ヘッドスピードが遅いのはドライバーのスイングが悪いから?

ヘッドスピードが遅いのは、ドライバーの振り方に問題があるという人もいれば、ゴルファー自身に問題があるという人もいます。

ヘッドスピードの遅い人のスイングやスタイルの問題点とその解決法、また違う原因についても紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パッティングが不調に陥った時は親指の使い方をチェックする

パッティングに迷いが出ると徐々に悪化していき、ヘッドを引けなくなるなど苦労しているゴルファーが大...

プロゴルファーのドロースイングの真似ならフレッドカプルス

グローブをしないことでも有名なプロゴルファー、フレッドカプルス。彼の独特なスイングから生み出...

ゴルフ初心者へ!上達のコツは切り返し時の左肩の使い方

ゴルフを始めたばかりの方なら、もっと遠くに飛ばしたい、もっと上達したいという気持ちが出てくると思いま...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

理想的なインパクトを迎えるために左肩甲骨の動きをよくする

スイングでもっとも大事なことはインパクトでしっかりボールを捉えることです。スタンスやグリップ...

ゴルフスイングで軸を動かさないための練習法

ゴルフスイングでトップやダフリが頻繁に起こるようなら、軸を動かさないスイングの練習をしてみてはい...

ドライバーを構えたときの手首の角度は再現できる?

ドライバーを構ええたときの手首の角度が正しければ、スムーズなスイングができます。一方手首の角...

ドローで飛距離アップ!スライスをドローに変える打ち方

ゴルファーには持ち球があり、それはドローやフェードになります。ドローボールは着地後も20~3...

【ゴルフ上達】ダウンスイングはゆっくりリズムで飛ばそう

ゴルフのダウンスイングには上達へのポイントが沢山詰まっています。ゆっくりスイングを心がけるだ...

ゴルフ上達ポイント!右足の踏ん張りが飛距離を伸ばす!

ゴルフスイングは基本的な考え方はありますが、身長や体格によって違っていてもおかしくありませんよね。...

あなたの球筋を決めるのはフックグリップとウィークグリップ

「ゴルフはグリップに始まり、グリップに終わる」グリップとはクラブと人を繋ぐ唯一の箇所です。...

アイアンのアドレスはライ角に合わせてソールするべきか?

ゴルフは斜めにクラブを使ってボールを打つためにライ角の影響がありますよね。ライ角といってもク...

ドライバーがフックフェイスのときの合わせ方と対処法

ドライバーがフックフェイスであるとき、そのまま構えるとターゲットよりも左側を向いています。そこ...

ゴルフスイングの始動のきっかけはスイングの重要なポイント

ゴルフスイングにはリズムやタイミングが大切です。日によってゴルフスイングの調子が悪い…なんて...

アイアンはスイングスピードより精度!女性ゴルファー必見!

クラブを持つと飛ばすことを考え、スイングスピードに意識がいきがちです。しかしアイアンは、番手通...

スポンサーリンク

ドライバーのヘッドスピードが遅いのはパワーが原因?

ゴルファー誰もが「飛距離が欲しい」と思うもので、そのニーズに合わせて毎年「よく飛ぶドライバー」が発売されています。

同じドライバーを使っても、人によって飛距離が違うのは「パワー」によるものという考え方があります。

一方で、テレビのゴルフレッスンなどで、小柄な女子プロゴルファーが大きな男性をオーバードライブしている映像を見たことがあると思います。
どう見ても男性のほうがパワーはありそうです。
そういった点から飛距離はパワーよりもスピードが大事という考え方もあります。
ヘッドスピードの速さがドライバーの飛距離を左右していると考えられています。

確かに小柄な女子プロゴルファーのヘッドスピードは速そうに見えますし、大柄な男性ゴルファーのヘッドスピードは遅いと感じてしまいます。

では腕力のありそうな男性のヘッドスピードがなぜ遅いのか、その原因を探ることで飛距離アップの方法を考えていくことにします。

ドライバーのヘッドスピードが遅いのは肩回転に問題あり!

ドライバーのヘッドスピードが遅い理由の1つに、肩を回しているつもりが回っていないという捻転不足があります。

自分のスイングイメージでは左肩をしっかり回して、理想に近いトップの形を作ることができていると感じているはずです。
しかし実際は左肩が十分に回っていないことから、円の動きをするスイングプレーンが崩れて、遠心力が働かないスイングになっているかもしれません。

ヘッドスピードが遅い原因はスイングの弱さにありますが、その元となっているのは肩が回っていないことです。
プロゴルファーであれば、スイングチェックをしてくれる専属コーチがついていますが、アマチュアゴルファーは自分でチェックするしか方法はありません。

そこでスマホを使って、前面と飛球線の後方から動画を撮って確認してみましょう。
トップの位置で、背中がターゲットの方に向いていれば捻転しています。
もしも、アドレスしたときと同じ方向であれば、捻転不足なので左肩を意識してテークバックをするようにしましょう。

ドライバーの動きを理解していないからヘッドスピードが遅い

ドライバーのヘッドスピードが遅いもう1つ理由に、スイングプレーンが間違っていることがあります。

いわゆる「手振り」でスイングしています。
手振りの理由にはいくつかありますが、腕力があって、しかもテークバックのスピードが速い人に多いようです。

手振りの症状の多くはアップライトなスイングになっています。
アップライトとは、本来の右耳の後ろに引くグリップを、真っ直ぐ引き上げてしまうことです。
アドレスで構えたグリップの位置を基点に、縦の円を描いて真上に引き上げるようなテークバックです。

このテークバックをするのは、ボールの後ろに向かって真っ直ぐ引こうとする意識が強すぎることに原因があります。
真っ直ぐ引けば、インパクトでスクエアなフェースになると思い込んでいるのではないでしょうか。
しかし実際のスイングプレーンは斜めの円盤なので、後頭部の辺りにあるグリップを、前方のボールに向かって振り下ろしていきます。

このとき大事なことは、ドライバーのヘッドは弧を描いていることです。
真っ直ぐ振り下ろすアップライトに比べて、弧の先端はグリップの動きよりも速く、スイングスピードも上がることになります。

遅いヘッドスピードはドライバーのテークバックに問題がある

ドライバーのヘッドスピードが遅い3つ目の理由は、速いテークバックにあります。

急激に引き上げた勢いのあるテークバックは、トップで止まりきれずに左手首が外側に折れたり、左手小指が離れてグリップが緩んだりします。
いわゆるオーバースイングの状態です。

そんなオーバースイングの欠点は2つあります。

1つ目はヘッドの動きに歯止めが利かずに行きすぎてしまい、ダウンスイングを始動するときにヘッドが遅れてくることです。
当然、インパクトゾーンでも遅れてしまい、ヘッドスピードに影響を与えます。

2つ目はヘッドの勢いに釣られて右肘が上がり、右脇が開いてしまうことです。
テークバックで右脇が開くと、身体は斜め左に曲がり、ダウンスイングでは開いた右脇を閉めて右肩が下がり、身体は右に曲がります。
この窮屈な姿勢が原因でヘッドスピードが遅れてしまいます。

速く振ろうという想いがテークバックでマイナスになり、結果的にダウンスイングでは遅いヘッドスピードになってしまうわけです。

ドライバーのヘッドスピードが遅い人は上半身が揺れている

ドライバーのヘッドスピードが遅い4つ目の理由は、上半身の揺れにあります。

強く振ろうという想いから、身体を捻り左肩を回すわけですが、左肩は左サイドに移動しただけで回ってはいません。
左肩を身体の中心に移動させると、右肩もさらに右側に移動して、上半身が右側に傾きます。

背骨を中心軸にして、軸が右足の上に移動するのであれば、スイングプレーンは楕円形になるだけで問題ありません。
でも上半身だけが右側に傾くとスイングプレーンが乱れてしまいます。

そうして右側に傾いた状態でダウンスイングに入ると、右肘が身体にくっついて右肩が沈む姿勢でインパクトを迎えます。
すると右手のパワーを伝えることができず、左手だけのインパクトになるので、ヘッドスピードが遅いスイングになってしまいます。

本来は強い振りを目指していたのに、逆に右サイドが窮屈になりヘッドスピードが落ちることになります。
さらに、右肩の沈みはダフリの原因にもなるので、ヘッドスピード以前にまともに当たらないということもありえるのです。

基本のスイングでドライバーの遅いヘッドスピードを改善

ドライバーのヘッドスピードが遅い理由は他にもありますが、その多くは基本の姿勢・基本のスイングでないことが原因です。

両腕を前方に差し出すような形でグリップ、いわゆるハンドアップにすると、ヘッドスピードの遅いスイングになります。
またスタンスを狭くすると、捻転した分のパワーを伝えることができず、ヘッドスピードの遅いスイングになります。
このように遅い理由が分かれば、それを変えるだけで速いヘッドスピードになります。

例えば両手を差し出すグリップを修正するときは、基本の姿勢を基準にします。
肩幅に両足を広げ、腰から上半身を前傾します。
両手をだらりと下げて、拳2つ分でグリップできるところまで前傾します。
この姿勢でグリップすれば、ハンドアップは一瞬で修正することができます。

またスタンスの幅が狭い場合には、ティーアップしたボールの前で両足を揃えて立ちます。
左足を足幅分1個外側(左)に移動、右足で両脇の外側になるまで開きます。
左足内側のくるぶしの延長線上にボールがあれば、ベストポジションです。

このように腕力に頼ることなく、基本に戻すことでスムーズなスイングができ、結果的には遅いはずのヘッドスピードも速くなっていくはずです。

ドライバーのヘッドスピードが遅い人は初心に戻る

すでにスイング改造に取り組んだ経験があると、修正点が分かりにくくなっています。

ドライバーのヘッドスピードが遅い人は、早くするためのスイングを取り入れるよりも、スイングを基本に戻すだけで、意外に簡単に改善することができることもあると知っておきましょう。