アプローチが上手くなるにはどんな練習方法が最短ルートか

アプローチの失敗はスコアに直結します。

そのためグリーン周りの処理が上手くなると、一気に5打、10打とスコアを縮めることができるほどです。

そのアプローチが上手くなるには、練習が重要になりますが、いくつかの打ち方や使い方を覚えるとさらに上手くなるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフで一番大事なパターの練習方法をイボミから学ぼう!

ゴルフでスコアを左右する一番大事なのはパターです。そんな大事なパターの仕方や練習方法を2年連続...

ドライバーの飛距離はクラブの違いで手に入る?選び方とは?

ドライバーの飛距離をアップしたいと望むゴルファーは多いと思います。もちろん技量によるアップはだ...

アプローチでパーを拾いまくる女子プロの技術を根こそぎ盗め

スコアの大波を無くすならば、アプローチのミスを無くすのが一番の近道です。シンプルなテクニック...

【ゴルフ上達】70台シングルのマネジメントを学ぼう!

プロゴルファーでなくても70台のスコアで回るアマチュアをシングルプレーヤーと呼びます。現在も...

近いけれど難しいアプローチショット10ヤード以内の打ち方

ゴルフのアプローチショット。30ヤードや50ヤードの距離は上手く打てるけど、たったの10ヤー...

ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われているのが、パターの練習です。やろうと...

パッティングの悩み解消!ハンドファーストの構え方と練習法

パッティングのスタイルは自由です。もちろん基本スタイルはありますが、「入ればOK」なので、構...

ゴルフでシングルとはどういうこと?簡単になれるもの?

ゴルフを始めるとシングルって凄いと思えるでしょう。ところでシングルの方ってどれだけいらっしゃ...

パターの練習でボール2個だけ使ってあなたもパター名人に!

自宅でも練習場でもパターの練習をするときに、たくさんボールを使っている人が多いでしょう。打っ...

ゴルフでコックが原因のダフリと分かるのは中級以上が必要?

ゴルフスイングで重要なコックの使い方に問題があって、ダフリの症状が現われた場合には対処法で修正す...

アプローチの練習をするなら練習場?それともコースの芝生?

アプローチの練習をする場所には、練習場の人工芝マットの上とゴルフ場の天然の芝生の上があります。...

ゴルフ上達のために自宅の庭にバンカーを自作してみよう!

ゴルフ練習場に通って、練習できないのがバンカーショットではないでしょうか。砂の感触をつか...

ゴルフが上手くなるためにはミート率の向上が第一優先事項!

ゴルフは道具を使うスポーツなので、その道具を自分の意思通りに扱えることが大事です。そしてナイス...

次のゴルフに活かせるスコア管理をエクセルで!

ゴルフの結果をスコア管理すると、次回以降のプレーに活かすことができます。もちろん手書きのデー...

様々なパッティングの練習・ドリルでスコアアップを目指そう

パッティングはラウンドの全ショットの半分を占めると言われています。そのくらいゴルフにおけるパ...

スポンサーリンク

アプローチが上手くなるには寄せワンを磨くこと!

アプローチが上手くなると、グリーン周りからピンそばにつけることができて、「寄せワン」によるパープレーが可能になります。

アマチュアゴルファーの場合には、そんなリカバリーショットが上手くなれば、格段にスコアアップが期待できるはずです。

まずアプローチが上手くなるには、アドレスに入る前にプレーに集中することが求められます。

「風が気になる」といった外的な影響や、「曲がりそうな気がする」といった精神的な弱さがでてくると、スイングに迷いが出てしまい、ミスショットを誘発してしまうものです。

そうではなく練習場で打ち続けている時のような、無心の状態に置くことができれば、迷いが出てくることもありません。

ただ無心の境地になるのには、相応の練習量という裏づけがないと、やはり不安な気持ちは湧き起こるものです。

ですから、まずは練習をすることです。

その上で、日常の練習と同じ心で本番を迎えることができるよう、ルーティンを身につけるようにしましょう。

アプローチが上手くなるには平常心を保つことが大事

ティーショットと違い、アプローチのルーティンは意外に簡単なものです。

まずはピンとボールの間の距離を歩測して、同時にライや芝目を確認します。

飛球線の後方に立ち、軽く素振りをしながら距離感を確認します。

そして方向性を確認してからアドレスをとってスイングに入るのです。

これは一般的な一連の流れなので、途中の行動で必要のないものは省いて、あとは自分だけのルーティンを組み込みます。

例えば、スタンスをとる前に両足揃えて左足・右足の順で開くとか、スタンスに入る前に軽くジャンプをして重心を低くするとか、時間のかからない動作を入れます。

この動作は、練習場のショットの時も毎回行うことで習慣化されます。

いつもと同じ動作をしたことで、緊張がほぐれプレーに集中できるわけです。

アプローチが上手くなるには平常心でプレーを始めることです。

ゴルフの結果を聞くと、大概はメンタルが影響して失敗を招くようです。

メンタルを強くすることはゴルフの技量をアップさせるよりも難しいことですが、日常の動作を取り入れるだけなら、誰でも簡単にできるはずです。

アプローチが上手くなるには落とすポイントの決め方が大事

実際にアプローチをする時はターゲットを決めて、そこにボールを落として転がりでピンそばにつけるというのがセオリーです。

そのためアプローチショットが上手くなるには、落とすポイントを決めることが大切です。

もちろん球筋の高低や勢いによってポイントは変わりますが、使用するクラブのロフト角やヘッドスピードなどを勘案してポイントを決め、最終的に止まる位置を想定します。

ただしアプローチで大事なことは、ピンそばにつけることなので、パッティングのようなカップインは二の次です。

あくまでも、ワンパット圏内につけることが目的で、スリーパットになるような位置にアプローチしないことが大切です。

そのためにはポイント(点)ではなく、ライン(線)でボールの落としどころを決めるとミスの可能性は減ります。

さらにラインだからこそ、カップインの可能性も出てきますので、ピンとボール間の距離を歩測する時には、合わせてラインの確認もしましょう。

アプローチが上手くなるには3段階のタイミングを理解する

ではアプローチの実際のスイングを見てみましょう。

アプローチが上手くなるには、ミスをしないことです。

そのためにはシンプルなスイングを心がけて、タイミング良くクラブを振るようにします。

複雑なテークバックやダウンスイングをするとか、いつまでも構えたまま動かないとか、アプローチに支障のあることを始めるとミスショットに繋がります。

シンプルなゴルフは、構えたら引く、引いたら振る、振ったら打つ、と3段階をタイミング良くすることです。

すべてのアプローチにできるわけではありませんが、例えばクラブを短く持って構えるとフェースで捉えることが簡単になります。

ただしクラブを短く持ったために、捻転するスイングができないのであれば、本末転倒になってしまいます。

あくまでもフェースでボールを捉えることが目的なので、それには「当てる」ということと、「打ち出す」ということの2つの意味があります。

想定した飛距離を出すためには、一定の衝撃を与えるインパクトでなければなりません。

アプローチが上手くなるにはピッチエンドランを覚えよう

基礎的なアプローチのスイングを覚えることが、上手くなるには必要なことです。

状況に応じてアプローチの仕方は変わりますが、もっとも得意とするアプローチを身につければ、大半はその「武器」でピンを攻めることができるようになれます。

一般的に多用されているアプローチは、ピッチエンドランです。

打ち出しはピッチ(空中)で、弾着後はラン(転がり)でピンに向かいます。

使用するクラブによってランの距離は変わりますが、ピッチは常に同じ割合になります。

ランが1の時ピッチも1というのがピッチングウェッジで、ランが4でピッチが1だと8番アイアンです。

しかも振り幅が小さいために、ミスショットの確率が少なく、カップインの可能性も高い精度のあるアプローチ法です。

スタンスを狭くして構えて、柔らかい膝と柔らかい手首をイメージします。

左手首でコックを作りヘッドを上げるため、大きなバックスイングは必要ありません。

ダウンスイングも腕で振るのではなく、コックをほどいてヘッドを元の位置に戻すようにすれば、あとはヘッドの重みでボールを弾いてくれるはずです。

上手くなるにはアプローチの特性を知ることが大事

アプローチが上手な人は、スクエアなスタンスとオープンなスタンスを使い分けています。

またスタンスを広くとったり狭めたりと、このようなスタンスを変えることで、スイングの仕方が変わり球筋も変わってくるのです。

スクエアなスタンスの場合には、フェースの動きと飛球線を一致させた転がす球筋が一般的です。

対してオープンなスタンスではフェースを寝かせて、高く上げて止める球筋が一般的です。

それから広いスタンスは、手首を固めてフェースの向きを変えずにショットするので、ミスが少ないのが特徴です。

そして狭いスタンスは、手首を柔らかくしてインパクトするので、ライが悪くてもミスが少なく、しかもカップを狙えるアプローチができるのが特徴といえます。

すべての状況に当てはまるわけではありませんが、アプローチが上手くなるにはボールの状況と環境を考えて選択の幅を持つことが重要と言えるでしょう。

アプローチが上手くなるには練習あるのみ!

アプローチを上手くなるには、練習するしかありません。

地味な練習ですが、ハーフスイングで目を閉じてもフェースの芯で捉えることができるように打ち続けることです。

まずは得意なアプローチを、次に一番使いそうなアプローチを、1つずつ習得して順に増やしていくと上手くなるはずです。