目指せ!ヘッドスピードの平均値を超える女性ゴルファー!!

徐々にゴルフが上達してくると、飛距離への欲が高まりますよね。
特に飛距離に悩む女性ゴルファーは多いです。

飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードのアップが必要です。
飛ばし屋女子を目指してして、ヘッドスピードの平均超えをするにはどうすれば良いのかをお教えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロゴルファーのドライバーの長さが知りたい。男子女子別。

現在各メーカーが発売しているドライバーの長さは素材の進化も相まって平均的に10年前と比べて長くなって...

ゴルフはミート率が大事!スピン量や飛距離を左右する!

飛距離が出ないと嘆いている一般ゴルファーは多いですね。ゴルフは腕力や体力だけで、飛距離が伸びる...

【ゴルフ豆知識】驚愕のドラコンの記録を知っていますか?

ゴルフにはいろいろなプレースタイルがあって、ほとんどの人は打数を数えるストロークプレーがゴルフだと思...

ドライバーの重心距離を比較すると不思議な現象に行き着く!

ドライバーの重心距離は、ヘッドの操作性に影響があると言われています。ボールの捕まりが良いとか...

ゴルフのコースに出ると必ずあるバンカーが存在する意味

ゴルフ場の各ホールにはバンカーが必ずありますよね。このバンカー、そもそもどういう意味なのかご...

次のゴルフに活かせるスコア管理をエクセルで!

ゴルフの結果をスコア管理すると、次回以降のプレーに活かすことができます。もちろん手書きのデー...

プロでもアマでもゴルファーのレフティ選手はなぜ少ないの?

練習場へ行くとレフティ専用の打席がわずかしかありません。ゴルフショップへ行ってもレフティ用の試打...

ゴルフクラブの試打日記付けてますか?まだなら始めよう!

ゴルフクラブの試打をしたことある方はたくさんいるでしょう。では、試打の後にそのゴルフクラブの...

同じ日本と思えない!北海道のゴルフ場の芝が一番良い時

北海道のゴルフ場の芝の良さは全国的に有名ですが、その理由は本場スコットランドの洋芝と同じ感触でプ...

引退間近の宮里藍の生涯獲得賞金とツアーの勝利数のついて

数か月前に笑顔、そして涙の引退会見をした宮里藍。彼女のゴルフ界でのプロとしての活躍は高校生時代...

飛ばし屋!渡辺彩香プロの飛距離が出る理由と問題点を分析

日本女子プロゴルファー渡辺彩香選手といえば、女子プロの枠を超える飛距離が有名です。ただ圧倒的...

ゴルフにおける4スタンス理論とそのセルフチェック方法

ゴルフをする上で、4スタンス理論を取り入れることは、非常に重要です。そのため4スタンス理...

飛距離の目安となるクラブとゴルフコースの数値について

ゴルファーにとって自分の飛距離を知ることは、プレーをする上で大切なことです。なぜなら使用する...

ドライバーのロフト角、選ぶなら9.5度?それとも10.5度?

ドライバーのロフト角で悩むことが多いのが、9.5度にするか、10.5度にするかです。一般的に...

プロゴルファー片山晋呉!実績。クラブ。評判。まだイケる!

今シーズン、片山晋呉プロはツアー通算30勝を成し遂げました。最近は若くして海外ツアーに挑戦す...

スポンサーリンク

女性ゴルファーの平均ヘッドスピードは

ヘッドスピードとは、ゴルフスイングで、ボールを捉えるヘッド部分のスイングスピードのことです。

インパクトの瞬間に手首に回転が加わることで、ヘッドに最大限の力がかかります。

飛距離を課題にしているゴルファーは多いです。

まず押さえておきたい数値として、女性ゴルファーのドライバーの平均ヘッドスピードは33m/s、そして平均飛距離は170ヤードです。

現在の自分のヘッドスピードや飛距離と比べていかがですか?
平均を大きく下回る人は、もっともっとがんばる必要があります。
平均くらい、または平均を上回る人は、さらにアップするようにがんばりましょう。

もしかしたらヘッドスピードの平均は超えているのに、飛距離は超えていないという人もいるのでしょう。

そういった人は、スイングを見直した方が良いです。
原因はいろいろと考えられますが、ミート率が悪いのが一番の原因だと考えられます。

多くの女性ゴルファーが目指す飛距離は200ヤードくらいなのではないでしょうか。
ちょっと贅沢を言えば、女子プロゴルファーくらいの飛距離を出してみたいですよね。

女性の体格や力を考えると難しいかもしれませんが、女子プロゴルファーだって同じ女性です。
決して不可能ではないので、がんばってみる価値ありです!

平均ヘッドスピードを超えられない女性ゴルファーの課題

女性ゴルファーが飛距離を伸ばすのに必要なことは、ヘッドスピードのアップです。

多くの女性ゴルファーは、大きな筋肉を使ってボールを打つことを苦手としています。
大きな筋肉を上手く使わないと手打ちになってしまうでしょう。

しかし女性は男性に比べて柔軟性があるので、体をしっかり回転させなかったり、あまりコックをしなかったりしてもクラブを振り上げることが出来ます。
手と腕でクラブを振り上げて振り下ろすスタイルのゴルフスイングになっている場合が多いです。

しかし体を十分回し、しっかりコックを入れることはゴルフスイングではとても大切なのです。

女性にとっての課題は、

①正しいコックの使い方
②大きな筋肉を使って大きくクラブを振ること
③力強いボディーターンに必要な(大腿四頭筋、外腹斜筋、腹横筋などの)筋肉を鍛えること

です。

その上でミート率を上げ、芯でボールを捉える確率を高める練習をしてください。

ゴルフショップでドライバーのヘッド・スピードを計測してみましょう。
37~38m/sのヘッドスピードがあれば、しっかりと芯を捉えた場合200ヤード飛ばすことは可能です。

上記した課題を克服すれば平均超えである37~38m/sのヘッドスピードは女性でも十分達成可能なスピードです。

平均以下の女性ゴルファーの課題はまだある

女性ゴルファーが、平均ヘッドスピードを超えるにはもう1つ重要な課題があります。

バックスイングの終了地点がトップになります。
その形がピタリと決まるかどうかは、ショットの良し悪しに大きく影響します。
それほどトップの形と言うのは重要なのです。

大きく、高い位置に腕を振り上げるバックスイングのトップと、小さくコンパクトで腕をほとんど振り上げない2つのタイプに分かれます。

最近活躍が目立つ韓国女子プロゴルファーは後者のタイプが多いです。

極端にコンパクトなバックスイングのトップでも手首を正しい方向にコックさせ、腕とクラブを正しいプレーンに乗せれば、ボディーターンの力と腕の力で、力強いスイングができます。

理想のバックスイングの大きさとトップの形は、人それぞれです。

大きく腕を振り上げることで、手首を正しい方向にタイミング良くコックさせ、腕とクラブを正しいプレーンに乗せることが出来ないのであれば、コンパクトなバックスイングに変える必要があります。

女性の多くは腕の振りに頼り過ぎるために、オーバースイングである上に、手打ちになる傾向があるので、自分の合うトップをしっかりと見つけるようしましょう。

女性ゴルファーに知って欲しい大きな筋肉の使い方

女性ゴルファーが平均ヘッドスピードを超えるために大きな筋肉を使った方が良いと話しました。

女性に限らないのですが、日ごろから筋肉の動きに意識することはあまりないですよね。
ですから、大きな筋肉をどう使えば良いのかをここで説明していきます。

まずはクラブを持たずにゴルフボールの前に立ち、アドレスの前傾姿勢から右手だけでボールを遠くに飛ばすことをイメージしながらトップの形を作ります。

その時に右肩と右手をどうのように動かせばボールを遠くに飛ばせられるかを考えてください。
それに加え、左腕の動かし方と右肘のポジションと右腕の曲げ方にも注意してください。
トップからの切り替えしでクラブがプレーンに乗るように、左手と左腕をドアノブを回転させるように動かしてみましょう。

バックスイングで左手の甲が少し上を向くようにゆっくりと腕を回転させると同時にコックを入れます。

腕を大きく振り上げなくてもその動きはできますが、小さな腕の振りでその動きをしようとすると窮屈に感じるでしょう。

それが自分のとっての最もコンパクトな腕の振りと考えて良いのです。

ヘッドスピードも飛距離も十分な女性ゴルファーは

ヘッドスピードも飛距離も十分平均を超えている女性ゴルファーも少なくはないはずです。

そんな方たちは、伸び悩みに陥ってませんか?
その場合、次なるステップを踏むレベルまで来ていると言えるでしょう。

現在使用しているクラブが、本当にあなたのスイングに合っているかをまず疑いましょう。
平均値を超えている女性ゴルファーであれば、レディス用クラブはもう適していないかもしれません。

クラブ選びとは、女性用・男性用ではなく重さやシャフトの硬さ、長さなどが適しているかです。
自分の体格やパワー、そしてヘッドスピードやスイングの特徴にあったクラブを選ぶこともまた伸び悩みを解決する術になります。

ヘッドスピードが平均を上回り、ドライバーの飛距離が170~180ヤードくらいで、中級以上を目指す女性ゴルファーであれば、男性用クラブを使うと言う選択肢もありです。

女子プロゴルファーでレディス用クラブを使っている選手はいません。

最近は男性用クラブでも比較的軽く、シャフトの柔らかい物もあります。
自分の力などを考えてそういったクラブを使ってみるのも良いでしょう。

自分に適したクラブを使うことでいままで以上にヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びる可能性も絶対にあるのです。

ヘッドスピードとミート率が合い重なって

女性ゴルファーの平均ヘッドスピードについてお話してきました。

これだけヘッドスピードに注目してきたのですが、実はヘッドスピードをアップさせるだけでは飛距離は絶対に伸びません。

ヘッドスピードと同じくらい重要なのがミート率です。

もしかしたらドラコン選手並みのヘッドスピードであっても、全然飛ばず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

その飛ばない原因は、ミート率の低さです。

簡単なことなのですが、ヘッドにボールが当たらないとボールは飛ばないですよね。
どんなにヘッドスピードが速くても、ミート率が伴っていないと無駄にヘッドスピードが速いだけになってしまいます。

アマチュアゴルファーの平均ミート率は1.30~1.35程度です。
プロゴルファーで1.40~1.45を超えます。

ミート率が1.4前後であればセミアマチュアと言って良いでしょう。

ミート率を上げるための一番有効な練習方法としてスリークォータースイングでの練習がオススメです。

ヘッドスピードばかりにこだわらずに、ミート率も同じくらいこだわるようにしましょう!

夢と現実の違いに早く気づいてください

ヘッドスピードや飛距離に憧れやこだわりを持つことも大事です。
スポーツでは、目標を持つことが大切ですからね。

しかしゴルフには飛距離やヘッドスピードよりも重要なことがあります。

それは「正確性」と「再現性」です。
どんなに飛ばしてもショットが正確でなければ、スコアアップはできないのです。

ある程度飛距離が出せるようになったら、次はショットの中身と向き合ってみてはどうでしょうか?