ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

格好良くターフを飛ばす!とはゴルフで何を意味するのか?

      2017/08/19

格好良くターフを飛ばす!とはゴルフで何を意味するのか?

ゴルフ雑誌で「格好良くターフを飛ばす!」なんて言葉を見たことありませんか?

そもそもターフが分からないと、それを飛ばす?格好良い?と疑問がたくさん浮かんできますよね。

しかしこの意味が分かれば、あなも格好良くターフを飛ばしたくなるでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0001096-1.jpg
ゴルフクラブをシャフトカットしたら本当に使いやすくなる?

短くすると振りやすくなりそうな気がして、今使っているゴルフ...

glb0001095-1.jpg
【ゴルフクラブの名器】フォーティーンMT-28V2ウェッジ

フォーティーンMT-28の2代目として発売されたMT-28...

glb0001091-1.jpg
古閑美保の綺麗なスイングの原因をスロー再生で解明する!

日本人女子の中では167センチと恵まれた身体を持つ古閑美保...

glb0001090-1.jpg
天才と言われ続けた丸山茂樹のスイング理論を今から確認する

どんなシーンでも器用に打ち分けることができる丸山茂樹のショ...

glb0001089-1.jpg
タイガーウッズの病気と錦織圭の悩みは精神的支柱にある?

タイガーウッズは腰、錦織圭は腕、それぞれが故障を理由に戦線...

glb0001094-1.jpg
横峯さくらがオーバースイングを修正したアイアンの打ち方

「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら...

glb0001093-1.jpg
まむしと呼ばれた杉原輝雄のパターへの想いから人生を学ぶ

杉原輝雄のパターといえばマレット型、グリップは逆オーバーラ...

glb0001092-1.jpg
学士プロ坂田信弘が提唱するジャイロスイングの効果を分析

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロが、肩を故障した時期に...

glb0001084-1.jpg
タイガーウッズのスイングを見てアイアンの打ち方を探る

ゴルフ界の歴史を変えた男と言われるタイガーウッズですが、近...

glb0001081-1.jpg
ゴルフの必需品!知っておくべきグローブの人気の形・素材

ゴルフをするなら、だれでも持っているグローブ。 どれも一緒...

glb0001082-1.jpg
帝王ジャックニクラウスが教える実に簡単なスイング法とは?

「帝王」と呼ばれたジャックニクラウスと言えば、マスターズで...

glb0001083-1.jpg
神の領域と言われるタイガーウッズのゴルフスイングを分析

神の領域とも言われるタイガーウッズのゴルフスイングですが、...

glb0001080-1.jpg
年齢を重ねても衰えない68歳トムワトソンのスイングを見よう

トムワトソン68歳。 66歳までメジャー大会マスターズに参...

glb0001079-1.jpg
ゴルフラウンドで重要!カップの大きさはメンタルで変わる!

大事な大事なバーディーパットやパーパット。 入れたい! ...

glb0001078-1.jpg
正しいアイアンスイングは後方から見る事が◎!すぐチェック

アイアンスイングの基本はダウンブローです。 ボールを打った...

glb0001077-1.jpg
アイアンシャフトをモーダス105にすると良いゴルファーは

ニッポンシャフトのモーダスツアー105は、体力の衰えを感じ...

glb0001076-1.jpg
S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタ...

glb0001075-1.jpg
OBを沢山打つ人は打ち直しの打数を間違えやすいので注意

OBをよく打つ人はラウンド中の打数について間違えやすいので...

glb0001074-1.jpg
飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そう...

glb0001073-1.jpg
神奈川県座間市の米軍基地内にあるキャンプ座間ゴルフクラブ

米陸軍第一軍団新司令部の基地がある神奈川県座間市。 驚きな...

スポンサーリンク


ゴルフ用語でターフの意味は?

ターフは、日本のゴルフ用語になります。

ターフ=Turfの意味は、芝生のことで、アイアンショットなどでボールの先の芝生を削り取ることを、ターフを取ると言います。
英語ではディボット=Divotを取ると言う表現になります。

ゴルフで使われる芝生は、短い順に、グリーン・フェアウェイ・ラフ・ブッシュです。
このように芝生だけでも長さやエリアによって呼び方が違います。

このターフと言う言葉は、スイングなどを解説する時に頻繁に使われるので覚えておくと良いでしょう。
もちろん「芝を取る」と表現しても何の問題もありません。

ここまででターフが芝生を意味することは理解できましたが、では「ターフを取る」とはどういったことを意味しているのでしょうか?

芝生を取る(飛ばす)ことをイメージすると、ダフリのショットをイメージしてしまいます。
しかし格好良くダフるなんてありえないことですよね。

では格好良くターフを飛ばすとはどういったことなのでしょうか。

ゴルフで格好良くターフを飛ばす!の意味は?

ターフを取る・飛ばすの意味は、ダウンブローで打ってボールに逆回転を掛けて、グリーン上でボールを止める、もしくはバックスピンを掛けることです。

これが決して簡単でないことは、ゴルフを経験されている方なら理解できるでしょう。

グリーンに乗せる際は、直接ヒットして止まる打球が理想です。
このようなショットであれば、飛距離も安定し、スコアが上がります。

しかしこの「ダウンブロー」でボールを打つというのは、上級者向けのショットです。
練習場のマットでダウンブローを打った時は、ボールに当たった音と、マットに当たったドスンと言う音がほぼ同時に聞こえます。
そこでマットに当たる音が少しでも先に聞こえたら、それはダフっていることになります。

それでも練習場ではナイスショットと勘違いしてしまうのですが、ドスンが少しでも先だと、実際の芝生の上ではチョロになってしまいます。

格好良くターフを飛ばすには、ボールにヒットした後にソールが芝生に接地しなければなりません。

アマチュアゴルファーの多くは、ターフを取らない払い打ちをしています。
もちろんプロや上級者も状況に応じてわざと払い打ちをする場合もあります。

ターフを飛ばすことを意識しすぎるとダフる

ゴルフとは不思議なスポーツで、意識しないと上手くいきませんが意識しすぎると悪い方向へ向かっていきます。

これまででターフを飛ばすことの意味は理解できたと思います。
確かにプロみたいにターフを飛ばして、グリーンでピタリと止めたら格好良いですよね。しかしそれを意識しすぎると、残念な結果になってしまうのがゴルフなのです。

理想はボールを打ってから芝生を削るので、ヘッドの軌道は上から下に向かいながらインパクトを迎えます。
これがダウンブローの基本です。
上から下に打ちつけることを意識しすぎると、ヘッドは地面にめり込んでしまうので、結果ダフリます。

ターフを取ることに憧れを持つ気持ちは分かりますが、ターフとは意識して取るものではなく、結果ターフが取れたと考えるべきです。

ダウンブローやターフを取ることを意識しなくても、きれいにボールにヘッドが入れば、ダウンブローになっているし、結果ターフも取れていると言うことになります。
難しく考えずに、しっかりとボールにヒットさせることから考えましょう!

ターフを取ることの意味を勘違いしているゴルファー

ターフが取れるダウンブローとは、ハンドファーストにインパクトしてボールにヒットさせ、ボールの先の芝生が削られます。

ではなぜダウンブローに打つのでしょうか。

それはロフトが立って当たるので飛距離が伸びる事と、鋭角にヘッドが入るので、スピンが効いた球が打てるからです。

しかしダウンブローの意味を上からヘッドを叩きつけると勘違いしているゴルファーが非常に多いです。
上から叩きつけなくても、ハンドファーストでインパクトを迎えることを意識しなくても、普通にヘッドを走らせるショットをすればダウンブローになります。

スイング中にはアドレスした時よりも、グリップは飛球線方向にずれるので、シャフトが傾き自然とハンドファーストに当たります。

そのためにはスイング中にアドレスした時のグリップ位置までグリップを下ろさなければなりませんが、スイングでアドレス時の腕とシャフトでできる角度が遠心力の関係上で大きくなるのです。
この角度が大きくなるという事は、肩からヘッドまでの長さがアドレス時よりインパクト時に長くなるという事です。

この意味を理解できた時に、意識せずともターフは取れるようになっているでしょう。

ターフを取るのはゴルフでは絶対必要?

ターフを取るショットは格好良いですし、グリーンでピタリと止められるので、飛距離も安定しスコアをまとめることもできます。

しかし「絶対必要」と言うことはありません。

そのようなショットを打てなくても、シングルゴルファーになることは十分可能です。
なぜなら払い打ちをして、転がりを計算に入れれば何の問題もないからです。

無理に挑戦してみて、ミスショットを連発するよりも、払い打ちで確実に運んでいく方が良い結果を残せるでしょう。

ショートアイアンで払い打ちをして、ミスショットがほとんど出ない!くらいまでになった時に、初めて打ち込むショットへの挑戦を始めても良いと思います。
そのレベルに達していないと、ダウンブローの意味を理解できないまま間違った形を意識してしまうので、上達するどころかスイングの形は崩れる一方になってしまいます。

レベルアップを試みてスイング改造をすることはゴルフ上達において大切なことではありますが、まずは基本をしっかりとできるようになってからにしましょう。

芝生の種類でも違いがある

ターフやダウンブローの意味が分かったらと言って必ず実践できるとは限りません。

ゴルフと言うスポーツはどの面においても奥が深いスポーツです。
だからこそ、一生できるスポーツであるのかもしれません。

ゴルフも上達して、ダウンブローも上手く打てるようになり、毎回ではないけれども格好良くターフが飛ばせるようになれたら次は芝生の違いです。
実は芝生の種類によってもターフが取れやすいものと取れにくいものがあるのです。

日本のコースのフェアウェイは、高麗芝や野芝などの和芝です。
これらの芝生は、茎が強く、ボールが芝の上に乗っている状態になります。
つまり低くティーアップしているような状態なのです。

「ターフを取る」の意味が理解できていれば、ここまでの説明でピンと来たのではないでしょうか。
低くティーアップしているような状態なので、ダウンブローに打ったとしてもターフは取れにくいのです。
逆に払い打ちでも上手く対応できる芝だとも言えます。

外国のコースでよく使用されているベント芝のような洋芝は、柔らかくボール自身が若干沈んでいる状態なので、クリーンに打つ必要があります。
もちろん払い打ちでは対応が難しいです。

このように芝生の種類で打ち方にも気をつけなければならないのです。

夢や目標のためには地道な努力を積むしかない

格好良くダウンブローでターフを飛ばす!
もちろん難しいことではありますが、無理なことではありません。

しかし背伸びをして無理に取り組むのではなく、基本から地道に練習を続け少しずつ夢や目標に近づく為にがんばるのみです。

練習は決して嘘をつきません。
また練習を積んでいるからこそ、自分をしっかりと理解できます。

きちんと順を踏んでプロのようなショットを目指してがんばりましょう!

 - 初心者 入門