ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

目指せ!ヘッドスピードの平均値を超える女性ゴルファー!!

2017.4.22

徐々にゴルフが上達してくると、飛距離への欲が高まりますよね。
特に飛距離に悩む女性ゴルファーは多いです。

飛距離を伸ばすには、ヘッドスピードのアップが必要です。
飛ばし屋女子を目指してして、ヘッドスピードの平均超えをするにはどうすれば良いのかをお教えします!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スライスはゴルフスイングとシャフトが合っていないから?

スライスするのはスイングに原因がある場合と、ゴルフクラブが合っていない場合があります。 またス...

日本のゴルフ場では希少価値のポットバンカーとは?

ゴルフ場でなかなかめぐり合う機会のないバンカーの形のひとつ、ポットバンカーですが、そこからバンカ...

【ゴルフ教えて!】52度のウェッジの飛距離はどれくらい?

最近のアイアンは飛距離重視のストロングロフト設計が増えてきましたね! そんな中、AW(アプロー...

youtubeでゴルフの弾道がprotracerで見れる!いつか自分も。

ゴルファーの皆さんは、一度はプロゴルフのツアーでショット後の弾道を見られた事があると思います。 ...

アマチュアでも本当にゴルフが上手いのは片手シングル以下

ほとんど全てのゴルファーの憧れ、それはシングルハンデキャップですよね。 シングルプレーヤーなんて聞...

ライ角はわずか1度違うだけでスイングに重大な影響を与える

ライ角はゴルフクラブの方向性を左右する大切な角度です。 わずか1度でも角度が違えば、グリップの高さ...

トーナメントのようなグリーンの速さと硬さが最良のコース?

良いコースでプレーがしたい、トーナメントのような高速グリーンでパッティングがしたいと思うゴルファー...

降水量3mmはどのくらいの雨?ゴルフはできる?できない?

ゴルフラウンドの予定が入ると、当日の天気予報をこまめにチェックしますよね。 雨予報の場合、...

タイガーウッズに起こったマスターズ15番での珍事とは!

マスターズとはゴルファーにとっての夢の舞台であり、いろいろなドラマが生まれる舞台とも言われています。...

想像を絶するヘッドスピードなど様々なPGAプロのランキング

世界中のゴルフファンを魅了するPGAツアー。 誰しもが憧れるPGAプロの凄まじい飛距離や力強いシ...

シャフトが硬いとダメ?元調子だとスライスしやすくなるの?

元調子のシャフトはインパクトで硬く感じます。 これは、先端側がしっかりとしたシャフトだとしなり...

「ゴルフ」と「ホールインワン」と「11打」における伝説

ゴルフをしている人にとってホールインワンと言えば夢の一つです。 ホールインワンは「夢」と言って...

ゴルフのスコアカードを活用して保管する方法はある?

皆さん、ゴルフが終わったら、記入済みのスコアカードはどうしていますか? キャディバッグに入れた...

練習場でボールを打っても正確なミート率は計測できないかも

練習場でボールを打っていて、上達度をチェックするのはラウンドするしかないと考えていませんか。 ...

ゴルフ1ラウンド。一日で歩く距離は?歩き・乗用カート

ゴルフは1ラウンドすると結構な距離を歩きます。 フラットなところもありますが、勾配がある丘陵コ...

スポンサーリンク

女性ゴルファーの平均ヘッドスピードは

ヘッドスピードとは、ゴルフスイングで、ボールを捉えるヘッド部分のスイングスピードのことです。

インパクトの瞬間に手首に回転が加わることで、ヘッドに最大限の力がかかります。

飛距離を課題にしているゴルファーは多いです。

まず押さえておきたい数値として、女性ゴルファーのドライバーの平均ヘッドスピードは33m/s、そして平均飛距離は170ヤードです。

現在の自分のヘッドスピードや飛距離と比べていかがですか?
平均を大きく下回る人は、もっともっとがんばる必要があります。
平均くらい、または平均を上回る人は、さらにアップするようにがんばりましょう。

もしかしたらヘッドスピードの平均は超えているのに、飛距離は超えていないという人もいるのでしょう。

そういった人は、スイングを見直した方が良いです。
原因はいろいろと考えられますが、ミート率が悪いのが一番の原因だと考えられます。

多くの女性ゴルファーが目指す飛距離は200ヤードくらいなのではないでしょうか。
ちょっと贅沢を言えば、女子プロゴルファーくらいの飛距離を出してみたいですよね。

女性の体格や力を考えると難しいかもしれませんが、女子プロゴルファーだって同じ女性です。
決して不可能ではないので、がんばってみる価値ありです!

平均ヘッドスピードを超えられない女性ゴルファーの課題

女性ゴルファーが飛距離を伸ばすのに必要なことは、ヘッドスピードのアップです。

多くの女性ゴルファーは、大きな筋肉を使ってボールを打つことを苦手としています。
大きな筋肉を上手く使わないと手打ちになってしまうでしょう。

しかし女性は男性に比べて柔軟性があるので、体をしっかり回転させなかったり、あまりコックをしなかったりしてもクラブを振り上げることが出来ます。
手と腕でクラブを振り上げて振り下ろすスタイルのゴルフスイングになっている場合が多いです。

しかし体を十分回し、しっかりコックを入れることはゴルフスイングではとても大切なのです。

女性にとっての課題は、

①正しいコックの使い方
②大きな筋肉を使って大きくクラブを振ること
③力強いボディーターンに必要な(大腿四頭筋、外腹斜筋、腹横筋などの)筋肉を鍛えること

です。

その上でミート率を上げ、芯でボールを捉える確率を高める練習をしてください。

ゴルフショップでドライバーのヘッド・スピードを計測してみましょう。
37~38m/sのヘッドスピードがあれば、しっかりと芯を捉えた場合200ヤード飛ばすことは可能です。

上記した課題を克服すれば平均超えである37~38m/sのヘッドスピードは女性でも十分達成可能なスピードです。

平均以下の女性ゴルファーの課題はまだある

女性ゴルファーが、平均ヘッドスピードを超えるにはもう1つ重要な課題があります。

バックスイングの終了地点がトップになります。
その形がピタリと決まるかどうかは、ショットの良し悪しに大きく影響します。
それほどトップの形と言うのは重要なのです。

大きく、高い位置に腕を振り上げるバックスイングのトップと、小さくコンパクトで腕をほとんど振り上げない2つのタイプに分かれます。

最近活躍が目立つ韓国女子プロゴルファーは後者のタイプが多いです。

極端にコンパクトなバックスイングのトップでも手首を正しい方向にコックさせ、腕とクラブを正しいプレーンに乗せれば、ボディーターンの力と腕の力で、力強いスイングができます。

理想のバックスイングの大きさとトップの形は、人それぞれです。

大きく腕を振り上げることで、手首を正しい方向にタイミング良くコックさせ、腕とクラブを正しいプレーンに乗せることが出来ないのであれば、コンパクトなバックスイングに変える必要があります。

女性の多くは腕の振りに頼り過ぎるために、オーバースイングである上に、手打ちになる傾向があるので、自分の合うトップをしっかりと見つけるようしましょう。

女性ゴルファーに知って欲しい大きな筋肉の使い方

女性ゴルファーが平均ヘッドスピードを超えるために大きな筋肉を使った方が良いと話しました。

女性に限らないのですが、日ごろから筋肉の動きに意識することはあまりないですよね。
ですから、大きな筋肉をどう使えば良いのかをここで説明していきます。

まずはクラブを持たずにゴルフボールの前に立ち、アドレスの前傾姿勢から右手だけでボールを遠くに飛ばすことをイメージしながらトップの形を作ります。

その時に右肩と右手をどうのように動かせばボールを遠くに飛ばせられるかを考えてください。
それに加え、左腕の動かし方と右肘のポジションと右腕の曲げ方にも注意してください。
トップからの切り替えしでクラブがプレーンに乗るように、左手と左腕をドアノブを回転させるように動かしてみましょう。

バックスイングで左手の甲が少し上を向くようにゆっくりと腕を回転させると同時にコックを入れます。

腕を大きく振り上げなくてもその動きはできますが、小さな腕の振りでその動きをしようとすると窮屈に感じるでしょう。

それが自分のとっての最もコンパクトな腕の振りと考えて良いのです。

ヘッドスピードも飛距離も十分な女性ゴルファーは

ヘッドスピードも飛距離も十分平均を超えている女性ゴルファーも少なくはないはずです。

そんな方たちは、伸び悩みに陥ってませんか?
その場合、次なるステップを踏むレベルまで来ていると言えるでしょう。

現在使用しているクラブが、本当にあなたのスイングに合っているかをまず疑いましょう。
平均値を超えている女性ゴルファーであれば、レディス用クラブはもう適していないかもしれません。

クラブ選びとは、女性用・男性用ではなく重さやシャフトの硬さ、長さなどが適しているかです。
自分の体格やパワー、そしてヘッドスピードやスイングの特徴にあったクラブを選ぶこともまた伸び悩みを解決する術になります。

ヘッドスピードが平均を上回り、ドライバーの飛距離が170~180ヤードくらいで、中級以上を目指す女性ゴルファーであれば、男性用クラブを使うと言う選択肢もありです。

女子プロゴルファーでレディス用クラブを使っている選手はいません。

最近は男性用クラブでも比較的軽く、シャフトの柔らかい物もあります。
自分の力などを考えてそういったクラブを使ってみるのも良いでしょう。

自分に適したクラブを使うことでいままで以上にヘッドスピードが上がり、飛距離も伸びる可能性も絶対にあるのです。

ヘッドスピードとミート率が合い重なって

女性ゴルファーの平均ヘッドスピードについてお話してきました。

これだけヘッドスピードに注目してきたのですが、実はヘッドスピードをアップさせるだけでは飛距離は絶対に伸びません。

ヘッドスピードと同じくらい重要なのがミート率です。

もしかしたらドラコン選手並みのヘッドスピードであっても、全然飛ばず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

その飛ばない原因は、ミート率の低さです。

簡単なことなのですが、ヘッドにボールが当たらないとボールは飛ばないですよね。
どんなにヘッドスピードが速くても、ミート率が伴っていないと無駄にヘッドスピードが速いだけになってしまいます。

アマチュアゴルファーの平均ミート率は1.30~1.35程度です。
プロゴルファーで1.40~1.45を超えます。

ミート率が1.4前後であればセミアマチュアと言って良いでしょう。

ミート率を上げるための一番有効な練習方法としてスリークォータースイングでの練習がオススメです。

ヘッドスピードばかりにこだわらずに、ミート率も同じくらいこだわるようにしましょう!

夢と現実の違いに早く気づいてください

ヘッドスピードや飛距離に憧れやこだわりを持つことも大事です。
スポーツでは、目標を持つことが大切ですからね。

しかしゴルフには飛距離やヘッドスピードよりも重要なことがあります。

それは「正確性」と「再現性」です。
どんなに飛ばしてもショットが正確でなければ、スコアアップはできないのです。

ある程度飛距離が出せるようになったら、次はショットの中身と向き合ってみてはどうでしょうか?

 - データ 記録