ドライバーのロフト角8.5にしたら飛ばなくなったのは何故?

ドライバーのロフト角が立っているほうが飛距離アップしそうと、8.5度を選んで「飛ばない!」と悩んでいるゴルファーが多いようです。

そこでロフト角と飛距離の関係、そして適正なロフト角を選び方についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トーナメントのようなグリーンの速さと硬さが最良のコース?

良いコースでプレーがしたい、トーナメントのような高速グリーンでパッティングがしたいと思うゴルファー...

オール巨人の息子「南出仁寛選手」の驚かされる記録の数々

オール巨人さんがゴルフ好きなのは芸能界ではとても有名です。そんなゴルフ好きの父親の影響なのか...

プロゴルファー片山晋呉!実績。クラブ。評判。まだイケる!

今シーズン、片山晋呉プロはツアー通算30勝を成し遂げました。最近は若くして海外ツアーに挑戦す...

ゴルフスコアで80台はどのくらいうまいレベルになるのか

ゴルフスコアがコンスタントに80台を出せるのがどれだけ難しいかは、ゴルフをしていれば分かるでしょ...

ライ角はわずか1度違うだけでスイングに重大な影響を与える

ライ角はゴルフクラブの方向性を左右する大切な角度です。わずか1度でも角度が違えば、グリップの高さ...

歴史に名を残す男子日本ゴルフツアーの優勝回数ランキング

近年男子日本ゴルフツアーに人気低迷が良く取り沙汰されますが、その原因の一つにスター選手の存在が無...

uspga tourとjgtoの年金を含む様々な格差とは一体なに!?

uspga tourの人気は世界的に凄いのはこれを読まれているゴルファーの皆さんもご存知でしょう。...

SとRシャフト、ヘッドスピード42m/sならオススメはどっち?

クラブでのシャフト選びは非常に重要な課程です。自分のスイングに合わないシャフトを選ぶとショッ...

プロゴルファーのドライバーの長さが知りたい。男子女子別。

現在各メーカーが発売しているドライバーの長さは素材の進化も相まって平均的に10年前と比べて長くなって...

同じ日本と思えない!北海道のゴルフ場の芝が一番良い時

北海道のゴルフ場の芝の良さは全国的に有名ですが、その理由は本場スコットランドの洋芝と同じ感触でプ...

ゴルフで400ヤード越えのドラコン選手は世界に沢山いる!

ゴルフで遠くに飛ばし合い競うことを目的としたのがドライビングコンテスト。通称ドラコン。飛ばし...

ゴルフにおける打ち下ろしの打ち方は打ち上げよりもやさしい

多くのゴルファーは打ち上げよりも打ち下ろしの方が打ちやすいのではないでしょうか。実際、アベレー...

プロでもアマでもゴルファーのレフティ選手はなぜ少ないの?

練習場へ行くとレフティ専用の打席がわずかしかありません。ゴルフショップへ行ってもレフティ用の試打...

目指せ!ヘッドスピードの平均値を超える女性ゴルファー!!

徐々にゴルフが上達してくると、飛距離への欲が高まりますよね。特に飛距離に悩む女性ゴルファーは多い...

ゴルフ練習場のボールならちょっとスライスぐらいが丁度良い

ゴルフ練習場ではいつも絶好調なのに、何故かコースでは全然ダメと言う経験のある方は多いでしょう。...

スポンサーリンク

ドライバーのロフト角が8.5度なら「立っている」

ドライバーの飛距離に重要な役割をするのがロフト角です。

ゴルファーにとっては、ドライバーを選ぶ時に「10.5度のドライバー」とか「9.5度の……」と度数で呼ぶことが多いのではないでしょうか。

中には、ほぼ真っ直ぐな壁のように見える「8.5度」のものまでありますが、ロフト角の数値が少なければ飛距離は伸びると考えている方が多いようです。

そこで、まずはロフト角と飛距離の関係について確認していきます。

最初に、この「ロフト角」についてのおさらいです。
ロフト角とはフェースの傾きのことで、数値が大きいほど角度があり、もっともロフト角が大きいのがウェッジです。
またロフト角がもっとも小さいのはパターで、次いでドライバーと言うことになります。
一番飛ばないクラブがパターですから、必ずしもロフト角が小さいから「飛ぶ」と言うことはありません。

ちなみに、ロフト角の大きなものは「フェースが寝ている」とか「開いている」、逆に小さいものは「立っている」と言われています。

ドライバーはロフト角8.5よりも10.5のほうが飛ぶ?

転がすことが目的のパターは別として、感覚的にはロフト角の立っているドライバーのほうが飛ぶように感じることでしょう。
しかし実際には、ロフト角が大きく寝ているほうが遠くに飛ぶことが多いようです。

この理由はスイングの速さ、つまりヘッドスピードにあります。

ヘッドスピードが速ければインパクトの衝撃は強くなります。
仮にプロ並みのヘッドスピードが50であれば、ロフト角は8.5度もしくはそれ以下を選ぶべきですが、ヘッドスピードが標準的な一般ゴルファーの場合には10.5度よりもロフト角の大きなドライバーのほうが飛距離を稼ぐことができます。

その理由はロフト角の適正に違いがあるからです。

インパクトでボールの側面にフェースが当たった時、ロフト角の分だけ上方向に飛び出します。
この角度を打ち出し角と言いますが、この時フェースの傾きによってボールにはバックスピンも掛かっています。

仮にヘッドスピードが遅めの35で、ロフト角は8.5度とフェースが立っているドライバーでショットをすると、ボールが最高点まで上がりきらずに失速してしまいます。
つまり一定の高さまでボールを上げることも飛距離に関係するのです。

ロフト角8.5度のドライバーより綺麗な放物線を描くことが大事

ドライバーのロフト角の大きなものと小さなものを比較すると、打ち出す角度に違いがあります。

ドライバーショットは、打ち出し角の通りに真っ直ぐ飛び出し、やがて失速して落下していきます。

しかし綺麗な放物線を描くような球筋を打つことができれば、最高到達点の前後がおよそ均等な距離になり、前者よりも飛距離が伸びることになります。

ヘッドスピードが遅ければインパクトの衝撃が少なくなるので、失速する前に最高到達点を迎える放物線をイメージしてスイングするのが良いのです。

ヘッドスピードが速くてロフト角の小さなドライバーのショットを比べた時、飛距離はロフト角の小さなドライバーが勝ります。
しかし飛球の最高点で比較すると、ヘッドスピードが速くてロフト角が小さくても、ヘッドスピードが遅くてロフト角が大きくても、到達点は一緒になります。

つまりロフト角の大きな10.5度を使ったほうが、8.5度のドライバーよりも綺麗な放物線を描くことができることになります。

ドライバーの打ち出し角に注目

ヘッドスピードが遅い場合にはロフト角の大きなドライバーのほうが飛びますが、ヘッドスピードが速い場合にはロフトの立っているほうが飛びます。

ただし、この「飛ぶ」のには一定の条件が必要です。

ドライバーの打ち出し角は約14度が適正と言われています。
一般的にスプーンのロフト角は13度ですから、スプーンで打つよりも上に向けて打たなければなりません。

仮に「ドライバーとスプーンの飛距離が変わらない」というゴルファーは、打ち方を変える必要があります。

そもそもボールの側面にフェースが当たると、ロフト角によって8.5度の角度で飛び出すわけですが、これでは理想の角度より5.5度も低く打ち出していることになります。
このままでは失速してしまい、ドライバーよりもスプーンのほうが飛ぶクラブになってしまいます。

でも心配は要りません。
スプーンはショートティーを使い、ドライバーはロングティーを使っています。
スプーンはボールの側面をインパクトしますが、ドライバーはボールの下部から打ち上げるようにインパクトできるからです。

つまりレベルブローのイメージを抜いて、アッパーブローのスイング心がけることが8.5度のドライバーを使って「飛ぶ」条件となるのです。

打ち出し角が違っても飛距離の違いで到達点が同じということですが、もしもヘッドスピードが遅いのにロフト角が8.5度であれば、最高点に到達する前に失速してしまい、飛距離は短くなってしまいます。

つまり誰でもロフト角が小さいから飛ぶのではなく、ヘッドスピードの遅いゴルファーはロフト角の大きなドライバーを選び、ヘッドスピードの速いゴルファーはロフト角の小さなドライバーを合わせることで飛距離アップができると言えます。

ヘッドスピードが速ければドライバーはロフト角8.5が飛ぶ

ロフト角8.5度のドライバーショットをする時、アッパーブローのスイングは必須条件になります。

ただ飛距離を求めるためには、もう1つ条件があります。
ヘッドスピードが速く、アッパーブローで打ち出せている前提で、後はボールの回転数を抑制することです。

アッパーブローとは言え、ヘッドはターゲットのほうに向かって動いていますから、ロフト角の影響でボールにバックスピンが掛かります。
一般ゴルファーのスピン量は4000回転から4500回転と言われていますが、これを2500回転に落とすことで「吹け上がり」を防ぎます。

ではどうやって回転数を減らすのかというと、ロフト角の小さなドライバーを選ぶのが一番早い方法です。
ロフト角が立っていればバックスピンは減るので、結果的にはロフト角と飛距離はイコールということになります。

ドライバーのスイングが速ければロフト角8.5度で飛距離アップ

ヘッドスピードが速ければ10.5度よりも8.5度のほうが飛ぶのは、打ち出し角よりも、バックスピン量の抑制にあるからです。

ドライバーのスピン量が全くなければ、物理的に45度の打ち出し角が一番遠くに飛ばすことはできます。
しかし実際にロフト角0度がないことからも分かるように、一定のスピン量が浮力となって飛距離を高めているのが現実です。

飛距離アップには適度なスピン量が必要ですし、逆にスピンを利用しているおなじみのショットもあります。
逆回転を横回転に変えるドローボールは、スピンを抑制するのではなく球の回転を利用したショットで、飛距離を生む効果的な球筋と言えます。

ヘッドスピードが40以上あり、アッパーブローのスイングができるようなら、8.5度のドライバーでスピン量を減らしてオーバードライブすることが可能になるでしょう。
女子プロゴルファーが参考になることでしょう。

ロフト角10.5度より8.5度のドライバーを選ぶ理由とは

ドライバーのロフト角はインパクトの衝撃を高めるためのものではないので、人によっては8.5度よりも10.5度、もしくは12度くらいのほうが飛距離アップはできるかもしれません。

もしヘッドスピードが速くてボールが吹け上がっているようなら、ロフトの立っているドライバーで1度ショットしてみてはいかがでしょう。
まだまだ飛距離は伸ばせるかもしれません。