ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

インパクトで右肩の押し込む動きで飛距離アップを目指すには

2017.5.16

全てのゴルファーにとって飛距離アップしたい気持ちは同じではないでしょうか。

ヘッドスピードを上げるにはインパクト時、右肩を押し込むイメージが必要です。

では飛距離アップにつながる、ヘッドスピードを上げる方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スイングプレーンはフラットとアップライトどっちが良いのか

スイングプレーンには「フラットスイング」とがあります。 どちらが正しいのか、どちらが良いのかと...

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありま...

上田桃子のスイングをスローで見るとクラブの引きつけが凄い

日本女子プロ界のトッププロであり、賞金女王にもなった事のある上田桃子選手ですが、そのスイングはクラ...

ドライバーの飛距離が落ちたからとスイング改造をしないで!

ドライバーの飛距離が落ちたのは、年齢や体力の低下が疑われますが、一方でスイングの乱れやスイングを...

ゴルフの謎!インサイドインVSインサイドアウト!ドロー打ち

ゴルフをする上で、誰もが一度は憧れるドローボール。 気持ち良くドローボールで飛ばそうと練習に励...

ゴルフクラブの高さが原因でバンカーショットはトップする

ゴルフクラブが上手くコントロールできなくて、バンカーショットがトップするとしたら、スイングを基本...

ゴルフスイングはコックをほどかないスタイルがスタンダード

一般的にゴルフで良いスイングと言われるのは、テークバックでコックを固めて、ダウンスイングの丁度よい...

ゴルフグリップを握る力は徐々に強くするのが正しい握り方

ゴルフグリップをどの指で握るのか、そして握る力はどのくらいなのかと悩んでいる人は多いでしょう。 ...

ゴルフスイングに必要な腰の回転を身につけるドリルの紹介

クラブはしっかり振れているのに、何故か飛距離が出ない。 打ったボールが何故か真っ直ぐ飛ばない。...

プロゴルフ選手はトップを高くしてるけれどアマも高くする?

プロゴルファーのゴルフスイングを見ていると、テークバックでのトップの位置が自分の位置よりもはるか...

あなたの球筋を決めるのはフックグリップとウィークグリップ

「ゴルフはグリップに始まり、グリップに終わる」 グリップとはクラブと人を繋ぐ唯一の箇所です。 ...

手本にしたい!引退した古閑美保のゴルフスイングはきれい!

若い人には古閑美保=プロゴルファーと言うイメージを持つ人は少ないかもしれません。 今は恋愛事情や...

マムシと呼ばれた男 今は亡き杉原輝雄のシンプルなスイング

杉原輝雄のスイングは当時であっても独特なフォームでしたが、身長160センチで70歳近くまで現役選手...

ゴルフスイングで正しく肩を回すコツを知れば上達できる?

ゴルフの基本である捻転するスイングを習得すれば、上達すると言われています。 捻転とは肩を回すこ...

米国ツアーで身につけた上田桃子のスイングとアイアンの切れ

上田桃子プロは米国ツアー用にスイング改造して、強い風にも負けない「球質の強い」アイアンショットを打...

スポンサーリンク

インパクトで右肩を押し込むとスイングスピードが増す

よくゴルフスイングは左右対称と言われますよね。

バックスイングとフォローの動きが対になって動く事が理想のスイングと言われます。

しかし、ゴルフスイングはインパクトまでは終始身体の左サイドがリードする為、右サイドを使うタイミングを誤ると、正しいスイングとなりません。

典型的な例として、トップからいきなり右サイドで打ちに行く事によって、手が前に出て極端なアウトサイドインの軌道で振る事です。
これは、初心者によく見られる動きですね。
また、スライサーも同じような動きとなります。

では、右サイドを使うタイミングについてなのですが、これはインパクト以降が正解です。
ダウンスイングを左サイドで行い、溜まったパワーをインパクトで一気に放出します。
これが右サイドを使う事なのですが、インパクトで右肩を押し込むイメージとなります。
インパクトからフォロースルーにかけては、右サイドを積極的に使うことによってスイングスピードを加速させる事ができます。
大きなフォロースルーを取るプロゴルファーがよい例ですね。

左サイドで振っただけでは、あの様に大きなフォロースルーにはなりません。

インパクト以降、積極的に右サイドを使っていきましょう。

右肩を押し込むタイミングは遅めの方がよい

スイングスピードを上げる為に、インパクトで右肩を押し込む動きを取り入れますが、このタイミングはやや遅めの方がよいでしょう。

これは、ダウンスイングで右肩を押し込む動きを入れようとすると、インパクトで肩が開く原因となる為です。

右サイドをスイングの初期段階で使おうとし過ぎると、右肩を押し込む動きにつられて左肩が開いていってしまいます。

インパクトではボールをつかまえたいので、できるだけ左肩を開かない様にしたいのですが、右サイドを使うポイントが早すぎると、この左肩の開きを我慢する事ができなくなってしまうのですね。

ダウンスイングからインパクトゾーンにクラブが下りてくるまで、右肩を押し込む動きを我慢して、そこから一気に使うイメージ、右サイドを使うポイントをやや遅らせるイメージの方がスイングが安定するでしょう。

結果、正しいスイングプレーン上をクラブが通り、まっすぐなボールを打つ事ができると思います。

インパクトで右肩を押し込む動きで上からボールをとらえる

アイアンスイングでボールを上からとらえたい場合、左サイドの動きだけでは正しく行う事は難しいと言えるでしょう。

アイアンでボールを上からとらえ、インパクト以降ターフが取れる様なスイングをするには、インパクトで右肩を押し込む動きが必要になってきます。

実際スイングを行ってみると分かりやすいのですが、左腕だけでスイングした場合、ボールを上から打つのが難しいですよね。
反対に右腕だけで振ってみると、今度は上からボールをとらえる事ができるはずです。

この練習で、左右の腕の役割が分かるはずです。
左腕がスイングを引っ張り、右腕が押す動きでパワーを与えるのです。

この右腕の動きをマスターすれば、ゴルフスイングにパワーと方向性が加わるはずです。そして、インパクトで右肩を押し込む動きは身体の右サイドを使う為、ヘッドスピードを上げる為の動作となります。
インパクトで右手のひらでボールをドーンと押すイメージでもよいかもしれません。

要は、スイングの後半に右サイドを積極的に使う事がゴルフスイングには必要だということです。

右肩を押し込む為の感覚を養う練習方法

ゴルフスイングはインパクトで右肩を押し込む動き、すなわち右サイドの力を上手く使う必要がありますが、この動きと感覚はどの様に練習すれば身につくのでしょうか。

ひとつの方法として、ボールをフェースで押す練習があります。

やり方は簡単で、通常のショットと同じ位置にボールを置き、フェースをセットします。そこからバックスイングせずにそのままフェースでボールを押すのです。

この時、出来れば腕だけの力だけでなく左腰を切りながら、右手の平でボールを押してください。
身体全体でボールを押す練習を繰り返してください。
そうすると、インパクトでボールを押す動かし方や感覚が身につくはずです。

この練習では、左腕の引っ張る動きだけではボールを上手く押す事が出来ない事、右腕や身体の右サイドを使うと簡単にボールを押す事ができる事を理解してください。

ボールを遠くに飛ばす必要はありません。
あくまでも動かし方と感覚を身につける練習です。

どうでしょう。
上手くボールを前方に飛ばす事ができるでしょうか。

女子プロゴルファーは右肩の押しこみが上手い

一般的に男性よりも女性の方が非力な為、女子プロゴルファーはボールを飛ばすための身体の動かし方が上手いと言えます。

男子プロはパワーがある為インパクトで右肩を押し込む動きを特別意識しなくても飛ばせます。
しかし女子プロはそうはいかない為、インパクト以降、身体の右サイドのパワーを押し込む動きが上手い、解りやすい選手が多いです。

ダウンスイングの段階で右肩を押し込む動きを入れずに、右足前位にヘッドが下りてきた段階で一気に右サイドのパワーを押し込んでいます。
スイングリズムが一定の為、いつも同じタイミングでこの動作ができています。
故に曲がらず飛ばせるのですね。

女子プロゴルファーで特に非力な選手から、この右肩を押し込む動きが参考になるスイングが学べると思います。

連続写真でも、インパクトゾーンまではしっかり左肩が閉じており、フォロースルーにかけてパワーを最大化させている様子が見て取れます。

女子プロの様にインパクトで右肩を押し込む動きを上手く取り入れられれば、平均250ヤード以上安定して飛ばす事も難しくないでしょう。

インパクトで右肩を押し込む動きは大切だが間違うとダフる

インパクトで右肩を押し込む動きを正しく理解できれば、スムーズにフォロースルーまで右肩を持っていけると思いますが、右肩の動かし方を間違うと、ダフる為注意が必要です。

右肩は水平にレベル回転するものなのですが、間違って下方向へ動くと右肩が下がってダフります。

この動きは、スイングを力むゴルファーに多いのですが、プロの連続写真を見て右肩が下がっている様に見える為、これでよいと勘違いする事も原因の1つと言えます。
プロの連続写真でインパクトゾーンで右肩が下がっている様に見えるのは、右手の方が左手よりも下にあるからです。
自然にそうなるのですね。
意識してそうなっているのではない事に注意が必要です。

また、力むと右サイドに力が入る分、右肩が下がりやすくなりますので、これも注意が必要です。

インパクトで右肩はレベルに回す、押し込む必要があります。
レベルに回す意識でも実際の形を見ると右肩が下がっている様に見えてしまいます。
あくまでもゴルフスイングの自然な動きの中で、右肩が下がっている様に見えるだけ、なのです。

インパクトで右肩を上手く押し込むとスイングにパワーが生まれます

インパクトで右肩を押し込む動作、身体の右サイドを使う動きを上手く出来ると、スイングにパワーと方向性が生まれます。

スイングを終始左サイドで引っ張り、インパクトゾーンで右サイドの力を使える様に練習してください。

決してトップから右サイドの力を使おうとはしないでください。
この動きからはミスショットを誘発します。

少なくとも右打ちなら右足前位までヘッドが下りてくるまで待ち、そこから右肩を押し込む動きを取り入れてください。
少し遅いくらいがちょうどよいかもしれません。

 - スイング ポイント