ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ドライバーのアドレスでフェース被るとショットへの影響は?

      2017/04/29

ドライバーのアドレスでフェース被るとショットへの影響は?

ドライバーをアイアンのようにフェースを被せてアドレスする人がいます。

ドライバーのアドレスでフェース被る癖があるとショットにどのような影響があるのでしょうか?

吉と出るのか、凶と出るのか、ここで一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0001096-1.jpg
ゴルフクラブをシャフトカットしたら本当に使いやすくなる?

短くすると振りやすくなりそうな気がして、今使っているゴルフ...

glb0001095-1.jpg
【ゴルフクラブの名器】フォーティーンMT-28V2ウェッジ

フォーティーンMT-28の2代目として発売されたMT-28...

glb0001091-1.jpg
古閑美保の綺麗なスイングの原因をスロー再生で解明する!

日本人女子の中では167センチと恵まれた身体を持つ古閑美保...

glb0001090-1.jpg
天才と言われ続けた丸山茂樹のスイング理論を今から確認する

どんなシーンでも器用に打ち分けることができる丸山茂樹のショ...

glb0001089-1.jpg
タイガーウッズの病気と錦織圭の悩みは精神的支柱にある?

タイガーウッズは腰、錦織圭は腕、それぞれが故障を理由に戦線...

glb0001094-1.jpg
横峯さくらがオーバースイングを修正したアイアンの打ち方

「さくら」の愛称で日本女子ゴルフ界を牽引してきた横峯さくら...

glb0001093-1.jpg
まむしと呼ばれた杉原輝雄のパターへの想いから人生を学ぶ

杉原輝雄のパターといえばマレット型、グリップは逆オーバーラ...

glb0001092-1.jpg
学士プロ坂田信弘が提唱するジャイロスイングの効果を分析

坂田塾の塾長として有名な坂田信弘プロが、肩を故障した時期に...

glb0001084-1.jpg
タイガーウッズのスイングを見てアイアンの打ち方を探る

ゴルフ界の歴史を変えた男と言われるタイガーウッズですが、近...

glb0001081-1.jpg
ゴルフの必需品!知っておくべきグローブの人気の形・素材

ゴルフをするなら、だれでも持っているグローブ。 どれも一緒...

glb0001082-1.jpg
帝王ジャックニクラウスが教える実に簡単なスイング法とは?

「帝王」と呼ばれたジャックニクラウスと言えば、マスターズで...

glb0001083-1.jpg
神の領域と言われるタイガーウッズのゴルフスイングを分析

神の領域とも言われるタイガーウッズのゴルフスイングですが、...

glb0001080-1.jpg
年齢を重ねても衰えない68歳トムワトソンのスイングを見よう

トムワトソン68歳。 66歳までメジャー大会マスターズに参...

glb0001079-1.jpg
ゴルフラウンドで重要!カップの大きさはメンタルで変わる!

大事な大事なバーディーパットやパーパット。 入れたい! ...

glb0001078-1.jpg
正しいアイアンスイングは後方から見る事が◎!すぐチェック

アイアンスイングの基本はダウンブローです。 ボールを打った...

glb0001077-1.jpg
アイアンシャフトをモーダス105にすると良いゴルファーは

ニッポンシャフトのモーダスツアー105は、体力の衰えを感じ...

glb0001076-1.jpg
S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタ...

glb0001075-1.jpg
OBを沢山打つ人は打ち直しの打数を間違えやすいので注意

OBをよく打つ人はラウンド中の打数について間違えやすいので...

glb0001074-1.jpg
飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そう...

glb0001073-1.jpg
神奈川県座間市の米軍基地内にあるキャンプ座間ゴルフクラブ

米陸軍第一軍団新司令部の基地がある神奈川県座間市。 驚きな...

スポンサーリンク


ドライバーのアドレスでフェース被る癖

ドライバーショットに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

一番多い悩みは、ボールが真っ直ぐ飛ばないことでしょう。

真っ直ぐボールが飛ばない原因の1つとして考えられるのが、アドレスでのフェースの向きです。

アドレスでフェースが被ると、フックボールが出ます。

フックボールとは、ボールが飛び出した後、左にカーブを描いて飛んで行ってしまうことを言います。

よく「チーピン」や「引っ掛け」と言ったりしますが、それらすべてはフックを原因として発生する球筋です。

インパクトはアドレスの位置に戻ってくるので、アドレスでフェース被る癖があるとインパクトでもフェースが被った状態でボールにヒットします。
そうなるとすごい左回転のスピンがかかってしまうので、結果フックボールになるのです。

わざとそのような左回転のスピンを起こそうとするためには、開いたフェースでスイングして、インパクトの瞬間に手首を使ってフェースを閉じるような動きをする必要があります。

ドライバーのアドレスでフェースが開くと

ドライバーのアドレスでフェース被る癖のせいでフックボールが出るとお話ししました。
では、ドライバーのアドレスでフェースを開いたらどうなるのでしょう。

答えは簡単ですよね。

フックボールと反対のスライスボールが出てしまいます。

初心者の方が最初に悩むのがスライスボールです。

スライスボールとは、ボールが左に大きく打ち出されて、右に曲がっていくボールです。
初心者の方は、アドレスが原因と言うよりも、ヘッドアップや振り遅れが原因のことがほとんどです。
しかしその問題をクリアしてもスライスボールが出るようであれば、もう一度アドレスの時のフェースの向きを確認してみましょう。

ボールが大きく曲がってしまうとOBの可能性が高まるだけだなく、飛距離も大幅にロスしてしまいます。

ドライバーに限らず、すべてのクラブでボールのフライトに影響を与えるのはフェースの向きです。
ボールが曲がり出したら、まず最初にアドレスでのフェースの向きを確認してみましょう!

ドライバーのアドレスで正しいフェースの向きは

ドライバーのアドレスでのフェースの向きは、被るも開くもダメ。

ではいったいどこを向くのが正しいのでしょうか。

ボールを真っ直ぐに飛ばすためには、アドレスでのドライバーのフェースの向きは、狙う方向にスクエアに構えるのが正しいです。

構える時に、スタンスがどうしても右を向いてしまう人や左を向いてしまう人がいると思います。

そんな方でもフェースの向きは必ず狙った方向にスクエアに向けるように気を付けてください。

練習場では目印になるものや目標に向かうグッズ等も使えるので、フェースの向きを目標方向にセットしやすいです。
しかしゴルフ場だと、目印のない広いフェアウェイに向かってアドレスするので、目標を定めることが難しくなります。

ですから、フェース被る癖を気にすることなく練習場で何も確認せずにバンバンドライバーを打つのではなく、1球1球アドレスとフェースの向きをきちんと確認して打つようにしましょう。
練習場でしっかりと身につけておけば、癖づいてラウンドでも同じようにできるようになるはずです。

最初からフェース被る設計のドライバー

実は、アドレスでスクエアに構えたとしても、最初からフェース被るようにされたドライバーがあるのです。

それは「フックフェースドライバー」です。
設計段階でフェースが最初から左を向いているのです。

ドライバーは構造上もともとフェースが開きやすいという特徴があります。
クラブヘッドが大型になると、重心距離が長くなり、フェースも開きやすくなってしまうのです。

それでもスライスが出ないように工夫を各メーカーがして作り出したのが、フックフェースドライバーです。

このドライバーはアドレスの時にフェースが左を向いています。
ですから多くの人は恐らく違和感があるでしょう。

しかしこのドライバーは、インパクトでフェースを開きづらくするために作られたものです。
ですからどんなに違和感があっても、フックフェースのドライバーは、アドレスした際にクラブフェースが少し被ったようにして構えるのが正解なのです。

気をつけて欲しいのが、まだスイングが安定していない初心者が、スライスボールが出ることに悩んでフックドライバーを使うのは避けることです。
初心者ゴルファーが道具に頼るのは早すぎるので、まずは自分のスイングを安定させるように努力しましょう。

最初からフェース被る設計のドライバーを目標方向へアドレス

フックフェースドライバーはクラブフェースが少し被る状態で構えるのが正しいとありますが、もし目標に向けて構えたらどうなるのでしょう。

真っ直ぐ行きそうな気はしますが、実はスライスが出やすくなります。
ストレートフェースのドライバーよりもスライスが出やすくなる可能性があるのです。

もともとフェース被るようデザインされたクラブを目標に対してスクエアに構えると言うことは、スクエアフェースのドライバーを開いて使うようなもの。

「フェースが最初から被る」と一言で済ませていますが、フェースを被せることで最高のパフォーマンスを出せるように、ライ角や重心、重心距離や重心深度などいろいろなことが細かく計算され出来上がっているものなのです。

その計算に反してアドレスをしてしまえば、正しい使い方ではないので、ミスショットになるのは当然のことですよね。

フックフェースドライバーは、スライスに悩むゴルファーのためのドライバーです。

ヘッドの軌道に対してフェースがインパクトで開くとスライススピンが掛かってしまうので、その度合いを少なく抑えることができ、スライスも軽減できるドライバーなのです。

ドローヒッターやストレートヒッターが使うと

スライスボールに全く悩んでいないドローヒッターやストレートヒッターが、最初からフェース被るフックドライバーを使用したらどうなるでしょう。

目も当てられないようなフックボールになりそうではないですか?

しかしフックフェースを使ってスライスが出てしまう、プッシュアウトスライスが出てしまうことがあるのです。

これはドローヒッターには上級者の方が多いので、無意識にフェースの向きを修正してしまうのが原因ではないかと思います。

上級者の方は、打った瞬間とかにフェースが開いたとか閉じたとかを判断できます。

フックフェースのドライバーはアドレスの段階で左を向いているので、この状態でインパクトするとフックボールが出ると言うのが理解できます。
ですから上級者の方はフェースをインパクトでスクエアになるように無意識に修正してしまうのです。

もちろん上級者に限らず、中級者であっても、何度もそのクラブで打っていると体が勝手に調整しようとしてしまいます。
クラブに自分のスイングを合わせるのではなく、自分のスイングにクラブを合わせるようにしましょう。

ゴルフの1つ1つに意味があり、影響がある

ゴルフのスイングは、アドレスからバックスイング、トップ、インパクトそしてフィニッシュ。
その1つ1つの動きにしっかりと意味があるので、1つもおろそかにしてはいけません。

これはゴルフクラブや用品でも同じです。

ただかっこいいからとか色が好きだからとかで選んでしまっては、自分の最高のパフォーマンスを出すことができないどころか、スイングか崩れてしまいます。

スイングもクラブ選びも真剣に、そして慎重にするようにしましょう!

 - 初心者 入門