インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離アップにつながります。

インパクトはゴルフの実力向上の上で大切なポイントになりますので、今回はその原理と練習方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのフィニッシュでは左足がめくれるのが正解なのか?

ゴルフの中継でプロのスイングを見ていると、多くのプロは左足がめくれるようなフィニッシュになっています...

アイアンでボールが先に当たる原因は、軸がずれているから

アイアンで打点が安定しないゴルファーに共通する事、それはスイング軸がズレているからです。フェ...

ショットメーカー、藤田寛之のスイングを分析して生かすには

賞金王にもなった事のある藤田寛之プロですが、そのスイングの正確さには定評があります。ただ、スイ...

オンプレーンゴルフスイングでの正しいコックは縦方向に行う

ゴルフスイングで手のコックは不可欠な動作です。コックをすることによってクラブを正しいプレーンに乗...

ドライバーでゴロが出てしまうのはフックグリップが原因かも

ティーグラウンドに立ち、イメージは高い弾道で鋭くフェアウェイに向かうドライバーショット。しかし...

ゴルフクラブをグリップの上から握る理由と効果について

球筋が安定しない時はゴルフスイングに問題があると考えがちですが、実はグリップの握り方に原因のある...

ゴルフスイングの捻転しすぎは百害あって一利なし!

ゴルフスイングにおける捻転の重要性を説いている教本をみかけますが、身体を捻るためには思いのほか不...

アドレスで体重を足のどこにかけるか大きく2つに分かれます

ゴルフで「アドレス」というのはスイングの全てを決めます。ショットの調子が悪かったら、まずはア...

スイングプレーンを意識したアイアンショットで上達する?

レッスン書で良く目にする「スイングプレーン」ですが、すべてのスイングが対象になるものなのでしょう...

ゴルフ練習場でラフの打ち方が上達できる練習方法とは

ゴルフ場の中で難しいにも関わらず、練習ができずに経験値でしか上達できないのがラフからのショットです...

ゴルフの捻転とスライスの関係性

ゴルフでスライスに悩んでる人は沢山います。スライスするのには体の捻転が大きく関係しています。...

【ゴルフ上達】ダウンスイングは落下を待つと再現性が高い

ゴルフ上達には様々な理論を理解する必要があります。必要なことはスイングの再現性。再現性が高け...

アプローチはゆっくりと一定のスピードで振ることを意識して

アプローチの際に無意識にボールを打つ瞬間に合わせて力を入れ、ヘッドを走らせようと言う意識が働いて...

スライスとプッシュアウトは表裏一体の関係にある?

スライスの原因を確かめてスイングを修正すると、今度はプッシュアウトが出始めることがあります。...

ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュアゴルファーは悩みますよね。左手だと...

スポンサーリンク

練習でインパクトのとき左手を止めるようにすることのメリットとは

ゴルフでは以前はプロや上級者ほど、ロフト角を鋭角にさせるため、腰も鋭く回転させることが重要だと言われていました。

しかし最近では、腰の回転についてさほどうるさく言われなくなりました。
それはなぜかというと鋭角的な腰の回転をした場合、肩のラインも開いてしまうことが多くなり、その結果ボールの飛ぶ方向が不安定になるというデメリットが強調されるようになったからです。

腰の鋭角的な回転に頼らずショットを打つようにするためには、インパクトのときに止めるような感覚を持つことです。
インパクトのときに左手を止めようとするには、腰の回転も止める必要が出てきます。
そうすることで打球の安定感を求めることができるのです。

特にダウンブローに打ちたいときは、そのコツが腰にあるといっていいので、腰の回転の鋭角さを抑えるためにもインパクトのときに左手を止める感覚というのは役に立ちます。

インパクト寸前で左手を止めるとヘッドが走り飛距離アップにつながる

インパクトのとき左手を止める練習をすると結果的に飛距離アップにつながります。

ゴルフは飛距離だけではないとはいえ、飛距離が出なければスコアも頭打ちになってしまいます。
最大飛距離を伸ばすのではなく平均飛距離を伸ばすことはゴルファーの第1課題といってもいいはずです。

そして力があるから遠くに飛ぶという訳ではないのがゴルフです。

それでは飛距離を出すためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずヘッドスピードを速めること、ヘッドの走らせ方が重要になってきます。
ヘッドを上手く走らせることができない最大の理由は手首が上手く、正しく使えてないからなのです。

いつまでたってもスコアが伸びないと嘆くアベレージゴルファーのスイングを見ていると、インパクトのときに手首が返らず、そのままの向きになっている人がほとんどです。
手首を上手く使えなくてはヘッドにスピードは乗らず飛距離は出ません。

インパクトのときに左手を止める練習をすることでこれらの弱点を改善することができるでしょう。

インパクトで左手を止めれば自然に手首が返る

それではなぜ左手を止めること、そして手首の使い方の違いで飛距離が出るようになるのでしょうか?

例えば走っている電車が急に止まったとき、乗客は車両の中で「ガクン」となります。
これをゴルフクラブに置き換えると、長い棒を振っていて急に止めたとき、手のひらでグリップをしっかり握っているのですからクラブは前に行きたくても行けません。
よって、クラブを握っていた左手は自然にクルッと返ろうするのです。

手首を返そうとしても上手く返らなかったものが意識しないでも返ります。
そしてこの手首のメリハリがあるからこそヘッドスピードが上がり飛距離へとつながることになります。

試しにインパクトのときに左の手首を意識的にわざと返そうとしてみてください。
かなり難しいことが分かると思います。

つまりは、そんな難しいことを意識的にしてはいけないのです。
逆にインパクトのときに左手を止める意識を持って振ってみてください。
不思議なことにこうすると左手首がくるっと返るのです。
そしてこのときにはグリップは打球方向と反対を向くはずです。

練習ではインパクトのとき手首を返そうとはせず止める感覚をつかむようにします。
最初は他のことは考えず、手を止めることだけに集中してやってみてください。

この感覚をつかむことで手首が自然に返り、結果として飛距離が伸びていくはずです。

左に壁がある感覚を意識してインパクト寸前で止める練習をしてみよう

ヘッドスピードを上げようとして意識的にでも、無意識的にでも無理やり体を回してしまうことがよくあります。
しかしこういうやり方でヘッドスピードを上げようとしても無理があります。

そこで今回お話している左手を止める意識を持つことは逆転の発想といえます。

手首が自然と返りクラブが勝手に走る練習をするとき、このとき壁がある感覚を意識するといいのです。
このことは「左サイドの壁」、「左脚の壁」などと表現されています。
壁があると意識するためには敢えて壁を壊すくらいの意識でスイングした方がいいとか、常に壁を感じろなどと正反対の表現の仕方をされるときがあります。
壁を壊すくらいの意識でスイングしろということは、壁があるということを知っているということです。

どちらにせよ、共通したコツはというとインパクトの後にすぐに打球の行方を目で追うということをしないようにすることです。
なぜかというとすぐ見てしまうと頭の位置もブレて体が開いてしまうからです。
インパクトのときに左手を止めようと意識することと左に壁がある意識は相通ずるのです。

インパクト寸前でスイングを止める練習で飛距離アップ

そこでインパクトで腰の回転を鋭角的にしてしまうデメリットを無くし手首のローテーションの甘さを改善する、その結果として飛距離アップにつなげるための具体的な練習方法を説明します。
これはとても簡単です。

それは単純にインパクトの寸前で左手だけでなくスイング自体をキュッと止めることなのです。
いわゆる寸止めです。
えっ!?それだけ?
という声が聞こえて来そうですが、
はい!それだけです。

こうすることにより肩のラインなど体が開くことも防ぐことができます。

ただ1つ注意していただきたいのは最初からフルスイングでこの練習をしてしまうと怪我をしてしまう可能性があるということ。
ですからこの練習に慣れるまではスロースイングの練習から始めなければいけません。

ボールに当たる直前にヘッドを止める練習を続けるとドライバーのシャフトがしなる感覚がつかめてくるはずです。
このしなる感覚をつかむことが大切です。

理想のショットの分解写真と自分の映像を比べてみよう

勉強しようとプロのショットの分解写真を参考にしてインパクトやインパクト後の形を作ろうとしても、静止した形はできてもいざショットのときになると上手くいかないものです。

大抵は、左肘が曲がってしまったり頼りなさげに引けた状態になります。
理想と現実とのギャップにがっくりしてしまうことでしょう。

習うより真似ろとはよく言われ、ゴルフももちろんそうなのですが、静止画をいくら真似ようとしても無理があり、おかしな癖がついてしまってからでは正しい形にすることは困難になってしまいます。

静止画を真似したくてもどうしたら真似られるのかという原理を知らなければどうにもならないものです。
インパクト寸前で左手を止める練習こそが自然な手首のローテーションを身につけ、理想のインパクトの形を真似る近道になります。
できれば自分の動画を撮ってもらい分解写真と見比べながらの練習をしてみましょう。

左手を止める感覚を身につけヘッドを走らせよう!

「走らせたければ止めよう」、まさに逆転の発想で飛距離は確実の伸びていきます。

今回紹介したように左側の壁を意識して練習あるのみです。