女子ゴルフの大会会場で人気選手のサインをもらえる方法

女子ゴルフの大会会場で人気選手のサインが欲しいと思うのは至極当然なことだと思いますが、でも実際にそれに応えてくれる選手が少ないのも現実です。

実は試合中はサインができない事情があり、またその前後も難しい事情があるようです。
女子プロからサインがもらえるタイミングについて考えてみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの成績を表すスコアカードの記号は使っても良いの?

ゴルフトーナメントなどを見ていると、通常のスコアカードの書き方と違って、数字の変わりに記号で表記...

ゴルフのプレーが分かりやすいルールブックが変わる2019年度

全てのゴルファーに朗報です。現行のルールブックが新しく生まれ変わります。来年の2019年...

ゴルフのプレー時間に決まりはあるの?強制終了?罰金?

ゴルフは基本18ホールを回ってそのスコアを競うスポーツです。日本のゴルフ場のほとんどは9ホー...

ホールインワン達成後の記念品の相場とは。保険は必須か!?

一生に一度あるかないかのホールインワン。喜びも束の間、その後のお祝いや記念品などにお金が必要にな...

ゴルフをプレーする上でキャディさんへの心付けは必要なのか

旅館へ泊まるときにお世話になった仲居さんに心付け(チップ)を渡しませんか?では、ゴルフでお世...

ゴルフはプレーファースト!所要時間をなるべく減らす!

ゴルフは大自然の中、小さなボールを小さなカップに入れていくスポーツです。18ホール回るだけで...

ゴルフ場で池ポチャだったときのペナルティの加算と処理方法

ゴルフ場で池の方向に飛んでいったときは、セーフか池ポチャかは重要なところです。入って入れば1...

ゴルフの服装マナーでスキニーパンツの着用は大丈夫なのか

ゴルフを始めたばかりの時に気になるのが服装のマナーです。厳格なゴルフ場になると服装マナーを違...

ゴルフ場のスタート時間の目安ってどうやって決めているの?

ゴルフ場のプレー時間は4時間以内としている場合と、5時間を目安にと推奨している場合があります。...

ゴルフコンペの幹事になったら締めの挨拶の準備をしておこう

ゴルフを趣味にしていると色々な人たちとプレーする機会が生まれます。そしてそんな人たちとより親...

ゴルフは審判不在ゲーム!ルール遵守!でも楽しむのもあり。

ゴルフには規定にも載っているような競技ルールとは別のものがあります。それは、ゴルフ仲間等内輪で楽...

まさかの場合に備えよう”ホールインワンの記念品とお礼状

一生に一度あるかないかと言われるホールインワン。しかし絶対ないとも言えないホールインワン。夢...

ゴルフのホールカップの大きさを知ること。それは興味深い!

近年ゴルフ人口の減少が問題になっていて、その理由の1つにパターの難しさが入っています。そこでア...

ライ角80度以内とルールにある。ではパターの理想ライ角とは

ゴルフルール規則の使用クラブでは、「パターのライ角は80度以内」と定められています。ドライバーや...

【ゴルフ教えて!】クラブのソールについてのルールを知りたい!

ゴルフには様々な細かいルールがあります。詳しく知っている方はどれだけいるのでしょうか。...

スポンサーリンク

女子ゴルフのサインを求めるときOKとNGのタイミングがある

トーナメントのティーグラウンドでは、ファーストティーでそれぞれがコールされ戦績を披露されます。
まさに、これから戦いが始まる最高の瞬間です。

お目当ての選手がティーグラウンドに上がると、どのタイミングで声援を贈っていいものなのか測りかねるときもあります。
それほど緊張感に包まれているとき、「すみません、サインお願いします」と声を掛けられると、張りつめた選手の緊張感が切れてしまうかもしれません。

このようにプロ選手にサインを求めるのにはタイミングがあります。
これから試合に……、というときのサインのお願いはもっての外ですが、それ以外にも避けた方が良いとき、また反対にここで頼めば断れないときもあります。

特に女子ゴルフ選手はプロダクションと業務提携している場合もあって、一緒に写真に写るときの肖像権やサインのタイミングは厳しく制限されている場合があります。

どのタイミングで頼むとスムーズにサインがもらえるか、またこのタイミングは絶対にNGというところを確認していきましょう。

女子ゴルフの会場ではサインのタイミングは一瞬しかない!

女子ゴルフの大会では、選手と観客はセパレートされていて、一般の観客はティーグラウンドまで身近に接触することはできないようになっています。

そのため一度、プレーが始まるとホールアウトまではサインの要求には応えません。
これはサインによって気持ちが削がれるという理由もありますが、例え局外者であってもアドバイスと受け取られれば2罰打が科せられるので、ホールアウトまで会話は慎むことになります。

つまり、1度サインしてから「右側気をつけて!」「焦らないで~」と言えば、知人からのアドバイスと裁定されても仕方ないということです。

選手はホールアウトするとアテストエリアにまっすぐ進むことになりますが、この道中でサインをお願いすると快く受けてくれることがあります。
またアテストエリアから出てくると、他の選手の成績を確認するのでその時が狙い目です。

ただしアテストエリアがクラブハウス内に設置されている場合には、一般の観客は入ることができないので、最終ホールからクラブハウスまでのわずかなタイミングしかないことを覚えておきましょう。

女子ゴルフ界が進める育成プログラム開催時はサインが可能

プロトーナメントの中で女子ゴルフだけになりますが、サインをもらえる絶好のタイミングがあります。

女子プロゴルフ協会は底辺の育成に力を入れていて、ゴルフトーナメントの度にジュニア育成のためのプログラムを行っています。

大会会場周辺に所属している女子プロが先頭を切って、有名選手などもこれから始める子供たちに直接レッスンをするのです。
またプラスチック製のクラブとボールでゲームをする、スナッグゴルフなども活用してクラブを持ったことのない子供たちにゴルフの楽しさを教えて、普及に努めているわけです。

その企画のひとつとして、女子プロゴルファーとの触れ合いがあり、もちろん気軽にサインや写真撮影にも応じています。
もちろん子供がいないと指導は受けられませんが、観客として見ている分に問題ありませんので、タイミングを計ってサインをお願いすれば快く書いてくれるはずです。

女子ゴルフ会場で確実にサインを手に入れられる方法とは

ホールアウト後のアテスト前や試合前のジュニア育成などでサインのチャンスはありますが、その他にも試合前日のプロアマ戦があります。

基本的には主催者や関係者と出場プロが催すものですが、女子ゴルフのプロアマは共催者の意向が強いので、出場者以外の人も関係者として賑わっていて、プロも比較的やわらかい対応をしてくれることが多いようです。

ただしプロにとっては試合前日の貴重な下見の時間でもあり、気持が張り詰めていることもあります。
中にはラウンド中に同伴のアマチュアと会話せずに、主催者からクレームが来て女子ゴルフの協会会長名で厳重注意に処せられたなんて話もあるくらいですから、サインをお願いするタイミングはトーナメントと同じホールアウトが良いと思います。

また試合によってはチャリティオークションが開催されていることがあります。
直接本人が目の前で書いてくれることもありますが、一般的にはサイン入りグッズとして販売されているので、有難味は別としてトーナメント会場に来場したからこその確実にサインもらえる方法と言えるでしょう。

女子ゴルフ会場でサインを頼む時のマナーとは

女子ゴルフ大会の会場でサインをもらうのであれば、サインを書いてもらう台紙なども敬意を表わさなくてはいけません。

一般的にサインと言えば色紙です。
色紙は慣例上、金糸などが配色されている表を裏返して、真白の裏面に書くことになっています。
これは「私はまだ表に書くほどの人物ではない」という粋な謙虚さを表すものですが、一応本人に出すときには表を向けるのが礼儀です。

まさかサインをもらう人が「あなたは表に書くほどの人物ではない」と見切るのは、やはり失礼ですよね。
ただしたくさん人が並んでいるときには2人目以降は裏面で出したほうが、プロの手間が省けて助かると思います。

また色紙以外でプロが喜ぶのは、選手自身が使用しているタイプのグッズです。
プロはグッズ契約をしているので、その商品が売れているということは、メーカーにとって人気のバロメーターにもなります。
特にバイザーやキャップは、サインしやすいので気軽に応じてくれると思います。

また大会会場のゴルフ場オリジナルキャップは、出場年の記念になることから、受け取る側には特別な想いが残るのでオススメです。

注意したいNG系は着用中のシャツです。
背中などにサインがほしいと頼まれても、まさかファンの背中を台にして油性ペンで直接書き込むことはできません。
浮かして書くには、半分シャツをめくることになり、今度は書くプロの方が嫌がります。このような書きにくい素材は遠慮したほうがいいと思います。

女子ゴルフの試合会場ではサインと一緒の写真はNG

女子ゴルフの大会会場でサインをもらうときに注意したいのは油性ペンです。

基本的には自前で用意してキャップを外してすぐに書ける状態で渡します。
このとき、先に「キャップ外しています」と伝えると、戸惑うことなくすぐにサインを書いてくれるはずです。

またサインのときのペン先は「太書き」が普通です。
ただしボールなどにお願いするときには、「細書き」の書きやすいものを用意しておくと良いでしょう。

サインと同時に一緒に写真撮影をお願いすることがあると思います。
基本的に会場内で勝手に撮影することはNGです。
また選手は別のマネジメント会社が肖像権を管理していることもあり、勝手に写した場合には消去など厳しく制限される場合もあります。

サインはあくまでも観戦の余禄と思って、観戦マナーを守って気持ちよくサインがもらえるタイミングがあればお願いするようにしましょう。

女子ゴルフの試合会場でサインをもらったお礼の言葉に配慮を

女子ゴルフの大会会場は、ちょっと独特な雰囲気があります。

選手のご両親や知人など親しい人たちが第1の輪になり、そのあとにタニマチ、そして一般のファンが取り巻いています。

そこをかき分けてサインをお願いするのですから、ダメ元と思って軽い気持ちでお願いするようにしましょう。
そしてサインを頂いたら「頑張ってください」はプレッシャーになるので、「応援しています」と声をかけるのが良いようです。