雨のゴルフでグリップが滑るのはグローブだけが原因ではない

雨の日のゴルフでフルスイングすると、クラブがスポっと抜けていきそうな気がすることが多々あります。

この原因はグローブにある場合と、グリップ自体が滑る場合、そして雨だからこそのグリップを握る強さがあります。

そこで雨に影響を受けるグリップとグローブの関係についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウェッジのライ角がアップライトだと都合が悪いの?

9番アイアン以下を「ウェッジ」と呼びますが、近年はこのウェッジの活用法がスコアに影響を与えています。...

ロングセラー品、キャロウェイビックバーサの気になる評価は

キャロウェイクラブの代名詞とも言えるビックバーサですが、長年愛用者も多く、評価の高いクラブと言えるの...

ネタとして一つあると笑いを取れるゴルフの面白グッズの数々

ゴルフを日々真面目に、そして熱心に頑張ることは良いことです。しかしラウンド中に時折笑いが起こ...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

ゴルフ場で残り100ヤードの距離を出せるクラブってあるの?

ゴルフスイングを調整したショットは難しいものです。グリーンまでが残り100ヤードであれば、ぴ...

梅雨時期の雨ゴルフで必要な持ち物を準備して万全の対策を!

梅雨の時期が近づいてきました。ゴルフは、雷が鳴るかよほど激しい雨で無い限り雨天決行のスポーツ...

ゴルフクラブ購入。アイアンのオススメメーカーはどこ?

ゴルフクラブの買い替えをする際、やっぱりどこのメーカーがいいか迷ってしまいますよね。自分のス...

実績年数が少ないまま製造終了したナイキのゴルフクラブ評価

ナイキと言えば、タイガー・ウッズやローリー・マキロイ選手を思い出します。スポーツブランドとし...

試してみる価値あり!jgrハイブリッドフォージドアイアン

長くゴルフをしている人でもアイアンに苦手意識がある人は結構いるのではないでしょうか。スコアメ...

ドライバーの飛距離に影響を与えるティーは実際あるの?

ドライバーショットで気になるのが飛距離です。その飛距離に影響があるのではと、色々な形・構造の...

ミズノのパフォーマンスフィッティングを体験してみよう!

ゴルファーが100人いれば100通りのスイングがあります。クラブフィッティングと聞くとどこか...

ゴルフシューズもこだわりたい!今レディースの人気はこれ!

おしゃれにこだわる女性ゴルファーの方にも、スコアにこだわる女性ゴルファーの方にも、やはりゴルフシュー...

マルマンゴルフクラブには評価されるべき数々の特徴がある!

皆さんは、どのメーカーのゴルフクラブを使用していますか?人気どころでいうと「タイトリスト」「テー...

ゴルフコンペ幹事様必見!ドラコン旗の使い方・刺し方手引き

ゴルフコンペでは順位だけでなくドラコンやニアピンも行うとコンペが盛り上がりますよね。ドラコン...

ゴルフのグローブに表示されている大きさの基準はなに?

ゴルフ用のグローブには大きさが分かるように、「24」とか「25」とか表示されています。区分と...

スポンサーリンク

雨の日のゴルフでグリップが滑るのはグローブが原因?

雨の日のゴルフではグリップが滑るので、いつものスイングができない、もしくはスイングに不安があると言うゴルファーが多いようです。

本来はしっかり握れるようにとグローブをつけていますが、そのグローブがびしょ濡れ状態では逆効果になっていることがあります。

そんな時は、グローブを外して素手でスイングすればと考えるかもしれませんが、グローブをつけていても滑るのに、外すとさらに滑るような気がするはずです。

そもそもグリップが滑るのは、グローブの革の表面とグリップの間に水の膜ができているからであり、グローブを外しても素手とグリップの間の水分は消えません。

ですからグリップが濡れていれば、雨水をしっかり拭き取ることが何よりも先決です。

また移動中は極力グローブが濡れないように、左手で傘を持つか、もしくは毎回グローブを外して移動するようにしましょう。

こういったグリップが滑らない工夫をすることで、いつも通りのスイングをしても、不安がないようにするのが雨の日のゴルフです。

雨でゴルフクラブが抜けるのはグローブが原因ではない!

雨の日のグリップが滑るのは、雨水とグローブばかりが原因ではありません。

同じグリップを使い続けていると、手垢や手汗などが付着しているものです。

その汚れたグリップに、雨水が付くとヌルっとした滑りの感覚があります。

これは決して汚いということではなく、単なる経年劣化のようなものです。

ですから前日までに雨の予報があれば、すべてのゴルフクラブのグリップを洗剤をつけたスポンジでゴシゴシと擦り水洗いしておくだけで、滑りそうな不安は解消できるはずです。

またグリップのゴム質が硬くなっているようなら、すでに耐用年数は過ぎています。

特に使用頻度の高いドライバーやアプローチウェッジなどは、劣化が進みやすいようです。

そんな時は新しいグリップに交換するだけで、吸い付くような感覚で握ることができ、グローブの心配をする必要はなくなるでしょう。

グリップ交換の目安は、頻繁に練習場やコースでクラブを振っているようなら1年、たまのゴルフと言う場合は2年です。

雨で濡れても滑らないグリップもありますので、交換する時には選択肢に入れておくと良いかもしれません。

雨のゴルフはスペアのグローブを用意しておきたい

雨の日のゴルフでは、グローブをつけていたほうが滑りにくいはずです。

元々グローブの役目は、手汗などで濡れたグリップが滑らないように防ぐためのものです。

つまり濡れたグリップを、しっかり握れるのはグローブのお陰なのですから、グローブが原因で滑ることはありません。

ただグリップの表面についた雨水をグローブが吸水できないことで、層を作り滑るような気がするのです。

そんな気がする時は、吸水性のあるグローブを使えばその問題は解決できます。

グローブには羊などの革で作った本革グローブと、合成皮革で作った合皮グローブがあります。

本革グローブよりは、合皮グローブのほうが滑らないはずです。

特にバックスキンタイプの合皮は、吸水性に優れているので、水分がグローブに含んできても絞って使うことができます。

もちろん破らない程度の力で絞るようにしましょう。

雨の量にもよりますが、できれば前半のハーフで1枚、後半のハーフでは新しい1枚を使うと、より安心感を得られるのではないでしょうか。

雨対策のグローブを用意してゴルフをすれば安心

本革の濡れたグローブをそのままキャディバッグの中に入れておくと、固まってしまいます。

次のゴルフの時にいざキャディバッグを開けたら、丸いボールのようにカチカチに固まっていることが良くあるでしょう。

それを元の形状にするには、また濡らして元の形に戻すか、水蒸気を当てて革を伸ばすしかありません。

固まった状態で無理に引き伸ばすと、革の表面がひび割れして、使用中に破ける原因となります。

また使用するのに躊躇するほど、皮革のもつ独特の臭みも出てきます。

ですから雨の中で使用した時は、水道水で綺麗に水洗いしてからタオルなどを押しつけて水分をとり、形を整えて陰干しするしかありません。

一方で合皮のグローブは、石鹸をつけて洗っても大丈夫ですし、洗濯機で洗うこともできます。

香りの良い柔軟仕上げ剤などを使うと、異臭もなくなるはずです。

また合皮の上に、滑り止め加工がされているタイプもあります。

表面加工の強度は弱いですが、雨の日には強みがあるでしょう。

雨の日のゴルフはグローブを外したほうが良い?

雨が降っている時は、パッティングでグローブを外すと良いかもしれません。

そもそもグローブの役目は、スイング中にしっかりグリップを握るためのものです。

グリーン上ではパターを振り回すことはないので、グローブをつけている意味はないのです。

一方で、雨の中のグリーン上でグローブをつけた状態でいると、必要以上にグローブを濡らしてしまいます。

ただでさえプレッシャーのかかるパッティングで、雨水が浮くグリーン面の転がりを予測するのには、多少の時間がかかるものです。

プロゴルファーならライン読みからアドレスに入る瞬間まで、キャディが傘を差してくれますが、アマチュアゴルファーはずぶ濡れ状態です。

それでもグローブを外していれば、手についた雨水を拭くだけで済みます。

わずかな時間でも雨に濡れないようにすれば、グリップの握りに不安はなくなっていきます。

ちなみに野球の選手が使うロージンバッグは、ゴルフのルールでも認められているので、タオルの拭き取りと併用すればさらに効果が高まるはずです。

グローブを濡らした練習で雨のゴルフを体験する

雨対策として事前にグリップを磨いて滑り止めをし、合皮のグローブに変えて、さらにロージンバッグまで用意していれば、ほぼ完璧な状態です。

これでも滑るような気がするのであれば、雨の日のゴルフの練習をしたほうが良いかもしれません。

そこで練習場に行った際、グローブとグリップを濡らした状態で振ってみてください。

これを体験しておくと、次の雨ゴルフではおそらくいつも以上にしっかり握れていると感じるはずです。

グリップとグローブの間に油分さえなければ、滑ることはありません。

ただレインウェアなど、普段のゴルフでは着慣れないものを着用していることで、動き難くなっていること、雨の影響で芝が重くなっていること、それ以外にもあるかもしれませんが身体が固くなっています。

滑りそうな気がするからと、必要以上にグリップを強く握っているため、手首が硬くなって腕とグリップとシャフトが一体化してしまい、余計に滑る結果になっています。

その「滑りそうな気がする」ことを逃れるためには、安心できるグローブをつけて、実際に濡れたグローブでスイングして体感することで納得することです。

雨のゴルフでグローブが滑らないよう事前体験しておく

雨の日のゴルフでグリップが滑ると、気になっているゴルファーは多いようです。

滑る原因がグローブにあるのか、グリップにあるのか、それとも握り方に原因があるのかは人によって違うものです。

それでも事前に雨対策をしておけば、「滑るような気がする」ことはないはずです。