ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ピンデッドとは次善の策があればこその強気の攻めゴルフだ!

2017.9.10

ピンデッドとは、ダイレクトにカップに入れられるようにグリーンを攻めることなのか、もしくはピンに向かって打つことなのか、いまひとつハッキリしないところがあります。
ゴルフにおけるピンデッドの発祥を元に、グリーンの攻め方を確認したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

様々なパッティングの練習・ドリルでスコアアップを目指そう

パッティングはラウンドの全ショットの半分を占めると言われています。 そのくらいゴルフにおけるパ...

ゴルフスイング修正だけだとフック対策にはならない?

グリップの握り方や構え方、またゴルフスイングが間違っていることで、フックすると考えがちです。 ...

ゴルフ上達のためにネットを張りませんか。まずは作り方から

ゴルフが大好きな人、自分だけの練習設備を作りたいと思ったことはありませんか。 庭にゴルフネット...

正しいゴルフスイングとはグリップをv字スイングすること?

ゴルフスイングに迷いが出た時、色々と修正すると収拾がつかなくなることがあります。 グリップをハ...

60ヤード以内のアプローチの打ち方とクラブの選択方法

60ヤード以内のアプローチが上手ければ、かなりスコアを縮めることができます。 上手くなるために...

ゴルフの上達はグリップの握る強さと手首を柔らかくすること

ゴルフスイングで飛距離や方向性、球筋に不安がある時はグリップをチェックして、手首が柔らかくなって...

坂田信弘から学ぶゴルフスイングの基本、ショートスイング

坂田信弘さんを知っていますか? 古閑美保、上田桃子、笠りつ子、原江里菜など多くのプロゴルファー...

庭に設置してみよう!ゴルフ練習用ネットと練習用ボール

練習場へ行く暇がない人。 しかたなく自宅で素振り。 でも自宅で素振りだけでは物足りない。 練習...

坂田信弘プロが教える「確実に上達できるスイング」とは

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロですが、ジュニアに始動する独特な指導法とスイング法によって古閑...

ゴルフクラブのグリップは指1本分余らせる握り方がベスト!

ゴルフクラブのグリップを少し余らせる握り方をすると、飛距離が落ちると思っている人がいるようです。...

アイアンの重心距離の長短を比較して選ぶのは間違いなのか?

アイアンにとって重心距離はクラブのさばき方に影響を与え、ボールの捕まりの良さの判断材料にもなってい...

スコアアップを狙えるアプローチの打ち方と上手くなるコツ

アプローチの上手な打ち方ができれば、すぐにでもスコアアップが可能になります。 100ヤード以内...

橋本大地プロの提唱するゴルフ理論。3bとはなに?教えて!

橋本大地プロは人気のレッスンプロです。 フェード最強論をうたい文句にゴルフ番組もやっています。...

ゴルフクラブのグリップを絞る握り方が良い理由とは?

近年のゴルフ界の主流となっているフックグリップ。 そして右手でパワーを与えるインパクトの形を取...

フックショットの原理を知れば意図的にボールを曲げられる

フックショットやスライスショットをミスショットと捉えている人は多いでしょう。 しかしフックとス...

スポンサーリンク

ピンデッドとは英語?それとも和製英語?

一般的に使われるゴルフ用語のピンデッドとは、「デッドに狙う」とか、「デッドに攻める」とかさまざまな使い方をしますが、デッドは「dead」で直訳すると死亡ですから、スマートなゴルフには似つかわしくない用語とも受け取れます。

実際にピンデッドとは、「ピンを狙う」「ピンに向かって攻める」ときに使いますが、あえて忌言葉(いみことば)を使う必要があったのでしょうか?

ゴルフ用語には本場英国で使用されている用語の他に、日本語の用語と和製英語があります。

日本語の用語として代表的なものに「障害物」があります。
なんにでも英語テイストを入れるのが好きな日本人ですが、日本のルール上には障害物を「obstruction(アブストラクション)」ということはないと思います。

またルールではありませんが、ゴルフ用語の向かい風を一般社会でも「アゲンスト(アゲインスト)」として使われていますが、海外では「into the wind(イントゥ・ザ・ウィンド)」と言われています。

もしも本場の言葉だと思って外国人に伝えると、「アゲンストってなに?」ってことになるかもしれませんね。
そういう意味ではピンを狙う意味で使われるピンデッドとは、日本製か英国製かを調べる必要があるかもしれません。

ピンデッドとは「ピッタリ」ではなく「死ぬ気」?

そもそもピンデットとは、ちょうど(ピッタリ)という意味もあるそうです。

一方でデッドといえば、野球のデッドボール(死球)で使われていますが、実はこのデッドボールも和製英語で、本当はpitched ball(ピッチド・ボール)ですから、英語表記のスポーツ用語については確認しておいたほうが良いかもしれません。

ちなみにピンデッドとは、仮に「ピンをデッドに狙う」のであれば、「take close aim at the pin」なので、Pin deadにはなりません。

ではデッドはどこから生まれた言葉だったのでしょう?
これは推測の域を超えることができませんが、ゴルフにはいくつかの名言というものが遺されています。

その1つにハーヴィー・ペニックというプロ専用のコーチをしていた人が、コーチングしていた選手に「死ぬ気で狙え」と伝えたそうです。
その言葉が「take dead aim(テイク・デッド・エイム)」で「デッドに狙え」と訳されたのではないかという説があります。

つまりデッドの意味は「ピッタリ」ではなく、「死ぬ気」が正解ということになります。

ゴルフの名コーチが遺した本当のピンデッドとは

ピンデッドとはと聞かれて、ハーヴィー氏が言った「死ぬ気で狙え」が正解であるならば、精神論的な意味合いが強く、ゴルフ界の名コーチと言われた氏の言葉としては物足りないもがあります。

後日談で、このとき発した言葉に意味は「目標を定めて打ちなさい」と解釈されています。
この言葉を受けた選手はこのとき全米女子のタイトルを勝ち取っていて、後日自分にとってハーヴィーは天からの贈り物と称え、「死ぬほど目標を定めなさい」という言葉に勇気付けられたことを遺しています。

ターゲットを決めてそこにボール運ぶことが大切だということだったようです。

ちなみにピンデッドとは、グリーン面に対する攻めの言葉ですから、やはりピンに向かって打つことを言います。

ただここで2つの考え方があります。

1つ目のピンデットとは、ダイレクトにピンに向かって打つことです。
ランを考えずにピンそばに打ち込むことで、グリーン上ではワンパット圏内に寄せ、運がよければ直接カップインを狙う方法です。

2つ目のピンデッドとは、グリーンオンして転がった先がピンに絡んでいるように打つことです。
寄せることも目的ですが、あくまでも目標となるのはカップインということになります。
ちなみにハーヴィーが遺したとされる「死ぬ気」の目標が、どちらであったのかは分かっていません。

ピンデッドとはデッド・センターという意味がある?

実際のピンデットとは、直接カップを狙うときに使うことが多いようです。
ですから途方もなく遠い、例えばスプーンでグリーンを狙うときには「ピンをデッドに」とは使いません。
少なくともショートアイアン、一般的にはアプローチのときに使うことになると思います。

あくまでもピンが見える位置から狙うときに使うので、樹木で遮られているブラインドホールとか、グリーン面が高い砲台グリーンでは使うことは少ないようです。
ただし稀にですが使われるときもあります。

ピンデットとはピンに絡むことを前提にしていますが、目標をピンではなく真ん中に置く場合があります。
初めてのコースでグリーン形状が分からないときなどは、グリーンの手前から攻める、もしくはピンの位置に関係なく真ん中を狙うというのが攻め方の鉄則です。
特に真ん中から攻める場合は「デッド・センター」とも言います。

ちなみに一般的なゴルフ場のグリーン面積は約600平方メートルですから、仮に丸い円であれば両端から15ヤード程度です。
グリーンエッジぎりぎりにカップを切ることはないので、実際には10ヤード程度と思って問題ないと思います。
真ん中を狙えばグリーンオンは固く、カップの位置によってはワンパット圏内にあるかもしれないということです。

ピンデッドとはショートしないように強気で打つこと?

もっとも多く使われるピンデッドとは、グリーン周りからカップを狙うピッチエンドランのときでしょうか。

ピッチエンドランの場合には大きく2つのパターンがあります。

1つ目はグリーンの手前から打つ方法です。
ゴルフでいわゆるエプロンと呼ばれるところで、グリーン回りのカラーと同じ刈高のランディング板がグリーンの手前にエプロン(前掛け)のようにカットされている部分です。
このエプロンをポイントにして、ワンクッション入れてグリーンに乗せて転がすことで、ピンをデッドに狙うことができるのです。

2つ目はグリーンサイドから打つ方法です。
グリーンからこぼれたボールを転がしてカップインを狙う場合があります。
ボールの置かれている状況にもよりますが、ピッチエンドランでピンをデッドに狙うにはパターのように構えて、パッティングのストロークと同じように打ちます。
振るのではなくヘッドを飛球線に合わせてスライドすると、トップすることなくピッチエンドランが可能になります。

もちろん芝目や傾斜などもしっかり読むことが大事ですし、何よりもショートしないように打つ強い気持ちが大切です。

離れたところからも攻めることができるピンデッドとは

少し離れた場所からのピンデッドとは、基本的に高い球筋が求められます。
いわゆるロブショットと言われる打ち方で、アプローチウェッジなど専用のクラブがあると便利です。

58度や60度のウェッジがなくても、クラブフェースを開いてオープンスタンスでスクエアにスイングすれば、バックスピンの利いたショットが可能になります。
ランが少ないことからピンそばに落とすことが必須、できればバックスピンで転がるボールをカップインしたいものです。

ロブショットの場合にはアンジュレーションの強いグリーン面や、コンパクション(グリーンの硬さ)が高いグリーンのときでもピンをデッドに狙うことができるので、ロブショット用のウェッジは用意しておきたいものです。

ちなみにタイガー・ウッズは5番アイアンからデッドに攻めることができたそうで、ジャンボ尾崎は6番アイアンで同じくデッドに狙うことができたそうです。

近年は道具が進化しているので、新人ゴルファーの中にはさらに長いクラブでも攻めることができる選手がいるかもしれませんね。

ピンデッドとはリカバリーがあるから攻められる

基本的にはピンデッドとは、ショートアイアンのすべてで狙えるようにしたいものです。
ただピンを狙うからこそ、グリーン面からこぼれることになるので、リカバリーできる得意なクラブを準備しておくことが必須条件です。
次善の策がればこその「強気の攻め」ができると思います。

 - シングル 近道