女子ゴルフのサインのもらい方にはルールとマナーがある!?

昨今人気が高まる女子ゴルフ。
選手も美人で、多くのファンが集まります。

そんなとき、ファンは「サインをもらいたい」と思うことでしょう。

しかし一体どのようにしてサインをもらったら良いのかご存知ですか。

今回はそんな女子ゴルフ選手からの「サインのもらい方」について解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

公平なゴルフを楽しむためにハンディーの種類や方式を知ろう

ゴルフの最大の魅力とは、ゴルフ経験を問わず、老若男女とあらゆる世代や性別の人と一緒に楽しめるスポーツ...

ゴルフ観戦で濡れない服装を準備すれば雨の日でも楽しめる

荒天のゴルフ観戦は、1日中コース内にいても楽しめるように、服装を準備しておきたいものです。レ...

ゴルフ場が着用義務を課す服装って寒い冬でも同じなの?

ゴルフ場では服装を気にするところもあれば、自由に選べるところもあります。まして冬のゴルフとも...

【ゴルフの基本】1ラウンドの所要時間はどれくらいですか?

ゴルフはゴルフコースで18ホール回ってスコアを競うスポーツです。ところでゴルフの1ラウンド回...

オリンピックをゴルフ仲間と楽しむために計算方法を知ろう!

ゴルフの楽しみ方は人それぞれですよね。コンペなどであれば、ニアピン賞やドラコン賞など距離での...

ゴルフのプレーが分かりやすいルールブックが変わる2019年度

全てのゴルファーに朗報です。現行のルールブックが新しく生まれ変わります。来年の2019年...

満員のゴルフ場でもスロープレーのペナルティは科せられる?

ゴルフのプレーが遅い人と一緒に回ると、イライラが蓄積して調子が狂ってしまうことがあります。プ...

【ゴルフ教えて!】ゴルフ場でのカート運転には免許は必要?

ゴルフ場に行くと各ホールをラウンドするためにゴルフ用の乗用カートで移動するのが普通です。基本...

ゴルフコンペの幹事になったら締めの挨拶の準備をしておこう

ゴルフを趣味にしていると色々な人たちとプレーする機会が生まれます。そしてそんな人たちとより親...

知らなければダメ!ゴルフルール上の1ペナの注意点と数え方

ゴルフのルールの中で、1ペナと2ペナの2つの罰があります。スコアメイクを考えれば1つでも罰を減...

ゴルフ、ホールインワンのお祝いとはどの様な形式があるの?

ゴルフをやっている人なら誰もが1度はやってみたいと思っている夢のホールインワン。ティーショットで...

ゴルフの順位の決め方、アマチュアの競技とツアープロの場合

アマチュアゴルファーのゴルフスタイルとしては、趣味や健康のためにゴルフを楽しむ人と、所属クラブやゴル...

ゴルフにおけるラウンドの醍醐味とokパットについて考えよう

ゴルフの醍醐味とは何でしょう?それは人それぞれあるかと思います。ドライバーショットが...

ゴルフ場のスタート時間の目安ってどうやって決めているの?

ゴルフ場のプレー時間は4時間以内としている場合と、5時間を目安にと推奨している場合があります。...

ゴルフコンペで挨拶を求められても大丈夫な初参加の心構え

ゴルフコンペでの挨拶は、笑いがあったり感謝したりと、工夫を凝らした内容のものが多いものです。...

スポンサーリンク

女子ゴルフのサインのもらい方が気になる人が増えている

最近、女子ゴルフの人気が非常に高まっています。
その理由は様々なものがありますが、やはり美人選手の増加がその要因。
かつての女子プロゴルファーといえば、あくまでもプレーの正確性や強さが最優先で、女性であることは二の次三の次、どちらかといえば女性であることを隠そうとする人が多かったもの。

ところが最近は宮里藍・上田桃子を筆頭に藤田美里、香妻琴乃、イ・ボミなどゴルフの実力とルックスの良さを兼ね備えた選手が急増。
それに比例して、人気も上昇。
今や男子プロツアーを凌ぐ人気と言われています。

色々と批判もありますが、やはりルックスが良い、かわいいというのが人気の秘密。
それに、セクシーさをウリにするプレーヤーもいますので、男性を中心に「おおお」となる人も多いようです。

その人気に比例して、「サインをもらいたい」と考える人も増加。
しかし、プレー中にサインをもらうのはもってのほか。
女子ゴルフのサインのもらい方について悩む人が多いようです。

女子ゴルフはもらい方次第でサインが貰える?

可愛い女子ゴルフ選手のサインが欲しいと考えるのはファンであれば当然のこと。
女子ゴルフはもらい方次第でサインが貰えるということは、皆さんも御存知の通りです。
しかしいざサインをもらおうと思うと、方法が分からない人も少なくありません。

そこでネットを見ると「サインをもらった」という報告も多数寄せられており、女子ゴルフ選手のサインのもらい方は確実に存在している模様。
周りはサインをもらっているのに自分だけもらえないというのは、少々不公平で、本当にサインが欲しいのなら納得できません。

もらっている人だけが知る何かしらのコツがあるのでしょう。

皆さんはそれを御存知でしょうか?
このようなことはあまり人に話したがらない人も多く、なかなか表に出ません。

また、女子ゴルフのツアーを実際に見に行ったことがあるという人も意外に少なく、勝手が分からないことが多いものです。

女子ゴルファーからのサインのもらい方で悪い例は?

それでは、女子ゴルフで選手からサインをもらうにはどうしたら良いのでしょうか。

サインのもらい方は色々とありますが、まずやってはいけないことから説明しましょう。
当然ですが、ゴルフツアーのトーナメント中に声をかけたり、サインをねだったりしてはいけません。
迷惑行為に認定され、場合によっては出入り禁止になることもあります。

また、ツアー後疲れて帰る女子ゴルフ選手に声をかけてサインをねだることもご法度。
こちらも、選手にとっては迷惑と感じることになりますので、やってはいけません。
もちろん、女子ゴルフ選手のプライベートに踏み込んでサインをねだるという行為も、いけません。

選手もそのような態度を一度でも取られれば、顔も覚えていることでしょうから、二度とサインをしてくれなくなるかもしれません。
プロ野球やサッカー、芸能人の中にはそのような悪辣なファンが原因で、頑なな態度をとるようになってしまい、「もうファンにはサインをしない!」となることもあります。

自分の心ない行動がほかのファンに迷惑をかけてしまうということを、自覚しておく必要があります。

女子ゴルフ選手からのサインのもらい方は?

次に本題である女子ゴルフ選手からのサインのもらい方ですが、基本的には選手の様子をうかがいながら、「大丈夫そう」と思ったところで声をかけるのが吉ということになります。
とはいえ、どこで声をかけて良いのか分からないという声もあります。

一般的には、ツアー中であればプレーが終わった後のクラブハウスなどで即席サイン会が開かれる事が多いですから、それを狙うのが良いものと思われます。
「どこでサインしてくれるのか分からない」という場合は大会関係者に相談してみると、検討してくれる「ことも」あるようです。

もちろん「確実」ではないのですが、仮にサインがどうしても欲しく、手段が分からないという場合は、クラブハウスでの待機と大会関係者に相談してみると、良い結果が得られる可能性が高まります。
試す価値はあるでしょう。

また、「書いてもらうもの」についても、考えておく必要があります。
一般的には色紙ということになりますが、中にはゴルフボール、帽子、シャツという選択肢もあるでしょう。
もちろん、それは人の自由なので基本的になんでも良いのですが、やはりゴルフ選手に「失礼にならないように」しなければなりません。

プライベートの女子ゴルフ選手からのサインのもらい方は?

女子ゴルフ選手からサインもらう機会は、なにもツアー中だけではありません。
電車や飛行機、公共交通機関、あるいは飲食店などで女子ゴルフ選手を見かけることもあります。
女子ゴルフ選手ファンなら、やはり声をかけたいと思うことでしょう。

そんなとき、声をかけてサインをもらっていいのだろうかと考えてしまいます。

結論としては、あまり声をかけないほうが良いだろうと思います。
女子ゴルフ選手にもプライベートと言うものがありますので、そのような時間にサインをねだるのは、やはり不躾というものです。

なるべくならプライベートではなく、オフィシャルな時間にサインをもらうのが、女子ゴルフファンのスマートなサインのもらい方ではないでしょうか。

女子ゴルフファンならではのサインのもらい方を考えよう

皆さんはゴルフを愛する者であり、芸能人のようなミーハーファンとは一線を画する存在であると思います。

そのような人間が、一般の芸能人ファンのようにどこそれ構わずサインをねだるというのはスマートとは言えず、ゴルフを愛するもののやることとは思えません。

最近「忖度(相手を慮ること)」という言葉が流行していますが、やはりゴルフファンならば、ツアーに出かけてサインをもらうのが、筋というものなのではないでしょうか。

まず、女子ゴルフファンとして良識あるサインのもらい方を実践し、その上で新規ファンがおかしな行動を取っている場合は、注意を促すべきでしょう。

人気が高まる女子ゴルフだからこそ、「風紀」もしっかりとする必要があります。
皆さんはその風紀やマナーを教える側として、取り締まるくらいの気持ちを持ってラウンドを観戦しましょう。

マナーを守ったサインのもらい方を

見た目の良い女子ゴルフ選手からサインをもらいたいという感情は、誰しもが持つものです。
しかしそれを皆が爆発させ、無法行為に及んでしまっては、選手のプレーを妨害することになります。

くれぐれもマナーを守ったサインのもらい方を実践してほしいものです。