ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

インパクトで右肩の押し込む動きで飛距離アップを目指すには

2017.5.16

全てのゴルファーにとって飛距離アップしたい気持ちは同じではないでしょうか。

ヘッドスピードを上げるにはインパクト時、右肩を押し込むイメージが必要です。

では飛距離アップにつながる、ヘッドスピードを上げる方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフクラブがトップの位置で低いと感じた時のチェック法

正しいゴルフスイングをするためには、安定したトップの位置が確立していなければなりません。 自分...

ゴルフスイングにてアドレスでは左腕を伸ばす方がよいのか?

上達したいゴルファーの皆さんは、日々ご自身のスイングを勉強し悩まれているのではないでしょうか。 ...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。 飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。 平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

腰の位置が高いか低いかは日本人的なゴルフ理論かもしれない

腰の位置が高いか低いかをチェックするのは、スイングの安定性に必要からだと思います。 でも本当に高...

ゴルフのスイングは男性と女性で果たして変わるものなのか?

よくプロゴルファーのスイングを真似するなら、男性プロよりも女性プロを参考にすべきだと書かれています。...

谷将貴の独特なスイング理論は左手主導ではなく右ひじ主導!

片山晋呉プロのコーチとして有名な谷将貴が提唱するスイング理論は、右ひじでスイングすることです。 ...

フック防止のゴルフスイング矯正法とその優先順位とは

いつ出るか分からないフックに悩むゴルファーは、思い切ったゴルフスイングができなくなってくるもので...

ゴルフは左手の薬指を正しく握ることが成功へのカギとなる!

ゴルフスイングを正しく行う上で絶対必要な事は、グリップです。 クラブと身体を接続し、正しくスイン...

千差万別!もっとも良いパッティングの握り方を比較して選ぶ

悩み多きパッティングですが、グリップの握り方を変えたら調子が良くなったという声を良く聞きます。 ...

7番アイアンで飛距離160ヤード飛ばす為のスイングを考える

7番アイアンの飛距離は普通の男性ゴルファーが振って、通常150~160ヤードですよね。 では1...

ゴルフスイングの定石、終始左手リードの方が球が曲がらない

ゴルフスイング、左右どちらの意識で振れば良いのか、アマチュアゴルファーは悩みますよね。 左手だと...

ゴルフの上手な人は知っている股関節の切り上げとは?

ゴルフでは股関節を切り上げて使うようにすれば良い。というアドバイスや記事を聞いたり見たりしたことはな...

ゴルフスイングで左腕のたたみが出来る人と出来ない人の違い

プロのフィニッシュは綺麗に左腕のたたみが出来ていてかっこいいですね。 どのようにしたらあのよう...

知っているようで知らないテークバックの左肩甲骨の働き

効果的なテークバックをするためには左肩甲骨の可動域を広げることが大切です。 肩を回すためにと背骨...

スポンサーリンク

インパクトで右肩を押し込むとスイングスピードが増す

よくゴルフスイングは左右対称と言われますよね。

バックスイングとフォローの動きが対になって動く事が理想のスイングと言われます。

しかし、ゴルフスイングはインパクトまでは終始身体の左サイドがリードする為、右サイドを使うタイミングを誤ると、正しいスイングとなりません。

典型的な例として、トップからいきなり右サイドで打ちに行く事によって、手が前に出て極端なアウトサイドインの軌道で振る事です。
これは、初心者によく見られる動きですね。
また、スライサーも同じような動きとなります。

では、右サイドを使うタイミングについてなのですが、これはインパクト以降が正解です。
ダウンスイングを左サイドで行い、溜まったパワーをインパクトで一気に放出します。
これが右サイドを使う事なのですが、インパクトで右肩を押し込むイメージとなります。
インパクトからフォロースルーにかけては、右サイドを積極的に使うことによってスイングスピードを加速させる事ができます。
大きなフォロースルーを取るプロゴルファーがよい例ですね。

左サイドで振っただけでは、あの様に大きなフォロースルーにはなりません。

インパクト以降、積極的に右サイドを使っていきましょう。

右肩を押し込むタイミングは遅めの方がよい

スイングスピードを上げる為に、インパクトで右肩を押し込む動きを取り入れますが、このタイミングはやや遅めの方がよいでしょう。

これは、ダウンスイングで右肩を押し込む動きを入れようとすると、インパクトで肩が開く原因となる為です。

右サイドをスイングの初期段階で使おうとし過ぎると、右肩を押し込む動きにつられて左肩が開いていってしまいます。

インパクトではボールをつかまえたいので、できるだけ左肩を開かない様にしたいのですが、右サイドを使うポイントが早すぎると、この左肩の開きを我慢する事ができなくなってしまうのですね。

ダウンスイングからインパクトゾーンにクラブが下りてくるまで、右肩を押し込む動きを我慢して、そこから一気に使うイメージ、右サイドを使うポイントをやや遅らせるイメージの方がスイングが安定するでしょう。

結果、正しいスイングプレーン上をクラブが通り、まっすぐなボールを打つ事ができると思います。

インパクトで右肩を押し込む動きで上からボールをとらえる

アイアンスイングでボールを上からとらえたい場合、左サイドの動きだけでは正しく行う事は難しいと言えるでしょう。

アイアンでボールを上からとらえ、インパクト以降ターフが取れる様なスイングをするには、インパクトで右肩を押し込む動きが必要になってきます。

実際スイングを行ってみると分かりやすいのですが、左腕だけでスイングした場合、ボールを上から打つのが難しいですよね。
反対に右腕だけで振ってみると、今度は上からボールをとらえる事ができるはずです。

この練習で、左右の腕の役割が分かるはずです。
左腕がスイングを引っ張り、右腕が押す動きでパワーを与えるのです。

この右腕の動きをマスターすれば、ゴルフスイングにパワーと方向性が加わるはずです。そして、インパクトで右肩を押し込む動きは身体の右サイドを使う為、ヘッドスピードを上げる為の動作となります。
インパクトで右手のひらでボールをドーンと押すイメージでもよいかもしれません。

要は、スイングの後半に右サイドを積極的に使う事がゴルフスイングには必要だということです。

右肩を押し込む為の感覚を養う練習方法

ゴルフスイングはインパクトで右肩を押し込む動き、すなわち右サイドの力を上手く使う必要がありますが、この動きと感覚はどの様に練習すれば身につくのでしょうか。

ひとつの方法として、ボールをフェースで押す練習があります。

やり方は簡単で、通常のショットと同じ位置にボールを置き、フェースをセットします。そこからバックスイングせずにそのままフェースでボールを押すのです。

この時、出来れば腕だけの力だけでなく左腰を切りながら、右手の平でボールを押してください。
身体全体でボールを押す練習を繰り返してください。
そうすると、インパクトでボールを押す動かし方や感覚が身につくはずです。

この練習では、左腕の引っ張る動きだけではボールを上手く押す事が出来ない事、右腕や身体の右サイドを使うと簡単にボールを押す事ができる事を理解してください。

ボールを遠くに飛ばす必要はありません。
あくまでも動かし方と感覚を身につける練習です。

どうでしょう。
上手くボールを前方に飛ばす事ができるでしょうか。

女子プロゴルファーは右肩の押しこみが上手い

一般的に男性よりも女性の方が非力な為、女子プロゴルファーはボールを飛ばすための身体の動かし方が上手いと言えます。

男子プロはパワーがある為インパクトで右肩を押し込む動きを特別意識しなくても飛ばせます。
しかし女子プロはそうはいかない為、インパクト以降、身体の右サイドのパワーを押し込む動きが上手い、解りやすい選手が多いです。

ダウンスイングの段階で右肩を押し込む動きを入れずに、右足前位にヘッドが下りてきた段階で一気に右サイドのパワーを押し込んでいます。
スイングリズムが一定の為、いつも同じタイミングでこの動作ができています。
故に曲がらず飛ばせるのですね。

女子プロゴルファーで特に非力な選手から、この右肩を押し込む動きが参考になるスイングが学べると思います。

連続写真でも、インパクトゾーンまではしっかり左肩が閉じており、フォロースルーにかけてパワーを最大化させている様子が見て取れます。

女子プロの様にインパクトで右肩を押し込む動きを上手く取り入れられれば、平均250ヤード以上安定して飛ばす事も難しくないでしょう。

インパクトで右肩を押し込む動きは大切だが間違うとダフる

インパクトで右肩を押し込む動きを正しく理解できれば、スムーズにフォロースルーまで右肩を持っていけると思いますが、右肩の動かし方を間違うと、ダフる為注意が必要です。

右肩は水平にレベル回転するものなのですが、間違って下方向へ動くと右肩が下がってダフります。

この動きは、スイングを力むゴルファーに多いのですが、プロの連続写真を見て右肩が下がっている様に見える為、これでよいと勘違いする事も原因の1つと言えます。
プロの連続写真でインパクトゾーンで右肩が下がっている様に見えるのは、右手の方が左手よりも下にあるからです。
自然にそうなるのですね。
意識してそうなっているのではない事に注意が必要です。

また、力むと右サイドに力が入る分、右肩が下がりやすくなりますので、これも注意が必要です。

インパクトで右肩はレベルに回す、押し込む必要があります。
レベルに回す意識でも実際の形を見ると右肩が下がっている様に見えてしまいます。
あくまでもゴルフスイングの自然な動きの中で、右肩が下がっている様に見えるだけ、なのです。

インパクトで右肩を上手く押し込むとスイングにパワーが生まれます

インパクトで右肩を押し込む動作、身体の右サイドを使う動きを上手く出来ると、スイングにパワーと方向性が生まれます。

スイングを終始左サイドで引っ張り、インパクトゾーンで右サイドの力を使える様に練習してください。

決してトップから右サイドの力を使おうとはしないでください。
この動きからはミスショットを誘発します。

少なくとも右打ちなら右足前位までヘッドが下りてくるまで待ち、そこから右肩を押し込む動きを取り入れてください。
少し遅いくらいがちょうどよいかもしれません。

 - スイング ポイント