意外と多いスイングでのコックの方向。では正しい方向とは?

スイングのコックの仕方や方向で、「左手親指」について書いてありますが、これが意外と誤解を生みやすい表現になっています。

バックスイングの時に、どんなグリップ方法でも右手人差し指でヘッドを後方真上に上げればコックは完成します。

バックスイングを左手でしかしてない人はコックの意味を理解していないのかもしれません。

今回はコックの意味、正しい方向をしっかりと理解していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショットメーカー、藤田寛之のスイングを分析して生かすには

賞金王にもなった事のある藤田寛之プロですが、そのスイングの正確さには定評があります。ただ、スイ...

正しいゴルフスイングを練習するときはゴムホースを使おう

ゴルフで球筋が安定しないときは、スイングに問題があるのかもしれません。スイング改造は大きなリ...

横峯さくらのスイングの形は変則だけど問題ないのはなぜ?

プロゴルファー横峯さくらのスイングを見て、変だなぁと思ったことがある方は結構いるのではないでしょう...

テークバックのときにゴルフクラブで頭を叩く原因と対策法

ゴルフのスイングをしていると、クラブが頭に触れる場合や叩く場合があります。本来のスイングアー...

ヘッドスピード35m/sで悩めるゴルファーのドライバー選び

女性ゴルファーのヘッドスピードは27~37m/s前後ほどだと言われています。ヘッドスピード3...

重要ポイント!ゴルフで左手の親指付け根を意識するスイング

ゴルフスイングにおいて、グリップの握り方には多くの方式があり、それぞれに特徴があります。ゴル...

ゴルフスイングのコツ!バックスイングをコンパクトにする!

近年、世界的にプロゴルファーのゴルフスイングはバックスイングがコンパクトになってきています。...

池田勇太プロのスイングは一見すると変に感じるが基本に忠実

日本ツアーでもトップの実力の持ち主である池田勇太プロですが、彼のスイングは一見すると独特で変に感じ...

ゴルフではライ角の維持が上達に左右する!手首がポイント!

ゴルフでライ角と聞けば、クラブのライ角のことが頭をよぎると思いますが、それ以外にも手首のライ角という...

アイアンでボールが先に当たる原因。必読!その直し方。

アイアンショットでどうしても先に当たってしまう人。先っぽに当たるとボールは失速やドロップ、左...

ゴルフコースのバンカーショットが苦手な人のスイングドリル

ゴルフ場で苦手意識の強いバンカーですが、誰でも簡単に脱出できるバンカーショットを覚えると、少なく...

ビジェイシンのスイングからいろいろなことを学んでいこう

ビジェイシンと言えば、追放処分を受けた経歴と世界ランキング1位や賞金王と言った経歴の、光と影を経験...

米国ツアーで身につけた上田桃子のスイングとアイアンの切れ

上田桃子プロは米国ツアー用にスイング改造して、強い風にも負けない「球質の強い」アイアンショットを打...

ゴルフスイングで難しい左腕の使い方について考えてみよう!

ゴルフで左腕の使い方はどの様にすればよいのでしょうか。とくにスライスしか出ないゴルファーにと...

ティーアップしてもアイアンの飛距離が変わらない様に打つ

アイアンの飛距離については、ティーアップしようが芝の上から直接打とうが本来飛距離は変わりません。...

スポンサーリンク

スイングで大事なコックとは

スイングで大事と言われている「コック」とは、バックスイングで手首を曲げることです。
反対にダウンスイングでコックをほどくことを「リリース」と言います。

コックはヘッドスピードを上げ、飛距離を出すための重要な要素です。
ヘッドスピードを加速させるには、正しい方向にコックすることが重要です。

クラブを持った時の親指の方向に向かってコックするのが正しい向きで、アドレスした状態でバックスイングせずにコックだけ作ると、ほぼ真上に持ち上がることになります。

しかし左手の手のひら側に手首を折るのは間違いです。
厳密に言うと正しいスイングでもこの方向に多少は曲がるのですが、この方向だけに曲げるとクラブの操作が難しくなるからです。

バックスイングでコックしたら、ダウンスイングでコックをほどきます。
このタイミングが早過ぎるとコックした意味がなくなったり、ダフリのミスが発生しやすくなります。

出来るだけタメてインパクトに近いところで一気にほどくのがヘッドスピードアップの鍵になります。

その為には手首の力で戻そうとするのはダメです。
手首に無駄な力が入っているとクラブヘッドが走る妨げとなってしまうので、いかに手の力を抜くかがポイントになります。

多くの人がコックに悩むのは

ゴルフスイングにコックが大事だと言うのは分かるけど、コックと言うのがいまいち理解できていない人が多いです。
何故かというと、ゴルフ雑誌やレッスン番組、解説するプロゴルファーやレッスンプロの言っていることが、人によってバラバラだからです。

コックをする目的とは、飛距離を伸ばす為であったり、上から打ち込むショットのためであったり、スイングプレーンを安定させるためなどと言われています。
またコックのタイミングも、アーリーコックやトップで行うだとか、意識しなくても力を抜いてスイングすれば自然とコックできるなど様々な意見が見られます。

実際クラブを両手で握ってコックするので、両手の手首が曲がります。
その時も左手を意識する、右手を意識する、両手を意識するなど、本当に様々な解説があり、何が正解のか分からなくなってしまっているのです。

コックに限らず、ゴルフスイングに関しては、いろいろなゴルフ理論から成るものが多いので、お手本にする雑誌やコーチゴルファーをまずは決めることが重要です。

ですから、自分の目的や感覚と合いそうな解説を師事して、その目的のために練習するようにしましょう。
このときに目的がぶれないように決めた方向へ向かってしっかりと練習してください。

スイングでコックは左手親指の方向?

コックの正しい方向を表現するのに、左手親指と表す説明が多いです。
しかしコックで左手を意識すると少々ややこしくなってしまいます。

ですから実は、正確なコックとは右手を考える方が分かりやすいです。

コックとは

①逆立ちした時の右手をイメージする
②右手甲側に折れ曲がる
③トップのコックは右手を意識すると分かりやすい
④左手首はテークバックで動かさない
⑤テークバックのあとからトップに行く時にコックが始まる

このようにコックの説明は右手で考えてください。
左手でコックを考えてしまうと逆に左手が折れ曲がり正確にはならないのです。

簡単にコックを確認する方法は

①グリップはアドレスで決める
②正面から他人にヘッドをシャフトが水平になるところまで持ち上げてもらう
③グリップエンドが目標方向を向くようにヘッドを後方へ動かしてもらったらコック成立となる

この状態が間違いのないコックになるでしょう。

ゴルフスイングは一瞬なので、細かく意識できませんから、まずは鏡を見ながらゆっくり1つずつ確認をすると良いでしょう。

慣れてきたら普通の速さで素振り、そして実際にボールを打ちます。

客観的に見るためにスイング動画を撮って確認するようにしましょう!

スイングで正しいコックの方向はどこ?

まずはグリップをした時にこれからコックするであろう方向を意識します。
そうすることでコックはその方向へ入っていきます。

左手をグリップするときに親指の付け根部分をシャフトの真上よりも右にずらします。
右手もグリップするときに親指の付け根部分の方向を左手と合わせます。
両手の親指の付け根部分がなるべく近い方がコックしやすいので、右手を左手に近づけます。

テークバックの前半は左手の薬指と小指にテンションを掛けクラブの重さを支えるだけで進みます。

スイングでのコックが始まるところはテークバックが済んだところです。
その位置からヘッドを真上に上げたらコックは完成します。

フックグリップのコックでは、腕が水平になった時点で左手の甲は正面を向き、右手の平がやや後方を向く状態が理想です。

右手の平が正面を向くのは正しいコックができていません。
右手の人差し指と親指でシャフトをしっかりと掴むと良いでしょう。

リリースのタイミングは非常に難しいです。
プロはリリースが遅く、アマチュアは早いといわれています。

コックがほどけてしまうと、折角作ったハンドファーストがハンドレイト気味にインパクトしてしまいます。
リリースはあまり意識せずに、スイングの流れで行うと良いでしょう。

正しい方向のコックを作る練習方法

スイングでなぜコックを習得する必要があるのだと思いますか?

笠りつ子選手は、ノーコックのスイングで有名です。
プロもしてないのだから大丈夫と思うかもしれませんが、プロだから大丈夫なのです。
アマチュアが彼女のようにノーコックでスイングするのは逆に難しいと思います。

コックが正確にできるメリットとは、

•飛距離が伸びる
•方向性が良くなる
•タイミングが合いやすい

とゴルファーなら誰しも絶対スイングに必要な要素ばかりです。

そのための正しいコックの練習は

•アドレスのままヘッドだけを上げる
•そのままヘッドを後方へ動かしグリップエンドが目標を指すとコックは完了
•そうしてコックを先に行いその後トップに上げる

の3つを意識することです。

コックに不慣れな人は先にコックを作り、それからトップに上げるとその状態がベストなコックです。

テークバックやトップでは、自分の手や手首、腕がどうなっているのか確認することができません。
ですからコックをアドレスで行うと、自分の目で見ることができるので1番分かりやすいのです。

ノーコックのメリットとデメリット

コックするメリットとは、タイミングが取りやすく、ヘッドスピードが上がることですが、場合によってはノーコックの方が良い場面もあります。

小さいスイングで飛距離よりも正確性や方向性を求める場合は、ミート率は上がるのでノーコックの方がよいです。

しかしノーコックのデメリットは、何と言っても飛距離が落ちてしまうことです。
ノーコックだとヘッドスピードが上がらないので、飛距離が出なくなります。

ハーフスイング以下の小さいスイングであれば、ノーコックでも打つことは可能ですが、それよりも大きいスイングの場合は、コックを入れた方が良いでしょう。

大きいスイングでノーコックだと、クラブヘッドがなかなか上に上がりません。
ですから、何とか上に上げようと体のほかの部分が余分な動きをします。

バックスイングでスウェーしてしまったり、バックスイングで前傾が崩れて起き上がったりします。
また肩の回転が浅くなるので手打ちになってしまったり、バックスイングで左の肘が曲がってしまったりします。

そうなってしまうと上手くボールを捉えられなくなってしまいます。
意外とノーコックで打つ方が難しいかもしれませんね。

1つ1つを確実にすればあとは自然に

ノーコックよりコックする方がやりやすいと言うことは、コックとは実はそこまで意識しなくても良いと言うことなのです。

ただコックする方向だけを認識していれば、あとはテークバックの骨格の仕組みやクラブの重さによって自然に起こる現象に任せるだけです。

しかしグリップの形やグリップする位置、その強弱によって影響を受けるので、まずはグリップを正しくすることが大切です。