ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフルール変更!ビックリ仰天な2017年改正案の中身とは

2017.10.18

伝統あるゴルフを根本的に変えると宣言されました。
新たなルールを定めた2017年案が採択され、2019年には実施されることになります。

新ルールは案として提示されていますが、加筆されることはあっても元に戻る可能性はなさそうです。

そこで新しいルール「レディ・ゴルフ」の概要について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【ゴルフのルール】勘違いしがちなサブグリーンでの処置方法

アマチュアゴルファーの場合、サブグリーンは芝の保護のために、カラーを含めプレーを禁止しているゴルフ...

パターの理想のライ角は90度、しかしそれだとルール違反!

ライ角がウッドやアイアンなどのゴルフクラブに大きく関係しているのは皆さんご存知かもしれません。 し...

知っておこう!ゴルフ場に立つ赤杭のルールと救済処置

ラウンド中にOBやバンカー、池などのハザードにボールが入ると、少しパニックを起こしませんか。 ...

ゴルフ場に服装の規定がなくても入場時にトラぶらない方法

ゴルフ場では服装の規定を設けているところと、内規で定めているところがあります。 また自由な服装...

外国発祥のゴルフは日本の常識と世界のマナーに違いがある

紳士淑女のスポーツが常識といわれるゴルフですが、本当にマナーやエチケットを理解している人は少ないか...

ゴルフが上手くても下手でもバックティーを使っていいの?

バックティーからティーショットをしているのを見ると、 「わぁ、きっと上手なんだろうな。どのくらい飛...

名門ゴルフ場を利用する時に準備しなければならない服装

名門のゴルフ場を運良く予約できたら、まずは服装について確かめておきたいものです。 名門と呼ばれ...

ゴルフコースにおけるセルフプレーのマナーとエチケット

ゴルフのスタイルは、いまやセルフプレーが主体となってきました。 「セルフはマナーが悪い」と言わ...

ゴルフのハンディキャップの種類や決め方を知っておこう!

ゴルフの一番の魅力は、何と言ってもゴルフ経験やレベルを選ばず、老若男女親しみやすいスポーツであるこ...

ゴルフ競技で使用するスコアカードの注意点とアテストの準備

ゴルフ競技で使われるスコアカードは、普段使っているタイプとは違います。 マーカーに指名され...

ゴルフの服装で迷ったら白と黒のシックなカラーにしよう!

ビジネスシーンでは、取引先や上司からゴルフに誘われた際の服装について悩むことがあります。 失礼...

ゴルフでハーフラウンドする時にかかる時間はどれくらいか

ゴルフをするのがとても身近なものなりました。 昔とは違い、エチケットやマナーに関してはかなり緩...

ゴルフの握りのオリンピックにダイヤモンドというレアケース

ゴルフは美しいゴルフコースでボールを打っては歩く、優雅なスポーツではありますが、スコアを競うだけ...

ゴルフのハンデのルール、かつてはペリア方式が主体だった

ゴルフは他のスポーツにはない優れたルールがあります。 それはハンデによって違うレベルの人が同じ...

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

ゴルフの最大の魅力とは、ゴルフ経験を問わず、老若男女とあらゆる世代や性別の人と一緒に楽しめるスポーツ...

スポンサーリンク

2017年抜き打ちのようにゴルフルールの改正が決まった!

ゴルフのルールを決めているのは、近代ゴルフの聖地とされるロイヤル&エインシェント・ゴルフクラブ・オブ・セント・アンドリュース、通称R&A(アール・アンド・エー)と、世界のゴルフ市場を支配している全米ゴルフ協会、通称USGAです。

基本的には4年に1回大改正が行われ、その間の2年に1度小改正、また毎年フォローするための補足改正が行われています。

2つの団体をみると、R&Aは伝統を重んじる保守的な団体、USGAは商業主義的に改革を求める団体と言えます。

この2つの団体の中のパワーバランスは分かっていませんが、2017年にゴルフの歴史が変わるほどの大改正案が発表され、2019年から実施が決まったようです。
内容的には「前代未聞」が軽い表現になるような、まさにUSGAの主張が色濃く出た結果となっています。

ゴルフ界においては「寝耳に水」の大改正と言われています。
プロゴルファーも含め事前のアナウンスのないほどで、歴史が変わるほどの改正の中身について確認していきます。

2017年に発表されたビックリ仰天ゴルフルールは2019年度から

2017年に発表された大改正の骨子となるのは「レディ・ゴルフ」です。
「Ready golf」とは、ゴルフの良き伝統としていた「栄誉(オナー)」を無くし、準備ができた人から先に打つことになります。
以前のティーグラウンドでは、前のホールのスコア順にティーショットをしていましたが、2019年改正後は準備ができていれば先に打つことができます。

マナーを重んじるゴルフにおいて、オナーを尊重しないというだけでもビックリ仰天です。

また2017年改正案は、ルールやマナーの中で「スロープレーの禁止」に弊害となる部分はバッサリと排除しています。
例えば、ボールを確認するために拾い上げるときは、マーカーに確認する必要がなくなります。
また、ドロップ箇所もゴルフクラブを尺度にしていた、「ワン・クラブレングス」とか「ツー・クラブレングス」での計測も変わります。

改正前は、ボールの位置にマークして、クラブで測りドロップの限界点にもマークして、それをマーカーに確認してもらい、その後で肩の高さからボールを落としていました。
しかし改正後は、無罰なら20インチ(約50センチ)以内、罰打なら80インチ(約2メートル)以内として、ドロップは6インチプレースのように芝のすぐ上、1インチの高さから置くことができるようになります。
つまり「儀式」のような所作をなくして、さっさとプレーができるようにするというわけです。

2017年改正案でゴルフルールからハザードが消える

2017年に「レディ・ゴルフ」を掲げるゴルフルールの改正案は、まさに「早くプレーして!」を最大限に表したものとなっています。

その1つに「池」についての処理方法が変わります。
そもそも「ウォーターハザード」というゴルフ用語がなくなり、「ペナルティーエリア」になります。
ラテラル・ウォーターハザードは、レッド・ペナルティーエリアになり、ウォーターハザードはイエロー・ウォーターハザードという名称に変わります。
名前だけが変わるわけではなく、コースレイアウトの設定上はレッド・ペナルティーエリアを推奨します。
必要に応じてイエロー・レッド・ペナルティーエリアを認めるという、今までとは間逆の方針となります。

また従来はウォーターハザード内のボールは触ることはできず、クラブヘッドはソールすることもできませんでした。
ところが新しいルールでは、枝や葉などのルースインペディメントを取り除けるようになり、ソールもOKなので、スルー・ザ・グリーンで打つのと変わらない条件でプレーができるようになります。

普段と同じというプレースタイルは、「打てるのであればそのままで」とドロップすることがなくなり、プレー時間の促進に繋がると考えたのでしょう。

ちなみに「スルー・ザ・グリーン」という言葉や概念は無くなり、「ゼネラルエリア」と呼ばれることになります。

2017年案の新ゴルフルールでもバンカーでソールはできない

従来は、「ハザード」と言えばウォーターハザードやラテラル・ウォーターハザードなどの池を指しましたが、もう1つハザードに分類される箇所がありました。

ルール上の区分としては「バンカー」もハザードです。
ウォーターハザードと処理方法は少し違いますが準拠しています。

改正前は、砂にクラブヘッドをソールしてはいけない、水溜まりなどの救済でドロップするときは同一バンカー内にドロップするなど、スルー・ザ・グリーンの処置とは違っていたわけです。

ところが2017年度のルール改正案では、バンカー内の小枝や葉、つまりルースインペディメントを動かすことが可能になり、しかも手やクラブで砂に触れても、ショットのためでなければOKになったのです。
ただし「砂に触れてもよい」といっても、クラブヘッドを砂にソールして打つことはできません。

また2罰打を加算すれば、救済であるアンプレアブルを宣言して、バンカー外にドロップすることもできるようになります。

正式決定する2019年までにまだ変更されるかもしれませんが、バンカーのアンプレアブルでピンに近づかなければ、花道(エプロン)から打てる可能性もでてきたわけです。

いろいろ考えずに、スルー・ザ・グリーンと同じようにショットできることから、ゴルフのスピードアップが期待できます。

2017年ルール改正案でゴルフボールを捜す時間は無くなりそう

新しいゴルフルールの根本となる「レディ・ゴルフ」を奨励することで、ゴルファー自身も変わらなければならない部分があります。

その象徴的な部分は「諦めが肝心」ということになります。
ボールが見つからず、探索するときのリミットは今まで5分以内でしたが、改正後が3分以内となります。
ざっと探して見つからなければ、気持ちを切り替えて、あらかじめ打っておいた暫定球で再開することになります。

またプレーの速度も規定されます。
2017年案では、自分の番になってから40秒以内に打ち終わらなければいけません。
するとグリーン面を確認してからアプローチショットを打つのは難しくなるでしょうし、パッティングでグリーンの「上から下から」と2方向を確認するとペナルティを課せられる可能性が高くなります。

一方で、ピンを抜かずにパッティングできるようになるので、プレーの迅速化には配慮され、ピンに近いアプローチと遠くにグリーンオンしたときのピンの差し替えが必要なくなります。

2017年改正案でゴルフのルールは10項目削減される

2017年改正案では、ベテランゴルファーは新しいルールを覚え直す必要がありそうです。一方でビギナーゴルファーは、ルールが単純化されて、用語も分かりやすくなったので、ラウンドを楽しめるようになるはずです。

以前のゴルフルールは34項目で構成されていましたが、新しいゴルフルールは24項目となるので、10項目も減ることになります。
しかも、なるべく罰打のない「ノーペナ」でプレーを楽しめることになるので、ゴルファー人口の拡大も視野に入っているのかもしれません。

その狙い通りにプレイヤーが増えることは大歓迎ですが、一方で伝統的に積み上げてきた「裁定集」を新たに作ることになるかもしれません。

ゴルフルールを法律に置き換えると、規則(ルール)が条文で、裁定集が判例ということになります。
現実のプレーに置き換えて、個々に裁定された判例がなくなることで、現場が混乱しなければと心配する向きもあるかもしれません。

2017年ルール改正案で新しいゴルフが誕生するかもしれない

日本の「お家芸」とされる柔道も、オリンピックの正式種目になってから様変わりしました。

本来は「柔よく剛を制す」の教えで、小さな身体でも相手の力を利用して投げることができる、受身の状態が基本でした。
ところが、国際化によって観る側に配慮したカラー柔道着を採用し、「攻めの柔道」がルール化されていきます。

ゴルフも同じように2017年のルール改正案を境に大きく変わっていくことになるかもしれませんね。

 - ルール・マナー