ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフでバックスイングをシャットに上げるメリットを考える

2017.5.4

巷あふれるゴルフスイング理論の中の1つに、バックスイング時にフェースをシャット目に上げる事がありますよね。

確かにシャットに上げるとダウンスイングでフェースが開かず閉じた状態で下りやすくなる為、ボールを捕まえやすいというメリットがありそうです。

では、シャットフェースのメリット、デメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ドライバーのスピン量を減らす打ち方で飛距離アップは可能?

ドライバーを飛ばしたいならスピン量を減らす打ち方をしたほうが良いと言われていますが、どうしてスピン...

ゴルフインパクトで右肩は下げるのではなく下がるのが特性!

プロゴルファーのスイングを見ると、インパクトゾーンで右肩が左肩よりも下がっている事が見て取れます。...

宮里藍のゆったりスイングで繰り出すドライバーショットとは

宮里藍のゆったりしたスイングについては、技術やメンタルなど特筆べきものが数多くあります。 特に飛...

左手の薬指が痛いと感じ修正しただけでワンランク上達できる

ゴルフの練習をしていて左手の薬指が痛いと感じたときには、グリップの握り方やスイングの仕方などに原因...

ドライバーのスピン量を減らすドリルで今より飛距離を伸ばす

ドライバーショットでスピン量を減らすと飛距離が伸びると言われています。 最近ではスピン量をコント...

クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは少なくないと言われています。 確かに、ゴ...

ゴルフスイングで右手のグリップの力と、役割について考える

ゴルフスイングで右手のグリップはどの様な使い方と力で振ればよいのでしょうか。 利き手が右のゴル...

アイアンのアドレスはライ角に合わせてソールするべきか?

ゴルフは斜めにクラブを使ってボールを打つためにライ角の影響がありますよね。 ライ角といってもク...

アイアンのトップブレードの合わせ方と合わせる時の注意点

アイアンショットでのアドレスでは、フェースのリーディングエッジをボールの向きに対して直角に合わせる...

オフシーズンにアイアンのミート率を高める考え方と練習方法

アイアンのミート率を上げるにはスクエアなインパクトが重要です。 スクエアなインパクトをするには、...

引退を迎える宮里藍プロのスイングを連続写真で分析

小柄な宮里藍選手はゆったりとしたスイングですが飛距離は男性並み、250ヤードと言えばもしかするとそ...

アイアンショットでボールを捉えるときは左右どちらの目線?

アイアンショットのとき、利き目でボールを見ていますか? もしかすると両目で見ていると思っている人...

ティーアップの高さはフェース厚によって常に一定が良いのか

ドライバーショットを打つ時、ティーアップの高さは悩みますよね。 飛ばしたいのなら、もちろん高めにテ...

身長155センチ体重70キロゴルファーのスムーズなスイング法

女子プロ選手の中にも身長が155センチの選手はたくさんいます。 平均身長以下と言えど、飛距離は負け...

丸山茂樹プロのスイングは4スタンス理論で言うとB2タイプ

ゴルフにはまってくると、様々なスイング理論に興味が出てくるでしょう。 時代の進化と共に、スイン...

スポンサーリンク

バックスイングをシャットに上げるメリットは捕まえやすくなる事

ゴルフスイングで、バックスイングをシャットに上げるメリットは、ボールを捕まえやすくなる事が挙げられます。

フェースを開くとどうしてもインパクトで閉じる動きが必要となる為、バックスイングからフェースをやや閉じ気味、シャットに上げるとインパクトゾーンでこの閉じる動きがいらなくなります。
結果、自然に上げて下ろすだけで捕まったボールが打てる様になるのです。

また、スイング中フェースは開きやすくなりますので、シャットに上げるとこの開きを防止する事にもつながります。

それから最近ではクラブの進化によって上げて下ろすスイングが主流となっており、オープン目に上げる選手はほとんどいなくなりました。
開いて閉じる動きで捕まえて飛ばす必要が無くなった為、ゴルフスイングがよりシンプルになったと言えます。
道具の進化にゴルファーが助けれた形と言えるでしょう。

こういった理由により、バックスイングでフェースをシャットに上げる事のメリットがあると言えます。

バックスイングをシャットにするメリットを活かす方法

バックスイングをシャットに上げる為に、スイング軸となる前傾角度を保つ必要があります。

フェースをシャットにしてバックスイングを上げても、スイング軸がズレる、特に前傾角度のズレにつながる前後のズレが起こってしまっては、シャットに上げるメリットが無くなってしまいます。

前傾角度で作ったスイング軸を保ちながら、出来ればそのスイング軸とクラブフェースの面が並行になる様にバックスイングを上げます。
こうする事で、自然にクラブフェースはシャットに上がり、スイング軸が保たれたスイングを行う事が出来る様になるでしょう。

クラブフェースが前傾角度と合わない様なシャットフェースでは、ボールの出先が安定せず、ボールコントロールに苦しむ事になります。
ストレートボールかややドローボールをシンプルに打ちたいゴルファーは、このスイング軸とクラブフェースの向きを後ろから撮影した動画で確認してみてください。

いつも同じようにバックスイングを上げる事ができる様になれば、球筋は安定するはずです。

シャットに上げる為には、へそを意識するとよい

ゴルフのスイングは腕を振る為にどうしても上半身への意識が強くなりがちです。

そのためバックスイングでは、出来るだけ手や腕で上げるイメージを捨てて、身体のターンで行う必要があります。

手や腕への意識を無くす方法として、アドレスで構えたクラブのグリップエンドが指す所をへそとし、バックスイングの途中まではグリップエンドが指したへそを外れない様に気を付けて上げてみてください。
するとクラブフェースがシャットめになり、かつ上半身と腕が一体となったバックスイングを行う事が出来る様になるはずです。

逆に、手や腕でひょいとバックスイングを上げてしまいますと、すぐグリップエンドがへそを指さなくなります。
こうなってしまうと、ボールを捕まえる動きであるシャットフェースにするメリットがなくなってしまうのです。

バックスイングをどうしても手や腕で上げてしまう癖のあるゴルファーは、グリップエンドをへそに付けて、右打ちなら肩を右に回してみてください。
この練習で、グリップエンドがへそを指す感覚がつかめるはずですので、1回だけでなく繰り返し行ってみてください。
この練習で自然と手打ちが無くなるはずです。

シャットにし過ぎると、捕まえるメリットがなくなる

バックスイングをシャットに上げるとボールを捕まえるメリットがありますが、逆に注意したいのが、フェースをシャットにし過ぎる事です。
バックスイングでフェースを被せすぎる、シャットフェースの度合いを強め過ぎると、ボールが引っかかるからです。

右打ちで、左に出て更に左に曲がるボールとなります。
しかもフェースが被っている分、低くランの多いボールとなる為、左が狭いホールではOBとなる危険性が高くなります。

更に身体の回転が止まり、インパクトゾーンで手だけが返ると左へ極端に左へ飛んで行き手の付けられないボールとなってしまうでしょう。

前にも触れたように、バックスイングでは、前傾角度と並行な位のシャットフェースになる様にしてください。
手を回したりする必要はありません。
へそを意識しながら自然にやや真っ直ぐ目にバックスイングを上げるだけです。

バックスイングの段階から手を使うイメージを徹底的に無くしてください。
そうする事で自然とボディターンでスイング出来る様になります。

シャットにしないバックスイングだと、どうなるのか

バックスイングでシャット過ぎる事は良くない事ですが、逆にシャットにしないとどうなるのでしょうか。

バックスイングでフェースをオープンにしてトップスイングまで持っていくのですが、この動きから閉じる動きをダウンスイングで行わないと、クラブフェースが開いたままとなり、こすり球しか出なくなります。

そのためインパクトゾーンでボールを捕まえる動きを入れると、綺麗なドローボールになりますが、タイミングを間違えてしまうと左右にぶれる確率が高くなってしまいます。

ゴルフスイングはいつも安定したスイングを行う反復性がスコアアップには重要となる為、タイミングが難しいフェースを開いて閉じる動きは確率が悪いのです。

やはり、シャットめにスイングする方がメリットがあると言えそうです。

しかし、フェースを開いて閉じる動きの方がクラブヘッドが走る為、スイングスピードが上がるというメリットもあります。
繰り返し練習する中で、どちらのスイングが自分に合っているのか色々試してみる事が必要と言えますね。

バックスイングをシャットに上げるプロゴルファーの方が多い

今どきのプロゴルファースイングの主流は、バックスイングでシャットめに上げる方となっています。

これはゴルフクラブが進化した事がその主な理由なのですが、フェースを開いて閉じる動きを入れてヘッドを走らせる必要が無くなった為です。

昔のスチールシャフトの木製ヘッドでは、インパクト時にシャフトの強烈なしなり戻りが発生した為、バックスイングでフェースを開き、インパクトゾーンでシャフトがフェースを閉じる動きをしていました。
しかし、現在のクラブではそこまでのしなり戻りは発生しない為、バックスイングでフェースを開く必要が無くなったのです。

ここからもシャットめに振った方が、現在のクラブを使う上ではメリットがあると言えるでしょう。

難しい動きをする必要がない為、シャットに上げてそのままシンプルに振り降ろす方が真っ直ぐ安定したボールを飛ばす事が出来ます。

故に昔はボールを真っ直ぐ飛ばす為に長い時間と経験が必要になったのですが、昨今はクラブが良くなり、学生など年齢が若いゴルファーが長い時間をかけて練習しなくても活躍できる様になった側面があると言えるでしょう。

現代のクラブを使いこなすにはシャットめの方がよい

現在は、ゴルフクラブが機能的に物凄く進化している為、バックスイングではクラブフェースをシャット目に上げる方が、メリットがあります。

わざわざタイミングの難しい方法を選択しなくても、クラブがボールを安定して飛ばしてくれる為、スイングをシンプルに行える様になりました。

シャットめに上げて身体の回転なりにクラブを振れれば、自然とつかまったボールが打てますので、バックスイングを失敗しない様に安定させてください。

 - スイング ポイント