ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

2017.10.31

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。

またヘッドスピードの速さだけではなく、スイングやインパクトの仕方、ミート率などさまざまな条件が必要となります。

一方で、ヘッドスピードが遅い女子プロゴルファーの中にも、250ヤード飛ばしている人はいますので、アマチュアゴルファーでも飛距離が出る方法を考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーのロフト角8.5にしたら飛ばなくなったのは何故?

ドライバーのロフト角が立っているほうが飛距離アップしそうと、8.5度を選んで「飛ばない!」と悩んで...

【ゴルフ教えて!】ハンデが24前後。オススメ練習法は何?

ゴルフでハンデを取得するタイミングは人それぞれですが、ゴルフを始めてすぐに取得を目指すと最初は大きな...

プロでもアマでもゴルファーのレフティ選手はなぜ少ないの?

練習場へ行くとレフティ専用の打席がわずかしかありません。 ゴルフショップへ行ってもレフティ用の試打...

飛距離アップを期待!ヘッドスピード40m/sのドライバー選び

皆さんはドライバーを選ぶ時、自分のヘッドスピードを気にされますか? もしかしたら中にはご自分のヘッ...

日本だって負けてない!ゴルフ場にある絶景スポットを紹介!

ゴルフに夢中過ぎて周りの景色を楽しまないなんて勿体なさ過ぎます。 ゴルフ場は自然と調和して作られ...

世界屈指の飛ばし屋ダスティンジョンソンの手首はやわらかい

ゴルフ界屈指の飛ばし屋ダスティンジョンソン。 彼のスイングはかなり特徴的です。 身体の柔軟性...

タイガーウッズに起こったマスターズ15番での珍事とは!

マスターズとはゴルファーにとっての夢の舞台であり、いろいろなドラマが生まれる舞台とも言われています。...

ギネスブックに認定されているゴルフの世界最小スコアとは

ご存知の通り、ゴルフとは如何に少ない打数(スコア)で回れるかを競うスポーツです。 ツアートーナメ...

ビジェイシン~練習の虫と言われた彼から学ぶこととは~

ビジェイシンと聞いて思い出すのは、「追放処分」と「練習の虫」です。 プロゴルファーとして天国と地...

グリーンコンディションによる速さの単位とその計測方法とは

ゴルフ場へ行くと、スタート室前などにグリーンの速さを表記した看板が置いてあったり貼ってあったりしま...

ヘッドスピードにおける飛距離やキャリーへの影響力は?

飛距離アップはほとんどのゴルファーの目標や憧れだと思います。 飛ばすために、まずヘッドスピードを増...

目指せ!ヘッドスピードの平均値を超える女性ゴルファー!!

徐々にゴルフが上達してくると、飛距離への欲が高まりますよね。 特に飛距離に悩む女性ゴルファーは多い...

森田理香子選手の完全復活を願い、みんなで応援しましょう!

「90%は自分の努力、1%はファンのみなさんの力」 森田理香子選手がそう言って挑んだ昨シーズン。 ...

「ゴルフ」と「ホールインワン」と「11打」における伝説

ゴルフをしている人にとってホールインワンと言えば夢の一つです。 ホールインワンは「夢」と言って...

ヘッドスピード50m/sだとドライバーでどのくらい飛ぶの?

ドライバーのヘッドスピードが50m/sだったらと憧れますよね。 力強くパワフルなティーショットがイ...

スポンサーリンク

250ヤード飛ばすにはドライバーのヘッドスピードは時速160キロ

ドライバーで250ヤードという飛距離を出せれば、コンペではドラコンを獲得できるくらいに飛距離を持っています。
周囲からもパワーヒッターとして一目置かれるようなゴルファーではないでしょうか。

ヘッドスピードがかなり速くないと250ヤードを飛ばすことはできません。
風や芝の状況を考えずに、250ヤードの飛距離を計算すると、ヘッドスピードは41.7(m/s)以上が必要です。

ただこのヘッドスピードは計算上のもので、実際には45m/s以上なければ250ヤードまで飛ぶことはありません。

ヘッドスピード45m/sというのは、インパクトのときのヘッドは時速160キロを超えています。
かなり厳しい数値とは言え、アマチュアの大柄な男性が、一か八かのマン振りをすれば可能な数値です。

ただしそうしてヘッドスピードの速さが45m/sをマークできても、250ヤード飛ぶとは限りません。
さらにバックスピン量が適正であること、打ち出し角が適正であること、そしてもっとも大事な初速を高めるスイートスポットでインパクトすることといった条件を満たす必要があります。

250ヤード飛ばすにはヘッドスピードを増やしスピン量を減らす

ドライバーで250ヤード飛ばすためには、ヘッドスピード45m/sが必要と説明しましたが、実際にはアマチュアでも多い43m/sで250ヤードに達しているゴルファーがいるのも確かです。
女子プロゴルファーのヘッドスピードは43m/sくらいが多く、それでも250ヤードをマークしています。

その理由はスピン量の違いにあります。
アマチュアゴルファーのバックスピン量は平均4000回転と言われていますが、女子プロのスピン量は2500回転と圧倒的に違います。
バックスピンが多ければボールは吹け上がり、飛距離を得る前に失速してしまうのです。
バックスピンを少なくする打ち方をするときは、スイングの最下点を再チェックしなければいけません。
女子プロはボールの手前でスイングの最下点を迎え、ヘッドが上昇するときにインパクトします。
ドライバーのロフト角とスイングの軌道で、上に向かって打ち出すアッパーブローでインパクトしています。

ところがアマチュアゴルファーの場合には、最下点をボールの側面に合わせているため、ダウンブローでインパクトすることになり、スピン量が増えてしまうわけです。

つまりスイングの最下点を見直すだけで、スピン量は減り吹け上がりもなくなるはずです。

250ヤードのドライバーショットにはヘッドスピードを加速!

ドライバーで250ヤードに達するために、本来はヘッドスピードが45m/s必要ですが、43m/sでもマークすることができる理由を考えてみましょう。

それにはスピン量を抑える必要があり、スイングの最下点を見直すだけで改善することができます。
この最下点の見直しによって打ち出し角も変わってきます。

それまでのボールの側面をインパクトしていたスイングでした。
ところがボールの下側から打ち出すことになると、打ち出す角度は高くなります。
いわゆる高弾道のボールを打ち出すわけですが、アマチュアゴルファーの場合には、ヘッドスピード45m/sでスピン量4000回転のとき、打ち出し角度は12度というデータがあります。
一方で女子プロゴルファーの場合には、ヘッドスピードが43m/sでスピン量2500回転、打ち出し角度は14度となります。

ボールの手前に最下点を作るスイングでは、スイングスピードが落ちないように、フォロースルーが大切です。
宮里藍選手の場合には、インパクトのときよりもフォロースルーのほうが速く、加速していくスイングになっています。
彼女のようにインパクト後に右腕を真っ直ぐに、地面と平行になるようなフォームを造ると、フォロースルーでもヘッドスピードを保つことができるでしょう。

250ヤード飛ばすにはヘッドスピード+ドライバーの形状

250ヤードのドライバーショットでもっとも大切なことは、初速を高めるためにスイートスポットでインパクトすることです。
つまりミート率を高くすることが最優先だと言えます。

ヘッドスピードが45m/sあっても250ヤードに達しない一番の理由は、フェースの芯で捉えていないことです。
ヘッドスピード43m/sの女子プロゴルファーが250ヤードをマークできるのは、フェースをスクエアにしてスイートスポットでインパクトができているからです。

芯を外すショットは、反発力の違いとなり、せっかくのヘッドスピードがロスとなって飛距離を生むことができません。

前述の例で見ると女子プロの初速は62m/s、アマチュアゴルファーは60m/sですから、同じスイングで高反発ドライバーを使ったくらい、もしくはそれ以上の違いが出てしまいます。

改善策はスイートスポットでインパクトできるよう、小さな振り幅から繰り返し練習することです。
その上で、ドライバーヘッドをコロンとしたディープバックの形状ではなく、平べったいシャローバックのタイプに変えるとスイートスポットでつかまえやすくなります。

ドライバーで250ヤード飛ばすにはヘッドスピード+ドロー

ドライバーで250ヤード飛ばすためには、ヘッドスピードに加えてスピン量・打ち出し角・スイートスポットの3つの条件が重要になります。
特にスイートスポットで打ち出される初速は、250ヤードの飛距離達成のための7割強を占める重要なポイントです。

ただし、この飛距離の考え方はキャリーとランを合わせたもので、キャリーの数値ではありません。
芝の状況やコースのアップダウンなどの条件によって変わってきますし、またボールによっても違いが出てきます。
ピンをデッドに攻めるために、スピン量を増やすタイプのボールであればロフト角などの見直しも必要となります。

キャリーとランの関係を見ると、ランの距離は15ヤード程度としていますが、着弾点に下り傾斜があればボールがランする距離は長くなり、235ヤードまでキャリーで飛ばなくても250ヤードをマークすることができるかもしれません。
特にアマチュアゴルファーの場合には、ドロー系のボールを練習しておくと、長いランを期待することができるはずです。

250ヤード飛ばすにはヘッドスピード+ドライバーの長さ

ドライバーで250ヤード飛ばすためには、ヘッドスピードを上げることが大前提です。
一定の速さを達成できないと、技術や道具を駆使しても叶うことはできません。

そんなヘッドスピードを上げるためには、グリップエンドぎりぎりを握ります。
ドライバーの長さが1インチ違うと、飛距離は5ヤードから8ヤード違うと言われています。

もし練習してもヘッドスピードが上がらなければ、長尺ドライバーの選択も1つの方法です。
45インチのドライバーを47インチに変えただけで計算上15ヤード補えますから、250ヤードは夢の距離ではなくなるはずです。
しかもドローボールで攻めればさらにランによって飛距離は伸びます。

18ホールで250ヤードを挑戦しようとするホールは限られているはずです。
両サイドのOBや池が気にならず、思い切って豪快に振り切れるショットができるロケーションのホールのはずです。

250ヤードの飛距離を求める練習量よりも、リカバリーショットの練習のほうが使用頻度は高いと思いますので、仮に飛距離アップの練習をするとしても他のクラブも一緒にすることが大切になります。

ドライバーのヘッドスピードが増して250ヤード飛んだとしたら

仮にドライバーのヘッドスピードが増して、250ヤードを飛ばすことができたとします。

それがターゲットに向かって打ち出し角1度横にぶれると4メートルずれる計算になります。
つまりフェアウェイセンターを狙って5度ずれると20ヤードずれてラフに入ります。

もしも、そのボールに横回転がかかっていると最悪OBということもありえるので、真っ直ぐ飛ばす練習が必須になりますね。

 - データ 記録