ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフに行く日の朝食の重要性。パンには付け合わせが必要!

2017.5.23

ゴルフのラウンドの日は、早いスタート時間やスタート前の準備や練習のために結構早起きしますよね。

皆さんはそんな日でもきちんと朝食を食べていますか?
ゴルフでいいスコアを出すためにも朝食は大切です。

最近では大人だけなく朝食を食べない子供も増えているようですが、朝食の重要性についてご存知ですか?

忙しい朝にも食べられるパン・ご飯の付け合わせを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフで腰痛になるのはスイングでの左腰の高さに問題がある

ゴルフのスイングが腰痛の原因であれば、そのスイングは修正しなくてはいけません。 腰の中でも左のほ...

ゴルフが理由の腰痛で右腰に症状が出た時の原因と対策

ゴルフをしていると腰痛になることが多いのですが、特に右腰に違和感がある時には自分のスイングに原因の...

顎の歪みがひどい!そのせいでゴルフスイングが不安定に!?

顎の歪みがひどい! そう感じている人はいませんか? 手に右か左か利き腕があるように、食べ物を噛む...

力を入れてないのに足の筋肉が硬いのはダメ!その理由は?

学生時代、足の筋肉は硬い方が良いと思っていた方も多いのではないでしょうか? そして現在も・・・ ...

飛距離を伸ばすには筋トレと新しいスイング法を取り入れよう

飛距離を伸ばすには、まずは鈍った身体を鍛え直すことが大事です。 しかし子供の頃の絵日記と同じで...

寝起きに肩こり・腰痛のあるゴルファーへ!マットレス選び方

ゴルフでラウンドや練習した翌朝起きるとなんだか体がスッキリしない... 肩こりや腰痛もとれない.....

目の錯覚?プレー中に距離感がつかめない時の対処法とは

ゴルフをやっていると、目の錯覚なのかもしくは体調不良なのか、距離感がつかめないで肝心な場面でショー...

ゴルフのための体作り!硬いのは生まれつきと勘違いするな!

体が硬いと感じたとき「生まれつき?」と思いがちですが、実際に赤ちゃんのときにはやわらかい体をしてい...

パッティングのイップスに負けないためのメンタル強化法とは

ゴルファーが陥りやすいのが「イップス」です。 特にパッティングやアプローチなど繊細さを必要とするシ...

ゴルフスイングに必要な捻転差を深くするためのストレッチ

ゴルフでは筋力も大切ですが、それ以上に柔軟性が大切です。 飛距離や安定したゴルフスイングを手に...

指が痛い!特に第二関節が患部であればグリップ修正が必要?

ゴルフをしていて手の指が痛いと感じたとき、じっくり箇所を調べると第二関節辺りが患部であれば、グリッ...

辛い背中の痛み・病院にかかる前に知っておきたい痛みの原因

「背中が痛い」というのは、日常生活で感じやすい体の痛みのひとつではないでしょうか? しかし背中の痛...

体重増で平均飛距離UP?女子プロは155cmでも飛ばしている!

体重が平均以下なので「飛ばない」と思いこんでいる女子ゴルファーがいるようです。 また身長が低いの...

ゴルフでよく捻挫するショパール関節を構成する骨の覚え方

「ショパール関節」ってあまり聞き覚えがないでしょう。 しかしゴルフをするときによく捻挫する場所...

癒しの音楽はストレス解消に効果的!音楽療法を取り入れよう

日々何気なく聞こえる「音」。この音には特別な効果が期待できるのです。 音を楽しむと書いて「音楽」...

スポンサーリンク

朝食でごはんやパンをしっかり食べると能力に差が出る?

心身ともに健康に過ごすには、食事・運動・睡眠が大切です。

成長期の子供は朝食を摂らないと、学校の成績に影響すると言われています。
でも大人になると朝食を抜いても平気という考え方はありますよね。

実際に文部科学省の調査でも、朝食を毎日食べている子供の方が学力や体力が優れている傾向があるとの結果が出ています。

朝食事を摂らないと、体温が上がりにくいために学校へ行く意欲も上がらず、授業中に眠くなりやすいでしょう。
食生活が乱れていると栄養が不足して、すぐにイライラしてキレやすくなったり、疲れやすく無気力になったりします。
傷害などの問題行動で補導された少年のうち、55%が朝食を食べていないという調査結果も出ているのです。

体は常に臓器などを働かせているために、眠っているときでもエネルギーは消費されています。
朝は脳も体もエネルギーが不足した状態です。
朝食を食べないということは、脳や体に活動するためのエネルギーが足りないまま1日を始めてしまうということです。

また朝食はパンだけという人もいるかもしれません。
付け合わせを工夫するだけで栄養価がぐんとアップします。

子供達は当たり前に、早朝からゴルフを楽しみたい大人にもしっかりと朝食を食べてほしいですね。

理想的な朝食は3種類の栄養が含まれているもの

理想的な朝食というのは、どんなものなのでしょう?

人が必要とする栄養素は50種類もあると言われていますが、大きく分けると炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つに分けられます。
いわゆる『5大栄養素』と呼ばれるものです。

バランスの良い食事を表すとき”まごわやさしい”という言葉が使われることがあるのはご存じですか。
’まめ’、’ごま’、’わかめ(海藻類)’、’やさい’、’さかな’、’しいたけ(きのこ類)’、’いも’のそれぞれ1文字目を並べたものです。

これらの食材を適度に毎回の食事に摂り入れることで、栄養バランスの良い食事ができると言われています。

しかし分かってはいても、子供を起こして支度を手伝って自分も支度をして、洗濯ものを干して洗い物をしてなどなどと、ただでさえ時間の足りない朝に栄養バランスのとれた朝食を作りましょうなんて気が遠くなりそうです。
ゴルフのラウンドの朝は早いから、手軽に車でパンを食べればいいという考え方も多いでしょう。

もちろん全ての栄養素をバランスよく摂れれば最高ですが、このような理由から、現実的には難しそうです。

まず体を動かすのに欠かせないのは炭水化物です。
ですから忙しい朝の食事には、炭水化物に2種類プラスする形で「炭水化物」+「たんぱく質または脂質」+「ビタミンまたはミネラル」といった3種類の組み合わせになるようにしてみましょう。

これならパンと付け合わせができそうですよね。

ごはんやパンだけ・・付け合わせがないのは食べていないのと同じ!?

朝食を全く食べないよりはパンやおにぎりをひとつだけでも食べるほうが、食習慣はつけられるでしょう。

しかしながら一方で、主食だけの朝食では脳を働かせるには不十分で食べていないのと同じとも言われます。

日本臨床栄養学会の調査では、バランスのとれた朝食を食べた人、おにぎりだけの人、全く食べていない人とで体温や集中力、暗算作業量などを測定した結果、バランスのよい朝食を食べた人には脳の働きが認められた一方で、おにぎりだけの人と朝食を全く食べていない人とではほとんど差が見られなかったとのことです。

栄養バランスのとれた朝食を食べることで、体温や血糖値が上がり、集中力が高められて知能作業能力もアップします。

ここから分かるように朝食を全く食べないよりは食べたほうがよいですが、何かしら口に入れておけばいいというものではないようです。

栄養バランス、つまり何を食べるかという食事内容が大切です。
朝食にはパンだけでも食べたほうがマシですが、付け合わせがないとあまり意味がないということです。

お腹は膨れても、日々のゴルフ練習で培った能力をフルに発揮できなかったら悲しいですよね。

朝食にパンの時はどんな付け合わせがオススメ?

朝は時間もないけど食欲もないという大人も子供も少なくないでしょう。

主食におかずにサラダまでと、せっかく用意して並べても食べてもらえなくては無駄になってしまいます。

そこでパンをサンドイッチやピザにする、シリアルならヨーグルトとフルーツでパフェのようにしてみるなど、ひとつにまとめると時間や食欲がなくても口に運びやすくなります。

寒い朝にはハムやチーズ、レタスなどを挟んでホットサンドにしたり、牛乳もホットミルクにしたりと温かいものを添えると匂いで食欲が刺激され、体も温まります。

色の組み合わせなどを考えて見た目も美味しそうにするなど工夫すれば、さらに食欲が湧くでしょう。

ハムチーズホットサンドは「炭水化物+たんぱく質」です。
「+ビタミン」には、レタスやキャベツ、トマトなどを一緒に挟んだり、バナナやイチゴなどの果物を添えるだけでOKです。

またスープを足したり、ハムエッグを足したりと少しずつ付け合わせを試してみましょう。

パンを朝食にするときですが、菓子パンではなく食パンやフランスパン、ロールパンといったものにしましょう。
比較的腹持ちもよく、噛む回数が多くなるので脳の活性化につながるからです。

食パンなどにつけるジャムは糖が多いからと避ける人もいますが、砂糖に含まれるブドウ糖は脳に必要不可欠な栄養素です。
ジャムの代わりにはちみつやクリームチーズもオススメです。

ここまでの工夫だけでも、早朝出発するゴルフの日の朝の食事が変わってくるのではないでしょうか。

朝食はご飯・・だけど付け合わせがない時のオススメ方法は?

朝食はパンよりもご飯派という人の場合、付け合わせはどんなものにしたらよいのでしょう?

朝食に作るのも食べるのも手軽なのがおにぎりです。
昆布、鮭、ツナマヨ、おかかなどバリエーションもたくさんあります。
特にのりや昆布、わかめといった海藻類にはミネラルが豊富な上に、子供の成長に不可欠な葉酸やビタミン類も多く含まれていて、和食にはオススメの食材のひとつです。

朝食欲がなくてあまり食べられないのなら、食べやすいひと口サイズのおにぎりから始めてみましょう。

そんなおにぎりに味噌汁やバナナ、牛乳、ヨーグルトなど1品付け合わせを増やすだけでも栄養価がアップします。

朝おにぎりを握る時間もないという場合には、丼ものもオススメです。

丼ものと言っても親子丼などを作るわけではありません。
ご飯の上にシャケフレークと高菜、しらすとカリカリ梅などといったトッピングをして、味噌汁やバナナなどを添えるものです。

少し時間があるときは、前日の残りの肉じゃがなどを卵でとじてご飯にのせるのもオススメです。
また前日の夜におにぎりを作っておくのもゴルフラウンドの朝の時短につながるでしょう。

子供の朝食の時間に心がけることとは

朝食をしっかり食べるには、朝起きたときにお腹が空いた状態にしておくことが大切です。
そのためには夜遅い時間に夕食を摂ったり、おやつを食べたりするのは避けましょう。

また眠いまま食事を摂ろうとしても食欲が湧きません。
早寝早起きを心がけて、起床後30分くらいして体が目覚めてから朝食を食べるようにしましょう。

前日に作り置き出来る付け合わせを作っておくと、朝バタバタと慌てずに朝食が食べられます。
オーブントースターでパンと同時にウィンナーを焼いて、レタスを手でちぎってサラダを作り、レトルトのスープを添えるといった具合に、準備に時間をかけないというのもひとつの方法です。

ゆっくり時間がとれない朝だからこそ、必要なものを優先的に取り入れるようにします。
まず体調を整えたり排便を促すための野菜、水分、そしてある程度の食事量が必要です。体温を上げるためにはたんぱく質、エネルギー源には炭水化物が重要になります。

これまでゴルフに行く日の朝食を全く食べていない方は、菓子パンだけ、ヨーグルトだけでも、何か食べる習慣をつけることから始めましょう。

なんとか食べる習慣がついてきたら、先ほどまで説明してきたように付け合わせのバラエティを増やしていきましょう。
その結果、朝一ティーショットから体がキレッキレになり、ベストスコア更新も簡単に出来てしまうかもしれませんからね。

朝食を食べないなら、まず食べる習慣をつけましょう!

いかがでしたか?

大人も子供も朝食が大切な理由はいろいろありますね!

朝は忙しいですし、なかなかしっかり食べるということは難しいと思います。

今までラウンド前に食べていないゴルファーはとにかく朝、何かを食べる習慣を付ける事からはじめてみましょう!

そして習慣付けて徐々に食べる量を増やしていけるといいですね。

 - ゴルフのための体つくり