谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。
上げて下ろす、素直なスイング理論のコーチで、多くのプロゴルファーのスイングサポートも行っています。

谷将貴のスイングから感じられる事は、腕と体の動きの一体感です。
ドライバーでは、無理に飛距離を求めるのではなく、自分の体の幅の中で飛ばせる距離を飛ばすと言ったスイングです。

では、シンプルスイング、谷将貴のスイングと理論を見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのスコアが伸びない方は一度自分のプレーを分析して

ゴルフのスコアが伸びない方の共通点。自分のプレーのミスを下手くそで片づけてしまうこと。...

アプローチの基本的な種類と打ち方を押さえてスコアアップ!

アプローチの重要性を知っていても、ただ何となく感覚だけでアプローチをしている人もかなり多いのでは...

ドライバーの飛距離はクラブの違いで手に入る?選び方とは?

ドライバーの飛距離をアップしたいと望むゴルファーは多いと思います。もちろん技量によるアップはだ...

ゴルフスイングの練習しすぎがシャンクの原因?

ゴルフスイングの練習しすぎがシャンクの原因であると言う説があります。確かに上手くなる過程で起...

あなたはアプローチで上げる派?転がす派?上げて転がす派?

アプローチはパッティングと同じくらいゴルフにとって大事で繊細なショットです。状況によってアプ...

【ゴルフ上達】70台シングルはどんな練習をしてる?

シングルゴルファーには一体どんな練習をすればなれるのでしょうか?普通に練習場で真っすぐ打って...

ゴルフで90切りを短い期間で実現するためのマネジメント

ゴルフは如何にスコアを少なくしてホールアウトできるかを競うスポーツです。一般的に上手いと言わ...

ゴルフ上級者でなくてもバンカーは60度のウェッジを使いたい

ゴルフの上達とともに、バンカーの攻略は気になるところです。バンカーからの脱出を優先したサンド...

バランスディスクを使ったゴルフトレーニング法を厳選紹介!

ゴルフ技術上達のためのトレーニング法としてふわふわしたバランスディスクを使ったものがあります。...

短い距離のアプローチの練習方法は自宅でいつでも行える

短い距離のアプローチの練習は、練習場で行うのはちょっともったいない気がする距離ですよね。とは...

パッティングの悩みを解決するのはタップ式?ストローク式?

パッティングスタイルにはストローク式とタップ式があります。パッティングが調子悪くなると、...

フライヤーはゴルフでは避けられないが起こるには条件が必要

ゴルフでフライヤー、つまりボールスピンが減り、想定飛距離よりも飛んでしまう現象は、発生するのにライ...

ゴルフは打ちっぱなしで目的を持って練習に取り組みましょう

ゴルフの練習で行くところと言えばやっぱり打ちっぱなしですよね。打ちっぱなしにいって上達して自...

石川遼プロのアイアンのライ角は標準角度なのでしょうか

アイアンセットを選ぶときは、ライ角がアップライト仕様なのか標準仕様なのかフラット仕様なのかを確認して...

アイアンフェース面とアドレスの関係!ゴルフレベルアップ!

スクエアにアドレスして、ストレートボールを打つ。ゴルフの基本であって、皆さんはそれができるように...

スポンサーリンク

ドライバーも含め谷将貴のスイングで大きな特徴となる腕の一体感について

谷将貴のスイングで最も特徴的と言えるのが、腕と体の一体感です。
これは、スイング中腕が終始体の前から外れない事で、一番腕が体の前から外れやすいドライバーショットを見てみても、谷将貴のスイングでは外れていない事が分かります。

プロでも力んだ時やタイミングが外れた時に腕が体の前から微妙に外れます。
すると必ずボールは曲がる為、プロもこの腕と体の一体感に気をつけてスイングを行っています。

谷将貴のスイングは特にこの部分を大切にしていると思われ、ボールを胸で捉える様なイメージのスイングと言えます。

インパクトでは胸の前でボールをヒットする事により、真っ直ぐ正確なボールを飛ばせる様に注意しながらスイング作りを行っています。
その為に、スイングを強振する事なく、比較的ゆっくりとしたスピードでクラブを振っている様に見えます。
しかし、ボールはしっかりと飛んでいきます。

決して強振しなくても、リズムとテンポを守ればドライバーショットは正確に飛ぶことが谷将貴のスイングから見て取る事ができます。

ゆっくりテンポ、谷将貴のスイングは遅く長く感じる

強く振らない谷将貴のスイングですが、スイングがゆっくりと長く感じられます。

これは、強く振らない事によってインパクトゾーンを長く保つ様にする為のスイングだからと言えるのですが、その結果としてスイング全体に長さを感じられる様になります。
トップの位置も浅めですので、体を捻じり上げる様なバックスイングではありません。

もちろん、その様な形にすればもっと飛距離は上がるはずなのですが、谷将貴のスイング理論には捻じり上げる様な動作と言うのはありません。

また、スイング軸も2つある2軸スイングである事が分かります。
バックスイングで右足に、ダウンスイングで左足に軸が移っています。
正面または真後ろからスイングを見ると、スイング中左右に下半身が移動している事が分かります。
それでもスコアをまとめる為の飛距離は十分出せているので、強く振る事をする必要がありません。

インパクトゾーンが長いスイングというのは曲がりが少なくなるので、アマチュアゴルファーにとってのお手本となるスイングと言えます。

ドライバーショットが曲がって仕方がないというゴルファーは谷将貴のスイングを真似てみると良いでしょう。

賞金王片山晋呉プロをコーチした谷将貴のスイング理論について

過去3年連続賞金王になった片山晋呉プロの当時のスイングコーチを行ったのが谷将貴ツアープロコーチです。
その事実を見てみるとなるほどと思う所があります。

片山晋呉プロのスイングは他のシード選手に比べてゆっくりですよね。
このスイングの仕方は谷将貴のスイング理論と合致します。

決して飛ばし屋ではない片山晋呉プロですが、飛ばない訳ではなく自分の描くコースマネージメントに合致した分飛べば良いという考え方です。
ゆったりとした2軸スイングで、スイングを強振しない振り方というのは谷将貴に教えによる所も大きいのではないでしょうか。

腕が胸の前から外れないスイングというのも片山晋呉プロの特徴と言え、谷将貴よりもさらに腕と体の一体感を高めたのが片山晋呉プロのスイングです。
なのでいつも安定したボールを打つ事ができ、3年もの間賞金王を獲得できた理由の1つとなっています。

片山晋呉プロの練習場での動作を見ると、本当にスイング中体のバランスを意識されています。
少しのズレが大きな結果となって現れるのがプロの試合なので、ドライバーからウェッジに至るまで、腕と上半身の動き、下半身の高さを強く意識して練習を行っています。
谷将貴のスイング理論の申し子の様なスイングをされています。

パターまでシンプル、谷将貴のパッティングストロークは引いて打つだけ

あくまでもシンプルを追求したスイング理論である谷将貴ですが、パターの打ち方もこれまたシンプルな考え方です。

狙った所に対して、ヘッドを引いて打つ、これだけです。
ストローク幅をイメージしたらあとは素直に打つだけです。

パッティングスタイルはショルダーパットと言われる、腕と手首を固定して肩の動きだけで打つスタイルです。
現在はほとんどのゴルファーがこのパッティングスタイルとなっています。

谷将貴は余計な事を考えず、打つ前にストローク幅を確認したらあとはその通りに引いて打つスタイルとなっています。
もちろん、ライン読みは必要なので、そこは経験が必要になるのですが、ショートパットはシンプルが一番です。

パターが入らないからと言って、ストロークをあれこれ余計な事を考えるのは逆効果になります。
谷将貴の様にドライバーでも上げて下ろすだけ、パターも引いて打つだけの考え方ならラウンド中無用な緊張や体の動きの変化を伴わない為、良い効果が生まれると言えます。

ドライバーショットの練習に最適、谷将貴が考案した練習器具

谷将貴が監修するゴルフ練習器具シンプルマスターシリーズは、正しいドライバーショットを習得する為の器具として最適です。
特に、腕と体を一体化させて動かす為の道具、シンプルマスターCBはトッププロのみならずトップアマチュアも練習で使用する程、メジャーな練習器具です。

直径20cm程度のボールを胸の前ではさみ、スイング中ボールがずれない様に振る事で、腕が体の前に保たれます。
あまり大振りはできないのですが、この練習を繰り返し行う事によって、上半身と腕の一体感を感じる事ができる様になります。
もちろんドライバーショットでも使う事ができるので、大振りしてボールが曲がってしまうゴルファーには最適と言えます。

アマチュアゴルファーは特に腕の力だけを使ってスイングしようとされる方が多い為、こうした練習器具を使う事で、腕の意識を外す事ができる様になります。
価格もネットなら2000円以内で購入する事ができるので、コストパフォーマンスに優れた練習器具と言えるのではないでしょうか。

ドライバースイングに見る谷将貴のスイングの素晴らしさ

谷将貴のドライバースイングは、トップは小さめで、フォローもコンパクトに収まっています。
こうしたスイングは、体の硬くなった年配ゴルファーでも十分真似のできるスイングと言え、無理に振らなくても飛ばせるスイングを身につける事ができるはずです。

ゴルフスイングはボールを飛ばそうとすると、とにかく大きなスイングをしてしまいがちですので、谷将貴の様にコンパクトなスイングと適度に体重移動するだけでボールを飛ばせる事を学ぶと良いと言えます。

Youtubeでも谷将貴のスイングは多くアップされているので、コストをかけずにスイングを見る事ができます。
こうした動画を見ると、全てスイングがコンパクトに収まっている事が分かるはずです。各スイングの課題に対してレッスンする動画もあり、こちらも参考になるのですが、まずは大振りして曲がるスイングのゴルファーは谷将貴のコンパクトなスイングを真似てみてください。
きっと曲がり幅が少なくなってくるはずです。

谷将貴のシンプルなスイング理論は誰にでも取り入れられるはず

谷将貴の上げて下ろすだけのシンプルなスイングは、年齢性別問わず誰にでも受入れられ、真似のできるスイングと言えます。
特に若手の男性は、飛ばしたい意識が強くなりがちで、結果大きく曲がる様なスイングになってしまう事が往々にしてあるので、コンパクトに体重移動を上手く使った谷将貴の様なスイングをしてみると良いと言えます。

飛んでも曲がっては意味がありません。
ゴルフは上がってなんぼのスポーツです。