライスボールを連発するのは手首に問題があるから?

2018.7.5

スライス系のボールから卒業したいと考えるのであれば、手首の使い方を再確認してみてはいかがでしょう。

グリップを握る強さが手首の自由度を失わせ、また方向性を出すために固めた手首がスライスの原因となっていることが多いようです。

そこでスライスを防ぐための手首の使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

7番アイアンで飛距離160ヤード飛ばす為のスイングを考える

7番アイアンの飛距離は普通の男性ゴルファーが振って、通常150~160ヤードですよね。 では1...

ゴルフスイングで左脇が開くとシャンクするってウソ?

ゴルフスイングで左脇が開くとシャンクになりやすいと言われますが、左脇が開く理由が分からなければ、...

アイアンの精度が変わる!トップブレードで向きを決めること

アイアンを構えるときトップブレードで合わせると、フェースの向きがフックフェースに見えます。 アマ...

ゴルフコースの長い芝草でも気にならないラフの打ち方とは

ゴルフ場の芝の中で難易度が高いのは深いラフです。 ヘビーラフに入るくらいならバンカーのほうが楽と...

上達する為のゴルフスイングで、正しい右足の使い方を考える

ゴルフスイングにおいて下半身の使い方は重要です。 正しいスタンスと足の使い方でゴルフの上達スピ...

アイアンのスイング始動でヘッドを後ろに引くとミスに繋がる

ピンポイントを狙うアイアンの場合、ムラのないスイングが大切です。 1回ごとに違うスイングをすると...

なぜかアイアンだけがフックする!その原因と対策法を知る

ドライバーは大丈夫なのに、アイアンだけがフックするのは、グリップの握り方やスイングの仕方が間違っ...

アプローチでシャンクする原因と簡単に直す方法を知りたい

アプローチでシャンクするのにはそれなりの原因があるものです。 グリーンを目前に、突然右側にシュ...

ゴルフの構える位置を確認できる7番アイアンの役割とは

ゴルフスイングのブレで上手くインパクトができないようであれば、グリップの構える位置が悪いのかもし...

ゴルフの練習器具を買わずに身近にあるペットボトルを使おう

ゴルフショップへ行ったり、インターネットで検索すると数えきれないほどの練習器具が出てきます。 ...

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありま...

丸山茂樹プロのスイング、ドライバーのヘッド使い方が上手い

小柄な丸山茂樹プロがアメリカツアーで戦う為に、ドライバーの飛距離アップは必須でした。 そんな丸山茂...

アドレスの時の正しいゴルフボールとの距離を身につけよう!

アドレスの時のゴルフボールとの距離をアバウトに決めていませんか? 前後の位置が適切でないと、手...

ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとターゲットよりも左側を向いています。 そこ...

スライスを改善する際はまずドライバーのグリップに注目!

真っ直ぐに打ち出しているつもりが、ショットしたボールは右側にスライスしていくのがゴルフの大きな悩...

スポンサーリンク

頻繁にスライスするのは手首に問題があるかもしれない!

スライスボールが連発するようなら、手首に問題があると考えても良さそうです。

ドライバーでもアイアンでもスライス系のボールであれば、インパクトでボールを擦っている可能性が高いと思われます。

フェースのヒール側が先行してインパクトすると、いわゆるカット打ちになり、ボールに右回転をかけてしまいます。

この症状の多くは、ハンドファーストの構え方に原因があります。

もともとハンドファーストにするのは、スライスを防止するためのものです。

インパクトの時のグリップの位置に合わせることで、フェースの向きを左方向に変えてセットするためのものです。

ボールよりも手が前に出ていることから「ハンドファースト」と呼ばれています。

左腿の前でグリップを構えて、フェースはボールとターゲットを結ぶ線に置きます。

こうするとシャフトは左方向に斜めの状態ですが、そのシャフトを真っ直ぐにして構えると、フェース面は左側を向くはずです。

本来であればスライスしないはずのハンドファーストですが、グリップを握る力が強すぎて手首の自由がなくなり、左肘を抜いてスイングをするようになると、インパクトでボールを擦ることになるわけです。

手首が先行するハンドファーストはスライスする?

スライスの原因が手首の硬さであれば、グリップを握る力を弱めることが必要です。

グリップの握る強さは、乾いたハンドタオルを棒状に丸めて、スイングしても抜けない程度の力で十分です。

本来はインパクトの時にグリップは身体の正面に来るはずです。

しかしダウンスイングの勢いによって、身体の左側でインパクトを迎えるため、グリップをセンターで構えるとフェースが開いてしまいます。

そこで最初からハンドファーストで構えて、フェースの向きを合わせておくわけです。

フェースを合わせてスライスしないようにすることが目的なのに、ハンドファーストの形を崩さないことがスライス防止だと勘違いしていることが多いようです。

そのため強く握ってノーコックにすることで手首の形を崩さないようにスイングしてしまします。

この状態だとグリップが先行するスイングが強調されて、超ハンドファーストになってしまい、かえってスライスが出やすくなると思ってください。

アドレスはハンドファーストで構えますが、スイングではセンターで構えた時と同じように振りましょう。

そうすれば、グリップは理想的なハンドファーストの形になるはずです。

ハンドファーストで手首を固めてスイングするとスライスする

アイアンのハンドファーストが原因でスライスが出ているようなら、ハンドファーストを止めるという方法もあります。

手首を先行したアドレスをしていたのに、テークバックでそのことを忘れて、トップからのダウンスイングでハンドファーストの形を意識してしまうようなら、ハンドファーストを止めてセンターで構えるようにするのです。

スライスが心配だからこそ、インパクトの時の手首の形を最初に再現しているだけなのに、それがマイナスになるのであれば無理にその構えをする必要はありません。

かわりにセンターにヘッドを置いた時、トップブレードの位置を飛球線に対して垂直にしてみてください。

通常はフェースの最下部のリーディングエッジに合わせてセットしますが、アイアンの最頂部のトップブレードで合わせるると、フェース面は左側を向くはずです。

このセット法であれば、通常通りにスイングしてもスライスする可能性は低くなるでしょう。

トップで手首を甲側に折ったダウンスイングはスライスする

アドレスの時のハンドファーストがスライスの原因でなければ、トップの位置での手首の形に問題があるかもしれません。

スライスするゴルファーの多くは、オーバースイングになっています。

オーバースイングとは、トップで左手首が甲側に折れて、左手親指でシャフトを支える形を言います。

その時は、ヘッドがターゲット方向を指してシャフトは地面と平行になるか、それよりもヘッドが地面を指しています。

このオーバースイングの状態でダウンスイングを開始すると、折れた手首が元に戻る前にインパクトを迎え、ヘッドが遅れてしまうのです。

ヘッドの遅れはフェースの開きに繋がり、ボールに右回転をかけることになります。

そんなオーバースイングを修正するにはクラブを短く握り、コンパクトなスイングを心がけることが大切です。

またバックスイングのスピードを遅くすることができれば、トップの位置が抑制できるので「行き過ぎ」にならないはずです。

手首を手のひら側に折ってスイングするとスライスする?

左手首が甲側に折れるオーバースイングによってスライスは起きます。

しかしオーバースイングを直したのにスライスが出ているとしたら、オーバースイング修正後の影響があるかもしれません。

オーバースイングを止める簡単な方法は、グローブの留め具にロングティーを差し込むことです。

そうすればティーがストッパーになるので、甲側に手首が折れることはありません。

ただし、この簡易的な方法はスイングのタイミングを直したわけではないので、相変わらず早いバックスイングや高いトップの位置のままのはずです。

それどころか、トップで手首を手のひら側に折ることで、甲側に返らないようにしていることがあります。

この状態を崩さずにインパクトの位置までグリップを下ろしてくると、フェースは開いているはずです。

つまり手のひら側に手首を折ると、必然的にスライスボールを打つことになるのです。

手首を軟らかくグリップは軽く握って自由度を高めて、インパクトでグリップエンドが自分を指すようにすれば、手首の折れは防げるはずです。

手首とシャフトが作る角度を知ればスライスは防げる

ここまでお話してきたアドレスでの手首の形ではなく、トップでの手首の折れでもなければ、スライスの原因はインパクトの手前での手首の動きかもしれません。

アドレスでグリップを握った時、左手親指と腕が作る角度は広く、ドライバーであれば150度程度です。

この角度(アームシャフト角)に合わせてアドレスしているわけですから、同じ姿勢をとらないとボールをヒットすることはできません。

ところが実際のスイングでは、ヘッドの重みに遠心力が働くことで、アームシャフト角はさらに広がってしまいます。

つまりヘッドの位置が身体から離れていくわけです。

この調整をしているのは、膝であり左肩の上がりです。

スイング中にグリップの位置を高くすることで、手首の角度が広くなっても、フェースを合わせることができるようになります。

これは身体が自然に行っていることなので、敢えて意識する必要はありません。

ただし問題なのはライ角が変わることです。

グリップの位置を高くするとシャフトはアップライトになり、トゥ側に慣性モーメントがかかって遅れに繋がります。

最悪の場合にはトゥだけが擦ることで抵抗を受けて、フェースが開く可能性があります。

これに対応するには、アドレスでグリップエンドから指1本分あけて握ると、アームシャフト角の開く分を調整できるはずです。

スライスの原因は強い握りと手首の硬さにあり!

スライスの原因がスイングによるものと考えても、どこを直して良いのか悩むものです。

一見するとスイングとは関係なさそうな手首に、その問題が隠されていることがあります。

ボールを打つのはゴルフクラブ、そのゴルフクラブと接点があるのは手のひら、そしてコントロールするのは手首です。

グリップを軟らかく握り、手首の自由度を確保すれば、簡単に修正することができるはずです。

 - スイング ポイント