夏のゴルフの服装でアンダーウェアを着るのはマナー違反?

ゴルフコースでアンダーウェアを着ているのを見ると不愉快ですか?

アンダーウェア1枚だけであれば、それはかなり気になるかもしれません。

ゴルフは服装にいろいろとマナーがありますが、レイヤードはマナー違反にあたるのでしょうか?

今回はそんなゴルフマナーの視点から考えていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ場受付時のマナーと言われるジャケット着用の是非

ゴルフ場でのマナーとされるジャケット着用ですが、実際に着ていないで受付をするとマナー違反なのでし...

ゴルフクラブを素振りしてボールに当たるとどうなるの?

ゴルフクラブを素振りしていたら、ミスでボールを打ってしまうことがあります。この場合1打として...

ゴルフの試合で使うスコアカードの書き方とマーカーの仕事

ゴルフの試合で使うスコアカードは、通常のカードと違うサイズのものです。もちろんプライベートコ...

ゴルフのルールによるワンクラブの測り方を知っていますか?

ゴルフのルールでは、長さを測る尺度をレングスと言い、その道具はクラブを使用します。ワンクラブ...

ゴルフコースにおけるセルフプレーのマナーとエチケット

ゴルフのスタイルは、いまやセルフプレーが主体となってきました。「セルフはマナーが悪い」と言わ...

ゴルフ場のバンカーが雨で普通の状態ではない時の対処法

ゴルフ場のバンカーが雨の影響で、普段とはまったく違った状況になっていることがあります。砂...

ゴルフの服装マナーでスキニーパンツの着用は大丈夫なのか

ゴルフを始めたばかりの時に気になるのが服装のマナーです。厳格なゴルフ場になると服装マナーを違...

まさかの場合に備えよう”ホールインワンの記念品とお礼状

一生に一度あるかないかと言われるホールインワン。しかし絶対ないとも言えないホールインワン。夢...

ゴルフクラブの置き方を間違えるとルール違反になる?

同伴プレーヤーのゴルフクラブの置き方が気になることがありませんか。数本のクラブをの中の1本を...

ゴルフ場で見る赤杭/黄杭/白杭/青杭/それに沿ったラインは?

ゴルフ場のコース内には、赤杭や黄杭、白杭や青杭が立っています。仲間うちでワイワイとラウンドす...

パターのokルールによるメリット/デメリットを知っておこう

ラウンド慣れしたゴルファーとまわると、パターにおいての「okルール」を提案されます。ところで...

【ゴルフ教えて!】公式ハンディキャップとは一体なに?

ゴルフを始めるとスコアが減ったり増えたりして一喜一憂しますよね。上手になってスコアが少なくラ...

ゴルフ競技で使用するスコアカードの注意点とアテストの準備

ゴルフ競技で使われるスコアカードは、普段使っているタイプとは違います。マーカーに指名され...

ゴルフ場でプレーする服装としてパーカーは認められてるのか

ゴルフ場でプレーする際にいろいろと服装の決まりがあることはご存知の方が多いでしょう。大まかな...

ゴルフのマナーでもあるバンカーレーキの置き方を知ろう!

ゴルフ場のバンカーの足跡やショットの痕を均すトンボのようなものを、バンカーレーキと言います。...

スポンサーリンク

厳しい服装のルールがあるゴルフ場

職場でも服装に関わる基本のルールがあるでしょう。

ゴルフの服装にもその基本のルールがあります。

①見苦しくない身だしなみ

②プレーしやすい服装

これらは基本中の基本になります。

これを守っておけば、大抵のゴルフ場で注意されることはないでしょう。

しかし中には厳しい服装のルールを設けているところもあります。

そのようなところは守れていなければ、即座に服装を変えるか、それができない場合は入場を断る場合もあるので要注意です。

また厳しいところでは入退場の服装はジャケット着用と決めているところもあります。

そのようなところはゴルフウェアに関しても厳しいルールが定められているものです。

デニム風やカーゴタイプのパンツ、クルーネック系の襟の短いゴルフシャツはNGです。

またアンダーウェアを半袖シャツの下に着ることもルールに反する服装となっています。

プライベートなラウンドであれば問題ないかもしれませんが、仕事関係でゴルフをする機会がある人は常識不足と取られることがあるので、服装に関する決まりには十分注意するようにしましょう。

アンダーウェア着用はゴルフでは認知された服装

最近はゴルフ場でアンダーウェアを着用している人が多いです。

見た目も涼しく、日焼けを気にする女性には欠かすことができない服装です。

当然男性でも着用している人は多く、見ていても違和感もなく不愉快にもなりません。

また最近のアンダーウェアは機能性も優れており、体の熱を吸収するものなどもあります。

プロゴルファーでもアンダーウェアを着用している人は多いです。

アンダーウェア着用と言っても、その上にポロシャツを着るレイヤードスタイルです。

このスタイルはほとんどのゴルフ場では認知されています。

ゴルフの服装マナーとして襟付きシャツを上から着ているので問題ないと判断されているからです。

もはや「アンダーウェア=下着」と言う認識は今や時代遅れと考えても良いでしょう。

しかし名門と言われている伝統あるゴルフ場では、マナー違反としているところも未だにあるようです。

認知された服装になっていてもゴルフ場の決まりには従わなければならないので、ラウンド前に確認した方が良いでしょう。

名門ゴルフコースではアンダーウェアへの服装のダメ出し

プロゴルファーが着ていれば、それは服装のマナー違反にならないと言うのは大きな勘違いです。

機能性アンダーウェアの上にポロシャツを重ねたレイヤードスタイルをしているプロゴルファーを真似て着ていても、ゴルフ場によってはNGです。

ある名門ゴルフ場にはこのように表示されています。

「半袖シャツの下に長袖のアンダーウェアなどが見えるような重ね着は禁止といたします。

必要な方は長袖シャツを着用してください。」

体にぴったりした素材は下着とみなし、それを見せる服装はいかがなものかと言うのがそのゴルフ場の考えです。

また合わせて、「ふさわしくない服装の方には、こちらで用意している白いシャツに着替えていただくようお願いしています。」とまで書かれています。

これはメンバーの中に快く思わない人もいるのが理由のようです。

アンダーウェアを下着と考えるかどうか、それぞれの価値観による違いからゴルフ場の対応も様々なようです。

しかし不快に感じるメンバーがいるのであれば、ゴルフ場としてはメンバーに合わせざるを得ないでしょう。

見苦しくなければアンダーウェアを着ても問題ない

アンダーウェアに関しては賛否両論ですが、ほとんどのゴルフ場で認知されていると言うことは問題ないと捉えて良いでしょう。

ただアンダーウェアを着用してもしなくても、大事なのは「見苦しくない」ことです。

夏のラウンドはとても暑く、男性でも涼しい服装でゴルフができればと感じている人は多いでしょう。

そのような人は紫外線カットや速乾性、冷却効果のあるアンダーウェアを着用しましょう。

夏は涼しく見苦しい服装でなければ何の問題もないのです。

実際にラウンド中に見苦しい服装を見かけることもありません。

最も見苦しいと取られるのは、アンダーウェア1枚でコースやクラブハウス内をうろつくことです。

アンダーウェア1枚なのは、下着1枚でうろつくことと同じことになるので気をつけてください。

どんなに暑くても必ずレイヤードスタイルでの着用はするようにしてください。

アンダーウェア着用が認知されてると言っても、1枚での着用は認められていないので気をつけてください。

高性能素材のアンダーウェア

最近のアンダーウェアはどんどん高性能素材になってきています。

特殊な繊維を使い、関節や筋肉の部位によって編み目の細かさやカッティングパターンを変えているものもあります。

ゴルフに合わせて筋肉のブレを防いだり、関節や筋肉をより大きく動かしたりできるように作られています。

中には血行を良くする効果があるものまであります。

そしてアンダーウェアの一番の魅力は、何と言っても夏用と冬用に合わせて機能を持っていることです。

夏用は紫外線カット、速乾性を持たせ、なおかつ冷却効果まであります。

冬用は逆に保温機能を持っているので、寒い中のラウンドでも体を温めてくれます。

アンダーウェアは長袖なので逆に暑くなりそうなのですが、風が吹くと涼しく感じたり、汗もすぐに乾くので気持ち悪い感じもありません。

ゴルフはプレー中に熱中症で死亡するケースが高いと言われています。

このことからも高性能素材のアンダーウェアはその対策としても非常に優れています。

大げさに感じるかもしれませんが、高性能素材のアンダーウェアを着用することで安全で快適なゴルフを得られるのです。

その点では服装のルール違反としているゴルフ場も少し寛容な対応を考えても良いのかもしれません。

ショートパンツとのレイヤードもある

アンダーウェアのレイヤードスタイルと言うとトップスのイメージがあります。

しかし最近はボトムスの販売も増えてきてます。

ショートパンツの下にボトムスのアンダーウェアを着用するスタイルです。

速乾冷却等の性能はトップスと変わりませんが、それに合わせ、止まる、ねじるなど下半身の動きによる膝や腰のサポートをしてくれます。

また瞬発的な動きにも対応するので、ゴルフをプレーするにあたっては嬉しい性能がもりだくさんです。

トップスが認知されてきたばかりなので、ボトムスのハードルは少し高いかもしれません。

ゴルフ場の服装マナーにはかからないかもしれませんが、年配の方には違和感のある服装になるかもしれません。

中には違和感が強すぎて不快に感じる人もいるかもしれません。

そのため、仕事関係でのラウンドや同伴競技者に年配のベテランゴルファーがいる際は、避けた方が無難でしょう。

TPOに合わせた服装を選ぶこともゴルフでは大切なことです。

ゴルフの服装の基本は襟付きシャツ着用がすべて

アンダーウェアを着る、着ないはゴルフ場の決まりと本人次第です。

ただ襟付きシャツを着ていれば基本的に何の問題もありません。

もしアンダーウェアが許されないのであれば、アンダーウェアを脱いで襟付きシャツだけになれば良いのです。

気をつけなければならないのが、その襟の長さが十分あるものを選ぶということです。