アイアンスイング、できるだけ右手を使わないための練習方法

ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス、ダフリ、トップです。
これらすべてのミスの原因のほとんどが、実は右手を使い過ぎることによって起こっているのです。

でも右手を使わないようにしようとしてもどうしても使ってしまいますよね。

そこでどうしたら右手の力を抜いてスイングすることができるようになるのか、その注意点や練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダウンスイングでの左肩甲骨の動きが左肩の外転の元になる

スイングでもっと大事なことはインパクトの瞬間です。その良いインパクトを迎えるために重要なのはダ...

人気プロゴルファー藤田寛之の全てを徹底分析してみよう!

ゴルフ界一の卓越した理論を持つことで有名な藤田寛之選手。それはスイングだけでなく、トレーニン...

ゴルフスイングでは右手だけこねることはできない?

ゴルフ中・上級者になってチーピンがではじまると、右手をこねるようにインパクトをしていると言われて...

凝視は駄目!?ではアイアンはボールのどこを見るのが正解?

ゴルフ初心者にとってボールのどこを見ると良いスイングができるのかは興味があるテーマですよね。ア...

オフシーズンにアイアンのミート率を高める考え方と練習方法

アイアンのミート率を上げるにはスクエアなインパクトが重要です。スクエアなインパクトをするには、...

パッティングでボールをひっかける理由とその対策を知ろう

パッティングでひっかけると癖になり、ストロークすること自体が怖くなるものです。パターでひっか...

ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュアゴルファーは悩みますよね。左手だと...

ゴルフでアドレスを取る際の正しい頭の位置はどこになるの?

『アドレスを制する者はゴルフを制する』と言われるほど、ゴルフにおいてアドレスは大切です。きれ...

スライス防止には恒久的な解消法と緊急的な対処法がある

日頃からスライス系の球筋になって悩んでいる場合と、ラウンド中に突然スライスボールを連発してゴルフ...

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありま...

ゴルフスイングは捻転不足じゃないのにスライスするのはなぜ

ゴルフスイングが捻転不足だとスライスすると言われますが、しっかり肩を回したスイングをしていてもス...

このスイング理論で練習すればゴルフの手打ちを解消できる!

ゴルフのスイングについては数多くの理論があります。その中でいわゆる「手打ち」と言われるスイン...

ゴルフスイングで軸を動かさないための練習法

ゴルフスイングでトップやダフリが頻繁に起こるようなら、軸を動かさないスイングの練習をしてみてはい...

意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

スイングのコックの仕方や方向で、「左手親指」について書いてありますが、これが意外と誤解を生みやすい...

谷将貴が推奨するストロンググリップは本当に打ちやすい?

グリップとは、クラブと手を繋ぐ唯一の接点です。ですからゴルフスイングにとって非常に大切な部分と言...

スポンサーリンク

練習方法①アイアンから右手の親指と中指を離してスイング

右手に力が入っているというときは無意識に右手の親指と人差し指でクラブをしっかりと握りしめているものです。
そうするとどうしてもフックにさせてしまいます。

そこでまずこの2本の指を離して持つことを意識して右手を使わない練習をする方法を紹介します。
それは中指と薬指だけをアイアンのシャフトにひっかけて持つようにするのです。

まずはこの握り方をして素振り練習をしてみましょう。
2本の指だけで右手を支えるのですからほとんど力が入らないので必然的に左手主導でスイングできるようになります。

基本はなんといっても素振りですが、しっかりと素振り練習をしてから実際にボールを打つ練習に移行します。
こうすることで右手の人差し指に力が入らないため、右肩にも力が入らず、よって右の肩が前にせり出すこともありません。

右手打ちが抑えられてスムーズにスイングができるようになるまで練習を続けてみましょう。

練習方法②左手1本だけ。右手を使わないでアイアンをスイング

そして、次には左手1本だけで素振り練習をします。
7番から9番のアイアンでの練習が一番やりやすいでしょう。

左手1本となれば右手は使おうと思っても使えないですね。
これはまさに強制的に右手を使わないようにする練習方法といえます。

左の脇をしっかり締めるのは基本中の基本、背中が打球の目標方向へ向くような気持ちで脇を左胸へ押す感じにすると上半身が自然に上手く捻じれてくれます。

はじめからフルスイングは難しい、というか無理だと思いますので、小さなスイングから練習していき徐々にフルスイングできるように練習を重ねてみましょう。

暇な時にはこの方法でゴルフクラブを握らなくても左手スイングでの素振りもしてみるといいですね。
腕を意識すると同時に体をきちんと捻ることができているかどうかを意識するのがコツです。

練習方法③アイアンお箸持ちで右手とグリップの間に空洞を作る

右手の親指と人差し指、そして薬指の3本だけでアイアンを持ってスイングする方法も役に立ちます。
まさにお箸持ち打法といえますね。

やってみると分かると思いますが、この持ち方で握ると右手の手のひら部分とグリップの間には空洞ができるはずです。
この空洞があることによってしっかりとアイアンのシャフトを握ることが難しくなるため右手に力が入らないということを利用した右手を使わない練習方法です。

左手と右手の間にも空洞ができるように、右手にしっかりと添えるというよりふわっと右手の空洞を潰さないようにします。

ゴルフクラブをお箸持ちするという発想はこれまでまったくなかったのではないでしょうか?

私たちは力を入れてお箸を握りしめたのでは疲れてしまうので無意識に力を抜いて上手にお箸を持ち食べているものです。
毎日お箸を持って生活している私たちにとってはピッタリな練習方法といえますね。

練習方法④右手を使わないためにはワシ掴み回避、V字を意識

アイアンやドライバーを握るときワシ掴みしていませんか?

ワシ掴みしていると右手が使いやすくなってしまうのです。
しっかりと物をつかんだり持ったりするときにはワシ掴みにしますよね!

そのことを回避するためにはグリップにかぶせた右手の親指と人差し指でしっかりとV字が作れるように意識しなければいけません。

ワシ掴みは安定感があると同時に私たちが慣れている持ち方ともいえますが、ゴルフではその自然な持ち方が危険なのです。

右手の親指と人差し指でしっかりとV字を形成させようとすると、この2本の指をピタッとくっつけなければいけないことが分かります。
上手くV字を作るためには手首を少し反らすような気持ちにするといいです。

ただし注意点としてはV字を作ろうとするあまり、親指と人差し指の2本の指でグリップを強く掴もうとしてはいけません。
そうすると逆に変に右手に力が入ってしまいます。

そして手首を反らせばいいとばかりに手首に力が入りすぎては手首を痛めたり、体のおかしなところに力が入りすぎてしまうということにもなりかねませんので、注意してください。
こうして考えてみても右手を使わないのは難しいことですね。

練習方法⑤ダブルオーバーラッピンググリップでアイアンシャフトを握る

ゴルフクラブは通常は左手の人差し指の上に右手の小指を乗せてシャフトを握りますが、ダブルオーバーラッピンググリップという持ち方は、左手の人差し指の上に右手の薬指を乗せる持ち方のことです。

通常の握り方はオーバーラッピンググリップといいますが、上記の握り方をすることで必然的に右手の小指と薬指の2本の指が左手の人差し指の上に乗るようになるので「ダブル」となるわけです。

この握り方でアイアンをスイングするとほとんど力が入らないので、右手が使えないことが分かると思います。
トップあたりでグラグラとぐらつきとても打ちにくく感じますが、左手重視、右手の力を使わず上手く打てるようになるにつれダブルオーバーラッピンググリップができるようになってきます。

練習方法③のお箸持ちの練習方法もそうですが、持ちにくくグリップと手のひらの間に空洞もできるので右手を使うことを回避できるようになります。

より上達してくると練習だけでなくコースに出た時でさえダブルオーバーラッピンググリップを試してみる人もいるくらいですから、力は入らなくても安定感のある握り方ともいえますね。

「左手主導、右手は使わないで添えるだけ」を意識し続けて練習あるのみ

上記の練習方法①~⑤をすべて試してください。

好みの問題もありますが、タップリ時間をかけてみたいもの、そうでないものなどが出てくるかとは思いますがとにかく一通り続けてみてください。

最初は違和感があっても当たり前です。
右利きを左利きに矯正するというほどではないにしても力配分が通常の生活で行っているものとはずいぶん違うのですから。

でも続けていれば徐々に慣れてくるものなのです。
その上で少しずつ右手を使わない練習ができてきてからが正念場ともいえます。

右手主導の生活を送っている私たちはついつい右手に力が入る癖がついてしまっているのでまた元に戻ってしまいがちだからです。

右手主導、右手に力が入ったままでスイングしようとするとテイクバックのときに体を捻るのではなく右腕で後ろに引こうとしてしまいます。
左手を意識的に使う、右手を使わないことを意識できないと体を上手くにひねらないことにはテイクバックできません。

右手を使わないように左手主導と、少し極端なバランスのとり方をするためには、常日頃から「左手主導、右手は添えるだけ、使わない」と呪文のように唱えてみるのも1つの手ですよ。

ゴルフの練習のときだけでなく毎日の生活の中でも少し時間が空いたときには、呪文を唱えながら素振りをするくらいになれば上達は早いでしょう。
そうすることで頭と体に覚え込ませてしまうのです。

ゴルフの上達は右手をいかに使わないかに掛かっている

いかがでしたか?

少し極端な練習方法もありますが、ただ単純に右手を使わないようにと意識するだけでは無意識にまた右手を使いだしているものですね。

ゴルフは右手をいかに使わないようにしていられるかに掛かっているといっても過言ではありません。
上記の練習方法を取り入れて左手を上手く使えるようになることが上達のコツです。
できないからといって簡単にあきらめないでくださいね。