雨のゴルフでも心配いらない雨専用のグローブってあるの?

雨の日のゴルフでグリップが滑ると感じたら、雨の日用のグローブを使ってみてはいかがでしょうか。

そこで雨専用のグローブを使うだけではなく、日頃のグリップメンテナンスや他のものを使って滑らなくする方法、また高性能のグローブなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの服装がダサいって言われないための本当の選び方

他人から面と向かって「ゴルフの服装がダサい」と言われることはないと思います。しかし口には出さ...

ゴルフ場が雨でも大丈夫!お洒落で高機能なレインコートとは

楽しみにしていたゴルフが雨の予報!女性用のレインウェアもイマイチ野暮ったい感があり、進ん...

エポン【遠藤製作所】のゴルフクラブの評価を検証してみた

世界的に良質な工業製品の代名詞ともなった『Made in Japan』。日本人としては誇らしい限...

タイトリスト915の重心距離からその重要性を考える

皆さんはクラブの重心距離を気にしたことはありますか?一般的に気にすることとは、総重量、シャフト...

ゴルフラウンドが雨でも問題なし!ファッション楽しもう!

ゴルフラウンド前は何度行っていてもウキウキドキドキします。しかし天気予報をチェックすると、ど...

ゴルフグリップにあるバックラインのメリットとデメリット

ゴルフグリップにあるバックラインって知っていますか?ゴルフショップのグリップ売り場に行くと、...

いつ訪れるか不安な雨の日のゴルフでおすすめのレインウェア

雨の日のゴルフは、普段よりも重ね着するため身体の動きが悪くなります。しかしレインウェアを着て...

【ゴルフ】ドライバー体積400CC以下ならヘッド動作が多い

ゴルフクラブでドライバーのヘッド体積は年々大きくなり、今や460㏄クラスが普通になりました。...

重心距離の短いアイアンは上級者向き?それとも初心者向き?

重心距離は、ボールの「捕まり」に重大な影響を与えます。その中でも重心距離の短いアイアンを使う...

女性に大人気!多くの人が虜になった6ブランドを厳選紹介!

ゴルフにはたくさんのメーカーが参入しており、ブランドは多岐に渡ります。クラブ専門であったりア...

ゴルフグローブを選ぶなら機能性があってかっこいいのが良い

きっとゴルフ用品の中で一番最初に購入するのがゴルフグローブではないでしょうか。練習場でもラウ...

キャロウェイのx20とx22と比較。今シリーズの評価は?

キャロウェイは人気ゴルフメーカーですね。あの石川遼選手の契約しているメーカーです。一昔前...

ゴルフクラブの素材で、チタンとステンレスの違いって何?

現在のゴルフクラブでは、昔では考えられないくらい、ドライバーのヘッドからパターまで色々な素材を使って...

エポンゴルフという玄人に評判の良いクラブはご存知ですか

TVや雑誌などでよく宣伝しているクラブは、量販店などでもよく目にする機会がありますよね。エポ...

炎天下のゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすために

夏のゴルフ場はとても暑く、陽射しが強いので、紫外線対策や速乾性は不可欠です。夏はそれらの機能...

スポンサーリンク

荒天のゴルフに雨用のグローブが必要な理由

テレビやネットのニュースには「ゲリラ豪雨」という言葉が聞かれるようになってきましたが、予測をしていないのに突然の雨でズブ濡れになることがあります。

街中なら室内で雨雲が通過するまで時間をつぶせば何とかなりますが、ゴルフ場の真ん中ではそんなことを言ってられません。

まずはカートに備え付けの傘を差し、キャディバッグの後ろにある大きなポケットからレインウェアを引っ張り出すことになります。

しかし出発前に雨の予報がなければ、レインウェアを用意していないかもしれません。

そうなると雨用のウェアなしのズブ濡れ覚悟でそのままラウンドするか、一旦ハウスに戻って天気の回復を待つしかなさそうです。

多くの場合はランド続行になると思いますが、そこで気になるのがグリップの滑りです。

雨で濡れたグリップは滑ってすっぽ抜けるような気がしますし、握っていてもシャフトが回転してフェース面がズレることもあります。

そうしてグローブをはめてもグリップが滑るのは、手とゴムの間に雨水が入っているからです。

そんな時は予備のタオルなどでグリップの水分をしっかりと拭き取ると、滑りを抑えることができます。

ゴルフスイングは濡れても滑らない雨用のグローブで!

通常ゴルフ場でプレーをする時は、予備のグローブを数枚持っていくと思います。

その中に、突然の雨でも対応できるように雨用のグローブ入れておくと、グリップが濡れても滑りを抑えることができます。

普段使用しているグローブの材質が、仮に本革であれば水分を吸収してしまうので、合皮を用意しましょう。

合皮グローブは水分を含んでも、絞ることができますし、ラウンド終了後に洗濯することもできます。

特にバックスキンタイプだと滑りにくいので雨の日には最適です。

また表面加工がされて、水がついても滑らない素材のものもあります。

作りとしては、医療用のラテックスゴムの手袋のようなものが、グローブの表面に張り付いているので、滑らないわけです。

ただし、通常のグローブと比較すると、耐久性にやや不安はあります。

破れなどの可能性は高まるので、どちらにしても合皮タイプのグローブは用意しておきましょう。

ちなみに合皮タイプのグローブは、練習用グローブと言われた時代もあります。

耐久性に優れていて、しかも洗濯ができることで、そのような使い方をしたのだと思います。

雨のゴルフは雨用のグローブのスペアをたくさん用意する

雨用のスペアグローブは、濡れた時に交換ができるように、たくさんキャディバッグに入れておきましょう。

合皮グローブなら練習用としても使えるので、ゴルフショップのワゴンセールの時などで格安品があれば、買いだめしておきたいものです。

そんなにグローブが必要なのと思うかもしれません。

強い雨の時は、アドレスに入る直前にグローブをはめるようにします。

その間は素手で移動し、傘の内側に張っている骨の部分にぶら下げておきましょう。

傘にたくさんのグローブをぶら下げて、ローテーションで使えば、ハーフラウンドは大丈夫です。

そしてハーフ休憩の時にマスター室近くにある乾燥室でグローブを乾かせば、残りのハーフもグリップの滑りの心配をしなくても済むはずです。

もしもハウスに乾燥室がなければ、ボイラー室にお願いするとある程度は乾燥させることができます。

またボイラー室が見当たらなければ、タオルなどで圧迫するとある程度水切りができます。

気になるようでしたら、お風呂の脱衣所にあるドライヤーを使えば、湿り気は消えるはずです。

雨用のグローブでもゴルフスイングで滑る時のメンテナンス方法

雨用のグローブであれば、ある程度の強さのゴルフスイングでも、滑ることはないはずです。

しかしゲリラ豪雨のような強烈な雨の時は、もはやグローブが高性能であっても無力な時があります。

こうなるとグローブをはめても素手のままで握っても、同じことかもしれません。

そもそも雨が手とグリップの間に入り、しっかり握れない状態であれば、「滑らないグローブ」があってもグリップ力は落ちてしまうものです。

こんな時はグローブを外して、素手で握ったほうが確実です。

グローブを外しても、グリップが滑るとは限りません。

グリップはゴムを主体としたものなので、ある程度の期間が経つと劣化してきます。

握ることでバクテリアが繁殖し、硬くなったり滑るようになったりするわけです。

この表面の汚れを取り除けば、素手で握っても滑ることはないはずです。

事前にキャディバッグの中に耐水性のサンドペーパーを入れておけば、滑るグリップを少し擦るだけで改善することができます。

雨用グローブが役に立たないほどのゴルフの日

ゴルフスイングでグリップが滑るのは、グローブが濡れているからではなく、グリップ自体の汚れや劣化が原因です。

どんなに高性能の雨用グローブでも、グリップが滑るのであれば防ぎようはありません。

もしラウンド中に急の雨に見舞われたら、サンドペーパーで擦れば、ある程度のグリップ力が回復できるはずです。

もしもサンドペーパーがなければ、タオルなどでゴシゴシと擦って汚れを落とすようにしましょう。

滑らないようにするためには、グリップの汚れを取り除くことが大切です。

それでも滑るようであれば、なるべく薄い生地のタオルをグリップに巻いて滑り止めにします。

またグリップエンドぎりぎりを握るよりも、少しあけて短めに握ると安心感があるでしょう。

その上で最低限として、雨用にスペアのグローブを数枚キャディバッグに入れておけば、急な雨でも慌てずに対処することができるはずです。

ゴルフは野外スポーツなので、急な天候の変化に対応できるよう、準備だけはしておきましょう。

ゴルフ以外の雨用グローブに秀逸品がある!

シーズンが終わり頃の雨や氷雨に見舞われると、グリップが濡れて滑ることよりも、手の冷たさでしっかり握ることができなくなります。

そもそもゴルフは雨の中でプレーすることを想定したスポーツではないので、雨に対するルールは寛容になっています。

一方でこれだけ雨の中のゴルフが当たり前になってきたのに、ゴルフ用品の中でグローブの進化は遅れているほうだと思います。

確かに雨用の滑らないグローブも開発されてきましたが、防寒を兼ねた防水グローブは見当たりません。

寒い時期になると、左手だけでは意味がなくなるので、両手タイプが必要になります。

そんな時はゴルフ用品よりも、自転車競技用のグローブがおすすめです。

完全防水でしかも薄地、そして防寒としても使えるのが「ネオプレーン」です。

スキューバーダイビングのウェットスーツと同じ素材のネオプレーンゴムで作られています。

伸縮、防水、保温効果のある素材で、しかも自転車競技に耐えたれる強度を持っています。

ゴルフ用品と比べると高価な品ですが、雨を気にせずにゴルフスイングができる逸品になるはずです。

ゴルフグリップが滑るときは雨用グローブ以外にも準備が必要

雨の日のゴルフでグリップが滑るような気がする時は、雨用のグローブを使うとある程度の滑りは止めることができます。

日頃からグリップクリーニングをして、汚れを落としておけば、さらに効果は高まるはずです。

またゴルフ以外にも雨用グローブがあるので、試してみると良いかもしれません。