ドライバーの飛距離アップは基本から。女子でも飛ばせる秘訣

女子は体も男子よりは小さく力がないので飛距離が出ないと思っていませんか?

それは確かにある意味正しいのですが、実はおもしろい統計があります。
女子プロゴルファーのヘッドスピードと男子アマチュアゴルファーのヘッドスピードはほぼ同じくらいなのに女子プロゴルファーのほうが30ヤードは飛ぶそうです。

ということは?

そうです。
体格や力を補う技術が存在するということです!

今回はなぜ飛距離が出ないのかという解説と、女子がドライバーで飛距離アップを目指すため、女子プロの打ち方が身につく練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スライス防止には恒久的な解消法と緊急的な対処法がある

日頃からスライス系の球筋になって悩んでいる場合と、ラウンド中に突然スライスボールを連発してゴルフ...

ドライバーミート率アップにヘッドスピード測定器が役に立つ

ゴルファーなら誰もが願うのが、飛距離アップと安定した方向性です。そのどちらの向上にも関係してい...

ドライバーの飛距離を伸ばしたい女性へ!飛距離+αにはコレ

女性ゴルファーの皆さん、ドライバーの飛距離はどれくらいですか?”女性は力がないからあまり飛ばな...

多くのゴルファー憧れ、ドライバーで300ヤード飛ばすには

多くのゴルファーが憧れるのが、ドライバーでの飛距離は300ヤードと言われています。そのく...

古閑美保はどんな状況でもスイングのテンポを大事にする

引退してからしばらくはゴルフから離れていた古閑美保。彼女がスイングで大事にしていることは、現役...

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせる...

ゴルフでアドレスを取る際の正しい頭の位置はどこになるの?

『アドレスを制する者はゴルフを制する』と言われるほど、ゴルフにおいてアドレスは大切です。きれ...

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそ...

腰痛を回避するためのゴルフスイングの修正法。覚えて損なし

腰痛の原因がゴルフのスイングにあるとき、そのスイングを直さなければ、腰痛は持病のようになってしまい...

ゴルフクラブは独自の引き方をしたほうが上手くなる?

ゴルフクラブの正しい引き方ができれば、正しいインパクトができるという考えがあります。一方で自...

ゴルフ史トップの天才タイガーウッズのスイング理論を学ぼう

ゴルフの天才と言われていたタイガーウッズ。彼のスイング理論は、それまでのスイング理論を大きく覆す...

170センチで体重も軽量な男が史上初を手中に収めたスイング

長らく「藍ちゃんのお兄ちゃん」と言われていた宮里優作プロが、史上初の72ホールノーボキープレーで完...

パッティングを変更するならオープンスタンスがオススメ!

パッティングで迷いが生じたら、少しずつ修正するよりも、1度リセットしたほうが早く良い結果を得られ...

ゴルフの1つの到達点。シングルは個性的スイングでもなれる

ゴルフで言えばシングルとはほんの一握りの方しか到達できない称号です。そんなシングルの方のスイ...

【ゴルフの悩み】バンカーの柔らかい砂と硬い砂の打ち方

バンカーショットと言えば、バウンスのあるウェッジのフェースを開き、砂のエクスプロージョンで打つの...

スポンサーリンク

ドライバーが飛ばない女子はインパクトでフェースが開いている!

ドライバーで飛距離が出ないと嘆いている女子を見てみると、大抵インパクトでフェースが開いています。
インパクトでフェースが開いているといくらヘッドスピードが速くても飛距離をロスしてしまうのです。

ドライバーのフェースの開きを改善するだけで30ヤードくらいの飛距離アップが可能だと言われています。
30ヤードというとまさしく男子アマチュアゴルファーと女子プロの飛距離の差になります。

ということはインパクト時のフェース向きを改善することが最も飛距離アップにつながるということが言えるということでもあります。

女子プロのドライバーのヘッドスピードと男子アマチュアゴルファーのドライバーのヘッドスピードは同じなのに飛距離が違う理由はインパクトの瞬間からのボールの初速に差があるからなのですが、その理由がインパクト時のフェースの向きにあるのです。

このフェースの向きはバックスピンの差として明らかな違いを生み出します。
女子プロは2500回転/分なのに対し、男子アマチュアは4000回転/分もありボールが吹きあがって飛距離をロスしてしまっているのです。

「それなら、インパクトのフェースの向きを改善させればいいのね!」といってもそこだけを意識しても改善が見込まれないのでみんな苦労するのですが、ではどうしたらいいのでしょうか?

実はまずは基本のグリップから見直していくことが大切になってきます。

ドライバーの飛距離アップにはまず正しいグリップ作りから

女子ゴルファーでドライバーのインパクト時のフェースが開いている人は、アドレス時からフェースがすでに開いていることが多いので飛距離アップにつながらない可能性があります。

まずは正しいグリップの作り方を体に覚え込ませましょう。
やり方としては、両脚を肩幅に開きグリップエンドが体の中心にくるように左手でクラブを持ちます。
そして右手でクラブを地面と平行になるように掴んでください。
この時にはヘッドの先(トゥ)は空を向いているようにしてください。
そこから右手を離しクラブをだらんと下ろした状態のまま、再度右手をグリップに添えると正しいグリップが完成です。

このようにしてドライバーのフェースが開かないために左腕をだらんと下げた位置をしっかり覚えましょう。

ドライバーの正しいグリップとアドレスの次はクラブを振り上げるテークバックの際にも注意が必要です。
テークバックで開いてしまうことも多いのです。

自分のテークバックで開いているかどうかを簡単にチェックする方法がありますのでやってみてください。

2本のクラブを右手と左手に1本ずつ持ちます。
そのままクラブ同士の幅を10センチくらい開けてハーフバックまで振り上げてみたとき、2本のクラブがどうなりますか?

平行を保ったままならOK、もしクラブ同士がクロスするようであれば正しいフェースとなっていないということですので、グリップから見直し、ときどきクラブ2本で、今自分のフェースの向きはどういう状態なのかなということをときどきチェックしながら練習してみてください。

女子だから筋力をつけたら飛距離アップするということはないのです。
ポイントは基本からと言えます。

女子の飛距離アップは正しい体重移動がカギになる

グリップの改善ができたなら正しい体重移動ができるようになる練習をしてみましょう。
ここでは女子がドライバーでの飛距離アップを目指すのであってもアイアンで練習する方法を紹介します。
結果的にドライバーの飛距離は伸ばせるからです。

まず7番アイアンを持って両足を揃えて立ってください。
ボールがそこにあると仮定して左太ももの前でグリップし、クラブヘッドを右足の前よりほんの少しだけ右側に置きます。

この両足を閉じた状態から足を開いて踏み込みながらバックスイングをするのですが、このとき右足を移動させるというより、体重そのものを右足にかける意識を持ってテークバックするのです。

トップ時点では背中が目標方向を向くようにします。
体が硬いと実際はそこまで回らないかもしれませんが上手くできなくてもイメージだけでもOKです。
この場合は素振りですのでボールを置きませんが、必ずボールがそこにあると意識して行ってください。
自宅の庭などでするときにはボールの代わりになる何か別の目印を付けるか置くといいですね。
目的物がある素振りと無い素振りでは効果が倍ほど違うものなのです。

初心者や力のない女子が初めてコースを回るときドライバーは封印してアイアンから始めるといいといいますが、アイアンで体重移動の基礎を体に覚えこませてから、ドライバーへと移行するほうが近道と言えます。

女子は体のバネと回転力でドライバーの飛距離アップを目指せ!

一流男子プロのドライバースイングは見ているだけでも、スカッとするほど力強く迫力があって憧れますよね。
でも彼らのようなスイングスピードはそれ相応のトレーニングの結果でもあるのです。
女子のしかもアマチュアゴルファーにはとても真似ができるものではありません。

そこで上背も筋力も男子に劣る女子が飛距離をアップさせるための秘策はクラブの加速力を利用することです。
アドレスからフィニッシュに至るまで体の回転を利用して上手く加速をつけることができれば、小柄で筋力がそれほどなくてゆっくりスピードのスイングになっても、ちゃんと飛んでくれるようになります。
アマチュア女子で上手い人は軽く振っているように見えるのになぜかよく飛んでいるのです。

体の回転の力を信じられないと、最初から速く振ること、力を入れることに頭がいっぱいになってしまって気がついたらフィニッシュしていた、なんてことになっているものです。
ひどい場合はテークバックやインパクト前でスピードが最高点に達してしまい、肝心のインパクトからフィニッシュにかけて減速してしまうということになってしまいます。

ゴルフを始めたばかりの人はそういうことが多いのですが、ある程度の経験を重ねてもこのスイングスピードのロスにより飛距離アップにつながらないという方が多いのです。

ドライバーのインパクト時に減速させてしまうのはなぜなのかといえば、ヘッドスピードを出そうという意識で振っているからなのです。
腕で振ろうとするので体の回転が使えません。
体の回転が使えないから腕で振ろうとしてしまうのではなく腕で振ろうとするから回転が使えないということを理解しましょう。

ドライバーの飛距離アップのためには重いものを振って体の回転を意識する

ドライバーで飛距離アップができないと嘆く女子ゴルファーや、初心者のスイングは、「インパクトで終了」という感じのスイングになっている場合が多いですが、インパクトの後も体の回転で加速を続ける意識があることが重要なのです。

実際はフェースにボールが当たった時点でやはりクラブヘッドのスピードは多少は落ちているはずですが、意識としてはドライバーではアドレス時のヘッドスピードが0とするとインパクト時は7、そこから身体の回転を使って10まで持っていくという感じです。

腕でクラブを振るのではなく、腕の力を抜いて体の回転力でアドレスから加速させフィニッシュするイメージを身につけ、体幹を意識したスイングができるためにする練習方法があります。

ゴルフクラブは両手で振るとさほど重いものではないですよね。
これが腕打ち、手打ちになりやすい要因の1つともいえます
体全体の力を使わなくても振れるものだからこそ手打ちになってしまうのです。

そこで体全体を使わないと振りづらい重いものを振る練習を取り入れてみましょう。
身近にあるものではアイアンを2本持って振る練習方法があります。
野球のバットがあるのならそれでもいいですね。
スポーツ用品店では素振り用のバットなども扱っているので利用してもいいかもしれません。

野球選手がバットを2本持って素振りする姿をよく見ますが、これも飛距離アップを狙っての素振りです。
体幹部分を使う練習には重いものを最後まで加速させるイメージを持って振る練習がとても有効になってきます。
自宅の庭先で時間の空いたときやゴルフ練習場で練習するときにはまずアイアン2本で体幹を意識してからの素振りから始めてみましょう。

ドライバーの飛距離アップには片手スイングで体幹を使ったスイング練習

重いものを振る練習方法に加えてもう1つの練習法は片手でスイングするというものです。
ドライバーだけでなくアイアンでもやってみましょう。

右手と左手、片方ずつの手でクラブを握りスイングしてみます。
片手でスイングしようとすると体幹を使わないとクラブが安定せず上手くスイングできないはずです。

そこで片手で上手くスイングする練習をすることで体の使い方を学ぶという方法が、女子プロのようにゆっくりスピードでも飛距離アップできるようになるために有効になってきます。

この練習のポイントはドライバーのグリップが常に体の中央に向くことを忘れないようにするということです。
クラブがぐらぐらしたり上手く振れないときは必ず体の中心にきていないはずですので、そこのところを注意深く意識してみてください。

この片手打ちスイングの練習ではドライバーの飛距離アップだけでなくミート率のアップも実現してくるでしょう。
上手くミートできるからこそ飛距離アップするとも言えます。

そして片手で打てるようになると両手で打つのがとても簡単に感じられるようになるというメリットもあります。

最初から上手く振れるものではないのですが、あきらめず素振りを続けコツをつかんだ後は50球くらい打ってみてください。
体幹を意識した打ち方の感覚をつかめるようになると思います。

これは女子だけでなく男子プロゴルファーも取り入れている練習方法です。
素振りは自宅の庭でもできますし、ゴルフ練習場で練習を始める前に片手素振りをしてから片手打ち練習を行ってください。
コースを回る前にも左右20回くらいずつ片手で素振りをするといいですね。

ゴルフは力ではない!女子プロのスイングが実現する秘密があった!

いかがでしたか?

ゴルフは力ではありません。
女子プロのスイングをお手本にして飛距離アップを目指しましょう。

今回紹介した練習方法は女子だけでなく男子にもとても有効です。
継続は力なり、地味な練習方法ですが続けることで必ず飛距離アップが実現するでしょう。