ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

アプローチが上手くなるにはどんな練習方法が最短ルートか

2018.6.23

アプローチの失敗はスコアに直結します。

そのためグリーン周りの処理が上手くなると、一気に5打、10打とスコアを縮めることができるほどです。

そのアプローチが上手くなるには、練習が重要になりますが、いくつかの打ち方や使い方を覚えるとさらに上手くなるはずです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われているのが、パターの練習です。 やろうと...

ヘッドスピードとミート率を両方向上!飛距離アップ練習法

ヘッドスピードを上げることやミート率を高めることは、飛距離アップには欠かせないものです。 ただヘ...

ゴルフ練習法:ショートスイングで身体の使い方を覚えよう!

日本はもちろん海外でも活躍を見せるプロゴルファー宮里兄弟の練習法として有名なのが、「30ヤードのショ...

季節で変化するゴルフ!難しい冬芝アプローチを攻略する!

冬になるとスコアが悪くなると思っている人いませんか? その原因は、寒さやスイングの問題ではあり...

【ゴルフ上達】70台シングルのマネジメントを学ぼう!

プロゴルファーでなくても70台のスコアで回るアマチュアをシングルプレーヤーと呼びます。 現在も...

3パット撲滅運動!パターでフックする原因を知って克服する

フックとは打ち出したボールが左に曲がるミスショットです。 ドライバーやアイアンで悩む人が多いで...

アマチュアゴルファーのうち70台スコアの割合はどれほど?

アマチュアゴルファーの最高峰はやはり70台で回るシングルプレーヤーでしょうか? さらに上にはス...

アプローチの基本の打ち方を覚えるなら30ヤードからが一番

アプローチの基本の打ち方を覚えたいなら、まずは30ヤードのアプローチから練習するのが良いです。 ...

ドライバーの長さを利用しないプロのスイングを真似できる?

ドライバーの飛距離を伸ばすためには、スイングスピードを強化して、強いインパクトを与えるか、もしく...

ゴルフスイングを矯正するためのハーフスイングの練習のコツ

正しいゴルフスイングをしているつもりなのに、上手くボールを捉えることができないときは、ハーフスイ...

ゴルフの難題!バンカーショットで最も難しい高いアゴ脱出法

ただでさえ苦手で入るだけで凹むバンカー。 そのうえピンが見えないほど高いアゴのバンカーにハマっ...

パッティング練習を毎日家でもやれば早期上達間違いなし!

ゴルフ上達のために練習場に足しげく通っている方も多いと思います。 確かに打ちっ放しでショットの...

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

世界で活躍している松山英樹選手のスイングを全て解析しよう

キャディが見ていて辛くなると言うほど自分に厳しい松山英樹選手。 そんな彼だからこそ、世界を舞台に活...

石川遼プロのアイアンのライ角は標準角度なのでしょうか

アイアンセットを選ぶときは、ライ角がアップライト仕様なのか標準仕様なのかフラット仕様なのかを確認して...

スポンサーリンク

アプローチが上手くなるには寄せワンを磨くこと!

アプローチが上手くなると、グリーン周りからピンそばにつけることができて、「寄せワン」によるパープレーが可能になります。

アマチュアゴルファーの場合には、そんなリカバリーショットが上手くなれば、格段にスコアアップが期待できるはずです。

まずアプローチが上手くなるには、アドレスに入る前にプレーに集中することが求められます。

「風が気になる」といった外的な影響や、「曲がりそうな気がする」といった精神的な弱さがでてくると、スイングに迷いが出てしまい、ミスショットを誘発してしまうものです。

そうではなく練習場で打ち続けている時のような、無心の状態に置くことができれば、迷いが出てくることもありません。

ただ無心の境地になるのには、相応の練習量という裏づけがないと、やはり不安な気持ちは湧き起こるものです。

ですから、まずは練習をすることです。

その上で、日常の練習と同じ心で本番を迎えることができるよう、ルーティンを身につけるようにしましょう。

アプローチが上手くなるには平常心を保つことが大事

ティーショットと違い、アプローチのルーティンは意外に簡単なものです。

まずはピンとボールの間の距離を歩測して、同時にライや芝目を確認します。

飛球線の後方に立ち、軽く素振りをしながら距離感を確認します。

そして方向性を確認してからアドレスをとってスイングに入るのです。

これは一般的な一連の流れなので、途中の行動で必要のないものは省いて、あとは自分だけのルーティンを組み込みます。

例えば、スタンスをとる前に両足揃えて左足・右足の順で開くとか、スタンスに入る前に軽くジャンプをして重心を低くするとか、時間のかからない動作を入れます。

この動作は、練習場のショットの時も毎回行うことで習慣化されます。

いつもと同じ動作をしたことで、緊張がほぐれプレーに集中できるわけです。

アプローチが上手くなるには平常心でプレーを始めることです。

ゴルフの結果を聞くと、大概はメンタルが影響して失敗を招くようです。

メンタルを強くすることはゴルフの技量をアップさせるよりも難しいことですが、日常の動作を取り入れるだけなら、誰でも簡単にできるはずです。

アプローチが上手くなるには落とすポイントの決め方が大事

実際にアプローチをする時はターゲットを決めて、そこにボールを落として転がりでピンそばにつけるというのがセオリーです。

そのためアプローチショットが上手くなるには、落とすポイントを決めることが大切です。

もちろん球筋の高低や勢いによってポイントは変わりますが、使用するクラブのロフト角やヘッドスピードなどを勘案してポイントを決め、最終的に止まる位置を想定します。

ただしアプローチで大事なことは、ピンそばにつけることなので、パッティングのようなカップインは二の次です。

あくまでも、ワンパット圏内につけることが目的で、スリーパットになるような位置にアプローチしないことが大切です。

そのためにはポイント(点)ではなく、ライン(線)でボールの落としどころを決めるとミスの可能性は減ります。

さらにラインだからこそ、カップインの可能性も出てきますので、ピンとボール間の距離を歩測する時には、合わせてラインの確認もしましょう。

アプローチが上手くなるには3段階のタイミングを理解する

ではアプローチの実際のスイングを見てみましょう。

アプローチが上手くなるには、ミスをしないことです。

そのためにはシンプルなスイングを心がけて、タイミング良くクラブを振るようにします。

複雑なテークバックやダウンスイングをするとか、いつまでも構えたまま動かないとか、アプローチに支障のあることを始めるとミスショットに繋がります。

シンプルなゴルフは、構えたら引く、引いたら振る、振ったら打つ、と3段階をタイミング良くすることです。

すべてのアプローチにできるわけではありませんが、例えばクラブを短く持って構えるとフェースで捉えることが簡単になります。

ただしクラブを短く持ったために、捻転するスイングができないのであれば、本末転倒になってしまいます。

あくまでもフェースでボールを捉えることが目的なので、それには「当てる」ということと、「打ち出す」ということの2つの意味があります。

想定した飛距離を出すためには、一定の衝撃を与えるインパクトでなければなりません。

アプローチが上手くなるにはピッチエンドランを覚えよう

基礎的なアプローチのスイングを覚えることが、上手くなるには必要なことです。

状況に応じてアプローチの仕方は変わりますが、もっとも得意とするアプローチを身につければ、大半はその「武器」でピンを攻めることができるようになれます。

一般的に多用されているアプローチは、ピッチエンドランです。

打ち出しはピッチ(空中)で、弾着後はラン(転がり)でピンに向かいます。

使用するクラブによってランの距離は変わりますが、ピッチは常に同じ割合になります。

ランが1の時ピッチも1というのがピッチングウェッジで、ランが4でピッチが1だと8番アイアンです。

しかも振り幅が小さいために、ミスショットの確率が少なく、カップインの可能性も高い精度のあるアプローチ法です。

スタンスを狭くして構えて、柔らかい膝と柔らかい手首をイメージします。

左手首でコックを作りヘッドを上げるため、大きなバックスイングは必要ありません。

ダウンスイングも腕で振るのではなく、コックをほどいてヘッドを元の位置に戻すようにすれば、あとはヘッドの重みでボールを弾いてくれるはずです。

上手くなるにはアプローチの特性を知ることが大事

アプローチが上手な人は、スクエアなスタンスとオープンなスタンスを使い分けています。

またスタンスを広くとったり狭めたりと、このようなスタンスを変えることで、スイングの仕方が変わり球筋も変わってくるのです。

スクエアなスタンスの場合には、フェースの動きと飛球線を一致させた転がす球筋が一般的です。

対してオープンなスタンスではフェースを寝かせて、高く上げて止める球筋が一般的です。

それから広いスタンスは、手首を固めてフェースの向きを変えずにショットするので、ミスが少ないのが特徴です。

そして狭いスタンスは、手首を柔らかくしてインパクトするので、ライが悪くてもミスが少なく、しかもカップを狙えるアプローチができるのが特徴といえます。

すべての状況に当てはまるわけではありませんが、アプローチが上手くなるにはボールの状況と環境を考えて選択の幅を持つことが重要と言えるでしょう。

アプローチが上手くなるには練習あるのみ!

アプローチを上手くなるには、練習するしかありません。

地味な練習ですが、ハーフスイングで目を閉じてもフェースの芯で捉えることができるように打ち続けることです。

まずは得意なアプローチを、次に一番使いそうなアプローチを、1つずつ習得して順に増やしていくと上手くなるはずです。

 - シングルへの近道