スコアを作るアプローチでダフらないための原因と対策

アプローチがダフらないようにするためには、姿勢を変えるか、スイングを変えるか、クラブを変えるか……とたくさんの対処法があります。

しかし、自分にとって何が必要なのかは分かり難いものです。

そこでダフらない打ち方と練習法について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

季節で変化するゴルフ!難しい冬芝アプローチを攻略する!

冬になるとスコアが悪くなると思っている人いませんか?その原因は、寒さやスイングの問題ではあり...

自宅でできる!スイングプレーンに乗せるための練習方法

スイングプレーンに乗せてクラブを振れると、アドレスと同じ姿勢でインパクトできるようになります。...

ゴルフ練習場で通常のマットを使ってのラフ打ち習得方法

ゴルフをしていて厄介なのは、日ごろ練習ではできない実践的な状況に出会った時です。ゴルフ練習場...

アプローチが上手くなるにはどんな練習方法が最短ルートか

アプローチの失敗はスコアに直結します。そのためグリーン周りの処理が上手くなると、一気に5打、...

ゴルフ上達!素振り1000回で目指せシングル仲間入り!?

ゴルフが好きで、近場の打ちっぱなしに通っている人は多いと思います。しかし、普段から素振りをし...

橋本大地プロの提唱するゴルフ理論。3bとはなに?教えて!

橋本大地プロは人気のレッスンプロです。フェード最強論をうたい文句にゴルフ番組もやっています。...

ゴルフボールを簡単にリフティングできるようになるコツ

ゴルフ上達法のひとつに、クラブコントロールが劇的に上手くなるボールリフティングの練習があります。...

パッティングの悩みを解決するのはタップ式?ストローク式?

パッティングスタイルにはストローク式とタップ式があります。パッティングが調子悪くなると、...

ゴルフで大事なアプローチ、クラブ選択と状況別の打ち分け方

アプローチでトップしてグリーン奥のOBへ、ダフってグリーン手前の池へ。なんて経験のある人は多いの...

アイアンの精度を高めて90切りを決める!おすすめの練習方法

ゴルフのラウンドで最も多用するのはアイアンです。90切りを目指すレベルのゴルファーにとって重...

アプローチは自宅でこそ上達!その練習方法と効果の大きさ

練習場ではボール代のことを考えると、アプローチの球数も限定されると思います。そこで数ヤードの...

フックの原因を究明してショートアイアンを確実にしよう!

ロングアイアンやミドルアイアンは問題なく打てるのに、なぜかショートアイアンやウェッジだとフックが...

アプローチで寄せワンできればミスショットなんて怖くない!

グリーンでワンパットでカップインできるくらいまでピン近くにアプローチする『寄せワン』。いかに...

アイアンやウッドでのフェード系とドロー系っていったい何?

ゴルフ雑誌やレッスン番組、ツアートーナメントを見ていると、「フェード系」や「ドロー系」と言う言葉がよ...

あなたはアプローチで上げる派?転がす派?上げて転がす派?

アプローチはパッティングと同じくらいゴルフにとって大事で繊細なショットです。状況によってアプ...

スポンサーリンク

アプローチがダフらないためにはまず原因を知ることが大事

アプローチをダフらないようにしたいと思うとなぜかトップして、そのトップを防ごうとするとまたダフる、まさに悪いループに陥ってしまいます。

ボールを打つつもりが手前の芝にダフるのか、その理由が分かれば、簡単にダフらないアプローチができるようになります。

ゴルフは再現性のスポーツと言われているので、アドレスでセットしたクラブが元に戻ってこないことが1番の理由です。

しかし構える時に、ヘッドの位置がボールよりもかなり手前にあれば、ダフることを再現しているとも言えます。

つまり正しいアドレスを取っていれば、ダフらないで済んだはずです。

2番目の理由は、ハンドファーストにあります。

アプローチの時には、左ももの前でグリップを握り、身体の中心よりも右側に置いたボールの後ろにヘッドをセットします。

するとこの時のヘッドは飛球線側に傾くために、接地しているのがリーディングエッジのみになります。

この状態でインパクトを迎えれば、当然ダフることになります。

アプローチで確実にダフらない打ち方とは?

アプローチショットはスイング幅が狭いので、インパクトのミスは少ないように感じますが、実際にはヘッドスピードが遅くなるのでヘッドに勢いがなくなり、微妙なズレがダフリに繋がります。

そこでダフらないようにするためには、ティーアップしたボールをスイートスポットでヒットする練習をしましょう。

スイングはレベルブローを意識して、連続してポンポンと打っていくようなイメージです。

芯でミートする感覚を身体に覚えさせることができれば、あとはマット打ちでさらに磨くだけです。

ハンドファーストは、左足体重から右足体重に移行して、ハンドレイトに構えを変えます。

ボールよりも後ろにグリップの位置を変えるためには、左足踵の延長線上にボールを置きかえるだけでできるはずです。

あとはインパクトからフォロースルーまで右腕を伸ばすようにすれば、ダフらないでヘッドの走るインパクトができるはずです。

アプローチでダフらないようにバンスを信頼する

左重心を右重心に変えて、インパクトで右腕を伸ばせば、ソールの接地面は増えます。

ソールの膨らみであるバンスによって、ボールの手前から滑るように入射するため、ダフらないスイングができるのです。

ダフるという現象はフェースの刃が芝面に入り込んだ状態ですから、例え手前に打ち込んでも、刃が刺さらないようにすればダフらないことになります。

そのようにアプローチで刃が刺さらないようにするためには、立っているリーディングエッジを寝かせれば良いだけです。

実際のスイングの方法は2つあります。

1つ目は、バンスの効力を信じて、バンスで地面を打つようなスイングすること。

テーブルの上でウェッジのフェースを開くと、膨らみ(厚み)でリーディングエッジが浮くのが分かります。

この浮いた刃先がボールの直径の半分以下であれば、トップせずにボールはフェースの上に乗ります。

これがロブショットになるわけですが、「刃から入れるのではなくバンスを打ち付ける」とダフらないでインパクトすることができます。

ダフらないためにはアプローチで身体を沈めないこと

アプローチがダフらない2つ目のスイングは、身体を沈めないことです。

身体が沈むのは、ヘッドを真っ直ぐに引こうと意識しすぎて、右上にグリップを上げたためです。

左腕を真っ直ぐに伸ばして、トップの位置を右上にすると左肩が下がります。

この姿勢でダウンスイングをすると、下がっていた左肩は上がり、反対に右肩は沈み込むのが私たちの体の構造です。

この時右肘が脇腹についていれば、上半身が下がることでヘッドも手前で沈むことになり、リーディングエッジが芝面に刺さることになります。

修正するには、テークバックで右腰を後ろに引いて、連動して右肩を引くことです。

腰と肩を一緒に動かすと、地面とほぼ平行に回転するので、肩が沈むことはなくなります。

アプローチはスイングがコンパクトになるため、身体の回転もフルショットの半分もしくは3分の1程度に抑えなくてはいけません。

実際にはテークバックで、腕を少し上げたところがトップの位置になるため、身体を使うことなく手打ちになってしまいます。

右腰と右肩を意識すれば、必然的に身体を使ったスイングになるはずです。

アプローチの練習で「シュ」と音がしたらダフらない

初心者がアプローチでダフるのは、すくい打ちの傾向が強いからです。

アプローチの球筋を考えて、柔らかく打ち出そうとすると、下から上にフェースを向けるスイングをしてしまいます。

通常のすくい打ちはトップしますが、左足に体重を乗せてすくい打ちをすると、ヘッドが手前に入り、しかも抜けずにダフることになります。

ダフらないようにするためには、両足の間隔を狭くしてスタンスをとります。

右足内側の踵の延長線上にボールを置き、ボールと同じ位置にグリップを構えましょう。

このまま振り子のようにスイングすれば、ボールの真下がスイングの最下点になるレベルブローでインパクトができるはずです。

アッパーブローのスイングになると、ボールの手前に最下点をおいて、フェースが上昇しながらインパクトする動きになってしまいます。

実際のスイング同じであっても、最下点のイメージを変えるだけでも、ダフらない効果はあります。

さらにソールでブラッシングするようなイメージでスイングすれば、練習マットなら素振りで、「シュ」と擦れた音を確認しながら上達することができるでしょう。

力みのないアプローチがダフらない方法

アプローチでダフらないようにするためには、グリップを握る力を弱めることも大切です。

昔は雑巾を絞るくらいの強さで握るといった時期もありましたが、今ではスイングした際にスッポ抜けない程度の強さが、グリップを握る「適度な強さ」と言われています。

この適度な強さの握りが手首を柔らかくします。

手首を硬くすると左腕1本のスイングになり、それはハンドファーストで構えてダフる時と同じ形になるわけです。

フェースを寸分たがわず合わせようとすることで、左手の余分な動きを抑制し、そのために強く握ってしまうものです。

しかしフェースがボールを捉える時は、ボールと芝面の隙間にフェースがピッタリと入らなくても、ソールが芝上を滑って行くものです。

手首を柔らかくすることで、竹がしなるようなスイングでボールを捉えることができ、点ではなく線でフェースを合わせることができます。

こうした力みのないフォームを作ること、柔らかいスイングをすることが、ダフらないアプローチのできる方法になるはずです。

基本を習得するまではアプローチがダフらないための対処法で

アプローチでダフらないようにするためには、フェースの芯でボールを捉える練習がもっとも効果的です。

ただしその技を習得するには、毎日練習しても数か月はかかるはずです。

地味な練習を続ければ必ず上手くなりますが、それまでは対処法でダフらないようなアプローチをしましょう。