ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

2017.5.4

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありますよね。

確かにシャットに上げるとダウンスイングでフェースが開かず閉じた状態で下りやすくなる為、ボールを捕まえやすいというメリットがありそうです。

では、シャットフェースのメリット、デメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフのインパクトで、左肩を開かない打ち方をマスターする

ゴルフスイングで大切な事は、インパクトの時に左肩を開かない事です。 インパクト時に左肩が開くとボー...

ゴルフクラブをゆっくり振るとミートのコツが容易につかめる

ゴルフスイングのリズムが妙に早い人いませんか。 テークバックの勢いでトップの形が崩れたり、必要...

【ゴルフ上達】スイング中右足を固定するイメージは適切か。

ゴルフでは一昔前は右足で蹴ることでさらに飛距離が伸ばせるなどと言われていました。 しかし現在の...

パッティングこそダウンブローで芯を捕らえてラインを出す

パッティングで重要なのは、芯を捕らえることとラインをしっかり出すことです。 そのためにはパッティ...

【ゴルフ上達】理想の右足の使い方と回転の仕方を考えよう

ゴルフのダウンスイング以降ですが下半身の動きはどのようになっていますか? あなたの場合はどうで...

賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイングは流れる様なイメージです。 スイング...

横峯さくらのスイングの形は変則だけど問題ないのはなぜ?

プロゴルファー横峯さくらのスイングを見て、変だなぁと思ったことがある方は結構いるのではないでしょう...

【ゴルフ攻略】フェアウェイバンカーはトップ気味が基本

思い切りドライバーを振り切って、行った先がフェアウェイバンカー。 そうなると重要なセカンドショ...

安定したアイアンショットができるスイングプレーンの意識

アイアンショットの球筋の乱れについて、スイングプレーンの歪みを指摘していることがあります。 一...

ゴルフ上級者が発症する打てない病気イップスの対処法とは

主にゴルフ上級者や中級者がかかる打てない病気があるのをご存知ですか。 一般的にこれはイップスと...

フックグリップでプッシュアウトするのは手元が浮くからだ!

本来ならボールをつかまえやすいはずのフックグリップ。 しかしなぜかボールは右に真っ直ぐ飛ぶ...

谷将貴の独特なスイング理論は左手主導ではなく右ひじ主導!

片山晋呉プロのコーチとして有名な谷将貴が提唱するスイング理論は、右ひじでスイングすることです。 ...

欧米人のゴルフスイングで、アイアンショットの違いを感じる

日本人を含むアジア人と欧米人のゴルフスイングは、高さとパワーが異なりますよね。 アイアンショッ...

宮里藍のゆったりスイングで繰り出すドライバーショットとは

宮里藍のゆったりしたスイングについては、技術やメンタルなど特筆べきものが数多くあります。 特に飛...

インサイドインを覚えればドライバーが得意クラブになる

スライスやフックで悩んでいる場合は、思い切って理想のスイング「インサイドイン」にしてみてはいかが...

スポンサーリンク

バックスイングをシャットに上げるメリットは捕まえやすくなる事

ゴルフスイングで、バックスイングをシャットに上げるメリットは、ボールを捕まえやすくなる事が挙げられます。

フェースを開くとどうしてもインパクトで閉じる動きが必要となる為、バックスイングからフェースをやや閉じ気味、シャットに上げるとインパクトゾーンでこの閉じる動きがいらなくなります。
結果、自然に上げて下ろすだけで捕まったボールが打てる様になるのです。

また、スイング中フェースは開きやすくなりますので、シャットに上げるとこの開きを防止する事にもつながります。

それから最近ではクラブの進化によって上げて下ろすスイングが主流となっており、オープン目に上げる選手はほとんどいなくなりました。
開いて閉じる動きで捕まえて飛ばす必要が無くなった為、ゴルフスイングがよりシンプルになったと言えます。
道具の進化にゴルファーが助けれた形と言えるでしょう。

こういった理由により、バックスイングでフェースをシャットに上げる事のメリットがあると言えます。

バックスイングをシャットにするメリットを活かす方法

バックスイングをシャットに上げる為に、スイング軸となる前傾角度を保つ必要があります。

フェースをシャットにしてバックスイングを上げても、スイング軸がズレる、特に前傾角度のズレにつながる前後のズレが起こってしまっては、シャットに上げるメリットが無くなってしまいます。

前傾角度で作ったスイング軸を保ちながら、出来ればそのスイング軸とクラブフェースの面が並行になる様にバックスイングを上げます。
こうする事で、自然にクラブフェースはシャットに上がり、スイング軸が保たれたスイングを行う事が出来る様になるでしょう。

クラブフェースが前傾角度と合わない様なシャットフェースでは、ボールの出先が安定せず、ボールコントロールに苦しむ事になります。
ストレートボールかややドローボールをシンプルに打ちたいゴルファーは、このスイング軸とクラブフェースの向きを後ろから撮影した動画で確認してみてください。

いつも同じようにバックスイングを上げる事ができる様になれば、球筋は安定するはずです。

シャットに上げる為には、へそを意識するとよい

ゴルフのスイングは腕を振る為にどうしても上半身への意識が強くなりがちです。

そのためバックスイングでは、出来るだけ手や腕で上げるイメージを捨てて、身体のターンで行う必要があります。

手や腕への意識を無くす方法として、アドレスで構えたクラブのグリップエンドが指す所をへそとし、バックスイングの途中まではグリップエンドが指したへそを外れない様に気を付けて上げてみてください。
するとクラブフェースがシャットめになり、かつ上半身と腕が一体となったバックスイングを行う事が出来る様になるはずです。

逆に、手や腕でひょいとバックスイングを上げてしまいますと、すぐグリップエンドがへそを指さなくなります。
こうなってしまうと、ボールを捕まえる動きであるシャットフェースにするメリットがなくなってしまうのです。

バックスイングをどうしても手や腕で上げてしまう癖のあるゴルファーは、グリップエンドをへそに付けて、右打ちなら肩を右に回してみてください。
この練習で、グリップエンドがへそを指す感覚がつかめるはずですので、1回だけでなく繰り返し行ってみてください。
この練習で自然と手打ちが無くなるはずです。

シャットにし過ぎると、捕まえるメリットがなくなる

バックスイングをシャットに上げるとボールを捕まえるメリットがありますが、逆に注意したいのが、フェースをシャットにし過ぎる事です。
バックスイングでフェースを被せすぎる、シャットフェースの度合いを強め過ぎると、ボールが引っかかるからです。

右打ちで、左に出て更に左に曲がるボールとなります。
しかもフェースが被っている分、低くランの多いボールとなる為、左が狭いホールではOBとなる危険性が高くなります。

更に身体の回転が止まり、インパクトゾーンで手だけが返ると左へ極端に左へ飛んで行き手の付けられないボールとなってしまうでしょう。

前にも触れたように、バックスイングでは、前傾角度と並行な位のシャットフェースになる様にしてください。
手を回したりする必要はありません。
へそを意識しながら自然にやや真っ直ぐ目にバックスイングを上げるだけです。

バックスイングの段階から手を使うイメージを徹底的に無くしてください。
そうする事で自然とボディターンでスイング出来る様になります。

シャットにしないバックスイングだと、どうなるのか

バックスイングでシャット過ぎる事は良くない事ですが、逆にシャットにしないとどうなるのでしょうか。

バックスイングでフェースをオープンにしてトップスイングまで持っていくのですが、この動きから閉じる動きをダウンスイングで行わないと、クラブフェースが開いたままとなり、こすり球しか出なくなります。

そのためインパクトゾーンでボールを捕まえる動きを入れると、綺麗なドローボールになりますが、タイミングを間違えてしまうと左右にぶれる確率が高くなってしまいます。

ゴルフスイングはいつも安定したスイングを行う反復性がスコアアップには重要となる為、タイミングが難しいフェースを開いて閉じる動きは確率が悪いのです。

やはり、シャットめにスイングする方がメリットがあると言えそうです。

しかし、フェースを開いて閉じる動きの方がクラブヘッドが走る為、スイングスピードが上がるというメリットもあります。
繰り返し練習する中で、どちらのスイングが自分に合っているのか色々試してみる事が必要と言えますね。

バックスイングをシャットに上げるプロゴルファーの方が多い

今どきのプロゴルファースイングの主流は、バックスイングでシャットめに上げる方となっています。

これはゴルフクラブが進化した事がその主な理由なのですが、フェースを開いて閉じる動きを入れてヘッドを走らせる必要が無くなった為です。

昔のスチールシャフトの木製ヘッドでは、インパクト時にシャフトの強烈なしなり戻りが発生した為、バックスイングでフェースを開き、インパクトゾーンでシャフトがフェースを閉じる動きをしていました。
しかし、現在のクラブではそこまでのしなり戻りは発生しない為、バックスイングでフェースを開く必要が無くなったのです。

ここからもシャットめに振った方が、現在のクラブを使う上ではメリットがあると言えるでしょう。

難しい動きをする必要がない為、シャットに上げてそのままシンプルに振り降ろす方が真っ直ぐ安定したボールを飛ばす事が出来ます。

故に昔はボールを真っ直ぐ飛ばす為に長い時間と経験が必要になったのですが、昨今はクラブが良くなり、学生など年齢が若いゴルファーが長い時間をかけて練習しなくても活躍できる様になった側面があると言えるでしょう。

現代のクラブを使いこなすにはシャットめの方がよい

現在は、ゴルフクラブが機能的に物凄く進化している為、バックスイングではクラブフェースをシャット目に上げる方が、メリットがあります。

わざわざタイミングの難しい方法を選択しなくても、クラブがボールを安定して飛ばしてくれる為、スイングをシンプルに行える様になりました。

シャットめに上げて身体の回転なりにクラブを振れれば、自然とつかまったボールが打てますので、バックスイングを失敗しない様に安定させてください。

 - スイング ポイント