ゴルフのスコア管理アプリにレディースティーがない時がある

最近はゴルフのスコア管理のためにスマホアプリを使用しているゴルファーが多いのではないでしょうか。

いろいろできて大変便利なアプリなのですが、不便を感じている女性ゴルファーもいるでしょう。

と言うのも、登録されたゴルフ場によってティーの選択肢にレディースが無く、「フロント・レギュラー・バック」しかない時があるからです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのスコアカードのデータ整理法と記念品としての保存法

ゴルフのスコアを書き記したスコアカードをラウンド後に整理すると、自分のためのデータとして活用する...

【ゴルフ教えて!】52度のウェッジの飛距離はどれくらい?

最近のアイアンは飛距離重視のストロングロフト設計が増えてきましたね!そんな中、AW(アプロー...

歴史に名を残す男子日本ゴルフツアーの優勝回数ランキング

近年男子日本ゴルフツアーに人気低迷が良く取り沙汰されますが、その原因の一つにスター選手の存在が無...

ゴルフにおける4スタンス理論とそのセルフチェック方法

ゴルフをする上で、4スタンス理論を取り入れることは、非常に重要です。そのため4スタンス理...

バッバ・ワトソンの独特なスイングで繰り出す桁外れの飛距離

バッバ・ワトソンは、2012年と2014年にマスターズを2度も制覇した世界トップクラスのレフティ...

ゴルフにおける打ち下ろしの打ち方は打ち上げよりもやさしい

多くのゴルファーは打ち上げよりも打ち下ろしの方が打ちやすいのではないでしょうか。実際、アベレー...

男子プロゴルファーにとって過酷な試合QTトーナメントとは

試合に出る資格であるシード権を持たない男子プロゴルファーが、ツアートーナメントに出る為に戦わなけ...

飛距離アップを期待!ヘッドスピード40m/sのドライバー選び

皆さんはドライバーを選ぶ時、自分のヘッドスピードを気にされますか?もしかしたら中にはご自分のヘッ...

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。またヘッドスピ...

まさかの石川遼が自分のボールを蹴るという珍事を起こした!

プロゴルファーは1打1打に賞金や人生が掛かっています。ですからトーナメント中の選手達の集中力は半...

日本のゴルフ場では希少価値のポットバンカーとは?

ゴルフ場でなかなかめぐり合う機会のないバンカーの形のひとつ、ポットバンカーですが、そこからバンカ...

ユーティリティかウッドか、9wを使う飛距離の目安について

使うクラブの影響で、最も正確な距離感と方向性を出すのが難しい170ヤードから200ヤードですが、この...

日本だって負けてない!ゴルフ場にある絶景スポットを紹介!

ゴルフに夢中過ぎて周りの景色を楽しまないなんて勿体なさ過ぎます。ゴルフ場は自然と調和して作られ...

タイガーウッズに起こったマスターズ15番での珍事とは!

マスターズとはゴルファーにとっての夢の舞台であり、いろいろなドラマが生まれる舞台とも言われています。...

ゴルフのホールインワンについて、直接カップインする場合も

ゴルフのホールインワンとはそのホールの第1打目がそのままカップインすること。よって、スコアが1で...

スポンサーリンク

ゴルフのレディースティーについて

ゴルフのティーについて話すと遥か昔へ遡らなければなりません。

創世記はゴルフにティーは存在していませんでした。

ティーができたのが19世紀末になります。

そして20世紀になり現在のように「レディース・フロント・レギュラー・バック」と技量に合わせた複数のティーが設置されるようになりました。

さらに現在、ゴルフ場によっては「シルバーティー」も設置されています。

ゴルフ界のレジェンド、ジャック・ニクラウスは、ゴルフの実績も素晴らしいのですが、ゴルフ史上最もたくさんのゴルフコースを設計しています。

そんなゴルフコース設計のスペシャリストは、レディースティーに対しての信念についてこう語っています。

「ティーショットが男性と同じ場所に止まることではなく、2打目に持つクラブが同じであることが女性ゴルファーも公平にゴルフを楽しめるコースだ!」

その信念の元、彼が設計や監修したゴルフコースは、レディースティーが普通よりも前にあります。

スコアカードやスコア管理アプリ等でティーごとの総距離が書いてあるので、どのくらい差があるか一度見てみましょう。

ゴルフのスコア管理アプリにレディースティーが無い理由

ゴルフのスコア管理アプリにはレディースティーが出てこないことがしばしばあります。

そのためスコア登録してハンディを取得している女性ゴルファーにとっては、正確な数字にならないので困っていることでしょう。

現在はだいぶ変わってきたのですが、昔は多くのゴルフクラブでは女性会員がほとんどいませんでした。

故にゴルフの競技運営はほぼ男性メンバーたちを中心になされてきた歴史があります。

最近こそ女性ゴルファーも増えてきましたが、それでもまだレディースティーの整備自体が遅れています。

男女で飛距離に大きな差があるのは昔も今も変わらずですし、アマチュアゴルファーになるとその差はかなり大きなものになります。

それでも同じティーからの男女混合競技等行われるなど、女性には不利な状況が続いていました。

レディースティーでのハンディキャップ取得ができるところもありますが、未だに男女同じハンディキャップシステムであるところがあります。

レディースティーの整備が遅れ、今もまだ完全に整っていないのは、これらが主な理由だと考えられます。

レディースティーならスコア管理アプリよりもJGA

ゴルフのスコア管理アプリを利用してスコア登録している人は少なくありません。

月に一度のハンディキャップ更新で一喜一憂していることでしょう。

しかしレディースティーからプレーしている方は、正確なハンディキャップではありません。

そこでレディースティーからのハンディキャップを取得したいのであれば、スコア管理アプリではなく、JGAの個人会員になる方が良いです。

JGAは平成15年に女子ハンディキャップの算定、そして女子コースレートの査定基準を決めたからです。

ですからコースレートのあるレディースティーであれば、正確なハンディキャップを取得することができます。

そんなJGAのスコア登録では、手書きのスコアカードを提出します。

その際に提出用紙に手書きで「レディースティー使用」と書けば、レディースハンディを査定してくれます。

最近ではJGAネット会員もあるようなので、面倒な方はそちらを使用すると良いでしょう。

ただスコア管理アプリと違い年会費が必要になることはご了承ください。

レディースティーからスコア登録できるスコア管理サイト

探してみると、JGAの個人会員にならずとも、レディースティーからスコア登録できるサイトがあります。

しかし残念ながらまだスコア管理アプリはないようです。

それはダンロップが運営している「GOLF PARK」です。

その中に会員登録すれば使用できる「ScoreBook」と言うものがあります。

そのコンテンツであれば、レディースティーからのスコアでも登録することができます。

またJGA方式に準するハンディキャップの算出なので、公式ハンディとはなりませんが、より正確なレディースティーからのハンディキャップを知ることができます。

ここまでハンディキャップにばかり注目してしまいますが、スコア管理の機能としても良いです。

平均ストロークやパット数、フェアウェイキープ率やバンカーセーブ率などスコア分析できる情報が詰まっているからです。

ベストスコアも表示され、ベスト更新を目指す大きなモチベーションになります。

何よりもオススメなのが、ショット・アプローチ・パッティングのそれぞれをレベル分析してくれ、理想レベルとのギャップをレーダー化してくれる点です。

これによってゴルフ上達のための練習課題を見つけ出せます。

ゴルフのスコア管理アプリにレディースティーがない場合

レディースティーがスコア管理アプリに入っていないけれど、使い続けて今までのデータが入っているし、使い勝手も良いからアプリを変えたくないと言う人もいるでしょう。

ではそのような人はどうすれば良いのでしょうか。

コースによってはレディースティーでなくフロンティー=レディースティーとなっているところもあります。

それを確認するには、スコア入力画面に表示されているコースレートの数値で確認する他ありません。

また正確なハンディキャップを知りたい人は、残念ながら現状はフロントでプレー、入力するしかありません。

しかし女子に相応しい距離でプレーしなければゴルフを楽しむことはできないのも確かです。

ですから、正確なハンディキャップを取得したい人は、無理に距離のあるフロンティーからプレーするのではなく、現在使っているスコア管理アプリを継続して使うことを諦めて、先に紹介した方法でスコア登録することをオススメします。

もちろん本当は、ゴルフ界が女子ハンディキャップシステムを新しく運用することが一番大事なのですが、そうなるにはまだまだ時間を要するでしょう。

女子ゴルファーの皆さん、スコア管理どうしてますか?

女子ゴルファーのスコア管理方法で最も多いのは、スコアカードに手書きする人です。

あるデータによると約57%がオーソドックスなスタイルでスコア管理をしているようです。

理由はゴルフ場で準備されているものにただ記入するだけなので簡単だからです。

スコアを記入する意味では簡単で手間もあまり無いですが、「保管」することを考えるとかさばるので大変です。

またデータ化されないので、記入して終わりと言う人がほとんどです。

しかし紙ベースでスコア記入している人でも自宅でエクセル等にデータ入力し、分析している人もいます。

データによると、スコア管理アプリを使用している人は約38%だということです。

使用理由として、ラウンド履歴が残るので使い始めてからのラウンドを振り返ることができることが大きいようです。

ただやはりレディースティーが出てこないことを残念に思っている女子ゴルファーは少なくありません。

スコア管理をどうするかは自分がやりやすい方法で問題ありません。

それぞれにメリットやデメリットはあるはずです。

大事なのはそのスコアをどうゴルフ上達に活用していくかですから。

無理に別のティーからラウンドするのはNG

レディースティーからのスコア登録が無いからと、フロントやレギュラーからラウンドする女子ゴルファーもいるでしょう。

その際、男性ゴルファーと変わらない飛距離を出せるのなら問題ありません。

しかしセカンドに必ずスプーンなどウッドを持たなければならないようであれば、スコア登録を諦めてレディースティーからプレーするようにしましょう。

なによりゴルフは楽しむことが一番大事です。