ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ゴルフの服装でカッコイイ男性を目指す上手な着こなし術

      2017/04/16

ゴルフの服装でカッコイイ男性を目指す上手な着こなし術

ゴルフには、服装の決まりが厳しいと言うイメージが大きいようです。
しかし絶対にダメ!と言ったものはそれほど多くはありません。
最低限のマナーをしっかり押さえておけば問題ないのです。

この程度なら崩しても大丈夫というポイントをしっかり押さえて、マナーもファッションもカッコイイ男性ゴルファーを目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


カッコイイ男性ゴルファーの服装の基本はポロシャツ

ゴルフの服装と言えば、ポロシャツに長いズボンさえ揃えれば十分です。
ただ、クラブハウスへ出入りする場合は、その上にジャケット、もしくはブレザーを羽織るか、持つかしなければなりません。

男性ゴルファーでも女性ゴルファーでも、ポロシャツはマストアイテムです。
シャツを出して着るのが大丈夫なゴルフ場も増えてきましたが、まだ認めていないゴルフ場もあるので気をつけてください。

まず目上の人とのラウンド時にはシャツを出すのは避けたほうが良いでしょう。
また仲間内のラウンドで厳しくないゴルフ場であれば全く問題ないでしょう。

ポロシャツはほぼ同じ様な形ですが、格好良く着こなすためにお洒落なデザインのものを選ぶと良いです。
男性物のデザインは地味なイメージがありますが、最近はアパレルブランドの参入もあって、カラフルでお洒落なものも増えています。

夏の半ズボンは必ずしもNGではありません。
しかし厳しいゴルフ場であれば、半ズボンを着用するときは、ハイソックスかくるぶしが隠れる丈のソックスを履くように決められています。
カジュアルなコースであれば、半ズボンに短いソックスでもOKです。

長いズボンでもラウンドマウスのような派手なデザインの物もあるので、上ポロシャツと上手くコーディネートして格好良く着こなしてください!

格好良い服装のポイントとして帽子やシューズにこだわろう

服装と言っても、洋服のことばかりに注目していてはお洒落な男性にはなれません。
小物にも気を使って、初めて格好良い男性ゴルファーになれるのです。

ゴルフでかぶる帽子を適当に選んでいませんか?
帽子こそ、お洒落度をアップさせるマストアイテムです。

ゴルフメーカーのキャップでも、最近はツバが真っ直ぐなHIPHOPスタイルであったり、片山晋呉選手がかぶっているようなハットタイプなど、ゴルフウェアに合わせて雰囲気出していくとグンとお洒落感が増します。

実は、ゴルフシューズも最近はお洒落なものが増えています。
偏平足の人でも履けるニューバランスのゴルフシューズなど、タウンシューズのようなデザインもオススメです。

最近は、男性用ゴルフシューズもカラフルなものが増えてきています。
派手な柄だと洋服に合わせづらいイメージがありますが、地味な服装の男性こそ、足元を華やかにするだけで雰囲気がガラリと変わりますし、イメチェンの第一歩には持ってこいのアイテムです。

男性ゴルファーが服装を選ぶ時に気をつけること

ゴルフウェアの価格は、ブランドによって様々です。
さすがにTシャツにジーンズなんて服装で行く訳にはいかないのですから、ある程度の出費は覚悟しましょう。

と言っても、初心者ゴルファーはクラブにボール、バッグにシューズやグローブなどいろいろな必需品から消耗品まで買わなければいけません。

出費がかさむのでどうしても抑えたいと言う人は、ユニクロを覗いてみると良いでしょう。

低価格な上に、ジャケットからスラックス、ポロシャツと男性にはとっても喜ばしいことに必要なアイテムは一通り揃えられます。

ブランド毎の大体の価格を参考までに、

オークリー(8,000~14,000円前後)、アディダス(8,000~14,000円前後)、キャロウェイ(12,000~18,000円前後)、パーリゲイツ(17,000~20,000円前後)

です。

ゴルフウェアのサイズなのですが、まずは身だしなみに繋がるサイズ感を意識してください。

間違っても、ストリート系のダボダボした物は着ないようにしましょう。
上下ともジャストサイズのアイテムを選び、すっきりと清潔感のあるものを選びます。

しかしタイトすぎると、スイングの妨げになるのでその点だけは気をつけてください。

お洒落ゴルファーが服装を選ぶ時の落とし穴

お洒落に目覚めると止まらなくなるのが人間の性です。
すると服装のデザインばかりに目が行くようになってしまいます。

お洒落なデザインももちろん大事ですが、ゴルフウェアで最も大事なのは、「機能性」です。
どんなにお洒落なものであっても、ゴルフにとって機能性が悪かったら何の意味もありません。

男性ゴルファーにとって一番重要な機能は、通気性や吸汗性でしょう。
大量に汗をかく春夏のゴルフラウンドで、少しでも汗の臭いなどを防ぐためには必要です。

また臭いのためだけでなく、プレー中の脱水症状の危険を防ぐためにも吸汗性や速乾の機能は大切なのです。

また、ストレッチ性も重要です。
ゴルフは余り大きく動くイメージがないのですが、スイングでは身体を捻ったりするので、ストレッチの効いてない服装ではいつものようにスイングができなかったりします。

デザインばかりにこだわって、こういった点を見逃してしまったら、せっかく高く購入したのに、ラウンドでは着られないという羽目になってしまいます。

練習場で着る洋服のサイズ感と機能性を参考にラウンド服も考えると良いでしょう。

上司や目上の人とのラウンドでは派手すぎないように

清潔感を出したい!
女の子にモテたい!
会社のコンペではどんな服装がベストなの!?

などゴルフでの服装も状況によって変わってきますよね。

まずは上司や目上の人とのラウンドで間違いのないコーディネートを紹介します。

接待や目上の人とのラウンドでは、何よりも清潔感が大事です。
清潔感を第一に考えた着こなしを意識すれば間違いないです。

ポロシャツの裾はズボンに入れ、クラブハウスへの出入りではジャケットを羽織るなど、最低限のマナーをしっかりと守るように心がけましょう。

上司や目上の人はきっと年配の方になると思います。
年配ゴルファーの方は、昔ながらのゴルフの服装のイメージが非常に強いです。
特に男性に対してはより厳しい目で見ることもあるかもしれません。
派手なゴルフウェアやカラーパンツには眉をひそめる可能性があるので、なるべく避けたほうが良いでしょう。

社内外でのコンペでも、どんな人と同組になるのか分からないので、ベーシックな服装で参加するのが無難と言えます。

女性がラウンドで男性に着てもらいたいコーディネートはコレ!

可愛い女性や気になる人とのラウンドは一層ファッションに気合が入ります。
男性ばかりのラウンドとはちょっと状況が違いますよね。

そこで女性が男性ゴルファーに「こんな着こなしをしてほしい!」を特別に紹介します。気合いが空回りしないためにも是非参考にしてください。

一番多いのは、ドレスコードやマナーを完全に無視している人とは絶対一緒にラウンドしたくない!という意見です。

ここはやはり人として見られるところなので、しっかりと押さえるようにしましょう。
厳しいゴルフ場だと退場になる可能性もあるので、この上ない恥ずかしい思いをするかもしれません。

女性が男性ゴルファーに着て欲しいカラーで一番人気なのは、モノトーンです。
モノトーンコーデをどうお洒落に着こなすかが勝負になります。

次に人気だったのはピンクや水色といったパステルカラーです。
抵抗のある男性も多いかもしれませんが、1枚くらいは持っていて良いでしょう。

ここで求められるのも清潔感です。
結果どんな服装をしていても清潔感があれば問題ないということですね。

ワンポイント意識するだけで大きく変わる!

服装に無頓着な人にとって服装を意識したり、コーディネートを考えたりするのは億劫ですよね。

ですから全部を意識したり変える必要はないのです。

お洒落とは、ワンポイントだけ何かを意識するだけで、雰囲気が大きく変わります。
無理に大改造するのではなく、最初はワンポイントを意識するとことから始めましょう!

 - クラブ 用品