ゴルフクラブのグリップを絞る握り方が良い理由とは?

近年のゴルフ界の主流となっているフックグリップ。

そして右手でパワーを与えるインパクトの形を取ろうとすると、フックやスライスに悩まされることがあります。

そんな時はグリップを絞るように握ると、良い結果を得られることがあります。

そこでグリップを絞る握り方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ上達の過程とも言えるフックを改善して次のステップへ

ゴルフを始めたばかりの時はスライスに悩むのですが、ある程度上達してくると、フックに悩む人が多くな...

ゴルフで悩むことが多い傾斜の読み方と基本レイアウトの関係

ゴルフは自然の中で行うスポーツですから、コース内には様々なアンジュレーションがあり、グリーン面のよ...

アプローチの上達が実感できるロブショットの練習方法

アプローチが難しいのは、スイングの幅を変えて距離を調整するためです。ウェッジでフルショットで...

ゴルフ上達!素振り1000回で目指せシングル仲間入り!?

ゴルフが好きで、近場の打ちっぱなしに通っている人は多いと思います。しかし、普段から素振りをし...

ゴルフでプレッシャーの掛かるバンカー越えアプローチ攻略法

バンカーが苦手であろうとなかろうと、グリーン手前のバンカー越えアプローチはゴルフで最もプレッシャ...

アプローチでロブショットが使えるための打ち方と練習方法

アプローチで難易度の高いといわれるロブショットですが、ポンと上げてピタッと止めることができたら、...

ゴルフの全てと言われるパター。お気に入りを1本見つけよう

ラウンドの約4割を占めるパッティング。多くのプロゴルファーが「ツアーの勝敗はパター次第」と断...

ゴルフスポーツはコースマネジメント次第で90切りができる

ゴルフスコアで90切り、多くのゴルファーにとって結構ハードルが高いスコアですよね。しかし、月...

是非とも覚えておきたい残り40ヤード以内からのアプローチ

アマチュアゴルファーの場合、グリーンオンの大半は40ヤード以内というデータがあります。そのた...

ピンデッドとは次善の策があればこその強気の攻めゴルフだ!

ピンデッドとは、ダイレクトにカップに入れられるようにグリーンを攻めることなのか、もしくはピンに向か...

橋本大地プロの提唱するゴルフ理論。3bとはなに?教えて!

橋本大地プロは人気のレッスンプロです。フェード最強論をうたい文句にゴルフ番組もやっています。...

夢のゴルフスコア、コースマネジメントで80切りを目指すには

ゴルフのスコアで80切り。サラリーマンゴルファーにとっては夢の様なスコアではないでしょうか。...

自宅でできる!スイングプレーンに乗せるための練習方法

スイングプレーンに乗せてクラブを振れると、アドレスと同じ姿勢でインパクトできるようになります。...

スコアを作るアプローチでダフらないための原因と対策

アプローチがダフらないようにするためには、姿勢を変えるか、スイングを変えるか、クラブを変えるか…...

アプローチは自宅でこそ上達!その練習方法と効果の大きさ

練習場ではボール代のことを考えると、アプローチの球数も限定されると思います。そこで数ヤードの...

スポンサーリンク

ゴルフクラブを握る時はグリップを絞るようにする?

ゴルフクラブを握る時、グリップを絞ると良いと言われることがあります。

以前に比べるとゴルフクラブ全体の重量は軽くなっています。

軽くなったクラブのお陰もあって、スイングスピードはプロ並みというアマチュアゴルファーも増えてきました。

ただスイングスピードが上がることで、シャフトのしなりは強くなり、ヘッドが遅れて入ることがあります。

ヘッドの遅れはフェースの開き通じるため、スライスする可能性は高まります。

またシャフトのしなりを戻すスイングができれば、ヘッドの動きを加速することはできますが、一方でヘッドが先行するとフックする可能性が高まります。

このようなスイング中に起きる動きは、その瞬間に調整することはできません。

トップからインパクトまでの時間は、まさに一瞬の出来事です。

事前に、スイング中に起きるであろうと予測して、アドレスの段階でヘッドの遅れや先行を防ぐようにする必要があるのです。

その事前に防ぐための簡単な方法に、グリップを雑巾のように絞る握り方があります。

左手でグリップを絞る構えでのゴルフスイングのメリット

正しいゴルフのアドレスができている時、グリップを握る左手を絞るとフックグリップになります。

フックグリップを作る時には、グリップを上から掴むのではなく、通常通り側面から挟むようにグリップに合わせて握ります。

「左手で握手をする」ように手を差し出し、その状態でグリップの側面に手を合わせます。

グリップの下部を指で握り、手のひらはグリップの側面から支えます。

このあと左手親指の付け根を右方向に傾けると、グリップを絞るのと同じ動作になるはずです。

目線で左手のこぶしが3つ見えると、フックグリップになります。

この握りを維持したまま絞る力を弱めると、左手甲はターゲットの方を向き、シャフトの軸が左方向へと回転するはずです。

この時フェース面が左方向を指していれば、正しいフックグリップで握っているはずです。

ちなみに最初から左手をかぶせる握り方をすると、左手甲をターゲットに向けた時、フェース面は下を向きませんか。

そのフェース面がインパクトの形となるため、かぶせすぎは危険です。

ゴルフスイングで右手を返すためにはグリップを絞る

ゴルフクラブを握る時、左手のグリップを絞ると、フックグリップの形ができます。

ゴルフクラブが軽量化されて、アマチュアでもヘッドスピードが上がったことから、ヘッドが遅れてフェースが開いた状態でインパクトを迎えないように、アドレスの段階でフックフェースにするのです。

左手リードのスイングであれば、このフックグリップでも十分ですが、もっと遠くに飛ばしたいと考え出すと、本当にフックしてしまうことがあります。

これはインパクトで右手を使って強く打ち込んでいるから起こります。

右手を使うスイング自体は、何の問題もありません。

むしろ両手を使ったスイングこそが理想的なので、右手で「ボールを引っ叩く」イメージのほうが飛距離を稼ぐことができるはずです。

ただしインパクトの直前で右手を返すと、フェース面が左側を向くだけで、ヘッドスピードは加速しないと思ったほうが良さそうです。

この右手を返す動きですが、これはスイング中に右手でグリップを絞るのと同じことになります。

ゴルフの構えと同じ形にするためにグリップを絞る

テークバックの捻転を解放することで、ゴルフクラブを振り下ろすことができます。

この捻転の開放がスイングの基本となりますが、これだけでは飛距離を出すことはできません。

強いインパクトをするためには、右手の力を使う必要があります。

テークバックしてグリップがトップの位置ある時、右肘は折れているのでゴルフクラブに力を加えることはできません。

グリップが左腿の辺りまで、右肘が伸びてきたところで、やっと右手を使ったスイングが可能になります。

本来はインパクト後に右肘が伸びて、しばらくはターゲット方向にヘッドをかざすようにしますが、フックするのは右手親指の付け根を返しているのかもしれません。

この状態だと、フェースは左側を向いてフックボールになり、強いインパクトを与えることができません。

ただ身体の動きが「右手でグリップを絞る」と命令しているのです。

そうであれば最初の構える時から、右手でグリップを絞るアドレスにすれば問題は解決します。

ゴルフクラブのグリップを右手で絞る握り方の意味

ゴルフクラブのグリップを右手で絞る握り方は、最初に前述した左手のフックグリップの形を作ることからスタートします。

右手はその左手甲の反対側から添えて、徐々にかぶせていきます。

この状態だと、右手のひらは上を向いていると思いますが、ここから右手親指の付け根を、左側に寄せていきましょう。

いわゆり右手もグリップを絞るのです。

最初に握った指の位置をずらすことなく、右手だけ絞るとグリップを握る手に隙間はなくなります。

グリップと両手が一体化すれば、このグリップの形は完成です。

すでに右手親指の付け根は返しているので、インパクトでさらに返すことはできません。

しかしインパクトの時に、右手でグリップを押すことはできるので、フェースの方向性を変えずにパワーを加えることはできるようになります。

またアドレスの時点で右手を絞ると、テークバックのグリップエンドが、アウトサイドを向くことはなくなります。

正しい方向に向けて、スムーズに引くことができるようになるはずです。

ゴルフクラブを握りグリップを絞る時の緊張をほぐす方法

ダウンスイングの途中で、ゴルフクラブのグリップエンドの先を、自分のほうに向きを変えるとヘッドが加速され、しかもフェース面はスクエアになります。

この動作をする時に、右手親指の付け根を過度に寄せるとフックの原因になります。

そこでアドレスの段階で、グリップを握る右手を絞ることで、動きすぎを止めるわけです。

ただこのグリップを絞るという動作は、強く握ることに通じることになります。

グリップの握りが強すぎると、手首の自由度はなくなり、今度はスライスの原因となってしまいます。

そこで、左手と右手でグリップを握った後、両方の手を絞る前に1度ワッグル(ヘッドを揺らす)をして、絞った後にもう1度ワッグルをしてください。

最初のワッグルで手首の自由度を確認し、2回目のワッグルで手首の緊張を取ることができます。

後は左肩を十分に回転させ捻転でテークバックし、右腿の手前で右手のパワーを使ってインパクトに備えれば、飛距離と方向性の良いショットを放つことができるはずです。

ゴルフクラブのグリップを適度な力で絞ると良い球が打てる

アドレスに入る前のゴルフクラブを握る時、グリップを軽く絞ると手とグリップが密着して、スイングに良い影響を与えてくれます。

ただ強く絞ると手首の緊張が高まり、逆効果になってしまいます。

適度な力で絞ることができれば、勢いのあるボールを打ち出すことができるはずです。