狙えベタピン!アプローチで上手にピッチングを使う方法

ウェッジには種類がありますが、バンカーで使うサンドウェッジ、100ヤード以内に使うアプローチウェッジ、そして今回紹介するピッチングウェッジが代表的です。

ピッチングウェッジは、アプローチでやりがちなシャンクやダフりのミスを減らし、ピッチエンドランやランニングの形で打つことが多いです。

上手くできればスコアを大きく縮められるのに結構難しいのがアプローチ。

今回はそのピッチングを上手に使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

片山晋呉のスイング!正確無比なアイアンショットを生む秘訣

日本ツアーで永久シードホルダーの片山晋呉プロですが、彼のアイアンスイングは正確無比と言えます。...

ゴルフインパクトで右肩は下げるのではなく下がるのが特性!

プロゴルファーのスイングを見ると、インパクトゾーンで右肩が左肩よりも下がっている事が見て取れます。...

バックスイングをシャットに上げるとどうなるのかを考える

皆さんは、バックスイングのフェースの向き、どの様なイメージで上げていますか。バックスイング時の...

ドライバーの飛距離が夢の大台300ヤードになるための練習法

ドライバーが飛べば楽なプレーができそうですが、プロのように飛距離300ヤードまではかなり無理そう...

あなたの球筋を決めるのはフックグリップとウィークグリップ

「ゴルフはグリップに始まり、グリップに終わる」グリップとはクラブと人を繋ぐ唯一の箇所です。...

ゴルフの肝!パッティングのスライスとフックの傾斜の打ち方

ゴルフの肝となるパッティング。と言うのもラウンドでの打数において、パッティングは約4割を占め...

ゴルフ場で難しい傾斜地からの打ち方はこうすればできる!

ゴルフ場では平らな所ばかりで、ショットできるわけではありません。左に下がっているところ、右に下が...

ゴルフのラウンド中にバンカーでシャンクする原因と対策

ゴルフのラウンド中に、バンカーで突然のシャンクに見舞われた時、次のホールからはバンカーを避けてグ...

アイアンショットでボールを捉えるときは左右どちらの目線?

アイアンショットのとき、利き目でボールを見ていますか? もしかすると両目で見ていると思っている人...

ゴルフコースで上手いラフショットが打てるための練習法とは

ゴルフスイングで難易度が高いのがラフショットです。丈の長い芝草に邪魔されて打ち損ねたり、方向性や...

ドライバーで避けたいスライスの直し方!振り遅れが原因?!

アマチュアゴルファーのほとんどの人が、はじめドライバーのスライスに悩まされています。実際初め...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

パッティング前にしているあのポーズ、エイムポイントとは?

パッティングの前にグリーン上に立ち、指をかざしているポーズを取るプロゴルファーを画面上で見たこと...

ゴルフコースのバンカーショットが苦手な人のスイングドリル

ゴルフ場で苦手意識の強いバンカーですが、誰でも簡単に脱出できるバンカーショットを覚えると、少なく...

ゴルフの構える位置を確認できる7番アイアンの役割とは

ゴルフスイングのブレで上手くインパクトができないようであれば、グリップの構える位置が悪いのかもし...

スポンサーリンク

ピッチングウェッジの特徴

ピッチングウェッジの特徴は、通常ロフト角が45~47度の間で、狙う距離は100ヤード程度になります。

2度のロフト角の差がありますが、45度に近づくほど飛距離が伸びます。

自分の飛距離に合わせてロフト角を選ぶと良いでしょう。

その目安は、100ヤードくらい飛び、持っているウェッジの中でもピッチングウェッジが一番飛ぶクラブになるようにします。

ピッチングウェッジの飛距離よりも短い80ヤード以上90ヤード以内を狙うのに使うのは、アプローチウェッジが良いでしょう。

またそれ以下の距離を狙うのはサンドウェッジが良いと言えます。

ピッチングウェッジは、グリーンやピンなど、狙う場所まで100ヤード程度の場面が最適なクラブです。

最近のアイアンセットを購入する際は、ピッチングウェッジまでしか入っていません。

それ以外に必要なウェッジは基本的にバラ売りの別購入になります。

アイアンは、飛距離がロフト角の間隔によって変わるので、別購入するウェッジを選ぶ際にはピッチングのロフト角を基準に考えましょう。

ピッチングを使うアプローチでのダフりを減らす

ピッチングウェッジでのアプローチは、シャンクとダフりのミスが出やすいです。

ピッチングに限らず、全てのウェッジはバウンスが地面に刺さりやすいです。

クラブが地面に刺さるとシャンクやダフりのミスが出てしまいます。

そんなダフりのミスは、「ボールを上げよう」と言う意識から、すくい打ちになってしまうことで起きます。

そんな意識はない。と思う人もいるかもしれませんが、「無意識」にそういった気持ちが働き、身体を動かしている場合もあります。

すくい上げて打つまいと考えると、腕を伸ばしてしまいます。

そうして腕を伸ばした状態で打ってしまうと、脇が開きやすくなり、芯を捉えることが難しくなります。

ですから腕を少し曲げて、力を抜いて打つと良いでしょう。

意識して腕を曲げずとも、力を抜いて打てば自然に腕は曲がります。

腕が少し曲がることで脇を締めやすく、ミート率も上がります。

またアドレスで肘が地面を向いているようにすると、脇がしっかりと締ります。

まずはボールを上げることを意識せず、力を抜いて打つようにしてください。

ピッチングを使うアプローチでのシャンクを減らす

次はピッチングで起こしたくないアプローチでのシャンクのミスを減らす方法です。

シャンクは、一般的にボールを芯で捉えられず、ネックに当たってしまうことで右側にボールが飛んでしまうミスです。

このシャンクのミスは、スイング軌道が「アウントサイドイン軌道」になっていることが原因です。

ですから「インサイドイン軌道」になるように意識することが大事です。

・アウトサイドインとはクラブを外から内側へのスイング軌道
・インサイドインとはクラブを内から内側へのスイング軌道

アプローチではシャンクになりますが、ウッドやアイアンショットだとスライスの原因にもなり得ます。

まずはインサイドイン軌道にすることでシャンクのミスを減らせるだけでなく、アプローチに絶対必要な芯を捉えること、そして飛距離のコントロールまでしやすくなります。

一度ゆっくりスイングをし、自身のアプローチのスイング軌道を確認してみると良いでしょう。

もしアウトサイドイン軌道であれば、インサイドイン軌道のスイングを繰り返し行い、しっかりと身体に覚えさせるようにしてください。

ピッチエンドランアプローチのコツ①

アプローチで最も最適で、最も寄せやすいのが「ピッチエンドラン」です。

ピッチエンドランとは、きれいにボールを上げ、グリーンに落とし、ピンそばまで寄せるアプローチの中で、ゴルファーに一番使われているアプローチです。

まずはグリップ方法です。

アプローチショットでは、グリップする位置はいつもよりも若干短く握りましょう。

両手がグリップの真ん中になるぐらいの位置で握ると良いです。

特にピッチングウェッジは他のウェッジよりも長いので、グリップの位置に注意してください。

またグリップの短さは身長も関係します。

身長の低い人はより短めに、逆に身長の高い人はあまり短く持ちすぎないように気をつけてください。

ピッチエンドランで最も重要なのは、ボールをコントロールすることです。

グリップを短く持つことでクラブの重心が安定するので、ボールがコントロールしやすくなります。

またスイングもアプローチに適したコンパクトなものになりますし、コンパクトになることでスイング軌道も確認しやすくなります。

ピッチエンドランアプローチのコツ②

アプローチショットで絶対守らなければならないのが、体重移動をしないことです。

あくまでも目安ですが、右足に4割、左足に6割の体重をかけると良いです。

それ以上が駄目ということはありません。

アプローチはスイングがコンパクトなので、体重移動をしてしまうとスイングも左右へブレてしまいます。

スイングを安定させるためにも最初から左足に体重をかけておき、スイング中は体重移動をしないことが大切です。

特にピッチングウェッジは他のウェッジよりもロフト角が立っていますし、若干長めなので体重移動をしてしまいスイングがブレると、グリーンをオーバーするような大きなミスになってしまう可能性があります。

ここで気をつけて欲しいのが、体重移動をしないだけであって、下半身を固定するわけではないと言うことです。

スイングの際には下半身は多少自然に動くものです。

そこを動かさないようにすると、逆にダフったり、トップしたりとミスショットを出してしまいます。

ですから下半身を意識するのではなく、足の裏を意識すると良いでしょう。

アプローチは全てハンドファーストで

ピッチエンドランだけでなく全てのアプローチの場面で、そしてピッチングウェッジだけでなく全てのウェッジで、手首は打ち出す方向に先行したハンドファーストで打つようにしましょう。

ハンドファーストで打つことでボールは確実にコントロールしやすくなります。

アイアンショットでもハンドファーストで打つと良いのは知っていますよね。

ハンドファーストで打てるようになると、フェースが少し立った状態になります。

フェースが少し立つことでボールをしっかりと捕まえることができます。

ボールをしっかりと捕まえると安定した距離を出せるだけでなく、強い弾道でボールを飛ばすことができるので、ピッチエンドランに必要な「ボールをきれいに上げる」ができます。

そんなハンドファーストで上手く打つには、トップを作ってから、手をターゲットの方へ出して振ることです。

手元を左足の外側に押し出すよう意識して打つとよりやりやすいでしょう。

しかし何においても言えることなのですが、やりすぎはダメです。

ハンドファーストにしすぎると、ダフリやトップといったミスが出るので気をつけてください。

アプローチウェッジよりも使えるピッチング

アプローチだからとアプローチウェッジを使いたがるゴルファーが多いですが、実はピッチングウェッジの方が色々と打ち分けることができるので使いやすいです。

初心者に薦められるランニングアプローチも、ピッチングウェッジを使うことが多いです。

アプローチは、パッティングに次ぐ、スコアに大きく影響するショット。

練習を重ね、様々なクラブを使い分けて、状況に応じたアプローチができるようにがんばりましょう。