ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフでは左腕伸ばすアドレスがスイングによい事だと考える

2017.4.5

左腕伸ばすアドレスはよいのでしょうか。
または、左腕は多少曲がってもゆとりのある方がよいのでしょうか。

ゴルファーのスイングタイプから左腕の曲がりについて見てみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ゴルフスイングで正しく肩を回すコツを知れば上達できる?

ゴルフの基本である捻転するスイングを習得すれば、上達すると言われています。 捻転とは肩を回すこ...

谷将貴の独特なスイング理論は左手主導ではなく右ひじ主導!

片山晋呉プロのコーチとして有名な谷将貴が提唱するスイング理論は、右ひじでスイングすることです。 ...

スイング成功の鍵は股関節の位置の前からのテークバック

スイングの状態を手首や肩、もしくは頭の動きなどでチェックすることが多いと思いますが、実は最初に構え...

グリーン周りでのミス撲滅!アプローチをスタンスで改善する

皆さん、アプローチの時のスタンスはアイアンのフルショットやドライバーと同じにしていませんか。 ...

ゴルフクラブがトップの位置で低いと感じた時のチェック法

正しいゴルフスイングをするためには、安定したトップの位置が確立していなければなりません。 自分...

ゴルフのバンカーショットでフェースを開くのは何故なの?

バンカーショットが苦手なゴルファーはクラブフェースを閉じている人が多いです。 実のところバンカ...

ドライバーでゴロが出てしまうのはフックグリップが原因かも

ティーグラウンドに立ち、イメージは高い弾道で鋭くフェアウェイに向かうドライバーショット。 しかし...

全美貞、華麗なアイアンショットの素晴らしさとその強さの訳

全美貞を知っている人は知っているし、知らない人は知らないかもしれないですね。 1982年11月1...

ゴルフのスイングで大切な一定のリズムを保つ方法はコレだけ

ゴルフのスイングは一定のリズムを刻むと、「いつも同じ」ショットができると言われています。 ただこ...

ゴルフが上手くなるスタンス幅はアイアンの番手での使い分け

なかなかゴルフが上達しない原因は、実はスタンス幅にあるかもしれません。 いつも同じスタンス幅で...

アプローチでトップやダフリをしない打ち方と簡単な練習法

アプローチトップやダフリが出ると、スコア以上に後まで尾を引くものです。 まして何度か繰り返すと...

ゴルフの捻転とスライスの関係性

ゴルフでスライスに悩んでる人は沢山います。 スライスするのには体の捻転が大きく関係しています。...

アイアンのアドレスはライ角に合わせてソールするべきか?

ゴルフは斜めにクラブを使ってボールを打つためにライ角の影響がありますよね。 ライ角といってもク...

ゴルフの上達には右手をなるべく使わないのが大事なポイント

皆さんはゴルフのプレー中にふと主に右手で打つのか?左手で打つのか?迷った事はありませんか? 大...

ゴルフでは手首を柔らかく使うべきなのか、否か。どっち?

ゴルフのスイングでは手首のコックが大切だと言われます。 ですから手首は柔らかいほうが良いのかも...

スポンサーリンク

左腕伸ばすメリットはスイングアークが大きくなる

ゴルフスイングで左腕伸ばす事のメリットはスイングアークが大きくなる事ではないでしょうか。
縮こまった左腕ではスイング円の半径が小さくなってしまいますよね。

アドレス時から左腕をしっかり伸ばす事によって、バックスイングからスイング半径の大きなアークを描く事が可能になります。

実際やってみると分かる事なのですが、しっかりと左腕を伸ばし、左脇も締めてスイングすると大きな円弧を描く事が出来ると思います。
ゴルフでスイングアーク、円の大きさは飛ばしに直結しますので、出来るだけ大きな円弧を描いた方がよいですね。

また、左腕が縮こまったスイングは、小手先でコントロールをしやすくなり、ボディーターンがしにくいといったデメリットもあります。
ほとんどのプロゴルファーも左腕を伸ばして構え、大きなスイングアークで飛ばしています。
アドレス時から置いたボールを威圧する様な構えですよね。

左腕は伸ばした方がゴルフスイングではよいと言えそうです。

ゴルフスイングで左腕を伸ばす事がきつい年配ゴルファー

ゴルフでは出来るだけ左腕を伸ばした方がよいのですが、身体が硬くなった年配ゴルファーなどはどうしたらよいのでしょうか。

まず、アドレスでは出来るだけ左腕を伸ばして構え、スイングアークが小さくならない様に心がけましょう。
アドレス時から左腕を伸ばす事が出来なければ、バックスイングで大きな円を描く事は困難になります。

左腕伸ばす構えで身体の硬いゴルファーが最も困難な動作となるのは、トップでの左腕を伸ばした事を維持する事ではないでしょうか。

身体が硬いゴルファーはアドレスで左腕を伸ばす必要があるものの、トップでは左腕が自然に曲がってしまう事は仕方ないと思われます。
ただ、左腕が伸ばせないからといって無理にバックスイングを上げようとすると、オーバースイングになりやすい為、気をつけた方がよいですね。

スイング中どうしても左腕を伸ばす事が困難なゴルファーは、自然に左腕が曲がってしまう事を避ける必要はなく、ダウンスイングで自然に左腕を伸ばす、伸びた状態となる事を意識しておきましょう。

左腕伸ばす構えでないと、インパクト時にボールと頭の距離が変わる

アドレス時に左腕を伸ばして構えないと、インパクト時に左腕が伸びる事がほとんどの為、ボールと頭の距離が変わってしまう可能性があります。

アドレス時に左腕を伸ばさないと、ボールと頭の距離が近くなり、インパクトで左腕が伸びた状況ではアドレス時よりもボールとの距離が遠くなる為、スイングのずれが発生してしまいます。
その結果トップやダフリを誘発しやすくなってしまいますよね。

できるだけアドレス時にインパクトに近い形を作っておきたいので、左腕をしっかり伸ばす事を意識したほうがよさそうです。

左腕の張りを感じたアドレスであれば、ダウンスイングで余計な動きをしない限り、アドレス時の角度でインパクトを迎えられると思われます。
逆に、左腕が曲がった状態では、余計な動きをいれなければ正しいインパクトは迎えられない可能性が高くなるでしょう。

これはゴルフスイング中の軸のずれにつながりますので、しっかり左腕伸ばすアドレスのほうが正しいスイングが出来ると言えそうです。

欧米プロに学ぶゴルフで左腕を伸ばすスイング

欧米プロゴルファーは身長の高い選手が多く、手足も長い為、その分スイングアークが大きいと言えます。
アドレスでしっかり左腕伸ばす事によって大きなスイングアークを得ています。
左腕を伸ばす事によって、まるでクラブと左腕が1本の棒の様になっていますよね。

インパクトではその左腕の棒を右サイドが押している様な形になっています。
その形から300ヤードを超えるビックドライブを放つのですから、身体の大きさ、身体能力の高さが伺えます。

逆に左腕を伸ばすスイングをしていないリー・ウエストウッドの様な欧米プロゴルファーもいます。
こちらは左腕に余裕をもたせ、腕をムチのようにしならせて飛ばすスイングと言えます。
背筋が強い選手らしく、大振りせずコンパクトにスイングしている様子が伺えます。
こうする事によって、インパクトでのスイングの再現性を高めていると思いますね。

こういったプロゴルファーは派手さはないのですが、国内外問わず堅実に勝利を積み重ねるゴルファーと言えそうです。
ただし、左腕を伸ばさなくても正しいインパクトの形に出来るプロであり、それを可能にするために沢山の練習を重ねている事は言うまでもありません。

ゴルフで左腕を伸ばす方が左脇が締まりやすい

ゴルフスイングで左腕伸ばすと、左脇が締まりやすくなります。
腕を下に垂らした状態で、ピンと左腕を伸ばすと、適度に左胸と左腕が締まる感じになります。

左脇はスイング中締まっていないといけない為、左脇が自然と締まりやすくなるよう左腕を伸ばして構えた方が良さそうです。

反対に左腕を伸ばさずに構えると、左脇と左胸が開きやすくなり、意識して左脇を締める事が必要になってきます。

出来るだけ意識しなくても、いつも正しいスイングが出来る事がゴルフスイングの理想ですので、左腕を伸ばす事で左脇の締まったよいスイングを行える可能性が上がります。

また、左腕を伸ばす事によってアドレスで身体の張りが出ます。
これは、プロや上級者のアドレスを見るとよく分かるのですが、アドレスの構えだけで良いスイングを行えるどうか分かります。
上手いゴルファー程、アドレスに張りがあり、どっしりとした感じがするものです。

反対に、背筋が曲がって左腕も伸びていない弱々しいアドレスからは、ナイスショットが生まれる事は感じ取りにくいものです。

つまりアドレス時に、左腕と背筋を伸ばす事で、良いスイングになる可能性が高いと言えそうです。

腕が長いゴルファーは左腕伸ばすと飛距離がさらに稼げます

身長が高く、腕の長いゴルファーは率先して左腕を伸ばす事によって、簡単に遠くへ飛ばす事が出来そうです。
自然とスイングアークを大きく取る事ができ、左腕を伸ばす事でさらに大きな円を描けますよね。

ゴルフでは身長や腕の長さは高く長いほうが有利と言える為、左腕は意識して伸ばしたいものです。

逆に、左腕伸ばすスイングではない場合、スイングのポテンシャルを十分に生かせない可能性があります。
バックスイングで溜めたパワーをダウンスイング以降、ボールに伝える必要がある為、左腕が曲がっているとそのパワーを十分にボールに伝えられない可能性があります。
そして、左腕とクラブが一体となったスイングは、綺麗に見えるし方向性も安定します。
左腕を伸ばす事によって得られるスイングメリットは大きそうですね。

ゴルフはアドレス時から左腕は伸ばして構えた方がよい

左腕を伸ばすメリットを見ていきましたが、スイングプレーンやボールへのパワーの伝達、アドレス時の構えなど左腕は伸びていた方が様々なメリットがあると言えます。

身体が硬いゴルファーや年配で身体が十分に回らなくなったゴルファーの方も、出来るだけ左腕を伸ばすスイングを行ったほうが、ゴルフは安定するでしょう。

日頃の練習から、しっかりストレッチを行い、左腕を伸ばして構える、スイングする事を心がけましょう。

 - スイング ポイント