アプローチをパターのように打つと誰でも簡単に寄せられる!

アプローチをパターのように打つというのはゴルフ雑誌などで良く見ますよね。

このアプローチをマスターすればアプローチがより近くに、より簡単に打てるようになります。

自分のアプローチの引き出しの1つとして習得してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テークバックの股関節の働きで位置覚と運動覚の誤差をなくす

多くのゴルファーはテークバックのときに「肩を十分に回す」ことを意識していると思いますが、実際には左...

ゴルフのインパクトで、左肩を開かない打ち方をマスターする

ゴルフスイングで大切な事は、インパクトの時に左肩を開かない事です。インパクト時に左肩が開くとボー...

ゴルフで必須な傾斜対策!つま先下がりとつま先上がりの違い

練習場ではナイスショットが打てるのに、本番のゴルフ場になるとトップやダフリなどミスショットばかり。...

パッティングの際にボールを置く位置はどう決めている?

パッティングはゴルフの中でもクラブやグリップと色々なタイプやスタイルがあります。しかし肩や腕、手...

正しいスイングプレーンを意識するのはどんな場面?

ゴルフ用語で「スイングプレーン」を聞いたことはあるでしょう。正しいスイングをする時、「スイン...

ゴルフスイングの軸の理解と軸を作るための身体的要素

ゴルフスイングには軸が重要である、というフレーズを一度はお聞きしたことがあるかと思います。た...

ドライバーでゴロが出てしまうのはフックグリップが原因かも

ティーグラウンドに立ち、イメージは高い弾道で鋭くフェアウェイに向かうドライバーショット。しかし...

丸山茂樹プロのスイングは4スタンス理論で言うとB2タイプ

ゴルフにはまってくると、様々なスイング理論に興味が出てくるでしょう。時代の進化と共に、スイン...

ドライバーを構えたときの手首の角度は再現できる?

ドライバーを構ええたときの手首の角度が正しければ、スムーズなスイングができます。一方手首の角...

ゴルフ場の傾斜を攻略するためには姿勢とボール位置が大事

ゴルフコースには、至る所にアンジュレーションはあるものです。練習場はフラットなので、なかなか傾...

宮里藍のスイングの特徴をアイアンからウッドまで見てみよう

宮里藍選手は小さい体とは思えないダイナミックなスイングをします。アイアン、ウッドでスイングを変え...

ゴルフのスイングで4拍子のリズムってどうやってとるの?

ゴルフのスイングがどうもギクシャクしていて、リズムが合わずに違和感があれば、4拍子のリズムを取り...

ゴルフスイングが乱れてきたらアーリーコックを取り入れよう

ゴルフスイングが安定しないと、打ち出すボールが荒れてしまうのは当然です。そのため大幅なスイン...

ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボールが出やすくなります。そのためなるべく早...

パッティングが不調に陥った時は親指の使い方をチェックする

パッティングに迷いが出ると徐々に悪化していき、ヘッドを引けなくなるなど苦労しているゴルファーが大...

スポンサーリンク

パターのように打つアプローチのクラブ選択

パターのように打つアプローチと一言で言いますが、パターを使うことではありません。しかしクラブをどれにするという決まりもありません。

ただし、転がしてアプローチしたいのですから、サンドウェッジやピッチングウェッジなどのウェッ日類ではロフト角があり、ボールが上に上がってしまいます。
普通のアプローチとは違いますから、ボールを上に上げるイメージではなく、転がすためにロフト角が小さい7番や8番アイアンなどを持って行いましょう。
ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティでも良いです。

後はパターの打ち方をするだけです。
難しいことを考えずに、ボールは転がせば良いのです。

距離感は番手によって多少変わりますから、その辺りは少し練習も必要ですが、打ち方自体は自分のパターの打ち方と同じようにしてください。
中途半端なことをせず、グリップも球の位置もスタンスの広さも全てパターの打ち方です。

ボールはほぼ上がらずに転がっていけばアプローチ成功と考えてください。
グリーン外からですが、カップに対して芝目を読み、距離感を合わせて後は真っ直ぐ打つだけです。

簡単でシンプルなアプローチがパターのように打つアプローチです。

普通のアプローチではダメなの?

パターのように打つアプローチができると良い理由として、チップインできる確率が高まるという点があります。

高さのあるアプローチやピッチエンドランのアプローチでは、ランの距離が読みづらく、ラインに乗ってもカップまで届かなかったり、行き過ぎてしまったりと距離感が合わせづらいというのがあります。

また、転がすよりも上げる方がミスショットの確率は高くなります。
ボールを上げようとしてダフりがでたり、トップしてしまったり、距離が合わなかったり、ということを考えると、転がすだけのパターの方がグリーンに乗る可能性は高いです。
ただ、パターで転がすとカラーやグリーンエッジでだいぶ転がりが悪く、距離が足りないということになりがちです。

そこで間をとるようなパターのように打つアプローチなら、転がすだけな分ミスも少なく、パターよりもボールは力強く打ち出されるので良いとこどりと考えられます。

傾斜のある所や夏場の手ごわいラフに入ってしまっている場合などは使うことができない打ち方ですが、花道からの条件は良いけどパターで打つには距離がある場合などは、パターのように打つアプローチが最適ということが多くあります。

パターのように打ってチップインを狙え

パターのように打つアプローチですから距離感やグリーン上の芝目はしっかりと見てください。

他の打ち方のアプローチでも距離感や芝目を読むことはもちろん大切ですが、どちらかというと、次のパターで1打、2打以内でカップに入るような位置に落とすことを意識するでしょう。

しかしパターのように打つアプローチはチップインさせるような気持ちで打ち方だけでなく、パターのようにラインを読むことが大切です。
しっかりとラインを読んで打てば、チップインやOKがもらえるような距離に寄せることだってできるからです。

パターのように打つのですから、落ち着いて力まずに打ちましょう。
インパクトのタイミングもパターと同じですから、間違ってもパンチは入れずに打ってください。
悪くてもグリーンに乗るアプローチ、うまくいけばチップインというのがパターのように打つアプローチだと言えます。

パターのように打つアプローチで気をつけること

パターのように打つアプローチは凄く簡単で全部のアプローチをこれにしてしまえば良いのではないかと思ってしまいそうですが、気をつけなくてはいけないこともいくつかあります。

まず、万全なアプローチというわけではありません。
強い傾斜や打つ場所よりもグリーンが少し上がっているような場合はボールが転がらないのでこのアプローチは不向きです。

また、ラフに埋まっているような場合は、まずラフから上に上げないとラフに引っかかって止まってしまうのでパターのようなアプローチよりも高く上げるアプローチの方が良いと言えます。
平坦で、障害物がないような場所でないとパターのように打つのは不向きなのです。

そして、アプローチだと思うとつい強いインパクトをしてしまったり、パンチを入れてしまいがちですが、完全にパターのように打つ必要があります。
アイアンを持っているということを忘れるくらいに完全にパターのように打つということをしっかりと意識する必要があるので、そこを気をつけないといけません。

また、ロフト角があるウェッジで打ってもパターのような球筋にはなりません。
球が上がってしまいます。
グリーンに近づき、パターのように打つアプローチができるかな、と思ったら7番アイアンや8番アイアンをウェッジと一緒に持っていき、冷静な状況判断でアプローチをするように心掛けましょう。

パターのように打つアプローチの練習方法

パターのように打つアプローチの練習は練習場での練習はもちろん、パター練習ができるくらいの広さがあれば自宅でもできます。

思わず強くインパクトしてしまう可能性やパンチが入ってしまうような打ち方になってしまう場合は、それがなくなるように十分に練習場で練習をしないと危険ですので、しっかりと打ち方が身につけるよう自宅でも練習はするようにしましょう。

短い距離も打つアプローチですから、パターマットがあれば真っ直ぐに方向を出す練習ができます。
あまり長い距離を打つイメージではできませんが、パターの練習をするように自宅では近い距離の方向性と球が上がらず転がるように打つような練習を重ねましょう。
そして練習場やラウンド中はバックスイングを距離感に合わせて行えば振り幅で距離を合わせたアプローチが成功するはずです。

パターと同じで練習量が大切なアプローチです。
自宅でのパター練習と合わせて行えば、よりパターの打ち方と同じように打てるようになってきます。
練習場でも自宅でもできる練習ですから、スコアアップのためにも真っ直ぐ打ってしっかりとラインに乗るように練習を重ねてみませんか。

アプローチの上達はスコアアップの鍵

パターのように打つアプローチができればアプローチは問題なし、というわけではありません。
ですが、様々な種類のアプローチを自信を持って打てることで、その状況に最適なアプローチが選択できます。

スタンダードなアプローチ、ロブショットなどと合わせてパターのように打つアプローチも選択肢に持っていれば、その場でより簡単で一番カップに寄りやすいアプローチが選択できるようになるのです。
そうすれば、より良い位置にグリーンオンするので、パット数も自ずと減ってくることでしょう。

安全な方法を選ぶのか、より寄せられる方法を選ぶのか、どちらも実現できるアプローチを選ぶのか、その場に応じた判断をして、次に打つパターがより簡単になる方法を選択していけばスコアアップ間違いなしです。

スコアアップのために色々なアプローチを習得し、自信を持って打てるように練習していきましょう。

意外と使えるパターのように打つアプローチ

パターのように打つアプローチは知っているけどなかなか取り組めていない、というゴルファーは是非これから練習してみてください。

パターのように打つけれど20ヤード、30ヤードくらいは転がすことも可能ですし、近い距離だって打てる意外と使えるアプローチだからです。