ドライバーで飛距離アップが狙える効果的なフックの打ち方

ドライバーショットが意に反して左側にフックしては困りますが、意図してドロー系のフックボールを打てると、ランが伸びるのでドライバーの飛距離は伸びることになります。

ただし打ち方を理解していないとトラブルショットと紙一重、大怪我することに繋がりかねません。

そこで効果的なフックの打ち方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。上げて下ろす、素直なスイング理論のコーチ...

60ヤード以内のアプローチの打ち方とクラブの選択方法

60ヤード以内のアプローチが上手ければ、かなりスコアを縮めることができます。上手くなるために...

【ゴルフ上達】70台シングルのマネジメントを学ぼう!

プロゴルファーでなくても70台のスコアで回るアマチュアをシングルプレーヤーと呼びます。現在も...

橋本大地プロの提唱するゴルフ理論。3bとはなに?教えて!

橋本大地プロは人気のレッスンプロです。フェード最強論をうたい文句にゴルフ番組もやっています。...

No Image

正に最強!タイガーウッズのドライバーショットを真似るには

世界4大メジャー14回の優勝を誇るタイガーウッズですが、彼のドライバーショットは正確無比で距離も出...

アプローチを敢えて残すやり方もゴルフマネジメントの1つ

アプローチをすると言うことは、パーオンできていない状態であることを意味しています。パーオンし...

目指せ寄せワン!マスターしておくべきアプローチのアドレス

ゴルフでスコアアップさせるためには「アプローチ」と「パター」をどれだけ少ないスコアでまとめるかが大...

パッティングはボールの転がるラインを読み切ろう

パッティングで大切なのは距離感でしょうか?それともラインを読めることでしょうか?どんなに...

ゴルフ場の傾斜が簡単に打てるようになる練習器具を作ろう

普段はゴルフの練習場で打つ機会がない傾斜でのショットですが、自宅にスペースがあれば簡単に練習器具を...

自宅でできる!スイングプレーンに乗せるための練習方法

スイングプレーンに乗せてクラブを振れると、アドレスと同じ姿勢でインパクトできるようになります。...

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか?古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファー...

ゴルフでコックが原因のダフリと分かるのは中級以上が必要?

ゴルフスイングで重要なコックの使い方に問題があって、ダフリの症状が現われた場合には対処法で修正す...

ゴルフはラフからのアプローチができれば必ず上手くなる!

ゴルフのスコアを作る時、グリーン周りでラフからのアプローチは大切です。通常のラフでも難しい時も...

ゴルフスイングで脇を締める!タオルを使った簡単練習方法

ゴルフとはボールを打ち続けることだけが練習ではありません。逆に打ち続けることで変な癖がつくこ...

ゴルフ場の様々なラフからの打ち方とクラブ選択方法伝授!

元々ゴルフ場でフェアウェイとラフは天地の違いがありましたが、クラブが進化したことで、今では苦もなく...

スポンサーリンク

意識的にフックするドライバーの打ち方とは

ドライバーショットにおいてターゲットよりも右側に打ち出して、途中から戻ってきてくる球筋をドローボールと呼んでいます。

一方でターゲットに向って打ち出したのに、途中から左側に曲がる球筋をフックボールと呼んでいます。

この2つの球筋の違いは、意識的に曲げる打ち方ができればドローボール、意図せずに曲がるスイングをするとフックボールに分けることができます。

実際にはどちらも同じような球筋ではありますが、ゴルファーにとっては望んでいないのに曲がるフックボールに問題があります。

このフックボールの対策としては、ストレートボールが打てることがもっとも望ましいことですが、安定してストレートな球筋を打つことはプロでも難しいと言われています。

そこでフックするのであれば、そのフックを持ち球にしてみてはいかがでしょうか。

意識的にフックを打つことで、着弾後のランで距離を稼ぐこともできます。

この後、簡易的なフックの打ち方と、正しいフックの打ち方の2つを紹介します。

ドライバーでの簡易的なフックの打ち方とは

まずは簡易的なフックボールの打ち方を確認します。

基本的に若干クローズドスタンスで構えますので、右足はそのままで左足だけを飛球線に近づけます。

このスタンスにフェースを合わせると、右方向を向くはずです。

しかしターゲットとボールを結ぶ線に合わせて、フェース面を向けるように構えてください。

クローズドスタンスでドライバーのフェース面をターゲットに合わせて、インサイドアウトのスイングをすれば、自然とボールに左回転がかかりフックします。

何度か打つうちに、フックの曲がり具合が分かりますので、後はスタンスで方向を決めていくだけです。

このインサイドアウトのスイングで気をつけたいのは「プッシュアウト」です。

フェース面をスイング方向に向けてしまうと、真っ直ぐ右方向に飛んでいき、戻ってくることはありません。

もうひとつ気をつけておきたいのは「ひっかけ」です。

フェース面はターゲットに向いていなければならないのに、フックを意識しすぎて左側を向くことがあります。

この場合はシャットフェースになり、飛距離がなく極端なフックになってしまいます。

ドライバーを使った正しいフックの打ち方とは

インサイドアウトのスイングは、少し練習すれば即日でフックボールを打つことができるようになります。

ただし本来の弧のスイングではなく、インサイドからアウトサイドにヘッドを動かす直線イメージのスイングです。

スライス防止などの一時的な回避法としては便利な打ち方ですが、直線的なヘッドの動きは長く続けていくと弊害のあるスイングとなっていきます。

特にドライバーと同じようにアイアンもインサイドアウトでスイングすると、止まるボールを打つことができなくなります。

フック系のボールは着弾後に転がりが良いため、直接グリーン面を狙うとオーバーする可能性が高まります。

またシャットフェースになると、打ち出し角が低くなりやすいため、上からピンポイントに落とす球筋にも使えません。

そこで簡易的なフックの打ち方ではなく、正しいスイングでフックを打つようにしましょう。

アドレスでは、ドライバーのフェースを開き気味に構えます。

フェースを開いてインパクトするとスライスするような気がしますが、正しいスイングができさえすれば、それでもフック系の球筋を打つことができます。

ドライバーがフックする新しい打ち方のイメージを持つこと

ドライバーショットで、フェース面をトゥ側からヒール側に動かすと、フックさせる打ち方ができます。

ドライバーのヘッドの動きを考えると、トップからボールまでは弧を描きながら下りてきます。

ボールの手前でスイングの最下点を迎え、そこからわずかに上がる時にティーアップしたボールを捉える流れです。

この動きの中でフェースを横に移動することは難しいはずです。

元々ドライバーで放たれたボールには、バックスピンがかかっています。

打ち出す角度が14度前後なのに、浮力を得て飛距離が伸びるのは、このバックスピンによるものです。

つまりバックスピンがかかるボールに、サイドスピンをかけるわけですから、新たなイメージを持たなければなりません。

ボールは適度に逆回転することで、飛距離を増すことになります。

ところがフックボールを打ち出すためには、横回転が必要になり逆回転をなくさなければなりません。

ですから通常よりも高く打ち出すイメージを持つことが必要です。

ドライバーのフェースを開く打ち方がフックの球筋になる

ドライバーショットを、バックスピンからサイドスピンに変える打ち方です。

まずスイングはインサイドアウトです。

フェースはトゥからヒールに向けて動きますが、フェースはわずかに開きます。

本来であればフェースはターゲットに面するべきですが、いわゆるドロー系の球筋にするためには、角度にして2度程度の開きが必要です。

これよりもフェース面が左側を向くとフックボールになり、逆に右側を向くとプッシュアウトになります。

ただしこの角度は飛球線に対して、インサイドアウトのヘッドの軌道が4度を想定しているので、スイング次第でドライバーのフェースを開く角度に違いが出ます。

また引っかけについても注意が必要です。

「ドローボール=フックグリップ」は必須になる握り方なので、左手甲を上に向けてコブシの関節3個が見えるように握ります。

名前の通り「フックする握り方」ですから、このフックグリップの時に、さらに手首をコネると引っかけになります。

本来はインパクトの時に、左手甲がターゲットに向くようにスイングしますが、これは自然な動きでそうなるものです。

意識して手首を返すと右手親指がオーバザトップして、より強烈なフック回転を与えてしまいます。

ドライバーショットで強烈なフックがでない打ち方とは

ドライバーショットでドローボールを狙っていたのに強烈なフックがでるのは、インサイドアウトのスイングでシャットフェースの打ち方が良いと思っているからです。

確かにインサイドアウトでスイングすれば、フック系のスピンをかけることができます。

またフェースを閉じれば(左に向ける)、フックの球筋になります。

しかしこれら2つ同時に取り入れた打ち方をすると、ボールに強すぎる左回転がかかってしまいます。

こんな時は、ハンドタオルを2枚用意して、両脇に挟みます。

タオルが落ちないようにスイングするためには、十分に捻転して身体の正面でボールを捉えるようになる必要があります。

また無用に手首をコネることもなくなり、シャットフェースを防ぐことができるでしょう。

何よりも、現在のフック系ショットの基本はフェースを開くことです。

そのためには、グリップを身体から離さずに、しかもフラットなスイングを心がける必要があります。

一般的には、グリップが身体に近いとアップライトなスイングになりがちですが、敢えてインパクトまでは、グリップを身体の近くで動かすようにしてください。

フラットでコンパクトなスイングこそが、引っかけのない綺麗なドローボールの打ち方になるはずです。

ドライバーでフックボールの打ち方を覚えたら武器になる!

ドライバーは飛距離を求めるクラブです。

正しいフック系の打ち方ができれば、飛距離に順回転のランが加わり、さらに距離を伸ばすことができます。

一方で、わずかなミスショットでトラブルの元になる可能性もあります。

ドロー系を持ち球にする時は、十分に練習をして、曲がり具合を把握してから実践で使うようにしましょう。