ゴルフボール、ティー、ケース、忘れてはいけない小道具たち

ラウンドの際に意外と忘れがちなゴルフの小道具たち。
小道具だけれど忘れたらプレー不可なくらい大事なもの。
ゴルフボール、ティー、マーカーetc...。

これらを全てまとめられるケースがあれば怖いものなしですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの練習器具でぐにゃぐにゃシャフトのものの効果とは

ゴルフの練習器具は、素振りをしたり、ボールを打ったりすることで理想のゴルフスイングの形を作ること...

コブラで飛ばし屋ゴルファーを目指せ!まずは試打して実感!

コブラのドライバーは日本では認知度は高くありませんが、デザインも凝っていて、ヘッドの性能もパフォーマ...

ゴルフのマメ知識。練習場のボールは全然違うことが多い!

ゴルフをやっている方は一度は練習場に行ったことがあるでしょう。練習場で何ヤード飛ぶようになっ...

エポンのドライバーと言えば飛距離が売りですが実際はどう?

エポンのドライバーと言えば飛距離に定評があります。様々なモデルのエポンドライバーでのコメント...

ゴルフのスイングプレーンを改善に役立つ、練習機のいろいろ

「どうしてもスライスが治らない…」「肝心なところでダフってしまう…」「アイアンに比べてウッド...

ミズノは上級者だけでなく初心者こそミズノのドライバー!

ミズノはMPシリーズが代表的なので上級者というイメージがあります。しかしミズノは初心者向けの...

ヤマハリミックスのfwって優しい上に尚且つ飛ぶからスゴイ!

ヤマハのfwは昔からソール形状に特徴がありましたね。代々周到しているフリックオフソール。芝か...

名器の1本ゼクシオ8ユーティリティなら楽に飛距離が出せる!

ゴルフを簡単に、もっと飛ばしたいと考える年配ゴルファーや、女性ゴルファーから圧倒的な支持を受けるゼ...

ドライバーを購入するゴルフ初心者におすすめの選び方10選

はじめてドライバーを購入するゴルフ初心者の場合、ショップでおすすめしてくれる品物が本当に合っているの...

ゴルフクラブは20年前のモデルでも現役として使えるのか?

いざゴルフクラブを購入しようとなっても、高額なのでなかなかすぐにというわけにはいきません。初...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

ピッチング以下のウェッジをロフト角の観点から考える

攻めのゴルフをしたいと、ピッチング以下のウェッジをキャディーバッグに入れているゴルファーが増えていま...

名器!ミズノmp64アイアンの難易度は比較的高めな感じ

ミズノアイアンと言えばmpシリーズですよね。欧米のトッププロ御用達のアイアンと言えます。ミズ...

飛距離の出るドライバーを選ぶために必要なこととは

飛距離の出るドライバーが欲しいと思うゴルファーはとても多いのではないでしょうか。新商品のセー...

【ゴルフクラブのマメ知識】アイアンの素材や製法の種類

アイアンは、その名の通り、鉄製のヘッドが装着されたゴルフクラブです。どちらかと言うと、飛距離より...

スポンサーリンク

ティーショットを打つためのゴルフティー

ティーグラウンドに立った時に必要な道具があります。

ゴルフボールはもちろんなのですが、ティーショットを打つための「ティー」です。
これがないとティーショットを打てません。

もちろんティーを使わずに地面に直にボールを置いて打ってもルール違反にはなりません。
しかし高い技術を持っているプロゴルファーでもそれをする人はいませんよね。
それくらい難易度の高いショットになるのです。

ゴルフティーには木製のものや樹脂製のもの、柔らかい樹脂製のものがあります。
またロングティーからミドル、ショートティーと長さも様々タイプのものがあります。

そんなティーは良く無くなったり折れたりしますし、ドロップする際に目印として2本は使うので必ず数本は持ち歩かなければなりません。

帽子の隙間やウェアに付いているティーを挿すポケットを利用する人もいます。
中にはポケットにバラバラに入れている人もいます。
しかしゴルフティーケースを使うとよりクールに見えますし、ごそごそと探すことなくティーを取り出すこともできるので便利です。

ゴルフボールケースはラウンド必需品

ゴルフボールをロストした時、ティーショットでOBをした時に、スロープレーを避けるためにもすぐに暫定球を打たなければなりません。
それなのに手持ちのボールがないからといちいちカートに戻っていては、スロープレーに繋がってしまいます。

もちろんポケットにゴルフボールを数個入れておいても良いのですが、タイトなウェアを着ていたら違和感が出てしまい、スイングに影響してしまいます。

こういったことを避けるためにもゴルフボールケースは必需品になります。
そこで使いたいゴルフボールケースはキャディバッグに付けるタイプと身体に装着できるタイプのものがあります。

ただしキャディバッグが常に傍にあるとは限らないので、前者だとゴルフボールケースを使っている意味がありません。
後者の方がすぐにボールを取り出すことができるのでオススメです。

しかしここで問題なのが、ゴルフボールケースとティーケースの2つを身体に装着していたらブラブラしていて格好も良くないですし、繊細なショットの際に気になってしまうことです。

オススメしたいゴルフボール&ティーケース

そんな問題を解決してくれるのが「ゴルフボール&ティーケース」です。

それはゴルフボールケースにティーを収納できるポケットが付いているものです。
これであれば身体に装着するのが1つで済みます。

中にはゴルフボールとティーだけでなくグリーンフォークまで収納できるものまであります。
1つのケースでゴルフラウンドに必要な小道具を全て収納できるなんて、ラウンドのマストアイテムと言っても良いでしょう。

ここで大切なのが収納できるだけでなく、出し入れしやすいことや実用的であるものを選ぶことです。
全部収納できたとしても取り出すのに手間取ってしまったり、どこに何を入れたのか分からなくなってしまうようなものでは、ケースを使っている意味がありません。
またゴルフは雨の日でも行うスポーツなので防水性も必要です。

最近は様々なデザインのケースがたくさんあるので、かわいいものやクールなデザインに惹かれてしまいますが、機能性を重視して選ぶようにしましょう。

オススメのゴルフボール&ティーケース①

まずオススメするものは「LINX AIR ゴルフポーチ」です。

マジックテープ式で簡単に開閉できます。
またフックでもベルトにもつけられる2WAY方式でベルトに通さなくても、クリップでつけられるので洋服も選びませんし、準備に時間も要しません。

ネオプレーン素材(ダイビング用のウェットスーツに使用)で軽い上に強度もあり、耐熱性・耐寒性共に優れています。
熱に弱いゴルフボールには最適の素材と言って良いでしょう。

またPCケースにも採用されているくらいクッション性も高いので、ボールや小物をしっかりと保護してくれます。

9cm×4cm×5cmと非常にコンパクトなのですが、ゴルフボール2個にティー4本が収納できます。
価格も1080円とお手頃なので、ウェアに合わせて使い分けられるように色違いで持っても良いですね。

ただ100%機能重視なので、デザインはかなりシンプルでお洒落ゴルファーには物足りないかもしれません。

オススメできるゴルフボール&ティーケース②

次にオススメするケースは、「ブリヂストン ゴルフボールケース GAG527」です。

黒と赤でクールなデザインになっています。
6cmx5.5cmx10.5㎝とこちらもコンパクトなのですが、ゴルフボール2個と両脇にティーを2本、手前と奥にファスナー開閉部分があり、グリーンフォークまで収納することができます。
大きく開閉できるファスナーではありますが、マジックテープタイプに比べると慣れるまで若干出し入れには手間取るかもしれません。
こちらもベルト通しかフックの2WAYになっているのでウェアを問いませんし、準備にも時間が掛かりません。

素材はポリエステル・塩化ビニール樹脂なので丈夫で長持ちし、防水性にも優れています。
クールなデザインではありますが、どちらかと言うと男性ゴルファー好みのデザインになります。
もちろん女性ゴルファーが使用しても問題はありませんが、サマンサタバサやビバハート、パーリーゲイツなどカラフルなウェアブランドとはミスマッチかもしれません。

まだあるオススメゴルフボール&ティーケース③

最後にオススメするゴルフボール&ティーケースは「ルコックスポルティフゴルフ ボールホルダー QQL9225」です。

ルコックはゴルフウェアでも分かると思いますが、フランスのブランドと言うのもあって実に色使いが鮮やかです。
男女ともに心踊るようなゴルフボール&ティーケースです。
フック式なのでどこにでも簡単には取り付けることができます。

14cmx9cmx5cmとコンパクトですがボール2個、ティー3本収納できます。
ボールケース部分はニットになっており伸縮するので、押し出してボールを取り出すので大変取り出しやすいです。

素材は、綿・ナイロン・ポリエステル・ポリウレタン(ニット)です。
ニットと言うよりは靴下をイメージしてもらった方が近いでしょう。

とても可愛く、収納も十分で使いやすいのですが、長く使っているとニットは伸びやすいので多少緩くなるかもしれません。

スッとパッとがクールなゴルファー!

ゴルフで一番嫌がられるのがスロープレーです。

もちろん初心者がラウンドに時間が掛かるのは承知の上です。
しかしショットするのに時間が掛かっても、それ以外の時間を短縮することは初心者でもできることです。
そのためにはそれなりの努力も必要ですが、上手くグッズを活用することも一つの手です。