ゴルフの必需品!知っておくべきグローブの人気の形・素材

ゴルフをするなら、だれでも持っているグローブ。
どれも一緒のような感じがしますよね。

ですが、グリップ力、厚み、フィット感が異なり、特に人気の物もあります。
また、素材もとても大切です。

自分の好みで選ぶのも大切ですが、天候によってもグローブを変えると周りと差がつくゴルファーになれますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

どうしてもスライスが治らない時の究極の練習法とは?

スライスが治らないのであれば、まずは原因を探してみましょう。もしも複合した原因であったり、原...

アンダーパーはなかなか叶わない全アマチュアゴルファーの夢

アマチュアゴルファーが最初に立てる目標は、100切りです。初心者はもちろん、長くゴルフを続けてい...

ゴルフで悔しい『アプローチのだふり』たった一つの解決策!

ゴルフにおいて『だふり』のミスは最も多いことでしょう。フルショットならまだしもアプローチ場面...

【ゴルフ教えて!】2bとは何?得すること。損すること。

ゴルフ場予約サイトなどを見ると、2bといった表示がありますが、何の略だかご存知ですか?2bと...

左手薬指の指輪をゴルフのとき外しますか?外しませんか?

左手の薬指に付けている指輪と言えば結婚指輪でしょう。それをゴルフのためとはいえ外すことに躊躇す...

ゴルフの注意点!バンカーで素振りする時にしてはいけない事

ゴルフのバンカーで素振りをする際に、バンカー内の砂に触れてしまうとペナルティが科せられます。...

初心者にオススメ!ゴルフ100切り日記を書いて見返そう!

初心者ゴルファーに多いのが、沢山ボールを打てばゴルフの腕が上達すると思っていること。実際間違...

ゴルフのグリーン上でのマークの仕方にはルールとマナーあり

ゴルフのグリーン上ではマナーに気を使う人は多いですが、ルールに関してはあまり考えず何となくプレーを...

【ゴルフ上達】手袋が破れるマメのできる場所はどこがいい?

ゴルフを続けていくと、手袋が破れてしまったり、手にマメが出来たりすると思います。破れてもいい...

アプローチでトップする時の6つの原因と対策法でスコア減!

アプローチでトップすると誰でもガッカリするものです。ピンまであとわずかの距離、あわよくばカッ...

ゴルフのハンディキャップを上げる為に初心者がすべき事は何

ゴルフの腕前を客観的に判断する値はハンディキャップですよね。ゴルフを始めて間もない初心者はハ...

ゴルフのobなどのペナルティでの打数の数え方を覚えよう!

ゴルフスコアとは打った数を数えれば良いだけなのですが、obや池に入ってトラブルになると、焦って打数...

ゴルフスイングを簡単に矯正できるスライス解消法とは

ゴルフスイングは普通のはずなのに、なぜか打ち出すボールはスライスしてしまうことはないでしょうか。...

ドライバーでゴロを打つにはそれなりの理由と直し方がある

ドライバーでゴロを打つのは恥ずかしいことですが、それよりもなぜ大事なドライバーショットがゴロになっ...

ゴルフの打ちっ放しに初めて行く方へのアドバイス

ゴルフは年齢、性別問わず楽しめる生涯スポーツのひとつです。どんなキッカケでもゴルフをやってみ...

スポンサーリンク

グローブでゴルフはこんなに変わる

グローブなんてどれも一緒。
人気なのはおしゃれなブランドだから。
と思われがちかもしれません。

ですが、グリップ力や耐久性にこだわることでゴルフが変わるのです。
グローブ性能やサイズ、痛み具合でスイングやヘッドスピード、もちろん飛距離だって変わります。

グリップ力のあるグローブではスイングの遠心力に耐えられます。

よく、グリップはきつく握らないように、と言われますよね?
グリップ力が弱いグローブだとどうしても強く握ってしまうものです。
それは、遠心力でクラブが抜け落ちそうだったり、うまくコントロールできなくなるからです。
しっかりとしたグリップ力のあるグローブでクラブを密着させれば、理想的な優しい力で握ることができます。

また、耐久性はアマチュアゴルファーにとってはとても大切です。
いくら、ゴルフグッズの中では低価格なゴルフグローブでも、プロでなければ1回使ったら捨ててしまうなんてできないですよね。
そうすると、徐々に伸びてきてサイズは合わなくなり、摩耗してグリップ力が落ちてきてしまいます。
それを少しでも耐えてくれるために耐久性も大切だと言えます。

ゴルフグローブで一番大事なのはサイズ感

ゴルフグローブを選ぶ際にサイズは特に大切です。

適当なサイズを選んでいませんか?
窮屈だったり、余裕がありすぎるサイズのグローブでは、クラブがしっかり握れません。
サイズは手の甲の外周の長さで決まります。
指の長さはまずレギュラーで合わせてみましょう。
指先がきついようならロングを、余ってしまうならキャディットを着けてみましょう。

購入時は必ず試着してください。
人気のゴルフショップだとかなりたくさんのグローブが試着用で出ていたりしますよ。

指先がしっかり合っていることはもちろんですが、手のひらに皺が寄っていないこと、握った時の手の甲側のマジックテープの位置が合っていることをしっかり確認しましょう。使っているうちにグローブは伸びてきてしまいますから、破ける前にサイズチェックをして、伸びてきたようなら替え時ですよ。

ゴルフグローブのお手入れの仕方

練習に、ラウンドにと使っているとゴルフグローブはすぐに汚れてしまいますね。
ラウンド中の土汚れだけではなく、汗でにおいも少々気になってくるところです。

素材によっては洗濯をしても問題無いものもありますが、一部素材は慎重にお手入れする必要がある物もあります。

まず合成皮革のお手入れは非常に簡単です。
手入れの簡単さから扱いやすい人気の素材ともいえます。
水を使って洗濯しても問題無いのです。

でも冬場の冷たいお水で洗うのだけは避けましょう。
傷んでしまいます。

中性洗剤を使い優しくぬるま湯で手洗いしてください。
あまり強くこすってはいけません。
洗い終わったら軽く絞って干せばお手入れ完了です。

合成皮革は蒸れやすいので汗のにおいが気になってくることが多いです。
こまめにお洗濯したいですね。

それから天然皮革のお手入れは慎重に行ってください。
天然皮革は雨や湿度、水に弱いからです。
合成皮革のようにお洗濯をするわけにはなかなかいきません。
とはいえ、汚れてしまいますね。

そんな汚れが気になる時は湿らせたタオルなどで軽く汚れを落とし、その後、乾いた布で水分を十分にふき取ってください。
それでも汚れが落ちずになんとかしたい、というときは、天然皮革の形が崩れないように洗う必要があります。
そのため手にはめたまま中性洗剤で手洗いする場合があります。

洗剤も落ちにくい素材ですので、かなり少量にするように気をつけてください。
洗濯が心配で大切にしているグローブでしたら、クリーニング店にお願いするという方が良いかもしれません。

遊び心のあるグローブでみんなの人気者に

ゴルフグローブは手頃なものは1,000円台~、高くても3,000円台ほどで購入できます。
そんな手頃な価格だからこそ、ゴルフグローブはおしゃれの見せどころでもあります。

色は白もしくは黒が多いですが、最近はカラフルなラインナップのゴルフグローブも増えてきています。
着け心地が問題ないものなら色違いで購入しておくと、その日のウエアと合わせることができて、細かいところにまでこだわるおしゃれをアピールできます。

また、女性のゴルフグローブは可愛いボタンがついているものや、マジック部分にリボンがあしらわれていたり、キャラクターがモチーフになっているものもあります。
お気に入りのゴルフグローブでおしゃれも楽しみながら、ゴルフの練習、ラウンドをすればいつもよりいいショットが出るかもしれないですね。

ゴルフ用品の中では最も手頃に購入できるといっても過言ではないゴルフグローブですから、遊び心あるゴルフグローブを身につけて、是非、周りから一目置かれるようなゴルフ場の人気者になりましょう!

グローブの素材はこれが人気

ゴルフグローブの素材は合成・人工皮革、天然皮革、人工スエードなどがあります。

その中でもお手入れのしやすさと価格の面では圧倒的に合成皮革が優れています。
ですが、ゴルフグローブの性能として大切なフィット感やグリップ力に関しては天然皮革がとても優れています。

種類が豊富な分、購入する方が多いのはやはり合成・人工皮革でしょう。
デザイン性も豊富でおしゃれであるという点も人気の理由かもしれません。

素材で選ぶなら人工スエードもオススメです。
グリップ力はやや劣るかもしれませんが、柔らかい素材で非常に着け心地も良いです。
また、全天候型のグローブとも言われ、水に強いので、雨の日に濡れてしまったクラブを握ってもしっかりとフィットします。
耐久性もよく、価格も手ごろなので、雨の日の為だけだとしてもオススメの素材です。

寒い冬に人気のグローブ

寒い冬の日、合成皮革のグローブがなんだか固くなってしまい、グローブの中の手も冷えるということがありませんか?

ミトンやカイロを用いて温めてみるのも良いですが、ラウンド中ショットが安定しない日になってしまうとなかなかそのような暇もなくなってしまいますよね。
両手用のグローブで右手も冷やさないようにしている方もいますが、やはり通常のゴルフグローブの薄さでは冬の寒い日はなかなかつらいでしょう。

そんな冬場のゴルフにうれしい暖かい素材や発熱素材のグローブが近年続々と出ています。
ほとんどが両手タイプのグローブでお値段は3,000~6,000円位が多いです。

グリップ力やフィット感が少し気になるところではありますが、寒い冬に手に力が入らないくらいだったら、暖かいグローブをしていた方がしっかりクラブを握れるのではないでしょうか。
手首までの長さがあり、手の甲部分は比較的厚めになっていますが、手のひら部分は違和感なグリップできます。
特に女性は冷え性の方が多いのもあり、冬用のゴルフグローブは人気があります。

各メーカー年々取り扱いが増え、厚さと温かさ、そしてグローブそのものの性能が良いものも多くでてきているようですから、今年は寒さに負けずにゴルフをするぞ、という方はぜひ試してみることをオススメします。

ゴルフグローブにこだわる素敵なゴルファーになりましょう

手頃な価格でも購入できるゴルフグローブだからこそ、機能やフィーリング、デザインにこだわってみましょう。
スコアアップにつながったり、ゴルフ場で視線を集めた人気のゴルファーになることができます。

さらに、快適なゴルフのために天気や季節に合わせたグローブ選びは本当に大切です。