いろいろあるゴルフバッグで練習用とは一体何なのでしょう?

ゴルフショップやネットでゴルフバッグを検索すると、いろいろなタイプのゴルフバッグが出てきます。
大きくてヘビーなタイプの物から、研修生等が持っているような軽量タイプの物、そしてコンパクトな練習用のゴルフバッグまであります。

必要性をあまり感じない練習用のゴルフバッグをどう活用するかを教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネットでも噂のゴルフクラブ、赤いドライバーファラオとは!

インターネットでも良く飛ぶと噂のゴルフクラブ、ファラオドライバー!ファラオという名前はインパクト...

ロフトが寝ているユーティリティはスライスしない確率が高い

今や多くのゴルファーのお助けクラブとして、ユーティリティは当たり前になりました。難しいロング...

ゼクシオ7アイアンの特長はなんと言ってもシャフトへの拘り

2000年の発売以降、不動の人気を誇るゼクシオアイアン。その中でもゼクシオ7アイアンは、「も...

重心距離の短いドライバー2016年モデルでスライスを直す!

「スライスが止まらない!」なんて時は、スイング修正が常套です。しかしそんな時に重心距離の短い...

愛着あるドライバーヘッドに傷をつけないために出来ること!

ドライバーには塗装がされていて、輝きがあるので、少しでも傷がつくと目立ちますよね。ソール側な...

ゴルフのグローブに表示されている大きさの基準はなに?

ゴルフ用のグローブには大きさが分かるように、「24」とか「25」とか表示されています。区分と...

ゴルフはファッション!格好いい女性からモテ術を学べ!

最近のゴルフウェアは昔と比べてすごくオシャレですよね!ゴルフはスポーツですが、ユニフォームが...

スリクソンz545アイアンはとくに初心者からの評価が高い!

国内ゴルファーから人気の高いダンロップのスリクソンクラブですが、z545アイアンはその中でもとくに初...

ゴルフクラブの素材で、チタンとステンレスの違いって何?

現在のゴルフクラブでは、昔では考えられないくらい、ドライバーのヘッドからパターまで色々な素材を使って...

ダイナミックゴールドs200、推奨ヘッドスピードはどれくらい

スチールシャフトの代表格、ダイナミックゴールドのシャフトはとにかく粘りがあります。xシャフト...

キャロウェイのx2hotドライバーを試打した感想を教えたい!

キャロウェイのxhotシリーズと言えば、300ヤード飛ぶスプーンとして注目を浴びました。同じ...

ドライバーの飛距離に影響を与えるティーは実際あるの?

ドライバーショットで気になるのが飛距離です。その飛距離に影響があるのではと、色々な形・構造の...

ミズノといえば人気「mp」。その中でも「mp15」の口コミとは

アイアンと言えば、ミズノ!というゴルファーは多いです。「mp=ミズノプロ」の名の如く、プロや...

x100のスチールシャフトを扱えるヘッドスピードはどの位から

しっかりしたスチールシャフトの中で最も硬いx100シャフト。では、このx100シャフトを扱え...

ゴルフボールにオリジナルマークをつけられる転写シールとは

ゴルフボールにオウンネームやオウンマークのような、自分で加工できるシールが販売されています。また...

スポンサーリンク

初心者ゴルファーに持って来いの練習用ゴルフバッグ

早く上達したいと、毎日がんばって練習場へ行っている初心者ゴルファーも多いのではないでしょうか。

たくさんクラブを入れて、重たいゴルフバッグを担いで練習場へ足しげく通っていることでしょう。

しかし初心者ゴルファーの場合は、練習場で全てのクラブを使って練習することはあまりないでしょう。
あまりないと言うか、色々なクラブを使って練習すべきではありません。

本当にゴルフを始めたばかりという方であれば、AW、もしくは7番だけでも十分かもしれません。

それなのに重いゴルフバッグを持ってゴルフ場まで行くのは大変ですよね。

そこで活用して欲しいのが、練習用ゴルフバッグです。

肩にかけることの出来る超軽量バッグで、4~5本のクラブが入れられるので、全種類のクラブを万遍なく使わない初心者ゴルファーには持って来いなのです。

少し練習に慣れてきた初心者は、アイアンであれば、6番、9番、AWに、FWを1本くらいで十分でしょう。

これら全てのクラブを入れた時に、練習用ゴルフバッグは満杯になります。

ラウンドでも使える練習用ゴルフバッグ

練習用のゴルフバッグですが、実はラウンドでも活用することができます。

最高14本まで使用できるラウンドで練習用バッグを使うのはさすがに無理があります。
ですからいつも使っているキャディバッグと別に、練習用ゴルフバッグを持っていくのです。

荷物は増えますが、これが結構良い役目を果たしてくれるでしょう。

ゴルフのマナーでプレーファーストをしようと言うのがあります。

プレーファーストを守るためにするべきことの中に、

「使うクラブを予測して数本持って行きましょう」

というのがあります。

この”数本”を練習用ゴルフバッグに入れて持ち歩くということ。
最初はそれも面倒に感じるかもしれませんが、ショートゲームで使うウェッジとパターを常に練習用ゴルフバッグに入れておくのです。

グリーン周りに近づいたら、それを持ってグリーンに向かえば良いだけ。
自分が持っているウェッジを全部持って動くことが出来るので、近づいてからクラブを選ぶことも可能です。

もちろん常にパーオンできれば必要ないのです。

練習用ゴルフバッグを使わなくてよくなるようにがんばりましょう!

カラフルでお洒落な練習用ゴルフバッグを紹介

練習用ゴルフバッグも安くてシンプルなデザインの物から、お洒落ゴルファーも一目惚れしてしまいそうなデザインの物までいろいろとあります。

そこでお洒落で機能的な練習用ゴルフバッグを紹介します。

まずハワイをコンセプトにしたブランドで、「ホアピリゴルフ(Hoapili Golf)」です。

日本ではなかなか見かけないような、とてもカラフルな色合いとデザインになっています。

ハワイ要素をふんだんに取り入れたカラフルなカモフラージュ柄で、カートにちょこんと掛けておくだけでみんなの目を引くでしょう。

軽量の練習用ゴルフバッグですが、最大7本収納することができます。
グローブなどちょっとした小物を入れるポケットも付いていてとても便利です。
もちろん全部ケースに入れることもできますし、グリップだけ外に出しておくこともできます。

カラフルなバッグから覗くカラフルなグリップで、絶対にテンションも上がります。

価格は12,000円とちょっとお高めです。
しかしホアピリゴルフのかわいいキャディバッグと合わせて使うとゴルフ場で注目を浴びること間違いなしです。

http://hoapili-golf.com/

このHPで購入もできます。

女子ゴルファーに絶対オススメしたい練習用ゴルフバッグ

次にオススメするのが、お洒落なゴルフウェアやゴルフ用品で人気の「ビバハート(VIVA HEART)」です。

男性ゴルファーが持つには、ちょっと厳しいデザインが主ですが、女子ゴルファーであれば、絶対にウキウキするデザインになっています。

長い間、女子プロゴルファーの有村智恵選手のゴルフウェアスポンサーで注目されていました。
若い女の子をターゲットにした、かわいい色合いやかわいいデザインのコンセプトのアイテムが多いです。

そんなビバハートの練習用ゴルフバッグは、ハートモチーフでとってもかわいらしいです。
カラーもピンク・黒・ネイビー・赤と4色あって、かわいい系が好きな人も、シックな感じが好きな人も使えるようになっています。

またかわいらしいデザインが苦手という人でも、メンズタイプであれば、原色にロゴだけ入ったシンプルでクールなデザインのものもあります。

機能性で言うと、メンズタイプの方がスタンドタイプなのでより優れています。
ポケットも2個付いていて使いやすさが抜群です。

おそろいのデザインのキャディバッグもあるので、色違いのセットで持つとお洒落感が何倍も増すでしょう!

男女が選べるお洒落練習用ゴルフバッグ

笠りつ子選手がゴルフウェア契約をしている、ゴルフブランドの「ダンスウィズドラゴン」の練習用ゴルフバッグもオススメです。

ダンスウィズドラゴンらしいお洒落なパイソン柄のデザインです。
このデザインであれば、男性ゴルファーでも女性ゴルファーでもどちらでも使えるでしょう。

ブラック・ブルー・ホットピンクの3色あって、ブラックは男性ゴルファーも使えるデザインです。
ブルーとホットピンクは、女性ゴルファー向けではありますが、カラフルなものが好きな男性であれば、デザイン自体はシンプルなので、問題なく使えます。

機能性では、幅のあるポケットが1つ付いているので、ボールなどを入れることができます。

46インチ対応で4~5本は入れられるので、練習場への持ち運びには便利です。

ゴルフウェアと同じで、ゴルフっぽくないデザインなところがお洒落ゴルファーにオススメ。
ただしこのゴルフブランドのデザインは好みが両極端に分かれます。

いろいろなゴルフバッグ

初心者用のゴルフセットを購入すると、ゴルフバッグもセットになっています。

しかし少しずつゴルフの上達も見えてきて、クラブを買い換えていくと、もちろんゴルフバッグも新調したくなりますよね。

そこで悩むのが、ゴルフバッグのデザイン、そして種類です。

ゴルフバッグには、頑丈でクラブをしっかりと守ってくれるカート型と、軽量で持ち運びに便利で場所を取らないスタンド型とあります。

カート型は、プロなどがツアーで使用しているタイプのものです。
大きなイメージがありますが、一般的には9インチ、もしくは9.5インチサイズを使用する人が多いようです。

頑丈でクラブをしっかりと守ってはくれるのですが、問題なのは重さです。
持ち運びには、全く適してません。
練習場やゴルフ場は車以外で行く人は避けた方が賢明でしょう。

スタンド型はバッグから足が出てくるので、倒れにくく、カート型に比べると小さく軽いです。
練習用ゴルフバッグの大きめ版と考えると良いでしょう。

軽量なのは良いのですが、カート型に比べると収納が少ないのがデメリット。
自分のゴルフ環境などに合わせて選ぶと良いでしょう!

あなた次第、便利だけど必須ではない

練習用ゴルフバッグの活用法や商品を紹介しました。

確かに便利なのですが、絶対必要だと言うものではありません。
ゴルフ用品には結構そういった物があります。
あったら便利だけど、無くても何の問題も無い…。
また用途も人それぞれなんですよね。

ゴルフはいろいろと求めだしたら切りがないので、しっかりと自分に必要なものを見極めて購入するようにしましょう!